2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« Solaris 10インストール時のキー配列トラップ攻撃について | トップページ | じゃんがら »

2007年8月 7日 (火)

メモリの増設と2GBトラップ攻撃について

Solaris 10をVMwareインストールしてみたところ、ちょっとメモリがきつい・・・ずっと2GBくらいあんだろと思ってたけど、実は1GBしか載ってなかった。・゚・(ノ∀`)・゚・。と言うわけで、メモリの増設ですヽ(`Д´)ノ・・・とりあえず「XPS600 メモリ 増設 型番」あたりでググってみるが、あまり有用な情報が見つけられず、本家のDELLのサポートページに。と、XPS600のアフターサポート関係のページから、機器増設、アップグレード関係のページへ。

XPS600のマザーボードは、どこのメーカが供給しているか正確な情報は出ていません。Web上でもあまりそのことについての情報量が多くありません。わかっているのはチップセットです。ただ形状がDELLのオリジナル形状になっているらしく、別のマザーボードとの入れ替え等は不可能みたいです。んー、NVIDIAのOEM供給なんでしょーかねー。

XPS600は、NVIDIAのnForce 4 SLI Intel Editonチップセットが搭載されています。リファレンススペック通りならば、FSBは400MHz/533MHz/800MHz/1066MHzに対応、メモリはDDR2-SDRAM 400MHz(不明)/533MHz(PC2-4200)/667MHz(PC2-5300)に対応。最大メモリ搭載容量は16GBで、EM64T対応Pentium 4および対応OSとの組み合わせでメモリ認識4GB越えが可能とあります。

まぁ、Dellのサポートページにあった内容とは多少違いますが、XPS600については、おおよそnNIDIAのnForce 4 SLI Intel Editonフルスペックバージョンにはなっていないもの、と言うかBTOで注文した際に、必要な機能だけを生かして提供していると思われます。

nForce 4 SLI Intel Editonチップセットでは、PCI Express x16とx8の2本を利用してGeForce系のビデオカードを2枚差しSLI稼働をさせることも可能となっています。他のスペックとしては、USB 2.0×10、Gigabit Ethernet、シリアルATA II×4、7.1chオーディオ、PCI×5などに対応。ネットワークコントローラはハードウェアファイヤーウォール機能を搭載。シリアルATAは RAID0/1/0+1/5に対応し、2系統に同時アクセスすることでRAID時の性能が向上させることも可能だそうです。

もちろん、これはあくまでフルスペック状態で、実際、うちのXPS600は、USBは6個ですし、XPS600を注文した際にRAIDは頼まなかったので、コントローラはついていないようです。今となっては、あまり意味のない参考情報ですが、NVIDIA nForce 4 SLI Intel Editonチップセットの上位、後継でnForce系の最新のチップセットである、NVIDIA nForce 680i LT SLIは、nForce 4 SLIをほぼ踏襲している上位・後継のチップセットなので、トリビア程度か参考程度に知っておくと損はないかもしれません(´∀`)

と、横道にそれましたが・・・

デル純正メモリ購入ページに掲載されているXPS600対応メモリのスペックはーと。。。
------------------------------------------------
・240-pin DIMM
・PC2-4200 CL=4
・DDR2-SDRAM 533MHz
・Unbuffered
・ECC無し1R

で、一応、FAQのほうにも対応メモリ規格が載っているのでそちらも確認っと。。。
------------------------------------------------
・240Pin DIMM
・PC2-5300 (-)
・DDR2-SDRAM 667MHz
・(-)
・ECC無し
・デュアル / シングルチャネル対応

・・・(゚д゚)・・・


・・・・・・(゚д゚)・・・・・・


・・・・・・・・・(;゚д゚)・・・・・・・・

なんか、違う・・・DELLのサポートページFAQに掲載されているメモリ規格と、DELLが純正で販売してるメモリ規格が違うってドウイウコト?

そこはかとなく納得のいかないモヤモヤを感じつつ、どーせDDR2-SDRAM 667MHzでもDDR2-SDRAM 533MHzでも動くだろ-、と言うことで、適当によさげなチップのがあれば買ってみようと言うことに・・・

さらに言うと、XPS600は、どうも最大メモリ認識2GBまでしか対応してないような記載があるけど、OEM元のNVIDIAのスペック的には間違いなく2GBを超えるメモリにも対応してるとある・・・32bit Windowsなので32bitのアドレス空間を考えると4GBまではいけるでしょーと考え、メモリをちょちょいと物色・・・

TranscendCorsairあたりのメモリがホントは欲しかったけど、ちぃと、寄った店には在庫なし・・・仕方ないので、メジャーチップと表記のあるDDR2-SDRAM 667MHzの1GBメモリを4枚、計4GB分購入してみる。elixir(エリクサー)と言うメーカです・・・私は聞いたことがないメーカなんですがメジャーチップだそうで・・・本当か(゚Д゚;)?

【elixirメモリ(表)】Elixir1  【elixirメモリ(裏)】Elixir2




一応、DELLの純正品をチェック・・・Infineonのメモリ(とは言うモノのInfineonは、メモリLSI事業を分社化し、別法人として事業展開しているようですが、そのサイトが不明だったので、こちらに・・・)のようです。チップはHYで始まる型番があったので、チップ自体はヒュンダイ?とか勝手に納得してましたが、Infineon自体のチップなのかもしれません・・・つまりよーわからん。・゚・(ノ∀`)・゚・。

【XPS600純正メモリ】Infineon




さて、4GBのメモリを搭載してみました・・・BIOS上では4GB認識していますが、結局はと言うと、Windows XP上では、やはりDELLのページの言い分どおり、2GBまでしか認識しませんでしたなんらかの制限がかかってるみたいーwww・・・2GBの壁を越えたいなら64bit Windowsにしろっちゅーことですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

一瞬、ヤフオクにでも・・・とよぎりましたが、閉めたXPS600の筐体、また開けるのも面倒だし、特に問題出てないし、このままでもいいや。・゚・(ノ∀`)・゚・

« Solaris 10インストール時のキー配列トラップ攻撃について | トップページ | じゃんがら »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。ダンディ未来朗(みくろう)です。

VISTAのULTIMATE買えば解決です。
VISTAのULTIMATEなら64bit版もついてたような気がしました。
すぐに買ってください。

今買うとゲ○ツ氏のサイン色紙がもらえるとかもらえないとか・・・。
また、抽選でセッ○スボックス360まで手に入るとか入らないとか・・・。


とにかく私が販売しているツボとセットで買うのが一番お買い得ですよ。
すぐに購入メールくださいね!

一緒にツヴォとかもうね、ぁゃιぃすぎてどうにもなりませんw
それから、NGワードとか禁止ですwwwwwwww

もう毎回恒例のニャース書き込みのコメントとか、そろそろアク禁かと思い始めたこの頃ですw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモリの増設と2GBトラップ攻撃について:

« Solaris 10インストール時のキー配列トラップ攻撃について | トップページ | じゃんがら »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン