2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« ニャース(BlogPet) | トップページ | キヤノンプラザ銀座でお掃除 »

2007年9月20日 (木)

RICOH Caplio R7な話し1

Caplior7sコンパクトデジカメCaplio R7の話し・・・最近、カメラネタが多い気がするのは、きっと気のせいではありませんが、まぁ、それは置いといて・・・(つ´∀`)つ

一眼レフカメラは、確かにきちっとした写真やコンパクトデジカメには撮れないような絵が撮れますが、決定的な瞬間が近づいている場合や、持ち運びや出してすぐに撮ったりするには、やはり携帯性や操作性の問題があります。普段、散歩しているときや、通勤・通学している最中に見た面白いものなんかを手軽に撮るには、やはりコンパクトデジカメがあったほうがいいかなーと思い、突然ですが・・・RICOHのCaplio R7買ってまいました(;´Д`)

各社一斉に、秋冬モデルが発表されており、1210万画素のものは、ほとんどでCMOSセンサやCCDセンサの大きさが、810万画素クラスのカメラより一回り大きくなっているみたいですが、色々候補がありましたが、本当は、本当は、GR DIGITALCaplio GX100が欲しかったんだよーう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ガッ!GR DIGITALもCaplio GX100もコンデジなのに、EOS Kiss Digital Xの本体実売価格より高い不具合がwwwwwww・・・まぁ、無理さね┐(´∀`)┌

まぁ、今回、店員とっつかまえーの、Webの情報みーので、一応、候補して考えていたキャノン、フジフィルム、オリンパス、リコーの製品を見てみました。

キャノン、IXY DIGITALは万人向け、どんなシーンも浅く広くなんにでもある程度そこそこのレベルで撮れるカメラになっていて、画質も結構いいのだそうだけど、逆に面白みや特徴がないのと、Canon製品は、すでにEOS Kiss Digital Xもってるしなーっと・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

フジフィルムのFinePix F50fdは、元々フィルム会社のノウハウを活かした画像素子、内部の画像処理エンジンがいいとの話しです・・・特に今回の秋冬モデルの中では、一番高いISO感度で撮影をすることができ、暗いところでの撮影では、コレが一番のようですが、全般的に撮れた絵がザラザラになりすぎるそうで・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

オリンパスには生活防水や水深3m~10mまでオッケー、その他にも耐衝撃性・防塵仕様なμ(ミュー)と通常のコンデジラインナップのCAMEDIAシリーズがあり、μ(ミュー)のほうは、こいつなら海に潜るのも問題無いですよって感じで、他社と一線を画しているデジカメで、ちょっと面白そうなデジカメだなーって思いました。

リコーのCaplioシリーズは、標準で35mm換算で、28-200mm相当の望遠と1cmマクロ、マニュアルフォーカスモード等がついてる、これも他社と少し毛色の違うデジカメです。今回、28-200mmのレンズとマクロ、マニュアルフォーカスモードがあると言うことでコレに決めました!ホントは、GR DIGITALかCaplio GX100が(以下略)

実は、FinePix F50fd等は、撮影モードにシャッタースピード優先(Tvモード)、絞り優先(Avモード)等があり、かなり惹かれたのですが、そっちは、EOS Kiss Digital Xがあるし、まぁ、そこまでコンデジにこだわる必要もないかなーと、気軽に取り出し、気軽に何も考えずにシャッター押すだけの基本Autoの撮影シーンモードのみが搭載されているコンデジにしました。

絞り優先や、シャッタースピード優先の撮影モードがあるデジカメとしては、FinePixS9000、6000や、PowerShot等がありますが、Tepさん曰く、アレはコンデジとして認められないwと言っていたため、今回の候補から外れています。。。まぁ、確かにあのサイズとレンズだと、コンデジと言うには結構な大きさになっていて、機能的なものを見たら一番ローエンドのデジタル一眼レフでいいじゃんって感じのカメラで、中途半端な気がするしね~。






powerd by Amazon360

« ニャース(BlogPet) | トップページ | キヤノンプラザ銀座でお掃除 »

GR DIGITAL・GX200・Caplio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH Caplio R7な話し1:

« ニャース(BlogPet) | トップページ | キヤノンプラザ銀座でお掃除 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン