2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 帰省しないです(BlogPet) | トップページ | USB接続無線LANアダプタCG-WLUSB2GNLセットアップ »

2008年1月20日 (日)

IEEE802.11n対応、USB接続無線LANアダプタCG-WLUSB2GNL

Cgwlusb2gnl02sIEEE802.11と言えば、家電量販店のパソコン売り場などで、製品のパッケージ等で当たり前のように目にする文字になってきましたが、無線LANの世界標準規格のことです。IEEE802.11a/b/gが今まで標準でしたが、去年の2月頃の記事中でIEEE802.11nの規格の話をちょこっとだけ出しました。

一般に、IEEE802.11aは最大54Mbps、IEEE802.11bは11Mbps、IEEE802.11gは54Mbpsの速度が出るとされており、これらは世界標準規格化団体の米国電気電子学会(IEEE)によって定められ、世界標準規格として仕様が取り決めされています。各パソコン機器メーカは、この標準仕様に基づいて無線LANの機器を作っています。

で、100Mbps~300Mbpsが出るとされているIEEE802.11nは、現在、正式な規格としての仕様策定の一歩手前、いわゆる"ドラフト2.0"となっており、2007年末にその策定なされ、正式な規格化と言われていましたが、現在、まだ正式なアナウンスは出ていません。

去年2月に自宅のネットワークの改造を行った時点では、IEEE802.11n規格の製品はまだまだ少なく、親機となる無線LANルータ等はあったんだけど、無線LANのレシーバ(アダプタ)側である製品は、PCカードタイプのものしか存在していませんでした。しかし、IEEE802.11nの規格がドラフトから正式な規格化への流れがほぼ確定しつつあることを受けてか、去年半ばから末あたりに、IEEE802.11n対応の無線LANルータやUSB接続のアダプタ製品が一気に発表されています。

自宅にコンパクト筐体なキューブ型のマシンがあって、それをダイニングテーブルの近くに置こうかと思ったんだけど、無線LANのケーブルをリビングなどを横断するような置き方はしたくなかったんで、デスクトップ型のマシンにも簡単に付けられるUSB接続型の無線LANアダプタがあればいいのにーと思っていました。

Cgwlusb2gnl01sで、やっと出たかと言うところで、コレガCG-WLUSB2GNLを買ってみました(´∀`)・・・親機となる無線LANルータ側には、すでに任天堂DS LiteをWi-Fiで接続するため"だけ"に無駄に購入したIEEE802.11n対応のCG-WLBARGNがあったので、こいつとの組み合わせでの接続です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

実は、無線LANアダプタCG-WLUSB2GNLは、理論値300Mbpsに対応していますが、これは親機側も300Mbps対応している場合で、それ以外のIEEE802.11n対応の機器では、100Mbpsが上限となります。無線LANルータであるCG-WLBARGNは、300Mbps対応はしていない機器なので、この100Mbpsが上限となります。

実は、CG-WLBARGNの発売後、まもなくの2007年6月末に、CG-WLBARGNの型番に"L"が付いた、CG-WLBARGNLが発売されていて、これが300Mbps対応となっています。正確には、2007年6月末の発売時点では、300Mbps対応してはいないのですが・・・

少しややこしいのが、CG-WLBARGNの少し後に発売されているCG-WLBARGNL、発売直後は、300Mbps対応していませんでしたが、年末に300Mbps対応の製品が各社から一斉に発売されると同時に、同じ型番で、300Mbps対応し、これに伴い、Coregaでは、旧製品の300Mbps対応のアップグレードキャンペーンが行われています。

どのようなものかと言うと、2007年6月の電波法施行規則等の一部改正で無線LAN通信が40MHz幅での通信が可能となり、CG-WLBARGNLを、その許認可を得た40MHz幅で通信できる(40MHzでの通信においてのみ理論値300Mbpsによる理論値が実現できる)製品に差し替えたので、旧製品をCoregaまで送り返してくれれば、新製品に変えて送り返しますよってものです。で、対象製品は以下の通り・・・

GNLシリーズ300Mbpsアップグレードプログラム対象製品
WLBARGNL 無線LANルータ
CG-WLBARGNL-P 無線LANルータ+PCカードタイプ無線LANアダプタ
CG-WLBARGNL-U 無線LANルータ+USB接続タイプ無線LANアダプタ
CG-WLCB144GNL PCカードタイプ無線LANアダプタ
CG-WLUSB2GNL USB接続タイプ無線LANアダプタ

※いずれもパッケージに300Mbpsと表記のないものに限る
※キャンペーン期間は、2008年1月31日まで、つまり今月末までです、もし対象製品を持っていて、交換したいよーと言う人は、お早めに。・゚・(ノ∀`)・゚・。

なるほど、IEEE802.11nの規格化の他に、年末あたりに日本国内での電波法施行規則等の一部改正を受けた(法改正自体は2007年6月)とその許認可を得られた製品の免許が下りたので、一斉に各メーカから、IEEE802.11n対応の新製品が出たんねー。

で、私の持ってるCG-WLBARGNは対象製品じゃないのか。。。○| ̄|_・・・と凹みつつ、約1ヶ月の間隔を置いて発売された、『CG-WLBARGN』と『CG-WLBARGNL』との違いが気になっんで、改めて2つの製品の違いを、300Mbps対応以外の部分で見てみると・・・無線LANではなく、有線LAN部分の仕様と、アンテナ有効数に若干の違いがありました。

CG-WLBARGNCG-WLBARGNL
標準価格24,150円15,960円
無線規格 802.11b/g/n802.11b/g/n
無線スループット (理論値)130Mbps (実効速度85.4Mbps)300Mbps (実効速度110Mbps)
有線規格WAN側 1000BASE-T、 LAN側 1000BASE-T×4WAN側 100BASE-TX、 LAN側 100BASE-TX×4
有線スループット FTP測定値 (DHCP接続)849.9 Mbps93.6 Mbps
有線スループット FTP測定値 (PPPoE接続) 273.3 Mbps92.9 Mbps
無線範囲80平方メートル以下目安80平方メートル以下目安
アンテナ有効数 (送信×受信)3×32×3
対応ゲーム機ニンテンドーDS、 Wii、 XBOX360、 PSP、 PLAYSTATION3ニンテンドーDS、 Wii、 XBOX360、 PSP、 PLAYSTATION3
WPS(無線LAN 簡単設定方式) AOSS
マルチアクセス ポイント機能
空きチャンネル 自動検索機能

CG-WLBARGNとCG-WLBARGNLでの違いは、有線LAN部分が1000BASEのGigabitかそうでないかと、送受信のチャンネルの数の違いだけみたい・・・

で、両製品でのメリットデメリットを考えるときに、送受信のチャンネルの数が違う分、ほんの少しだけCG-WLBARGNのほうが、気持ち、壁とかの遮蔽物に強く、無線LANルータの無線スループット性能を考えると、300Mbps対応無線LANアダプターとのセットという条件はあるもの、CG-WLBARGNLに軍配が上がる。

WANより外は、Bフレッツにしたって100Mbpsを超えることはアリエナイけど、家の中のLANについては、ギガビットにするため、各スイッチングハブ機器などとの接続をギガビットに合わせてにCG-WLBARGNにしたっちゃ、したので、まぁ、自分としては仕方ない選択だったんだけど。。。ようは、CG-WLBARGNLにギガビット有線LANが載ればいいだけじゃんΣ(゚∀゚)!!とか、思ったけど、そんな製品ないわけでwwwwwww

さーて、セットアップ、セットアップだ。






powerd by Amazon360

« 帰省しないです(BlogPet) | トップページ | USB接続無線LANアダプタCG-WLUSB2GNLセットアップ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IEEE802.11n対応、USB接続無線LANアダプタCG-WLUSB2GNL:

« 帰省しないです(BlogPet) | トップページ | USB接続無線LANアダプタCG-WLUSB2GNLセットアップ »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン