2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 四谷の一心ラーメン | トップページ | RICOH GR DIGITALな話し2 »

2007年10月28日 (日)

RICOH GR DIGITALな話し1

さて、いよいよ、GR DIGITALな話しの1回目です。第1回目は、GR DIGITAL、操作や仕様についてのイイトコなんかを書いてみます。

Gr_digital04sぱっと見の外観は、通常よく見かけるコンデジとはかなり違います。黒いラバーの質感は、通常のコンデジとは一線を画していて、もちろんフレーム材質自体も、デジタル一眼レフに近いようです。他社のコンデジに比べると、若干ですが、本体のサイズが大きいので、操作性の窮屈感が若干緩和されます。また、黒いラバーのおかげでグリップ感はイイ感じです。

Gr_digital03sRICOHのコンデジにある、ADJ.ボタン兼ダイヤルもGR DIGITALには当然ついています。また、十字ボタンも同様。Caplio R7のほうが新しい機種のため、若干デザインの使いやすさでは、Caplio R7のほうがいいような気もしますが、操作感や操作性は、ほぼ同等のものだと思います。

Caplio R7と同様、ADJ.ボタンには、ユーザ設定でいろんな機能が割り当てることができ、まいおいさんは、露出補正、ホワイトバランス、ISO感度、AF/MF等のフォーカス切替等を割り当てています。

液晶は、最近のコンデジと比べると一回り小さく、2.5インチとなっていますが、2.5インチも2.7インチもさして大きさの差は気にならない程度です。液晶の輝度についても、調整できるので、暗い、明るいは、個人の好みで変更するのがいいと思います(´∀`)

さて、GR DIGITALは、以前にも話に出たとおり、Avモード、つまり、絞り優先撮影が可能です。絞り優先の撮影モードについては、操作感が一眼レフに近いため、操作がし易いと思います。通常の絞り優先モードでは、F値2.4から9.0までの絞りが可能で、コレはとても重宝します。

特に、F2.4と言うコンデジではダントツで明るい絞りでのシャッターが可能なことは、いわゆる"ボケ味のある"絵を簡単に撮ることができます。また、逆に絞り側については、F9.0、条件によってF11まで絞れるため、奥まで綺麗に撮りたい、手前も綺麗に撮りたいと言った場合や、無限遠を利用する、広いアングルでの風景撮影や夜景なんかを撮る場合に、効果を発揮出来ます。

また、Mモードでは、ADJ.ダイヤルでシャッタースピードを設定するモードも利用可能です。コンデジにはとても珍しいですが、最高、180秒、3分という長時間露光が可能となっているのです。この夜空の星の軌跡なんかを撮ることも可能です(´∀`)

Gr_digital05s初期設定の絞りを操作するダイヤル動作が、左に回すことで、絞りを開放側へ、右に回すことで、絞る動作になっていて、まいおいさんは、Canon EOS Kiss Digital Xユーザなので、絞り動作を行うダイヤルの動きが逆になっていますが、コレは、GR DIGITALの設定画面から、ダイヤルの動作を逆にする設定が出来るので、すぐに設定し直しました。

メーカによって、絞りのダイヤル動作は、違う可能性がありますが、このへんを自分の好みに合わせて動作変更を出来るところも、かゆい所に手が届く仕様になってるなーと言う点でGOODです(´∀`)

Caplio R7にもありましたが、近接マクロ撮影も当然ついています。1.5cmまで寄れるマクロモードは、何かと便利です。また、GRレンズの特徴の1つでもありますが、他のコンデジのレンズに比べ、湾曲収差が比較的小さいところも、良いポイントの1つだと思います。

さらに、GR DIGITALでの大きな特徴として、絞り優先撮影モードの他にRAW画像モードでの撮影が可能な点が挙げられます。今までにも何度か話が出ていますが、RAW画像で保存した場合、撮影後の画像調整が出来るためコレもイイ点です(問題も抱えていますが、それは次回に…)。

さて、今回は、GR DIGITALの良い点をざっと挙げてみましたが、次回は、ちょっとダメ出しをしていきます。・゚・(ノ∀`)・゚・。


追伸:
生産終了のアナウンス直後は、一気に値段が高騰しましたが、もう既に落ち着き始めているようです。当然、取り扱い店舗は少なくなり、在庫限りと言うことになりそうですが・・・






powerd by Amazon360

« 四谷の一心ラーメン | トップページ | RICOH GR DIGITALな話し2 »

GR DIGITAL・GX200・Caplio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH GR DIGITALな話し1:

« 四谷の一心ラーメン | トップページ | RICOH GR DIGITALな話し2 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン