2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« MacBook Airの使用感、レビューな話その2 | トップページ | 鮭のいずし(飯寿司)が届いた日 »

2008年3月 7日 (金)

MacBook Airの使用感、レビューな話その3

Smacbookairrv28




前回にひき続き、MacBook Airを実際に使ってみての使い心地なんかのレビュー、その3でっす(´∀`)・・・今回は、性能などついての話。

性能についてなんだけど・・・BSDベースのコアにあれだけカコイイGUIを乗せて、まぁ、よく軽快にうにうに動くねー。オンボードのMobile Intel PM965 Express(GMA X3100)でも、あのGUIをサクサク動かせているのには感動しました・・・Linuxを含むPC-UNIX系のGUIデスクトップは、強烈に重いものや、反応の悪さ、もっさり感があるのが多い気がしますが、それに比べて同じUNIXをコアとしているこいつは、随分と軽快に動いてくれています。

操作自体の他に、純粋な処理性能・演算性能を利用するようなアプリケーションは、現在、ほとんど動作させていない、入っていないもしくは、その必要性がない、または、MacBook Airに重い処理をさせる気がない等々の事情で、起動が「うがー!おーそーいー」とか「全然、コントロールが戻ってこねー」とかって言うのがないんで、なんとも言えませんが・・・個人的な感想を言えば、今まで利用してて、ストレスを感じるようなことがない!てぇところです(;´∀`)

もちろん、アプリケーションによっては、例えば・・・iMovieあたりなんかは、起動に多少時間かかってるなーって思うことがありますけど、まぁ、今んところiMovie使う予定がまったくないので・・・あー、Photoshopは買えないんで、すっかりWindowsでもGIMPユーザですが、このへん入れたら結構重いのかなー・・・つか、WindowsのCore 2 Duoマシンでも結構重いからなー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

MacspecApple Storeで購入した、まいおさいんところのMacBook Airは、CPUをカスタマイズして、Intel Core 2 Duo 1.6GHzから1.8GHzに変更しています。で、Core 2 Duoの1.8GHzとしか表記されていないこのCPU、AppleがMacBook AirのためにIntelに依頼をして作成された特別なCPUってなことで、色々パソコン関係の情報サイトなんかでは話題になったけど、今後1kg前後のノートPCにはメインで搭載されてくるCPUになりそうなんですね。

今のところ、ノートに搭載されているCore 2 DuoのCPUのラインアップを見ると、Core 2 Duo T/U/Lとあるけど、このMacBook Airに載せているCPUは、現時点においてはSLなんて仮称されているようで、富士通やLenovoがすでに採用を決めています。ThinkPad X300なんかや春モデルの最新LOOX Rなんかで採用されてます(´∀`)

メモリは2GB 667MHz DDR2 SDRAMオンボードメモリとなってて増設不可・・・BootCampやVMware Fusionを利用して、Windowsや他のOSを載せて遊ぶのに、せめて4GB程度にはしたかったんだけどなー、まぁ、無理さね・・・んで、実際に、通常利用する際に、どの程度メモリリソースを喰っているかってーと、思ったほど使ってないみたいね・・・

強いて言えば、Windows XPの標準的なメモリ使用量と同等程度と、言ったところで、500MB程度な感じ・・・
Safariで、ウェブサイトを一気に40以上開いてた時に、メモリ1GB近く食い潰してたみたいだけど、WindowsでもInternet ExplorerやFireFoxで同じコトをしたら、それはそれで同じようにメモリを鬼のように消費してたので、まぁ、あまり気にすることの程でもないかなーと。。。

で・・・最後、ハードディスク。MacBook Airに搭載されているハードディスクは、SAMSUNG(サムソン)の1.8インチ、5mm厚、80GB、シークタイム13ms、8MBキャッシュ、PATA/ZIF方式4200rpmのもの。。。このスペックだけを見ると、Read/Writeに少し不安を覚えるけど、実際使ってみて、大量のファイルもしくは大容量のファイルの移動やコピーなんかでは、確かにちょっと遅いかなーって思うこともあるけど、常用してる際に、それほどのストレスを感じるようなことはないかなー。

Excelsまぁ、でも、このスペックでもそれほど気にならないのは、たぶんWindowsに比べて、常時ハードディスクをシークしているような状態があまりないからかもしれませんねー。インデキシングサービスや、ウイルス対策ソフト、デフラグ等々、Windowsでは、常にバックグラウンドで何かしらハードディスクに対してアクセスを行うことが多いけど、Macでは、あまりそゆのが少ないみたいデスネ(´∀`)

Smacbookairrv29結局のところ、性能については、Macユーザさんに、こんなことを言われたことがあります、「そもそもMacはそれほどCPUパワーを必要としないからCPUスペックが多少低くても大丈夫なんだよ」と。。。AdobeのPhotoshopやらPremire、AfterEffectsや3Dモデリングソフトを常時使うようなグラフィッカーさんや、デザイナーさんでもない限り、個人的には、この話は納得できる話です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ひとまず、MacBook Airのレビューはこんな感じで、いったん〆デス・・・実は、BlueToothとか全然使ってなかったり・・・と言うか、うちにBlueTooth機器がないんで、そもそもレビューのしようがなかったりとか、Time Capsuleの機能とか、DARWINの中身の話とか、まだまだ触れてない部分もあっけど、それは、追々いろいろいじってから、このブログでも書いていこーと思います。

なんだかんだでやはり、今でもWindowsマシンをメインで利用してますが、出先やらでは、すっかり手放せないサブノート、モバイルノートとして活躍しています。Mac超初心者なWindowsユーザがMacを利用しても、やはり慣れの問題だけで、別に使えないなんてことないじゃんってのがMacを使ってみての個人的感想でしたっ(´∀`)

あとは・・・MacBook Airを購入して得た教訓は、Windowsユーザさんが、Macをいきなりいじると、いろいろ精神的とか体にしみこんだ操作を修正するとか大変だってコトですかネ。・゚・(ノ∀`)・゚・。






Apple MacBook Air SuperDrive MB397G/A
定価 ¥ 11,800
Apple MacBook Air 13.3/1.6GHz Core 2 Duo/2G/80G/micro-DVI/BT MB003J/A
定価 ¥ 229,800
おすすめ平均:
Windowsで使うにはちょっと辛いかなぁ
VMware Fusion 日本語版
定価 ¥ 13,800
おすすめ平均:
仮想マシン初心者も楽々セットアップ!
Apple USB Ethernet アダプタ MB442Z/A
定価 ¥ 3,400
おすすめ平均:
Apple純正、安心・確実です。
Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック
定価 ¥ 23,940
おすすめ平均:
Microsoftが対応してくれたので、とりあえず星4つ上げておきます。
Mac OS X 10.5.1 Leopard
定価 ¥ 14,800
おすすめ平均:
素晴らしい機能搭載だが、アップグレードは要検討
Apple AppleCare Protection Plan for MacBook/iBook [MA519J/A]
Apple Time Capsule 500GB MB276J/A
定価 ¥ 35,800
おすすめ平均:
今まで購入を考えていましたが…これは異常に凄い!
powerd by Amazon360

« MacBook Airの使用感、レビューな話その2 | トップページ | 鮭のいずし(飯寿司)が届いた日 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Airの使用感、レビューな話その3:

« MacBook Airの使用感、レビューな話その2 | トップページ | 鮭のいずし(飯寿司)が届いた日 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン