2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

レフ電球の値段

Reflamp02s家の一部の電球がレフタイプの電球です・・・で、白熱電球にほぼ同じで、とても柔らかい色の光なんだけど、白熱電球と同じ欠点もあり、電気のスイッチを入れた瞬間にパンッと割れることが多いのです(TдT)

んで、最近は、寿命が長い蛍光管で作られているレフタイプの電球があるそうで、ひとつものは試しと買ってみました。。。が、これが高い(;´Д`)

Reflamps通常のレフ電球が200円ちょいなのに対して、蛍光管タイプのレフ電球は軽く2000円以上と10倍以上の値段がします・・・とりあえず、当然、値段見合いで、ちゃんと通常のレフ電球の10倍ちょいは寿命持ってくれるんだよねーっとか思ってるけど、さてさて、いつまで持ってくれるでしょうか(´∀`)

あ、そうそう蛍光管タイプは、消費電力量も白熱球タイプのレフ電球より断然少ないそうで。

2007年9月28日 (金)

デカビタとトリビア

Dekabita03sどーでもイイと言えば、どうでもイイトリビア・・・DEKAVITA Cですが、実はラベルの端っこに、このデカビタのイメージキャラクターである「ビタ子」と言うキャラクターがプリントされています。この「ビタ子」びっみょうにラベルに印刷されている内容が違います。一説によると4種類あるそうですが、真偽はよーわかりません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

が、確かに2種類はあるようです。サントリーのなるほどQ&Aによれば、『本当にときどきですが、デカビタCのラベルには「ラブラブ・ビタ子」と「あらあら・ビタ子」、2種類のビタ子ちゃんが登場しています。』とのこと。


通常、デカビタを購入しても、ラベルには、ほとんどの場合、カチューシャ部分に「C」の文字が入っていますが、どうやら、希にカチューシャ部分に「ハート」が描かれている場合があるとのこと・・・

【通 常】       【レア?】
Dekabita02sDekabita01sで・・・職場にある自動販売機前でその話を職場のある方がその話をしていて、めちゃくちゃレアなんだよーなーんて話しをしていたときに、ふとラベルを見たら・・・

ちょwwwwwwwハートマーク出てますがwwwwwww

そんなわけで、わざわざGoogle先生に頼んで、サントリーのホームページから、そんなどーでもイイ、トリビアを引っ張ってきてみました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2007年9月27日 (木)

恵比寿ガーデンプレイスもう一度(´∀`)

以前に夜の恵比寿ガーデンプレイスを撮った時、思うように撮れなかったので、再度リベンジヽ(`Д´)ノ
今回も三脚なし・・・でも、今度は少しはうまく撮れたかなー(´∀`)

Ebisugp02sEbisugp03s

Ebisugp01sEbisugp04sEbisugp05s

2007年9月26日 (水)

Caplio R7 ファームウェア公開

Caplior7updatesCaplio R7が発売されて、まだ、1週間ちょいですが・・・早くもファームウェアが更新されました。・゚・(ノ∀`)・゚・。この時期にファームウェアが出ると言うことは、発売前から分かっていた不具合だけど、発売までに間に合わなかったのかもしれませんねぇ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Caplio R7ファームウェアアップデート内容

公開日:20707/09/21

バージョン:V120

・AF の精度を向上しました。

・画像サイズF3:2に設定し、ホワイトバランスブラケット(WB-BKT)または、カラーブラケット(CL-BKT)で撮影すると、記録エリアが下部にシフトしてしまい上部の画像がない部分が細い帯状に黒く保存される現象を修正しました。

ちょwwwwAF精度向上ってwwwwwAFはコンデジの命じゃwwwww

と・・・とりあえず、頑張れリコー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あ、ちなみに私のCaplio R7は、ファームウェアバージョンV170だったようです。無事にアップデートできました(´∀`)






powerd by Amazon360

2007年9月25日 (火)

朝焼けっぽいテストしたの(BlogPet)

きのうまいおいの、エントリみたいな満足しなかったー。
でも、アップしなかった。
だけど、朝焼けっぽいテストしたの?
だけど、マロニーちゃんは典型へ納得するはずだったみたい。
それでツノブエピッコロの銀でカメラネタへ判断ー!

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2007年9月24日 (月)

ラーメン博多一風堂再び(´∀`)

久々の一風堂です。

Dvc00003s以前、五反田の一風堂に立ち寄った時は、餃子が一番美味しかった記憶しかなかったため、しばらく避けていましたが、久々に恵比寿のほうの一風堂に入ってみました。前回の五反田のときは、仕事が遅くなったあげくに終電を逃して、へろへろになって金曜の夜だから、まぁ、歩いて帰るかぁと、3時間近く歩いて帰った時なので、へろへろになってて味覚がバカになって美味しくなかったのかなーとも思うところがあったので、再度と言うことで、行ってみました。

赤丸新味+ご飯+三色盛り(卵、チャーシュー、明太子が入った皿)を頼みました。何というか、五反田のところより美味しく感じる・・・なんでだ?(;´Д`)・・・単に空腹度合いが違ったのかなー。

最初の一口は、あまりどんぶりの中身をかき混ぜずにスープを一口、んー、やっぱ少し油分多めかなーとか思いつつ、麺をすする。今回は堅め麺で注文。博多ラーメン典型の細麺だけど、やっぱり、五反田で食べた時より全然美味しく感じる・・・ 三色盛りの中から、明太子をご飯に載せたり、ラーメンに載せたり、自由に食べられる味付けもやしを一口、高菜を一口しながら、食を進め、替え玉も1回注文。チャーシューは、これと言って特徴があるわけではありませんが、チャーシューっぽいチャーシューです。ただ、濃いめの下味がついてるねー。

そんなこんなで、あっつーまに完食。。。やっぱり単に今回は、空腹で体調よかっただけなのかな。・゚・(ノ∀`)・゚・。まぁ、飛び抜けて美味しいと言うこともないけど、今回の恵比寿店の訪問で、私の中で、ふつーにハズレなく食べられるラーメン屋に昇格しましたw

2007年9月23日 (日)

EF-S60m F2.8 Macro USMとレンズ沼

Efs60mm01sNumas今まで、マクロレンズは、SIGMA 50mm F2.8 EX DG MACROを使っていました。特に不満があったと言うことはありませんが、mixiのCanonユーザのコミュでは、EF-S60m F2.8 Macro USMがとても評判が良いようです。Tepさんがこのレンズを購入しましたが、その際に少し利用したみた感じ、インナーフォーカスと言うことと、USMでのフォーカス動作の速さがとてもイイ感じでした。SIGMAのマクロは、インナーフォーカスでないため、等倍で近くでモノを撮ろうとすると、にゅい~んとレンズの先っぽが伸びるのと、フォーカス動作の遅さがあります。

SIGMAのマクロに比べて、Canonのこのマクロレンズは、2万円ほど値段が高めですが、確かに高い分だけあるのかなーという感じ・・・と言うわけで買いました・・・○| ̄|_


あぁ・・・また、やっちまった・・・○| ̄|_


散財ヽ(`Д´)ノ・・・散財ヽ(`Д´)ノ・・・散財ヽ(`Д´)ノ・・・


・・・○| ̄|_


うへへへへ。。。えへへへへ・・・コレが沼にハマるってコトですカ?(;´∀`)



レンズ沼(れんずぬま)


一眼レフカメラの特徴は、レンズが交換出来ることです。ひろーい範囲を撮ることの出来る広角レンズ、広角から遠くを撮ることの出来る望遠ズームレンズ、望遠のみに特化したレンズ、同じくらいのスペックでもレンズやメーカの違いによる撮れ方の違いなどがあります。別の言い方をすると、撮りたいものの用途に合わせたレンズを選ぶことができるという風にも言えますが・・・趣味が高じて、撮りたいモノが増えていくうちに、レンズを何本も購入することになります・・・コレが、底なしのレンズ沼への入り口です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

例えば、高速フォーカスで静かなレンズにしたい→超音波モーターレンズ購入
例えば、広がりのある風景を撮りたい→超広角レンズ購入
例えば、スポーツを遠くからでも迫力のある絵が撮りたい→望遠レンズ購入
例えば、ボケ味の出せる大口径明るいレンズがほしい→F値の低いレンズ購入
例えば、動くモノを撮るときに手ぶれを防ぎたい→手ぶれ補正付きレンズ購入
例えば、美しいキレのある絵を撮りたい→評判のいい単焦点レンズ購入
例えば、別焦点の単焦点レンズが必要になった→別の単焦点レンズ購入
例え(以下略

などなど・・・(;´Д`)

一眼レフカメラのレンズは・・・確かに安いモノもありますが、ある程度の性能のものは、それはそれは高いのです。・゚・(ノ∀`)・゚・。夏の旅の前に購入したEF24mm F1.4L USMなら、EOS Kiss Digital Xの本体が3台は買えてしまいます・・・レンズがカメラの本体より高いなんてことは、ザラにあり、野球中継や様々なスポーツなどで見かけるカメラマンが使っている白い筒の大きなレンズなどは、100万円を超え、Canonの一番大きい望遠レンズなどは、980万円と高級車が1台買えるお値段です・・・(;´Д`)

980万円は極端な例としても、10万~30万程度のレンズはごろごろしており、一度レンズのバリエーションを揃えはじめると・・・それはもう貧乏まっしぐら間違いなしです・・・(;´∀`)b

アナタも気づかないうちにレンズ沼にハマっていませんか?








powerd by Amazon360

2007年9月22日 (土)

RICOH Caplio R7な話し2

買ったら早速使って見ねばと言うことで試し撮り・・・いつもの被写体で。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Rimg0003自分好みの設定で、ホワイトバランス、ISO感度、フォーカスをマニュアルで、マクロモード、長時間露光モード等使ってみました。前回も書きましたが、35mm換算で28-200mmのズーム、まだ機能を試してませんが、さらには、そこからさらにデジタルズームで1010mm相当までいけるそうです。

Rimg0019sRimg0018s丁度、ちょっと前に、SIGMAの18-200mmで東京タワーと、六本木ヒルズを撮ったばかりなので、比べてみました。さすがにISO64まで落として4秒~8秒のシャッタースピードで撮ってみましたが、画質という面では、やはりデジタル一眼レフカメラに圧倒的に軍配があがり、SIGMAの18-200mmのほうが綺麗です。もっとも、まだCaplio R7を使いこなせていないだけかもしれないので、もう少しうまい具合に撮れる方法をみっけたら、再度チャレンジしてみたいと思います・・・が、夜の暗いところでそれなりにはちゃんと撮れてますねぇ。。。

Rimg0009sが、暗いところで、少し望遠を使ったまたは、ほとんど使わない状態で撮った場合のピントがどうも合っていないような写り方をしています。もちろん800x600程度のサイズに縮小するとあまりわからない程度の差ですが、それより大きくするとどうにも狙ったトコでと言うか、被写体が綺麗に写ってくれない気がします・・・使い方が悪いのか・・・(;´Д`)

Rimg0012sRimg0013s次はマニュアルフォーカスモードです。一般にコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの違いは、ピントが合っている部分以外のボケが出るかでないかなんて言われています。携帯カメラで撮った写真が良い例ですが、単純に全体がボケると言うことはありますが、ピントの合っている部分とそうでない部分でのボケ方が違うと言うような写真を撮ることがなかなか出来ません。ですが、最近のコンパクトデジカメでは、その通説は覆されそう、と言えるかもしれません・・・もっとも、完全オートでは、なかなかきついですが、設定をしてやれば、この例のように手前と奥とで、それぞれピントの合っていない部分でのボケを表現することが出来るようです。

Caplior7_macro01sR0010035s次ぎはマクロモードのテスト、The World of GOLDEN EGGS DVD BOXの裏側、全体像の左下端を撮ったモノですが、以外にまぁ、よく写っています。それなりに使えそうです。このコンデジでもそれなりの期待した写り方はしてくれてる感じです・・・まぁ、画像の歪みは仕方ないかなぁと言う感じです、少し引いて使えば結構イイ感じに使えないこともない・・・と言うか、このマクロ機能について期待以上の写りだったのかなー。

Rimg0002sRimg0007sRimg0008sあとは、昼間の絵を撮ってみてのテストです、明るい日の下で初めて使えました。とりあえず、めちゃ絞られているように見えますが、これでF5.0です。色合いについてはコンデジにしてはよく出ているようです。絞りやシャッタースピードが調整できないため露出の補正でこのへんは調整しますが、RAWでの調整が効かないためどうにも思い通りにならない絵になることもありますが、まぁ、Webに掲載するサイズ程度に小さくしてしまえば、あまり気にならない程度に見えるでしょうwwwwww

まぁ、コンパクトデジカメなんて、10年近く前のFinxPix以来ですが、軽く使った感じ、とりあえずそれなりに使えている感じはしている・・・と思います。

が・・・やっぱり、コレ、売りに出してGR DIGITALかCaplio GX100買おうかな~。・゚・(ノ∀`)・゚・。






powerd by Amazon360

2007年9月21日 (金)

キヤノンプラザ銀座でお掃除

R0010004sEOS Kiss Digital Xのファインダーを覗いたら、ファブリックのソファーから混入したと思われるゴミが・・・(;´Д`)・・・ッてなわけで、こんなものは、ブロワーでサッと吹いて飛ばしてっと・・・・・サッと吹いて飛ばし・・・サッと吹い・・・サッと・・・

と、飛ばして・・・(;´∀`)・・・あんれ・・・ゴミとれね・・・(; ´_ゝ`)

と・・・とりあえず、ミラー拭いて、ピントグラス拭いて・・・

・・・あんれ・・・やっぱり、ゴミとれね・・・(; ´_ゝ`)・・・ローパスフィルターは関係ないし・・・で、やっぱりゴミとれね・・・

あぁ・・・ファインダー中にゴミはいっちゃった・・・○| ̄|_ ・・・しかも、Web見て、ミラー、ピントグラス・・・ついでに、ローパスフィルターも掃除したら余計にゴミが・・・○| ̄|_

拭き拭き・・・

拭き拭き・・・拭き拭き・・・

拭き拭き・・・拭き拭き・・・拭き拭き・・・

ゴミ取れないぁあああああああい!


AHHHHHHHHHHHHHHHH!!!!ドチクショオオオオオオオウ!!!!

(;´Д`)...ハァハァ・・・

(;´Д`)...ハァハァ・・・ハァハァ・・・

お、おちつくんだgj:rごrh

もっかい、お、落ち着いて・・・ミラーとピントグラス拭き拭き・・・

拭き拭き・・・

拭き拭き・・・拭き拭き・・・

拭き拭き・・・拭き拭き・・・拭き拭き・・・

ファインダー・・・|д゚)カンサツ

ノオオオオオオオオオオオオオウ、余計悪化してるぅううううううううwwwww

・・・○| ̄|_

アカン・・・これ以上素人が手ぇ出したら、取り返しのつかないことになりそう・・・と、そんなわけでCanonのサービスステーションにカメラを持って行ってファインダー、ミラー、ローパスフィルターの掃除をして貰うことにしました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

公式のWebサイトには書かれていないし、サポートのセンター持ち込みの修理・掃除については有償みたいな記載がありますが、実は、anonのカメラ、Canonのサービスセンターに持って行くと、保証書があろうがなかろうが、掃除をしてくるんです。レンズの清掃については、保証書の保証期間中なら無料、保証期間が切れた場合でも、単純な清掃なら300円程度で済むそうです。

これは、カメラ代金、レンズ代金にそもそもメンテナンス料金が入っているが入っているから、タダでしてくれてるそうで、デジタル一眼レフ以外にも、普通のコンデジを含めてすべて、ココに持って行けばお掃除はしてくれます。

もちろん、きっついゴミの混入による分解清掃になると多少料金がかかるみたいですが、基本的な清掃ならタダです。もし、カメラのファインダーの汚れやローパスフィルターの掃除ならCanonのサービスセンターに持って行くといいでしょう。ちなみに、東京のサービスセンターは、銀座にあり、日曜・祝日以外、10:00~19:00まで開いています。

ミラー、ファインダーの掃除をしたいなーと思ったら、素直にサービスセンターに持って行くがキチでしょう。特にローパスフィルターの掃除は、特に気をつけねばなりません。ローパスフィルターはデジタル一眼レフで一番重要な部分の一つです、コレに傷を付けるとカメラは死亡したも同然です。。。交換するには、3万~4万は堅いそうです・・・(;´Д`)・・・と言うか、買い換えたほうがええかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

と言うか、やはり素人があんまし、手ぇえ出していいところじゃないのかもしれません・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2007年9月20日 (木)

RICOH Caplio R7な話し1

Caplior7sコンパクトデジカメCaplio R7の話し・・・最近、カメラネタが多い気がするのは、きっと気のせいではありませんが、まぁ、それは置いといて・・・(つ´∀`)つ

一眼レフカメラは、確かにきちっとした写真やコンパクトデジカメには撮れないような絵が撮れますが、決定的な瞬間が近づいている場合や、持ち運びや出してすぐに撮ったりするには、やはり携帯性や操作性の問題があります。普段、散歩しているときや、通勤・通学している最中に見た面白いものなんかを手軽に撮るには、やはりコンパクトデジカメがあったほうがいいかなーと思い、突然ですが・・・RICOHのCaplio R7買ってまいました(;´Д`)

各社一斉に、秋冬モデルが発表されており、1210万画素のものは、ほとんどでCMOSセンサやCCDセンサの大きさが、810万画素クラスのカメラより一回り大きくなっているみたいですが、色々候補がありましたが、本当は、本当は、GR DIGITALCaplio GX100が欲しかったんだよーう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ガッ!GR DIGITALもCaplio GX100もコンデジなのに、EOS Kiss Digital Xの本体実売価格より高い不具合がwwwwwww・・・まぁ、無理さね┐(´∀`)┌

まぁ、今回、店員とっつかまえーの、Webの情報みーので、一応、候補して考えていたキャノン、フジフィルム、オリンパス、リコーの製品を見てみました。

キャノン、IXY DIGITALは万人向け、どんなシーンも浅く広くなんにでもある程度そこそこのレベルで撮れるカメラになっていて、画質も結構いいのだそうだけど、逆に面白みや特徴がないのと、Canon製品は、すでにEOS Kiss Digital Xもってるしなーっと・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

フジフィルムのFinePix F50fdは、元々フィルム会社のノウハウを活かした画像素子、内部の画像処理エンジンがいいとの話しです・・・特に今回の秋冬モデルの中では、一番高いISO感度で撮影をすることができ、暗いところでの撮影では、コレが一番のようですが、全般的に撮れた絵がザラザラになりすぎるそうで・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

オリンパスには生活防水や水深3m~10mまでオッケー、その他にも耐衝撃性・防塵仕様なμ(ミュー)と通常のコンデジラインナップのCAMEDIAシリーズがあり、μ(ミュー)のほうは、こいつなら海に潜るのも問題無いですよって感じで、他社と一線を画しているデジカメで、ちょっと面白そうなデジカメだなーって思いました。

リコーのCaplioシリーズは、標準で35mm換算で、28-200mm相当の望遠と1cmマクロ、マニュアルフォーカスモード等がついてる、これも他社と少し毛色の違うデジカメです。今回、28-200mmのレンズとマクロ、マニュアルフォーカスモードがあると言うことでコレに決めました!ホントは、GR DIGITALかCaplio GX100が(以下略)

実は、FinePix F50fd等は、撮影モードにシャッタースピード優先(Tvモード)、絞り優先(Avモード)等があり、かなり惹かれたのですが、そっちは、EOS Kiss Digital Xがあるし、まぁ、そこまでコンデジにこだわる必要もないかなーと、気軽に取り出し、気軽に何も考えずにシャッター押すだけの基本Autoの撮影シーンモードのみが搭載されているコンデジにしました。

絞り優先や、シャッタースピード優先の撮影モードがあるデジカメとしては、FinePixS9000、6000や、PowerShot等がありますが、Tepさん曰く、アレはコンデジとして認められないwと言っていたため、今回の候補から外れています。。。まぁ、確かにあのサイズとレンズだと、コンデジと言うには結構な大きさになっていて、機能的なものを見たら一番ローエンドのデジタル一眼レフでいいじゃんって感じのカメラで、中途半端な気がするしね~。






powerd by Amazon360

2007年9月18日 (火)

ニャース(BlogPet)

きょう超ニャース1号は納得連発するはずだったの。
でも、マロニーちゃんで話題っぽい旅行したかった。

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2007年9月16日 (日)

Lee Ritenour in Blue Note Tokyo

Leeriternour01sLeeriternour02s
ひさびさのBlue Note TokyoLee Ritenour(リー・リトナー)を聴いてきました!久々にBlue Note Tokyoに行ってきた感想は、やはり生音はイイ!最高です(´∀`)
Lee Ritenourは、フュージョンジャズで有名どこなギタリストです。今回の編成は、ギター(Lee Ritenour)、サックス(Bill Evans)、ピアノ(Patrice Rushen)、ベース(Brian Bromberg)、ドラムス(Alex Acuna)、フュージョンジャズとしては、オーソドックスな編成での公演でした。開演からスムースなギターの滑り出し、合いの手には、ピアノ、サックスが心地よく、ベースとドラムスとのセッションもとても楽しいものです。

今回メインのギターのLee Ritenourは当然有名ドコですし、彼のジャズバンド「フォープレイ」からLee Ritenour自身がプロデュース業などに専念するため脱退した後釜のギタリストとして迎えた、Larry Carlton(ラリー・カールトン)とのコラボレーションも有名ですが、その他にも、結構な方達がメンバーとして参加しています。ピアノは、当初、John Beasley(ジョンビーズリー)でしたが、直前にメンバーが替わり、Patrice Rushenとなっていますが、この人、Men in Black(メン・イン・ブラック)の音楽を担当したり、ジャネット・ジャクソン・ツアーの音楽監督も行っていた人で、ピアノ・キーボードもヴォーカルもこなせる人です。また、サックスのBill Evansは、Miles Davis(マイルス・デイヴィス)のレコーディングにも参加したことのある奏者です(マイルスのバンドにいたピアノ奏者のBill Evansではありません)。

Jazzらしく、サックスが曲の途中でしばらく出番がないため(Blue Noteのステージはとても小さい。・゚・(ノ∀`)・゚・。)、少し後ろに下がっていたと思ったら、Lee Ritenourが目線でこっち来いと呼んでいます。Bill Evansが仕方ないなぁってな感じで登場して、即興のセッション開始です(´∀`)。ギターが1人しかいないため、ギターソロの場面では、めいっぱいLee Ritenourがメロディを奏で、サックスのソロに来るとリズムギターに徹し、ピアノとのセッションでも同じように、見ててとても楽しめます。

また、Blue Noteの演奏では、そのときに気ままに出した音、リアクション、ふとした動作、曲と曲の合間の次ぎの曲に入る合間なんかの、楽器の調整で出していた音やリズムにいきなり音を載せて、即興の曲ができあがったり、通常の曲にはないような編曲がその場で生まれたり、わくわくするような出来事がイッパイです(´∀`)b

Blue Noteに出演をするアーティスト達は、いつも一定ではありません。すごいコラボレーションが見られるときもあり、曲なんかはアルバムに確かに存在するけど、ステージで使った編曲や即興での曲、そのメンバー構成で作られた曲は、また、そのメンバーで演奏されたアルバムは世の中に存在しないなんてことも多々あります。だからこそ、脚を運んで聴きに行く、そんな価値があるのかもしれません。

あとは、ステージとの一体感でしょうかね(´∀`)・・・なにぜ、Blue Note Tokyo狭いんですw・・・250人程度しか入れません。基本は予約制ですが、座席の指定がほとんどありません。お店にいって列んだ順で席を選びます。んだから、少し早めにお店に到着すれば、簡単に最前列で演奏を聴くことができます。演奏が終わって、拍手で迎えながらお客さんが演奏者とハイタッチしながら退場していく、なんて光景も珍しくはありません。

ジャズ、ソウル、ボサノヴァあたりが基本的なメニューですが、Diana King(ダイアナ・キング)、Vanessa Williams(ヴァネッサ・ウィリアムス)、葉加瀬太郎なんかも出演しています。ジャズというジャンルにちょっと敬遠する感じを持っている人でも、まずは、有名どころや、このへんから聴きに行ってみてもいいんじゃないでしょうか(´∀`)

2007年9月14日 (金)

三脚(Tripod)

安かろう悪かろうの典型のような話し・・・

カメラを購入してすぐに、手軽なお値段の三脚を購入しました・・・まー、最初は、こんくらいので良いだろうとSLIK U6600と言う三脚で、ビックカメラで2980円でした

で、今までコレを利用してきたんだけど、色々と最近問題点があることに気づきました。

・・・1点目は、安いだけあって貧弱すぎるwwwww
・・・2点目は、安いだけあって操作性の悪すぎwwwww
・・・3点目は、積載最大重量少なさの割に携帯性が悪いwwwww

・・・ソンナワケデ、新しい三脚を買って参りました。VelbonのEl Carmagne 645・・・レンズの値段1本分デスヨ。。。(;´Д`)
とりゃーず、しばらくコレを使ってみます。。。ってか、高い買い物だったので、使い倒す!そう決めました。・゚・(ノ∀`)・゚・。まぁ、でも・・・上手な人はきっと、安い道具を使っても綺麗に上手に撮るんでしょうねwwwwwww

しかし・・・カメラを買う前は、三脚なんか持って移動するのは、報道関係の人か、どっか頭のおかしい人か(言い過ぎ)、ただの超どマニアか、追っかけ、カメラ小僧だけかと思ってましたが・・・まさか自分が、趣味でカメラと三脚を買うことになるとは。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。






powerd by Amazon360

2007年9月12日 (水)

何かが間違っている風景

Odaiba03s今日はネタなのか、ツ-ホーしたほうがいいのか判断に迷うモノの話。。。ちょっと前に、レインボーブリッジを撮りに行ったときに見た光景ですが・・・


・・・(゚Д゚)・・・

・・・・・・(゚Д゚)・・・・・・

・・・・・・・・・(;゚Д゚)・・・・・・・・・

明らかに色々と何かがイクナイ車達ですwwwwwwww


Odaiba01sこちらの軽自動車、ネタなのか、前タイヤの下にスキーの板を履いていますwwwww後ろのタイヤはありませんwwwwwそしてライト、バンパーがありません・・・それより問題なのが、画像では一応消してありますが、この車、取れ掛かってますがナンバーがついたままですwwwww通報したほうがよさそうですか?。・゚・(ノ∀`)・゚・。


Odaiba02sこちらの黒い車は一見綺麗そうに見えますが、明らかに車体に思いっきり凹んで擦った跡が見えます。後ろのドア付近にも擦った跡があり、バンパーもぶつかったせいか下目に落ちかけています。こっちはタイヤもホイールもちゃんとついてますが、今度はナンバーがありません・・・(゚Д゚;)こちらも通報したほうがよさそうですか?。・゚・(ノ∀`)・゚・


ってゆーか、ココは放置車両置き場ですか・・・ヽ(;´Д`)ノ

2007年9月11日 (火)

ニャース(BlogPet)

きょう超ニャース1号は、朝焼けも上京されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2007年9月10日 (月)

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS手ぶれ補正の罠

今日は、今更さらな話し・・・でも・・・なんとなく納得がいない・・・でも、当たり前の仕様通りな、そんな話しです(´∀`)

先日、お台場付近で、そこらを撮っていたときのこと、手ぶれ補正機能をONにしていると、OFFにしていたときよりぶれている場合があることに気づきました。今回は三脚を持参しており、ほぼ静止状態での撮影が可能でした。普通に考えると、三脚+手ぶれ補正があれば、ほぼ完璧に綺麗な絵を撮れると思いますが、以前から望遠を多少利用した状態での夜景等を撮っている際に、微風、ミラーショックもない状態、等、ほとんどブレる要因のない状態で利用してるにも関わらず、できあがった絵が微妙にブレていたり、また、ピントが微妙に来ていないものが多々見受けられました。

で、試しに手ぶれ補正を切って見たところ、手ぶれ補正機能をONにしている時より、綺麗に撮れるじゃないか!?・・・なんでやねん ○| ̄|_

そんな訳で、テスツ、テスツ・・・とさっそく自宅のベランダから、東京タワー、六本木ヒルズ、六本木ヒルズをテレ端側かそれに近いところで、よく練習がてら撮っていた構図でテスツです・・・

Os_off_test01s1枚目の東京タワーですが、手ぶれ補正ありのまま撮影してた頃は、ここまで綺麗に取れていません。鉄筋の筋が拡大すると、微妙にボヤけていたりして、あと、白でライトアップされている辺りは、ボヤけたまま白で潰れていたりと、まぁ、微妙な差なんですが、結構嫌な感じににじんでいる感じでした。手ぶれ補正を切った状態で撮ったものは、かなり細部までソリッドに撮れているようです。


Os_off_test02s2枚目は六本木ヒルズ。これも散々練習がてら撮ってきたけど、ビル全体として見れば、ぼやけていたり、ブレているようには見えないんだけど、ビル頂上付近の○が横に4つ、縦に2つ列んでいるのを拡大してみると、よくボヤけていたりブレていました。最初は、かなり高さのあるビルなのでビル自体が揺れているのかなーと思っていたんですが、手ぶれ補正を切った状態で撮ると綺麗に写っていました・・・


Os_off_test03s3枚目、こちらはテレコン着けて400mm(35mm換算で660mm)の焦点で撮っています。当然ですが、望遠すればするほど、ファインダーの中のブレは致命的になります。そのため通常は、F値やISO感度をなるべく上げて、早いシャッタースピードで対応するのが望ましいのでしょうが、望遠レンズの一番テレ端側を利用して、さらにテレコンを着けての夜景撮影では、当然、数秒~数十秒のシャッタースピードとなってしまいます。そこまで寄って、数十秒のシャッタースピードでも、コレだけブレずに写っているヨってことを現す1枚です。



【18-200mm F3.5-6.3 手ぶれ補正について SIGMAサポートセンターより】


18-200mmの手ぶれ防止機構(OS)は、通常の手持ち撮影において生じる上下左右の動きの場合での手ぶれを軽減させる機能ですので、三脚で固定致しますと、手ぶれの振動の波形が異なる結果となりますので、三脚等で固定して撮影されるは手ぶれ防止機能の効果が発揮できません。手ぶれ防止機能のスィッチを切ってから撮影して頂きますようにお願いします。
このことは現在発売されております各社の手ぶれ防止機構に共通のことでございます。手ぶれ防止機構は、三脚等で固定しての撮影の他、動いている乗り物からの撮影、カメラの向きを大きく動かしながらの撮影、バルブ撮影(超時間露光での撮影)では使用できませんのでご注意願います。

上のは、SIGMAのサポートセンターへの問い合わせの回答ですが、コレって実は取扱説明書にも掲載されている見たいです・・・ってか、ちゃんと、説明書読めよwwwwwwww

と、とどのつまりは、相も変わらずな、まいおいさんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

<オマケ>
Odaiba08s夜景を撮りに行ったときに、何を血迷ったか、シャッターを押したあと、三脚を激しく揺らしてと言うか、三脚ごとカメラを仕舞おうとして、できあがった写真。・゚・(ノ∀`)・゚・。・・・仕舞ってる最中にシャッター戻ってきたwwwwwwww






Canon EF Lレンズ 24mm F1.4L USM
定価 ¥ 226,800
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS キャノン用
定価 ¥ 82,950
おすすめ平均:
大きさ重さを抜かせば・・・・万能レンズ
シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO キヤノン用
定価 ¥ 38,850
おすすめ平均:
役立つレンズ
Canon EF-Sレンズ 60mm F2.8マクロ USM APS-Cデジタル一眼用
定価 ¥ 59,850
おすすめ平均:
マクロだけでは勿体無い!
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
定価 ¥ 12,600
おすすめ平均:
これでいい
powerd by Amazon360

2007年9月 8日 (土)

レインボーブリッジの夜景なんかどうでしょう

Odaiba15s今日は、レインボーブリッジなんかをぬぬんと見てきましたので、そのへんなんかを・・・(;´∀`)


レインボーブリッジ・・・写真をよく見かけることがありますが、撮影出来るポイントっていったいドコなのさっ!って感じですね、海辺は港湾施設や工場、コンテナターミナル、埋め立て工事現場、開発中地区などが大量にあるため、思ったほど、ここからクリアな視界が取れそうだと地図上で見ている場所には行けません。また、あー、ココは視界がクリアかもーと思う場所は、車も止められなければ、三脚立ててカメラを利用するようなスペースも明らかに無い場所だったりとか。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえず、何度か足を運んで綺麗に視界が取れる場所、また、いいアングルが取れる場所を探すしかないねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかし、レインボーブリッジ・・・なんかうまく撮るのが難しいですね(TдT)・・・撮った直後のファインダーでは、当たり前ですが縮小表示されているので綺麗に見えるんだけど。。。家に戻って、原寸大とはいかないまでも、ある程度大きく全体を見てみると、なんか小汚く見える不具合が。・゚・(ノ∀`)・゚・。

【お台場海浜公園近くの駐車場から、虹橋のたもととか】Odaiba04sOdaiba06sOdaiba07s




【例のキテレツ建造物とか、屋形船レース前で大集合の様子(嘘)】Odaiba05s




【大江戸温泉のすぐ近く、青海南ふ頭公園付近コンテナターミナルとか】Odaiba09sOdaiba10sOdaiba11s




【ゆりかもめ有明テニスの森駅付近で、封鎖せよの橋とか】Odaiba12sOdaiba13sOdaiba14s








Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss デジタル X レンズキット シルバー KISSDXS-LKIT
おすすめ平均:
デジタル一眼入門にオススメ。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 レンズキット KISSX2-LKIT
おすすめ平均:
標準レンズだけでも十分楽しい♪
Canon EF Lレンズ 24mm F1.4L USM
定価 ¥ 226,800
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS キャノン用
定価 ¥ 82,950
おすすめ平均:
大きさ重さを抜かせば・・・・万能レンズ
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
定価 ¥ 12,600
おすすめ平均:
これでいい
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss F レンズキット KISSF-LKIT
Canon EF Lレンズ 50mm F1.2L USM
定価 ¥ 194,250
■デジタルテレプラスPRO300 2倍/キャノンEOS用(コンバージョンレンズ デジタル一眼レフにも対応)
Canon EF Lレンズ 14mm F2.8 L II USM
定価 ¥ 322,350
Canon EF-S レンズ 10-22mm F3.5-4.5 USM
定価 ¥ 102,900
おすすめ平均:
超広角の画角が必要なら、必須のズーム
powerd by Amazon360

2007年9月 6日 (木)

ぬーん

本当は、EF24mm F1.4L USMのテスト第2弾をアップする予定でしたが、テストをミスっていたので、日を改めて再度アップすることにしました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

てか、台風凄いですね・・・危険な香りがしたので、今日は、定時でサッと上がってきました。通勤の途中で利用する、日比谷線が全線止まったようです・・・早めに上がって正解だった・・・(;´∀`)

そーいえば、今回も銀座線の溜池山王駅は水没してしまうのでしょうか。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2007年9月 5日 (水)

EF24mm F1.4L USMの絞りの違いによるテスト1

今日から自己満足という名のヲタク道2連発です(´∀`)

素材が適当かわかりませんが、EF24mm F1.4L USMの絞りを2段ずつ、ずらして室内でのテストをしました。まぁ、当然結果がどうなるかは分かってはいるんですが、一応、違いを実際に画像にしてアップしてみました。F1.4の状態だと、しっぽのHONDAの文字とゼッケン程度しか見えません。F5.6でやっと下にしいてあるペナントの文字が少し見えてきました。F11でほぼペナントの文字が読めるようになりましたが、相変わらず、バイクのテール部分にしかピントが来てません。F1.4、F1.8、F2.2、F2.8、F3.5、F4.5、F5.6、F7.1、F9.0、F11となってます。

【絞りF1.4】     【絞りF1.8】     【絞りF2.2】     【絞りF2.8】
Ef24mmf14l_avf14sEf24mmf14l_avf18sEf24mmf14l_avf22sEf24mmf14l_avf28s




【絞りF3.5】     【絞りF4.5】     【絞りF5.6】     【絞りF7.1】
Ef24mmf14l_avf35sEf24mmf14l_avf45sEf24mmf14l_avf56sEf24mmf14l_avf71s




【絞りF9.0】     【絞りF11.0】
Ef24mmf14l_avf90sEf24mmf14l_avf110s




あとは、あんまし関係ないけど、どこまで寄れるかテスト!(´∀`)

【EF24mm F1.4L USM】
Macro_ef24s




【50mm F2.8 EX DG MACRO】
Macro_50macros




【18-200mm F3.5-6.3 DC OS】
Macro_18200s




まぁ、当然と言うか、やはりマクロがダントツで寄れます。。。まぁ、これも当たり前っちゃ当たり前ですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。






Canon EF Lレンズ 24mm F1.4L USM
定価 ¥ 226,800
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS キャノン用
定価 ¥ 82,950
おすすめ平均:
大きさ重さを抜かせば・・・・万能レンズ
シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO キヤノン用
定価 ¥ 38,850
おすすめ平均:
役立つレンズ
Canon EF-Sレンズ 60mm F2.8マクロ USM APS-Cデジタル一眼用
定価 ¥ 59,850
おすすめ平均:
マクロだけでは勿体無い!
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
定価 ¥ 12,600
おすすめ平均:
これでいい
powerd by Amazon360

2007年9月 4日 (火)

復活ライブな人たち

LUNA SEAが、今年の12/24に一夜限りの復活をすることで話題になっていますが、SIAM SHADEも11/18に、こちらも一夜限りの復活ライブを行うそうです。

SIAM SHADEと言えば「1/3の純情な感情」で有名って言った方がみんな分かるのかなー。まいおいさんが、彼らを知ったのは、インディーズチャートで、おー、ひさびさにロックな感じー、と言うところで、当時、TOWER RECORDEだったかHMVだったかのインディーズコーナー行って、必死にCD探した覚えがあります。そのときのアルバムが「SIAM SHADE」でした。うへぇ、これでインディーズなのかよーって感じで、リフのかっこよさや、ギターのテクニック的な面、音源の良さなんか、かなりイケてんじゃんと、思いつつ、4曲しか入ってなかったインディーズアルバムが、まいおい的ヘヴィーローテの一角を占めていました(´∀`)

確かTVK(テレビ神奈川)でインディーズのアルバムに入っているImaginationだったかのPVとか見て、あんれ?TV出てんじゃんなんて思ってたら、しばらくしてメジャーデビュー決定を知りました。メジャーデビューしてからは、1/3の純情な感情のせいで、少しキャッチーな方向に向いたのかなーなんて思ってもいましたが、「NEVER END」「BLACK」なんか聞いてると、そうでもないのかなーって思ったり、方向性が少し不思議なバンドだなーと言うのが正直な感想でしたが、当時、ほとんどと言っていいほど邦楽を聞かない中で、唯一聞いていた邦楽かもしれません。最後の1、2年、SINGLEを焼き回したアルバムを出していたのが少し残念と言えば残念。

正直、SIAM SHADEは、珍しく邦楽ではアルバムを買い続けたバンドで解散ってー話しを聞いたときは、バンドとしてこれからもって伸びて行けそうなのになー、短命だったと至極残念に思ったのと、SIAM SHADEの知名度とCDの売れ行きなどから、やはり日本ではロックはあまり流行らないのか○| ̄|_とも思っていました。

今回の一夜限りの再結成、武道館でのライブは、彼らを見いだし解散までずっと付き添ったマネージャさんが先頃、病死したことに追悼の意を込めて行うそうです。そのままバンドを継続活動することは、今のトコロなく、ま、言葉通り一夜限りの復活と言うことだそうです。

後で知ったんだけど、メジャーデビューアルバム名が「SIAM SHADE II」となっているのは、インディーズ時代の「SIAM SHADE」ってアルバムがあったため、IIになったそーすね。






SIAM SHADE IX A-side Collection
SIAM SHADE
定価 ¥ 3,059
おすすめ平均:
ベストとしては最高
SIAM SHADE XI COMPLETE BEST~HEART OF ROCK~(DVD付)
SIAM SHADE
定価 ¥ 3,800
おすすめ平均:
俺としては最高です!
powerd by Amazon360

2007年9月 3日 (月)

チェックしたの(BlogPet)

きょう、お送りしたかったの♪
それで超ニャース1号は、上京したよ♪
でも、きょうまいおいと、チェックしたの?

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン