2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« RICOH Caplio R7な話し3 | トップページ | 電球(BlogPet) »

2007年10月 2日 (火)

RICOH Caplio R7な話し4

またもやCaplio R7ネタですが、最近、このBlogのアクセス解析を見ていると”Caplio R7 絞り”というキーワードで検索しに来て、うちのBlogに当たっている不幸な方がいてはります。・゚・(ノ∀`)・゚・。・・・恐らく、Caplio R7で絞りをなんとか調整したいのかなー?なんて勝手に想像しています。

結論から言うと、残念ながら、Caplio R7をはじめ、IXY DIGITAL 910ISIXY DIGITAL 2000ISCOOLPIX S700Lumix FX33μ(ミュー)795SWCAMEDIA FE-300Optio S10EXILM EX-Z1080など、ほとんどのコンデジには、絞りを手動で調節する機能はついておらず、機械任せになります。

では、コンデジで、どのへんの機種なら絞りの調整が自分で出来るかと言うと、最近発売された機種では、CyberShot W200(T200やT70を除く)やFinePix F50fd、既存の製品では、以前紹介した、GR DIGITALCaplio GX100には、絞り優先モードやシャッター優先モードがあります。

また、コンデジサイズより少し大きい一眼レフタイプ(正確には一眼レフじゃないのもありますが…)のCanon PowerShotシリーズNikon COOLPIXの最上位機種(一眼レフタイプ)、Sony CyberShot HシリーズFinePix SシリーズOLYMPUS CAMEDIA SPシリーズPanasonic Lumix FZシリーズ等になりますが、Sony CyberShot Hシリーズ、FinePix F50fdを除いたもFinePix Sシリーズは、本体重量が400g程度になりコンデジの域からは、外れてしまうサイズと言えるものになってしまいます(売れ筋のコンデジの重量は150g前後)。

Caplio R7を単純に操作をしてみると、望遠をまったく使わない状態、広角28mm側では絞りF3.3、テレ端200mm側では絞りF5.2になり、焦点距離を広角側からテレ端側へ伸ばしていく毎に絞りはだんだんと絞られていく状態になります・・・あ、当然かwwww・・・ってなわけで、あとはカメラ側が見たもの、撮影モード、AFで認識したフォーカスポイントなど、カメラ側の判断で微妙にですが変わっていくものの、焦点距離に合わせての絞り値の規定値みたいなものから、ほんの少し前後する程度で、基本的には、焦点距離なりの絞りにしかならず、自分では調整できないと言うことになります。

あと、いくら絞り優先の撮影モードがあったとしても、操作性で行くと、ササッと絞りやシャッタースピードの調整が出来るのは、GR DIGITALとCaplio GX100が一番になります。これは、恐らくですが、絞り云々を気にする方というのが、そのほとんどが、一眼レフカメラの経験者か現行ユーザだと思われるからです。

CyberShot W200、FinePix F50fd等がボタンや液晶の隣にあるダイヤルやボタンなどで、撮影モードの呼び出しをしてから、同じボタンまたは、付近のダイヤルなどで、絞り等を操作していくのに対し、GR DIGITALとCaplio GX100が通常の一眼レフカメラの操作感とほぼ同じく、撮影モードの機械式のダイヤルを回し、シャッターボタン近くに絞りを操作するためのダイヤルを操作するタイプになっているためです。

ともあれ、100g~200g程度で胸ポケットやズボンのポケットに入るサイズで、そもそもの起動して押すだけで、すべてを機械が調整して誰でもどこでも絵が撮れる、いつでも気軽に持ち歩けるコンデジに、絞り優先機能などを求めるのは、どうなんよって話しもありますしね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

かくいう私もなんだかんだで、最初、絞り優先モードやシャッター優先モードのあるコンデジを探していましたが、まぁ、小さなコンデジでは、当然見つからないわけで・・・さらに気軽に撮れてかつ多少の望遠もほしい、肝心なときに遠くて、被写体が小さくしか写らないのも切ないと言うことで、28mm単焦点のGR DIGITALや100mm前後の望遠のFinePix F50fdを諦め、コンデジの中ではダントツの28-200mm望遠機能を持っているCaplio R7にした経緯があります。

ま、商品の価値観は、買った本人が決めることなので、例え多少重かったり大きかったりしてもそれで良いのだ!って思えれば、どうでもいいことなんだと思いますけどね(´∀`)

さてさて、不幸にもコンデジと絞りのキーワードで、不幸にもこちらのBlogにヒットしてしまった方々、少しはお役に立てたでしょーか?

(・・・とかのたまいながら、未だにGR DIGITALかCaplio GX100が欲しいのはナイショデス・・・(;´∀`))






powerd by Amazon360

« RICOH Caplio R7な話し3 | トップページ | 電球(BlogPet) »

GR DIGITAL・GX200・Caplio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH Caplio R7な話し4:

« RICOH Caplio R7な話し3 | トップページ | 電球(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン