2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« RICOH GR DIGITALな話し2 | トップページ | 一心ラーメンもお話(BlogPet) »

2007年10月30日 (火)

RICOH GR DIGITAL II発表

約1週間ちょっと前に買った、GR DIGITALのお話をやってこうかと言うところで、RICOH GR DIGITAL IIの発表がありましたwwwwwww

いやー、GR DIGITALの生産終了のアナウンスから、後継機のGR DIGITAL II発表まで短かったですねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。正直、後継機は出るだろうけど、しばらくは発表ないかなーなんて思ってたんで、生産終了の報と同時に買っちゃったんですけどねw

そんなわけで、少しばかり、手持ちの情報のみと言っても、10月30日時点ではRICOHのウェブサイトのニュースリリースには、まだ情報が出ておらず、デジカメWatchあたりの情報しかありませんが、おおよそのスペックは出ているようです。

で・・・どんな感じかと言うと、GR DIGITALとGR DIGITAL IIの差分のみを挙げていったほうが早い感じです。

・813万画素から1001万画素に
・2.5インチ液晶から2.7インチ液晶に
・SDHCのSDカードに対応
・RAWデータの書き込みが15秒から4秒に
・GR ENGINEからGR ENGINE IIに

主なスペックでの違いはこんな感じです。レンズに関しては、GR DIGITALとGR DIGITAL IIでの違いは特になく、35mm換算での28mm単焦点F2.4のGRレンズとなっています。GR DIGITAL II発表会の中の設計担当の発表を見ると、レンズについては、GR DIGITAL IIのために新しく見直したみたいなことはなく、現行のGR DIGITALで使用しているGRレンズと同じ物のようです。

また、手ぶれ補正機能は、GR DIGITAL IIでも付きませんでした・・・うーんコンデジの胆な気もしますが、敢えて付けてないのか、そもそもコンデジって意識で作っていないのかもしれませんね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さて、ぱっと見のスペックとしては、ほとんど違いがなく、画素数のアップに応じてノイズ低減の機能を強化したりした画像処理エンジンが進化しているくらいに見えてしまいます。GR DIGITAL IIで搭載される画像処理エンジン、「GR ENGINE II」では、GR DIGITAL IIのISO 400は、現行のGR DIGITALのISO 100に相当するノイズリダクション機能を持っていると謳っています。

スイッチ類などは、配置はまったくと言ってイイほど現行のGR DIGITALと変更がありませんが、ボタンや、ダイアル、スイッチに対する機能の割り当てなんかは、使いやすさを追求した結果が出ているようです(実際に、GR DIGITALやCaplio GX100ユーザあたりの意見も参考にしてるみたいですねー)。

記事によると、あー、コレコレ、これがいいなーって思ったのが、RAWモードの書き込み時間・・・実際に、GR DIGITALでは、RAWで撮ると、ちょっとまだー?ってくらいの時間書き込みを行っており、げんなりすることがあります。それが4秒弱になったと言うのは、かなりうれしい進化だと思いますね(デジタル一眼レフに比べると当然、ダントツで遅いことには違いないのですが…)。

それから、液晶モニターで縦にしても横にしても水平を確認できるバーが表示され、水平になると音で知らせる機能と、被写界深度表示機能、さらにファンクションボタンでのRAWモードとJPEGモードの切り替えが出来たのが、個人的にはとてもGJな感じだと思います。

例えば、日中の屋外、順光の状態などの失敗の少なそうな場面では、JPEGで、少し暗い場面や、ある特定の意図を持った構図を作ったり、絞りなどをきっちり利用したりする場合等は、RAWで撮っておいて、最悪、ちょっと意図した通りに撮れない場合でも、あとでRAWで画像処理でカバーみたいな切り替えが、結構いると思うんです・・・特にわざわざGR DIGITALを購入するような人はw

なので、撮りに失敗する可能性が高く、ちょっとRAWで撮っておかないと怖いかもーって言う場合と、失敗する恐れがない、または、そんなに重要じゃないからJPEGでいいやーって場合で、それぞれ切替えする場面が結構あるんだけど、GR DIGITALでは、メニューで切り替えだったので、ファンクションボタンで一発切り替えで、RAWモードとJPEGモードが変更出来るとかなりうれしいッスねー。

ひとまず、GR DIGITAL同様、GR DIGITAL IIも、お値段もそこそこ(量販店では予約価格で79800円)するようですし、機能差が少ないと思いつつ、それでも新しいのいいなーなんて思いながら、ひっそりとレビューなんかを様子見しておきます、。・゚・(ノ∀`)・゚・。

と言いつつ、こらえ性のないダメな子なんで・・・もしかしたら・・・なんて、想像してたりしますが。・゚・(ノ∀`)・゚・。だって、RAWモードよく使うんだもの・・・

追伸:
夜になって、RICOHのページに正式なニュースリリースGR DIGITAL II製品ページが追加されてました。さらに、GR DIGITALのファームウェア最終版がリリースが発表されてました。このファームウェアによりGR DIGITAL IIで提供される機能の一部をGR DIGITALでも利用でるようになるそうです。このへんは、何というか、GR DIGITALユーザには、最後まできっちりサポートしてくれてありがとうって感じですが、内容を見て、逆に考えると、GR DIGITALとGR DIGITAL IIとで基本的には、あまり機能差がないようにも思えます。RICOHの言うように"正統な進化"の文言の通り、堅実なマイナーチェンジになったと言うところでしょうか。






powerd by Amazon360

« RICOH GR DIGITALな話し2 | トップページ | 一心ラーメンもお話(BlogPet) »

GR DIGITAL・GX200・Caplio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH GR DIGITAL II発表:

« RICOH GR DIGITALな話し2 | トップページ | 一心ラーメンもお話(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン