2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« RICOH GR DIGITALな話し1 | トップページ | RICOH GR DIGITAL II発表 »

2007年10月29日 (月)

RICOH GR DIGITALな話し2

前回は、イイとこ紹介だったので、今回は、ちょっと辛口ダメだしです(´ω`)

さて、GR DIGITALでは、RAW画像モードでも撮影することは、以前から何度か書いていますが、いくつかの問題があります。

まず、絵をRAW画像で撮る場合、RAWにした場合の書き込み速度が、相当遅いことです。GR DIGITAL自体が、もう2年前の機種であることや、カメラのサイズを考えると、あまり大きなバッファをもった内部メモリや、SDカードへの転送に利用するI/Oバス部分に高速なものを利用出来なかったのだと思いますが、RAW画像で撮影でのSDカードへのデータの書き込み時間が、おおよそ1シャッターにつき10秒程度と、相当時間がかかります。

もちろん、この書き込みを行っている間は、次のシャッターを押すことは出来ません。従って、RAW画像モードだと、シャッターの連射モードや、露出、ホワイトバランスのオートブラケット機能は利用出来なくなります。また、RAW画像モードで撮った場合、JPEGファイルは、サムネイルサイズのJPGEしか保存されず、JPEG自体は、実際にはそのまま利用できないサイズです。

また、RAW画像モードで撮ったはイイが、RICOHほうで、現象ソフトがないことも問題です。GR DIGITALのRAW画像は、Adobeが提唱するDNGフォーマットで保存されます。従って、GR DIGITALで撮ったRAW画像は、PhotoShopシリーズ、ElementsやCS、またはLightRoom編集することは可能ですが、結構な額、自腹を切る羽目になります。

PhotoShopシリーズ以外では、どうかと言うと、市川ラボラトリーのSILKYPIXがDNGフォーマットに対応していますが、これも有料の商用製品で、懐具合がいたむのを回避することは出来ません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

最近のコンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼レフカメラには、画像取込ツール、画像管理ソフトと画像編集ソフトは当たり前のものとして付属していますが、RICOHは、どうもこの辺が非常に弱い感が否めません。と言うのも、RAW画像処理ソフトはおろか、JPEGの補正、編集ソフトすらないからです。

とりあえず、GR DIGITALには、Adobe PhotoShop Elements 3.0Jの試用版が同梱されているので、しばらくはそれを利用するのもいいかもしれませんが、試用版は所詮試用版。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。じゃ、結局、出費がかさむじゃーん、そんなのヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァァァ~って人は、GIMPUFRawでゴーです。このフリーソフト2つで、RAW画像処理もJPEG画像処理も可能となります。

最も、盲点というか、幸いにもCaplio R7についている付属のソフトウェアのIrodio Photo & Video StudioでDNGファイルをいじることが出来ました・・・なんでRAW画像が撮れない、Caplio R7には、編集ソフトがついてて、GR DIGITALにはついてないのかと。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

で・・・次に、良い点でもあり悪い点でもありますが、GR DIGITALは、コンデジとしては珍しい、単焦点レンズしかないため、あー、遠いナー、望遠が欲しいって場面では、ほとんど使い物になりません。35mm換算で28mmの焦点距離は"広角レンズ"と言えます。

従って、対象の被写体を少し近くに大きく撮りたいと言った場合、自分で被写体の近くまで寄る必要があります。また、地形上の制約で、そもそも自分で近寄れなかった場合はアウト、もしくは、撮影後のトリミングなんかで頑張るしかないことになります。なので、GR DIGITALは、比較的近い距離のスナップ写真や、主に風景なんかに向いているカメラなんだなーと思います(´∀`)

最後に、これもまぁ、仕方ないと言えば仕方ないのですが、最近のコンデジには、当たり前のようについている手ぶれ補正がありません。・゚・(ノ∀`)・゚・。従って、夜や極端に暗い場所での使用はかなり不向きだと思います。

さて、いまんとこ使い出して感じたダメ出しはこんなところ。次回からは、ばんばん実際の絵を撮っての話しをしたいと思います(´ω`)






powerd by Amazon360

« RICOH GR DIGITALな話し1 | トップページ | RICOH GR DIGITAL II発表 »

GR DIGITAL・GX200・Caplio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH GR DIGITALな話し2:

« RICOH GR DIGITALな話し1 | トップページ | RICOH GR DIGITAL II発表 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン