2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« MacBook Airの使用感、レビューな話その3 | トップページ | 大航海時代Onlineはいつの間にかCruz del Surに »

2008年3月 8日 (土)

鮭のいずし(飯寿司)が届いた日

Sizushi




実家のほうから、北海道ではごく当たり前、東京では・・・と言うか、東京に移ってから個人的には、ほとんどクチにしなくなった食べ物が届きました(´∀`)

1つは、いくらの醤油漬け、もう1つは、鮭のいずしです。いくらはメジャーな食べ物で、誰でも知っていると思いますが、いずし(漢字で"飯寿司"と書きます)は意外に知名度が低いようで、特に東京以南では、その知名度は格段に落ちるようです。

いずしは、魚の保存食の一種といえる食べ物で、ご飯や野菜などを漬け込み発酵させて作る寿司の一種です。wikiなどで引けばすぐにわかりますが、基本的に、生の魚、野菜、塩、ご飯、麹を混ぜ合わせ、重しを乗せて漬け込み、乳酸発酵を1ヶ月~1ヶ月半程度させて完成させるお寿司で。。。まぁ、かなり暴論的な言い方をすると魚の漬け物っすね(;´∀`)

でも、これがウマいのですヨ・・・今回は、鮭のいずしが少量ですが、届きまして美味しく頂きました。漬け物系がダメな人には食べられないシロモノですが、別に珍味とかではなく、北海道ではごくごく当たり前の食べ物だと思っていました・・・まぁ、冬限定なんですけどネ。

で、どうも調べてみたら、いずしは、東北の日本海側~北海道だけで作られるお寿司だそうで、実際には他の地方でもなれ鮨という名前で似たようなお寿司を作るところがあるみたいだけど「いずし」を作るのは、さっきの限られた一部の地方だそうです。

いずしは、漬け込む魚にバリエーションが色々あり、鮭に限った話ではなく、ニシンやハタハタ、ホッケ、キンキ等、色々な魚のいずしが存在しています。私のお気に入りは、鮭とキンキ(*´∀`)

Sikuraいくらはともかく、個人的には北海道以外では、なかなかお目にかかれない食べ物で、実家に帰省して以来のいずし・・・味わい( ゚Д゚)ウマー・・・あー、年中食べられればいいのにーと思いました・・・まぁ、今時、年中売っているんでしょうけどね・・・高いし、なかなか買う気になれないだけなんすよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さてさて、いくらも合わせて、いずし美味しゅう御座いました(*´∀`)

« MacBook Airの使用感、レビューな話その3 | トップページ | 大航海時代Onlineはいつの間にかCruz del Surに »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮭のいずし(飯寿司)が届いた日:

« MacBook Airの使用感、レビューな話その3 | トップページ | 大航海時代Onlineはいつの間にかCruz del Surに »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン