2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

まいおいのフォンはサービスしたかもー(BlogPet)

きのう超ニャース1号が、ここまでまいおいとフォンサービスしたかったみたい。
まいおいのフォンはサービスしたかもー。
ここでサービスしたかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「超ニャース1号」が書きました。

2007年2月26日 (月)

宣伝トラックバックはイラネ(´∀`)

恐らくどこのブログも一緒だと思いますが、明らかに宣伝目的や全然関係ないアダルト系と思われる、トラックバック本来の形でないトラックバックがじゃんじゃん来るようになってきたので、トラックバックの受付を一時見合わせることにしましたん。

本来、トラックバックって、例えばAさんの書いた記事やネタを元に、Bさんが自分のブログなんかに記事を書いたときに、その記事からBさんが、わたしのほうにも同じネタに関する情報があるんで、Aさんののブログに対してリンクをしましたよ、情報共有しましょうってための機能だけど、アフェリエイト稼ぎやヒット数獲得目的での、一方的に、相手側にのみリンクをさせるような一方通行のトラックバックが多すぎるよねぇ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まぁ、どうせ、知り合い連中メインのブログなんで、別にトラックバックが必要かどうかって言われると、どっちでもいいってところだしね(´∀`)

2007年2月25日 (日)

家具到着第一陣

本日、我が家に購入した家具の第一陣が届きました(´∀`)・・・ソファが待ち遠しい。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
070225_174214
少しまともな家っぽくなってきたかな~。

2007年2月23日 (金)

投稿のテスト(BlogPet)

うまく投稿できるかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「超ニャース1号」がテスト投稿の為に書きました。

確定申告完了!

生まれて初めて確定申告なるイベントに参加してきました・・・(´∀`)理由は・・・話せばともて長くなりますが、一言で言うと転職をしためです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

昨年退職をしたんだけど、再就職は今年の頭だったので年末調整は、当然会社のほうではやりません。それにプラスして退職金は収入の中でもちょっと扱いが普通の給与とは違うので確定申告による手続きが必要になるんだそーです。ってなわけぇで、まずは確定申告は何をすんだーっと早速、ググってみたところAll Aboutの確定申告のページが引っかかったので、そこでも見てまずはさわりの勉強でもしようとおもったら、これがまた使えないwwwwww、結局、wikiを見て、転職サイトで退職に伴う手続きとかってのを少し見た後、国税庁のホームページのFAQなんかを見たら、こっちのほうが全然分かりやすいじゃん。・゚・(ノ∀`)・゚・。

でぇ、とりあえず、国税庁のホームページにあるFAQをしばらく読み、さらに見るとここで必要な情報を入力すると、確定申告の申告書、しかもすぐに提出できる形になってるのを作れることが判明・・・(´∀`)、必要な資料を引っ張り出してくる。HTTPS通信で、Webベースのブラウザがあれば、入力フォームに従って、必要項目を入力したら確定申告書ができあがるって機能を提供してくれてますん。

●これから確定申告をするアナタへの処方箋(退職した年に再就職をしなかった人用)(´∀`)
1.源泉徴収票
2.退職金の源泉徴収票
3.社会保険(国民年金)の支払い証明書
4.健康保険の支払い証明書
5.生命保険の支払い証明書
6.損害保険の支払い証明書

最低限必要なのは、1、2さえあれば大丈夫です、ただし、還付つまり、払いすぎた税金を取り戻すため、もしくは控除を行うためには、3~6が必要です。私の場合も3~6を入れ、還付の合計が8万円近くになりました、これってかなり大きいデスヨ。

んでっ、上の1~6が揃ったところで、国税庁のホームページ開いて、確定申告書作成コーナーのリンクをポチっとな、そうすると、平成18年分の作成コーナーはこちらとタイトルがあるところに、所得税の確定申告書ってリンクがあるのでさらにポチッとな、FireFoxの場合、IEでもそうかもしれないが、嫌がらせのような全画面表示になる。んで、退職金がある人は、普通の申告書Aではなく、分離課税の申告書(申告書Bと申告書第三表)ってのをポチっとな( ´_ゝ`)で、いよいよ、ここから1~6の資料を元に確定申告書を作っていきます。

申告の種類を改めて問われます、山林を所持してる人や不動産所得がある人、事業なんかやってる人の青色申告か、ふつーのパンピー専用の白色申告かを選びます。もちろん、山林なんか持ってるような地主でもなければ、不動産所得なんぞないので、白色申告。さらに生年月日を入れて次ぎへー。

で、次ぎのページに来ると、今度は分離課税所得の入力欄がありますん。土地や株式、金融商品での所得がある人、退職に伴う所得がある人、それぞれについて入力する項目を選択するようになっていますが、ここも退職金しかもらってないので、退職所得のリンクをポチっとな。そうすると、いよいよ金額の入力が始まります。が、イッパイある入力エリアに対し、源泉徴収票、もしくは、退職金の源泉徴収票のどこに記載されている金額を入力しなさいってのが、図説付きでヘルプが出せます。源泉徴収票ってのは、基本的にはどこの会社でも同じフォーマットを利用してるので、そのままを入力すれば良いだけになっていて、なかなか便利だなーなんて思いながら、2.の退職金の源泉徴収票を見ながら入力、入力・・・ちなみに、1点入力内容がわかりにくい点で退職所得控除額ってのを入力するエリアがありますが、ここ特に源泉徴収票の対応欄を見ても何も記載がなさそうだったので、そのままスルーしようとしたら、0円以上の金額を入れてくださいだったかのメッセージが出たので、ちょっと補足・・・退職金にかかる税金は320万まで非課税なので、退職所得控除額んところには、そのまま固定で320万円と記載します。
ここの入力が終わって次ぎにをクリックすっと、申告書B(第三表がある場合の所得・所得控除等入力)ってタイトルのページに行きます。そこで今度は、少しブラウザをスクロールさえて、左側真ん中くらいに、所得金額って帯のある入力項目がだーっと並んでいるので、(6)の給与をポチッとな、ここは、1.の源泉徴収票を元に、退職直前までもらっていた普通の給与の内容を入力していきます。ここも、源泉徴収票のどこの項目をどこに記載するのかが、分かるようになっているので、そのとーりに入力、入力・・・ここも、そんなに難しいことはないので、入力が終わったらサクっと次へ。

次からは控除の目玉となる各種、保険等の支払金額を入力するところです。年末調整をしたことがある人ならわかると思うけど、あれとやることは一緒ナノデス・・・って当然かw先ほどと同じように、左側今度は下のほうに、(12)社会保険料控除をクリック( ´_ゝ`)・・・で、入力欄が出てきますが、保険の種類をまずは選びます。民間の会社に入っている場合、大抵は、社会保険の厚生年金を会社が負担、健康保険はその会社が加入している健康保険になります。んでも、退職をした場合、会社がしていた厚生年金の負担がなくなり、自分で社会保険に加入する必要があります。大抵の人の場合は、国民年金に切り替えになるんじゃないかなーと勝手に思ってます。健康保険のほうは、選択肢があって、会社で加入していた健康保険を自分で、振り込みや口座振替で支払いをし継続して利用する「任意継続」、で、もひとつは、国の国民健康保険に入ることです。

私の場合は、社会保険は、国民年金を退職してすぐに前納で1年分全部納めていたのでその金額を、健康保険は任意継続をしていたので、その任意継続した保険の金額を記載。

次ぎへをクリックすると再び同じ画面に戻るので、同じく左側下の方、(14)生命保険料控除、(15)損害保険料控除のところにそれまで支払った生命保険と損害保険の金額をサクサクっと入力。生命保険も損害保険も加入している人には、支払い証明書が届いているはずデス。生命保険だと各種民間の生保や郵便局の簡保、養老保険とかって言われるヤツです。損害保険は、自動車保険、火災保険、その他に日常で物損なんかを保証してくれる保険のたぐいです。損害保険は、長期と短期で控除額が若干変わりますが、大抵年度更新をしている人は短期になります。

さて、入力が一通り終わりました、ここでさらに次へをクリックしたところで、控除されて還付される金額が分かります・・・んで、改めて、住所やら名前、さらに還付をする際に、お金を振り込んで貰う金融機関の名前やら口座番号やらを入力し、完了っ。。。そーするっと、それまで入力した内容がPDFに変換されて、申告書の形になって画面に表示されますっ、さらにプリンタが利用できる環境の人は、そのまま印刷をかけると、もう税務署に提出できる状態の申告書が出力されてきます、便利デスネー(´∀`)。

入力した内容は、ファイルに保存できて、また、国税庁のホームページの確定申告の作成ページに行けば、そのファイルを読み込みして途中から作成を再開できるようになってます。

んで!ここで大事なのは「支払い証明書はなくさない」これ大事です、はい、とても、すごく、って当たり前ですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。 。。実は、私はできあがった申告書を持って、税務署に行ったんだけど、最後の最後、提出する前に、一度、税務署の人に内容問題ないか、見てもらったところ、添付が必要な各種の支払い証明書で、国民年金の支払い証明書じゃなくて、振り込み用紙を間違ってもってきてたことが判明・・・家にもどって探すの面倒だしなーって思ってたら、近くに社会保険事務所があるので、そこにいって、国民年金の振り込み用紙にある年金番号言えば、支払い証明書すぐに出してくれますって教えてくれたので、税務署から歩いて2、3分の所にあった社会保険事務所で、支払い証明書を再発行してもらう・・・ちなみに、支払い証明書の再発行はタダでした。んで、これをもって、税務署に戻り、確定申告書に源泉徴収票と退職金の源泉徴収票、各種保険の支払い証明書を添付して、めでたく提出、これで確定申告が終わりましたん。あ、あとこれで、住民税も一緒lに支払いをしてくれるので、別途手続きをしに行く必要はないですー。

まぁ時期が時期なので、税務署ん中でもフロアの一角を提供して、指導員って物々しい名称の人が、確定申告書を作成するお手伝いをしてくれます。ぶっちゃけ、記入に必要な1~6の資料を持って行けば、指導員の人と一緒に、その場で確定申告書を作成出来ます。国税庁の確定申告書作成ページに繋がってるPCも設置してあるので、PCから指導員さんとやらにあれこれ教わりながら、私が作ったのと同じように確定申告書を作ることも可能です。その他、この時期は、税理士さんが無料で確定申告の相談を受けてくれる相談会なんかが役所主催とかでやってますので、そこにもってって見て貰うのもアリです。

別に私は、税務署のまわしもんでもナンデモナイデスケドネ。ただ、退職した人や、年末調整がなんらかの事情でなかった人向けに、確定申告は、そんなに難しいことでもないってのを紹介してみました。税金対策に必死な企業や事業主なんかは、不倶戴天の敵みたいなもんなんで、あまり気分よろしくないかもしれませんのでアレだろうけど、一般のリーマンなんかにゃ、なかなか便利な機能だなーって思いました。山林や不動産所得、株式や金融商品での所得が大量にある人はしらんwwwwwwww

ハミダシ具合

Tepさんに、DSのハミダシ具合を自慢されたので、こちらも対抗してハミダシ具合を写真に納めてみました(´∀`)Dvc00001

2007年2月22日 (木)

こんなベッドなんかどうでしょう?

今日は、色々時間をかけて探した家具関連のお話。

前回、家具を購入したときにベッドだけは買わなかったので、残りのキッチンボードやワーキングデスクなんとか合わせて探してます。で、前回家具を買ったときのベッド四方山話を1つ・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ダブルマットレスってのは、組み立てが大変なベッドで、例えばコイルスプリングの土台がベッドフレームに組み込まれてるベッドに比べ、マットレスを2つ利用すると組み立てがとても楽チンになることから、こーゆー形になってるらしい。フレームに組み込まれてるコイルスプリングは、言わば土台にあたる部分で、それにマットレスを載せることで本当のベッドが完成する、で、下側のマットレスを土台に見立ててやることで、フレームは軽くなるので、搬送が楽、土台となる部分にマットレス1枚、その上に置く、本当のマットレスが1枚、合わせてダブルマットレスとなるそうだけど、デメリットが1つあって、人間は寝てる間に、相当量の発汗をするので、それがマットレスを透過して水分が抜けていくんだけど、ダブルマットレスの場合、マットレスとマットレスの間カビが発生し易いそうなので、あまりおすすめ出来ないそうだ・・・

同じような理由で、ベッド下の収納も汗が全部落ちていくところなんで可能であれば避けた方がいいらしい。ベッドの下の収納ってのは、元々、日本に多く見られる形で、欧米やその他の国ではあまりないみたい。。。日本の住宅事情の収納不足から出たアイデアなんだねー。逆にロータイプのベッドなんかには、土台になるコイルスプリングがなく、単にすのこの木の板があったり、完全にフラットな土台だったりする。こーゆーベッドの場合は少し厚手のマットレスを敷くことで対応するみたいだけど、こっちはどちらかというと見た目重視なところがあって、本当は、ベッドの土台になる部分には、ちゃんとコイルスプリング等が入ったものがあるベッドが良いそーです。

で、おすすめと言われたウッドスプリングタイプは、その名前の通り、土台の部分が、木のスプリングで出来ているものだそうです。実際に画像なんかがあがっているのが、ここ、見た目はすのこ状のベッドに似てるんだけど、すのこ部分が体の圧力に合わせて自在に伸縮するそうで、マットレスをさらに置いた他にも体に合わせてベッドの形が体にフィットするようなできになっているので、寝心地がいいからーってのがウリだそうです。そんでもって、マットレスのおすすめのLATEXだけど、日本ではまだ流通が少ないそうで、取り扱っている家具屋さんもまだまだ少ない物みたい・・・これは、コイルスプリング高反発マットレスと名称するのが一番しっくり来るそうで、低反発素材のように、圧力が掛けている時は、掛けた圧力の応じて自在に形を変化させるんだけど、圧力がゆるむとサクっと形状が戻るので高反発なんだってー。で、なんつってもLATEXの一番のウリは、原料が100%天然でホルムアルデヒドみたいなシックホームの元となる要素がほとんどないそうで、特にこれはおすすめの理由になるポイントらしい。。。とりあえず、ウッドスプリングベッドフレームとLATEXマットレスの2つで、よさげなものを探しちゅー(*´д`*)

あと、初めて知った話で・・・実は、ホルムアルデヒド、VOC規格なんかは、家具には適用されないそうです。移動出来る動産については、この規格は適用されず、家のような不動産にのみ適用されているから、家具のメーカによっては、ホルムアルデヒドのことなんか問題視せずに作ってるところもあるそうで、クオリティコントロールされてないところは、とても怖いので、気をつけたほうがいいですよーって言ってました・・・が、クオリティコントロールしてるかしてないかなんて、ネットなんかで見るだけは論外として、店に行ってもわからんね。・゚・(ノ∀`)・゚・。が・・・わかんない、わかんない、だけじゃ困るので、まずは、店に行って店員に聞くなり、ネットだったら販売元にメールなりを出して、、ホルムアルデヒドのメインの原因となる、家具に使われている接着剤と塗料の原材料を聞くことが一番だそうで、その薬品をネットで調べる、または、建築系の仕事に明るい人に聞いてみる、シックハウス系の相談サイトなんかで聞いてみる、この辺が、買ってから泣きを見るヤヴァイ家具に当たらない最低限の方法のかもねー。

あと、家具の品質や強度なんかを計る1つの目安として、例えばキャビネットなんかの引き出しの裏、椅子の裏なんか、普段は見えないところも要チェックすると、家具の質ってのがわかるそうです。例えば、釘の打ち方1つや、木の継ぎ目の方法1つで、力の加わり方で、縦方向には強いけど、実は横方向にはとても弱いとかが一目でわかるそうね。両方の力に対して、ちゃんと対応できる作りになってるか、四角い箱の頂点がぶつかる角の部分に斜めの継ぎ板をしっかりいれてあるかーとか、色々素人でも、多少の見分けをすぐ出来る部分があるそうで、そんなのを見るだけで、家具の質みたいのを計る目安になるので、これから家具探しを考えている人は、ネットとかにも色々情報のってたり、各家具屋さんが発行してるカタログとかにも、そゆの載ってることもあるので、チェックしてるといいかも(´∀`)

2007年2月19日 (月)

RT58iでIPフォンのNiftyフォン-C開通

さて、@Nifty with Bフレッツへの申込みの際に、Niftyフォン-Cサービスと言うIPフォンを利用できるサービスも申込みをしてました。IPフォンを利用するには、VoIPと言うプロトコルに対応したルータやアダプタを用意する必要があるんだけど、以前のblog、2月4日のBフレッツ開通準備でも書いた通り、現在発売されているブロードバンドルータには、VoIP対応のものがほとんどない・・・

私の場合は、RT58iがVoIP対応だったので、と言うか、VoIP対応のルータはRT58iしか無かったのでRT58iにしたけど、IPフォンを利用する大多数の人は、NTT東日本からのレンタルや、NTT東日本からの購入をすることが多いみたい。

で、とりあえず普通のアナログ回線は結局解約しなかったので、そのまま今の電話は利用できるけど、IPフォンも利用したいと言うことで、IPフォンの方も開通作業に取りかかった。

まず、今の電話機を一度、壁のモジュラージャックから取り外し、RT58iのTELポート1と接続する、今まで電話機が刺さっていた、壁のモジュラージャックにRT58iのISDN/LINEポートを接続する。

ここでRT58iの側面にあるDSUスイッチをデフォルト設定のONからOFFへ、さらにその下のスイッチ、ISDNのLINT/STの切り替えスイッチがLINEになっていることを確認。ここまでで、IPフォンでなく、RT58iに電話を接続した状態で通常のアナログ電話利用出来るようになる。IPフォンを利用するには、ここからRT58iのConfigを色々いじってあげないといけない。

まずは、ニフのサポートページからIPフォン利用に必要な設定項目の情報を取り出しにかかった。サポートページを見ると、どうも他のプロバでもそうかもしれないけど、ニフでは、IPフォン対応機器は、NTT東日本製のものとNEC製の1製品に限定していた。

対応してる機器だと、NiftyIDでログインして、サポートページ上からワンクリックでIPフォン対応機器への設定情報送信を全自動で行ってくれるらしい・・・

が、RT58iは対応機器には入っていない。・゚・(ノ∀`)・゚・。・・・ってゆーか、もしかしてRT58iだとNiftyフォン-C動かないの(((((;゚Д゚))))?とか、頭をよぎったが、ひとまずやれるだけやってみようと、ニフのサポートページにあった設定項目の情報を、RT58iのConfig画面の項目に読み替えて設定をしてみる。

ニフのサポートページにあった設定項目の情報は以下の通りでした。
・VoIPユーザ名
・VoIPユーザパスワード
・VoIPサーバ名
・SIP-URL

RT58iのConfig画面の設定項目は以下の通り。
・SIPアドレス(電話ユーザ名@ホストアドレス)
・サーバアドレス
・ユーザID
・パスワード
・発信時のプリフィクス
・SIPドメイン
・電話ディスプレイ名

他に電話系全般の設定項目として以下の通り。
・各TELポートのIPフォン回線発信プリフィクス

RT58iのコンフィグで唯一、ニフのサポートページの情報から読替が効かない項目があって「SIPアドレス」だった。電話ユーザ名@ホストアドレスの形で入力ってなんやねん・・・@の前に入るのが、NiftyIDなのかVoIPユーザ名なのか、はたまた別の違う何かなのかが、よくわからんかった。よくわからんかったけど、とりあえず試してみる・・・

SIPアドレス以外はサポートページの情報をそのまま、RT58iのConfig画面の項目に置き換えられるので、そのまま設定、問題のSIPアドレスとやらには・・・・

まずは、NiftyID+ホストアドレスで試してみる・・・NG(´・ω・`)
次!VoIPユーザ名+ホストアドレスで試してみる・・・NG(´・ω・`)
すごい適当+ホストアドレスで試してみる・・・NG(´・ω・`)
次!NiftyID+VoIPサーバ名で試してみる・・・NG(´・ω・`)
次!VoIPユーザ名+VoIPサーバ名で試してみる・・・NG(´・ω・`)

つながらない\(^o^)/

と言うのが昨日の夜・・・そして1日あけて、ジツリキコーシだけでは、埒があかないと見て、イソターネッツで情報をあさりに行ってみる。Google立ち上げて探していると、知り合いから情報が届く。

結局SIPアドレス(電話ユーザ名@ホストアドレス)の中に設定する項目を発見!RT58iユーザでIPフォンを使ってる人がいました(´∀`)。。。最初からググっておけばよかったのにね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

SIPアドレス(電話ユーザ名@ホストアドレス)の正解は、IP電話の電話番号+ホストアドレス、050XXXXXXX@Nifty.comでした。早速設定して、VoIPサーバへの接続・・・接続に成功(´∀`)!

とりあえず、電話の子機からプリフィクスを入れて、その後自分の携帯電話番号を入れて、通話ボタンポチ、携帯に050からの電話・・・今度は、自分の携帯から、自分のIPフォン番号に向けて、通話ボタンポチ、電話の子機からコール音!

みたいな感じで夜は更けていきました。IPフォン開通おめでとう、わたし(´∀`)・・・IPフォン・・・使うかどうか不明だけどね。

2007年2月18日 (日)

放置PCの復活

最近、休日がなかなか忙しい。。。色々用事を済ませていったが、思ったより早く済んだので、久々にアキバに行ってみた。壊れた放置PCのサルベージの部品探しのためだ。もうほとんどSocket 478マザーを見つけるのは諦めてたんで、Core2Quad買って、あとは家にあるパーツで適当に埋め合わせが出来そうだと思って見て回った・・・が、冷静に考えてみると、ネットと、あと、FFが動けばいいくらいか・・・なぁーんて考えたら新しいのいらないじゃん。・゚・(ノ∀`)・゚・。と考え直し・・・やっぱりSocke 478のPentium 4を復活させる方向で考えてみることにした。最悪、ASUSのサポート会社であるユニティでマザーは修理してもいいや、なぁんて思いながらSocke 478マザー捜しに方針転換。

有名どころのパーツ店を7店舗ほど回ったけど、やはりもう新品は入荷はないと言われ、すぐに中古屋巡りに切り替える。中古屋巡りを数件したところで、Socket 478マザーの箱が積まれているのを発見!ECS 648FX-A、Socket 478マザーのポップ、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!さっそく箱を手に取り仕様確認・・・

○Socket 478 Pentium 4 FSB 800/533/400MHz HTサポート・・・(´∀`)
○SiS 648FX/963L・・・SiSチップセットわからんが、この際イイ(´∀`)
○DDR400/333/266 x3・・・1枚無駄になるが贅沢は言わない(´∀`)
○AGP 8X/4Xスロット×1・・・GeForce6800GTXが無駄にならずに済む(´∀`)
○Realtek RTL8201BL 10/100 Mbps・・・これはGigaBitのNICに入替え(´ω`)
○ATA133/100/66・・・HDDは昔の奴なのでこれでおk(´∀`)

そして値段、3980円・・・問題なし( ´_ゝ`)b・・・行けるジャマイカ・・・これで復活確定(´¬`)

自宅に戻って、早速、前のPCをばらし、この間購入した新しい電源は使わずに、本当に電源は問題なくてマザーがダメになっていかどうかの確認の意味を込めて、前のPCから古い電源をそのまま流用し、新しいECS 648FX-Aマザーを取り付け、CPUとメモリとグラボだけ付けて起動スイッチ、ポチっとなヽ(`Д´)ノ・・・フィーンと言うファンの音と、ピポッっとBIOSが起動した後の音が聞こえた・・・やっぱりマザーだった。

いつも通り、電源LEDの差し方間違えてLED点灯しなかったりと、多少のおやくそくはあったが、この後、システム用40GBのHDDとDVD-ROMを通常のIDEポートに、OSをインストール後、壊れる前のPCからPromise FastTrak TX2000と80GBのHDDを3台移植(HDDはホントは4台あったんだけど、1台電源入れてもうんともすんとも言わなくなってた)、マザーのオンボードNICをDisableして、GigaBit対応NICを取付け、ケースについてるフロントパネルへのUSBポートを利用するためケースからのびてるUSB接続配線をマザーに取付け再起動。んー、問題なく起動、拍手、拍手(´∀`)

2007年2月17日 (土)

家具なんか揃えてみますか

カミングアウトすると、実は、私のおうちには家具がありません。もうこの家に引っ越して3年経ちますが、仕事の忙しさにかまけて、寝るだけのために帰ってきてるようなものだから、別に家具はあってもなくてもいいやー、なーんて感じでいたら、それに慣れてしまって、早3年・・・真性ダメ人間の一部をかいま見た瞬間デスネ(´∀`)

入居してすぐに、家具屋さんなんてあまり知らなくて、とりあえず名前を知ってる有名どころに行ってみたんだけど、それがまた高くて高くて・・・IDC大塚家具・・・ダイニングテーブルで145万とか、ベッドだけで80万とかアリエネーカラwwwwwwwww、In The RoomもIDC大塚家具よりかは多少値段は下がるけど、それでもやっぱり高い・・・大手デパートの家具売り場いったら、ここもIDC大塚家具クオリティwwwwwwwwww、もう全然無理って感じで、今考えるとアレがさらに家具離れを進めた感じデス。

で、今の家で家具と呼べるものは、テレビボードと暮らしのデザインで買った作業用の机が1つ椅子が2つ・・・い、以上です・・・(;;´∀`)なんで、入居してすぐの頃は、リビングにはなーんにもなく、電話機がぽつんと端っこにあるだけの、なにか夜逃げでもした後みたいな部屋になってましたが、テレビを購入してから、家にいるときはリビングにいる時間が長くなり、フローリングの上に長時間いるのはつらいので、クッションを無印良品で少し買ってみて、それに併せて、何もないリビングにDELLのXPS600とマルチモニタで利用する20インチTFTモニタを2台設置するといった暴挙に出て、ダメ人間引きこもり仕様の家になりました。

で!やっとこさ、思い立って家具を買いに行こうと数ヶ月前から本格的に週末は家具屋さん巡りやネットでの調査を地道にしてきました。時間のあるときに、部屋の中でメジャーを片手に、目星をつけた家具の実寸サイズの位置に物を置いたりして、実際の人が通れるスペースなんかを見つつ、置ける物のサイズの限界や、レイアウトを決めてきました・・・で、探していたものは以下のもの。

◎ソファ(カウチ付きのコーナーソファ)
◎センターテーブルまたはローテーブル
△サイドボード
◎ダイニングテーブル
◎ダイニングチェア
△キッチンボード
◎ベッド
△ワーキングデスク
△ワーキングチェア
△キャビネ
△チェスト

うち◎となっている物は最優先で△は、少しまた後で考えてもいいかなーってもの。特にキャビネやチェスト、サイドボードなんかは、リビングに置く確率が高いんだけど、ダイニングテーブルやソファを置いてから改めてスペースを見ながら考えたいので後回し、ワーキングデスクとワーキングチェアは、3年前にココに引っ越した時の未開封引っ越し荷物収納隔離部屋をなんとかしないとダメだから後回し・・・みたいな感じで、まずは最優先のソファやダイニングセットを探してった。

家具選びは、長く使う、それなりのお値段がするってのを考え始めると、なかなか気に入ったデザインのものを一式、同じ店でそろえるのは難しくて、ぞれぞれ気に入ったデザインのものを別々の店で買うしかないかなーって思ってたけど、そうすると今度は微妙に色合いなんかが違ってきて、それもそれでヤダナーなって感じで、なかなか買うところまで踏み出せずにいました。それに・・・家具ってさがすと、すげー数があって見るの大変・・・大きな家具屋さんは郊外にあったりすることが多くて見に行くのが割と大変、ネットで調べ物すると今度は、楽天あたりで、家具・ファニチャーとかで検索するとわかるけど、凄まじい数を見なきゃならない・・・それに写真小さいYO!なんて悪態付きながら、いろいろと見て回っているうちに、家具探しに疲れました・・・○| ̄|_

が、ある程度の目星は付けてあることはあったので、もうそこに決めてしまおうと思って、お財布握りしめて千葉までお出かけしました。お目当ての店はクラスティーナという家具屋さん。実は、今住んでいるところの近くにも店舗があるのだけど、千葉店は店舗が広く、アウトレット商品も充実してるようだったので、掘り出し物がもしかしたらあるかもーなーんって期待をしながら向かいました。前々からデザイン的にココの家具が結構気に入っていて、いいなぁと思いつつ今まで引っ張って来たわけですが、今日は意気込みが違ウノデス。さっそく店を見て回り、改めて、目当てのソファ、ダイニングのチェアなんかに座って、座り心地や、SH(シートハイ:座る座面の高さね)なんかを確かめてみる。そんなこんなをしていると、お店の人が「お探しの物がありましたら云々」といつものトークをしてきたので、その人を捕まえて商談開始。


まずは、一番見続けて悩み続けたソファ・・・話に結構気合いが入る・・・ソファはレザーがあまり好きでないので、最初からファブリックを考えていた。目当てのソファ、受注生産なので、今発注しても届くのは5月、仕様や色によっては7月になると言われて、のっけからかなり凹む。けど、他のお客さんで、引っ越しが数ヶ月先の人や、来年の人なんかで、既に注文を終えている人のソファを、先に私の方に納品しれもらい、そのお客さんには、同じものを今から発注すれば、納期がかなり先なので間に合う、そいうことなら早く納品出来ると言われたので、そっちの線で見てみる。ただし、これには条件があって、すぐに納品可能なものは、当然、他のお客さんの注文した色と素材になってしまう、つまり、色や素材について選択の幅が極端に少なくなってしまうのだ・・・○| ̄|_・・・まぁ、ダメもとで見てもらうと、ファブリックは、白、灰色の2色程度しかないらしい。当初、ベージュやブラウンを考えてんだけど、その色だと納期は間違いなく5月になると言われて悩む・・・が、カバーリングソファなので、色はあとからいくらでも着せ替えが出来るので、灰色のでいいやっつー結論を下して、ソファ決まりっ、それでも納期は3/18なんだけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

続いてダイニングテーブル!これは、お店に来る前まではかなり悩んでいた。他のお店、Simple Styleってお店で見た、エクステンションテーブルが値段とデザインでそれなりに気に入っていたのがあった。クラスティーナのはデザインでダントツに気に入ったのがあったんだけど、エクステンション機能がないので、どっちにしよーかなーって、お店に来るまで悩んでたけど、お店にきてデザインを改めてみてやっぱり、こっちがイイ!ってなことですぐに決まり、ダイニングチェアも雰囲気合わせたのを4つオーダーする。椅子は背が少しだけ高め900mmのものを選ぶ。食事時と食事後は、ゆったり座りたいと思い、また背もたれにもたれたときに、首あたりまで背もたれのある少し高めのものにした。納期もソファと同様の方法を取って早く納品してもらえることになった。こちらは、更に早くて2/25に納品できるそうです(´∀`)

で、センターテーブル、ダイニングテーブルもそうだったけど、強化ガラスのテーブルはあまり好きじゃないので、ダイニングテーブルも当然の如くウッドのものを選んでいる。センターテーブルも同様のウッドがイイかなと思っていたが、設置するソファと部屋のレイアウトにマッチングしたセンターテーブルがなかなか見つからない。アウトレットのほうにも結構センターテーブル出物があったんだけど、デザイン的に気に入った物がない。あまり好きじゃないと言った強化ガラスのテーブルのテーブルの中でも、少し気に入ったデザインのセンターテーブルがあったので結局それにした・・・よくよく聞いたら、このクラスティーナのセンターテーブルでは1番人気らしい。これもダイニングテーブルと一緒の2/25。。。よく考えると、ソファなしでセンターテーブルだけがあるもの切ないけど、仕方ないね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さて、最後にベッド。。。ベッドについては色々、お店の人に聞いてみた。ダブルマットレスと、普通のシングルマットレス、それからコイルスプリングマットレスと低反発マットレスの違い、ベッド下の収納の有無とかとか、実は、クラスティーナで目当てにしてたベッドがよくよく聞いたら廃番になってしまい、もう在庫がないとのこと、なので、ここでベッドについての話を聞いてみて、ベッドは別のお店で買うことにした。お店の人のお薦めは、ベッドフレームは、すのこタイプでも、フラットタイプでもなく、フレームウッドスプリングのもの、マットレスは、LATEXマットレスという、コイルスプリングと低反発の体に合わせた形の吸収出来る機能をもった高反発素材のマットレスが最近出回り始めたらしく、それがイイらしいので、それを別の店で探してみることにして、とりあえず、時間も押してるようなので、ここでお会計・・・・・・チーン(´∀`)

優先5項目のうちベッドを除いて、ソファ(カウチ付きのコーナーソファ)、センターテーブル、ダイニングテーブル、ダイニングチェアが揃いました(*´д`*)・・・少し生活快適にしないとなぁ。。。っと、その前におかしな状態になってるリビング片づけないと。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2007年2月16日 (金)

LANのGigaBit化とPCサルベージ

Bフレッツの開通でネット環境が戻りました。回線速度はDQNプロバに比べるまでもなく、また回線工事の時に計測した数字で50Mbps~72MBpsと出てたのは伊達じゃないくらい快適っぽい。YAMAHAのRT58iは、Bフレッツ開通時に取り付けたけど、その他に買ってきたまま放置してあるGigaBit対応のスイッチ、あと同じくGigaBit対応のNASがあるので取り付けてみた。

RT58iにもスイッチの機能はあるけど、基本的にRT58iは、WAN側ポートと1個目GigaBitスイッチのみを接続し、直接PCやらNASやらは取り付けない。RT58iと接続した1個目のGigaBitスイッチに、2個目のGigaBitスイッチをカスケード、1個目のスイッチにはNASと旧ファイルサーバPCを、2個目のスイッチはちょっと居間まで引っ張って、居間にあるPC、2台を接続。これでめでたくLAN内はGigaBit化。

WAN <--(100Mbps)--> RT58i <--(100Mbps)--> SW <--(1000Mbps)--> PC/NAS

早速取り付けたNASに、PCのHDDに色々ため込んでたファイルをバックアップ、バックアップ・・・HDDの中身を再整理、パーティションの切り直し等色々したあと、電源を入れてもウンともスンとも言わなくなったPCのサルベージに着手してみる。

Socket 478 NorthwoodのHT対応Pentium 4 2.6GHzのCPUなPCだったんだけど電源を入れてもBIOSの画面があがってこず、グラボを抜いたり、CPUを抜いたり、メモリを抜いても警告音が鳴らないから、電源かマザーボードが逝ってると見てたんだけど、変えのマザーボードが秋葉原で中古でも見つからず・・・途方にくれて放置してたが、LANの更改に併せてやっと重い腰を上げてみた。

マザーボードはきっと生きてる、電源が悪いんだ!と希望的観測を基に新しい電源を買ってきて取り付けてみが、症状変わらず・・・マザーボードだったのね○| ̄|_・・・あぁ。。。もうこれはCore2DuoかCore2QuadプラットフォームのPCにしろってことですか・・・(´ω`)

LGA775のHT Pentium 4やCore2DuoのPentium 4が全盛になっているとは言え、Socket 478のHT Pentium 4だって、まだまだ現役でバリバリ動かせるんだから、マザーボードくらい供給してくれよ・・・そしてまたこのPC放置・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2007年2月14日 (水)

紆余曲折のちBフレッツ開通

Bフレッツ回線工事は2/4に終わって、実際の開通作業は、2/11に終わっていたのだけど、その後どたばたしててこちらに書くのを忘れてたので、いまさらながらに書いてみた。どのへんが紆余曲折かというと、2/10の夜から始めたBフレッツの開通作業は、半日以上のうまくいかず、2/11になってニフのサポセンに電話をして解決したんだけど。。。まぁ、開通できなかった訳が・・・ね・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

話はDQNプロバに愛想を尽かして、Bフレッツへの申し込みをしたところまでさかのぼる。電話でNTT東日本にBフレッツ申し込みをした、その際にプロバを決めたらまた連絡をくれと言われたので、プロバの比較チェックしてニフに決め、Web上から申し込みを終えて、NTT東日本に電話をした。そのときの会話・・・

(まいおい) :「プロバイダはニフティと契約しましたー」
(NTT東日本):「えっ、申し込んじゃったんですか?」

・・・・・・(;´Д`)?プロバヲキメテッテイッテナカッタッケ

(NTT東日本):「えーと、プロバイダを決めてと言うのは、どこにするか言ってくれれば、こちらからプロバイダの申込みも込みで行うと言う意味だったんですが・・・」
(まいおい) :「工エエェェ(´д`)ェェエエ工工・・・もう、契約しましちゃったyp!」
(NTT東日本):「でしたら、こちらからは光の回線工事とプロバイダとの接続調整だけを行いますね」
(まいおい) :「あい、お願いしますー」

で、電話が終わった・・・2/4にNTT東日本の工事の人が来て工事完了、が、ここに伏線があった。。。2/4の工事が終わったあと、なぜかNTT東日本から電話が来た。

(NTT東日本):「本日、Bフレッツの回線工事が完了したとのことですが、もう1件申込みが入っております。2回線を工事と言うことでよろしいでしょうか?」
(まいおい) :「・・・・・・(;゚д゚)・・・いえ1回線しか頼んでませんが・・・」
(NTT東日本):「そうでしたか、弊社の受付オペレータが回線の申し込みをオペミスで重複登録してしまうことがよくあるんで、それかもしれません、では、こちらの申し込みについては取消ししておきますね」
(まいおい) :「・・・わかりましたー」

で、電話を終えた・・・が、これがどうやら地雷だった。NTT東日本のBフレッツサービスは必ずプロバイダと情報連結を行わないといけないらしく、プロバにBフレッツコースで申込みをしたら一緒にNTT東日本への回線申込みが、逆にNTT東日本に回線申し込みをすると、言えばプロバを一緒に申込みをしてくれるといった具合なのが普通らしい・・・

私の場合、ニフティの契約とNTT東日本との契約を別々にしたため、ニフティかNTT東日本どちらかの受付が個別に申込みをしたことを忘れて回線の申込みが走ってしまったらしく、電話のやりとりで取消した回線の方が実は、プロバイダと情報連結した契約回線だった・・・○| ̄|_

・・・つまり、工事を完了させた回線は、回線のみが開通して、プロバとの情報連結が出来ない回線だったデスヨ・・・それに気づかずに、2/10の夜からずーっと、PC設定、ルータの設定、接続の構成変え続けながら、なぜつながらないだぁぁああ・・・と徹夜明け・・・ニフのサポセンへに電話。

(ニフティ):「大変お待たせしました、2/4にBフレッツの回線申込みが、お客様のご都合でお取消しになっているため、ニフティとのプロバイダ契約は有効になっているのですが、この回線契約で申込まれたニフティのBフレッツサービスはお取消しになっております。従いまして、お客様のユーザが無効になっており接続時、認証エラーとなっているようです。
(まいおい):「・・・・・・(;゚д゚)」

NTT東日本の担当さんYO!、接続不可能な回線工事だけあるって意味ねぇ、接続可能な回線申込み取消してんじゃないYO!

(ニフティ):「お客様の回線工事だけは終わっていてインターネットに接続出来ないとのことですので、早急にお客様のユーザ情報を基にBフレッツ回線のご利用を可能な状態に致します、少々お待ちください。」
(まいおい):「はい・・・(´ω`)」
(ニフティ):「大変お待たせしました。取り急ぎ、お客様のユーザでBフレッツ接続をご利用できる環境をご用意させていただきました。」

ってなわけで、やっと繋がったよママン・・・教訓、言葉のやりとりは非常にあいまいです、キッチリと内容を確認しましょう・・・でもね、もう少しうまく処理してよ。。。NTT東日本さん。

FIN

2007年2月 7日 (水)

BlogPet

今日も1時帰宅で、段々お仕事もヒートアップしてきたけど、blogをちょっといじってみる。まずは、背景画像とかないけど、適当なCSSの当たり具合を確かめるためのテスト的デザインに変更っても、枠線とか背景色とかは、ココログの管理機能使ってるんだけどね。。。まぁ、そりゃ前のほうがデザイン的には優れてるさ、あぁそうさ(TдT)

って、愚痴なんかたれつつ、流行にのっかっとけってことでBlogPetも設置してみる。。。さてさて、どんな書き込みをしてくれるやら。

2007年2月 5日 (月)

テンプレートから作ったblogのCSS

今回、ブログを開設するにあたって、テンプレートを利用しているが、少しばかり使い勝手が微妙です。テンプレートからのウィザード形式で作れるので楽と言えば楽なんだけど、細かい所のデザインが指定できないのがちょっといただけない。

って言うか、最初、自分で新規のテンプレートを作ったんだけど、どうにもイチから全部作るのは面倒だったので、テンプレートで作ることにした。。。ので、面倒くさくて自作を諦めたことを棚に上げて文句を言うなとツッコミがありそうだが・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。 )

具体的に何が細かく指定できないかと言うと、表示される文字フォントのCSS指定。各表示項目ごとに、タイトル部分や、実際の実体の本文部分の背景画像とかは、それこそ自分で作るのは面倒なのでテンプレート任せがいいんだけど、テンプレートからブログを作成すると、CSSはテンプレート用に用意されたものが強制的に当たり、こちらでは何も出ない。
最初から用意されているカテゴリを表示したりするときは、ちゃんとテンプレートに合うフォントデザインのタイトルとかが入っている(と言うより、テンプレートに合う、文字フォントを画像化したもんだね)からいいのだけど、自分でカテゴリを追加する場合、そこのタイトル文字やらは、デフォルトでMSPゴシックのスタイルがあたってて、ちょっとばかし違和感を感じる・・・まぁ、細かい話しなんだけどね。。。○| ̄|_

●ココログサポートページより抜粋
Q.リッチテンプレートで CSS カスタマイズをしたいのですが。
A.リッチテンプレートはデザインが固定されているため、CSS カスタマイズをすることはできません。

暇が出来たら、オリジナルの背景とテーマ、その雰囲気にあったCSSを自分で作りますかねー。

2007年2月 4日 (日)

Bフレッツ開通準備

今住んでいるトコ、住人なら誰でも使えるネット環境がありますが、以前から度々繋がらなくなることがありました。正確には、タイムアウトしてしまうのですが・・・Googleやらはもちろんのこと、障害報告見ようと思ってプロバのHPへの接続すらままならない。メールも当然取れない。たまーに接続がうまくいくときを見計らってインフォメーションを見て愕然としました。

現在、ファイル交換ソフト等を頻繁にご利用になることによりマンションのネットワーク機器に過大な負荷を与える例が発生し<~中略~>すので、ファイル交換ソフト等のご利用は、お控えいただくことをお勧めいたします。

”お 控 え い た だ く こ と を お 勧 め い た し ま す” ! ? アレなソフトに対処も出来ないDQNプロバイダであることが発覚・・・┐(´∀`)┌

その日のうちにBフレッツに申し込みました。今まで入会してきたプロバは、FSINetwork→DTI→Biglobe→某CATV→DQNプロバと、変遷を辿り、次はドコにしようかなーっと探しながら、6社くらいに絞り込んで、最後はOCNとNiftyとの二択になり、口コミでアフターサービスの悪さが多いOCNを捨てNiftyとなりました。

朝10時頃に、NTT東日本の工事の人が来て何事も無く完了。。。が、ちょっと気になったのは、専用の試験用接続スピード計測ソフトを5回ほど動かしてたのをちょっと見てたんだけど、結構ブレがあって55Mbps~72Mbpsとなってました。しかも結果は手持ちにしてすぐしまってしまい、客には見せないのね。。。

で、工事のほうも終わったので、一応、DQNプロバはココに住んでる限り使い続けられるので今のルータはとっておき、新しいFTTH対応のルータを買わないとなぁと思いつつ、有楽町のビックカメラへ。どうせなら無線LANにもしたいなぁと欲を出しつつ物色、物色。ココで探すFTTH対応のルータに対する条件は以下の通り。

1.Bフレッツ対応であること(当たり前)
2.IPフォンが使える、つまりVoIP対応であること
3.理論、実効スループットが競合中3位以内なこと

で、探したわけですが実は、2.の条件がすんごいネックになっちゃいました。。。機器は、自分で選ぶ!そう決めていたので、NTT東日本からIPフォン対応のFTTHルータのレンタル断っていたのだけど、VoIP対応のルータがすくなすぐる・・・ルータ系で有名どころ、Buffalo、Corega、I/O DATA、Planex、NetgearとことごとくVoIP対応機種なし、もダメかとおもったら、YAMAHAのRTシリーズがVoIP対応してるー!ってことで一目散に駆け寄って商品を手に取ったところで・・・(´・ω・`)他の有名どころが、4000円程度からせいぜい6000円程度なのに・・・4万近くするんだ・・・○| ̄|_

って、よく考えたら、YAMAHAのRTシリーズって、ハードウェアVPN機能やら、独自提供してるダイナミックDNS機能が使えるサービスやら、ATM、ISDNにすら対応してるし、下手をすると中小企業ユースでも使われるから仕方ねぇかなぁと思いつつ、今更、NTT東日本にやっぱりレンタルして下さいと言うのも癪なので、涙を飲んでYAMAHA RT58i NetVolanteにしました(TДT)

次に無線LANどうすっかなぁと物色を続けていると、最近はルータ機能付きしかほとんど扱ってないらしいことが発覚。しかも、お目当てのものは、802.11a/b/gではなく、802.11n、通称MIMO対応と言われてるヤツで、802.11n自体は、まだIEEEでDraftの段階で正規の規格になっていないのだけど、NetGear、Corega、Buffalo辺りからはすでに、Draft現在の規格で商品が発売されているんでそれを見てみた。ネットの風評でかなり早いという情報のあった、NetGear WNR854Tが、デザイン的にも気に入り、ルータ機能も切れるので、これにしようかと迷っていると、ココでも問題発生。うちで無線LANを利用するのは、すべてデスクトップPCになる。なんで、PCMCIAカードのリーダなんぞ増設などしたくなく、当然、USB接続タイプの子機を探してみるが・・・(゚Д゚≡゚Д゚)・・・全然ねー!店員捕まえて聞いて見たら、802.11nのUSB接続の子機は、現状でコレしか商品化されて無いんですと、超カッチョ悪いBuffaloの子機を見せて貰った。。。○| ̄|_

む、無線は、暫く待ってみます。。。そう言い残してレジに向かいました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

(´・ω・`)ガッカリ・・・しながらレジに向かう途中、あぁ、そうだ、無線ダメだったからスイッチ買わないとと、と今度はスイッチ物色。そのうちLANの中はGigaBitにしたいなぁと思いつつ、さっきまで思い悩んでいた無線LANのことはスッパリ頭から抜け落ちたまま、ふらふらとCoregaのGigaBit対応スイッチを買い物かごに放り込み、あぁ、そいあ、LANケーブルも綺麗にしたいと思い、スリムタイプのケーブルを適当にポンポンと買い物かごへ。。。やっとこレジに行く決意を固めて向かっていると、あぁ、今のファイルサーバ、壊れかけのボールベアリングの80GBのHDDを4台突っ込んでるけど、MP3やらソフトウェアのバックアップやら全部入ってるから、今のままじゃバックアップもないしアブネーヨナーとか思って、んじゃ、前から狙ってるNASベアボーン(INFRANT ReadyNAS NV+)でファイルサーバ環境を本格的に構築する前に、予備に買っておくかぁと、ふらふらと、つなぎだからLAN接続HDD(まぁこれも一応NASだけどね。。。)ならなんでもいいやーとBuffalo LinkStation LS-500GLを手に取りこれも、買い物かごにポン。

レジで会計、無線もダメだったし、ルータもアフォみたいな値段のヤツしかなかったし、もうどうでもいいやーと、会計済まし、帰宅の途につきました。まぁ、例によってまだ未開封です( ´_ゝ`)070204_211251

ええ、ソウナンデスヨ、奥さん、実は・・・

FFXI(スクエア・エニクスから発売されている、Final Fantasyシリーズの11作目で、MMORPGいわゆるネットゲームなのでぇす)なんてものをやってたりします。もうかれこれ3年になるんでしょうか、よくもまぁ、あんだけ時間を浪費したもんだと思う今日この頃です、(゚Д゚;)ァ!・・・・今も現在進行形で浪費中ですね…

とはいえ、ログインする回数は、もうだいぶ減ってきていて、ログインしたとしても軽~く挨拶してちょっとしゃべって終わりとか、そんな感じになってるんで、まぁ、いつ引退してもおかしくないところまでいってるのかなぁと思いつつ、課金は続いてます。

んで、今更なんですが、FFやっててblog書いてる人達を見習って?XI-Profなるものを設定してみました。まぁ、見ての通りカンストジョブ1個しかない人です。それもカンストしたのは、結構最近だったり・・・(´∀`;;)

2007年2月 3日 (土)

新鮮?

個人的なウェブページをアップロードするなんて、たぶん軽く10年ぶりくらい。昔は、せこせこ必死にタグからHTML作ってたけど、最近便利になったもんだーねー。って、ふつーのホームページとblogを一緒にすんなーって言われるかなー(´∀`)

作りっぱなしジャーマン

意味もなくblog開設、ぉぅぃぇ(*´д`*)b

トップページ | 2007年3月 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン