2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« ふー。・゚・(ノ∀`)・゚・。(BlogPet) | トップページ | CentOS 4.6 Release6インストールな日 »

2008年4月28日 (月)

Socke 478 Northwood Peintium 4マシンのグラボ交換

というわけで、おうちのパソコンの延命作業色々の続きです・・・

丁度1年ほど前にSocket478のPentium 4マシンを復活させましたが、こちらのマシンもグラボを載せ替えてみることにしました。このマシンには、GeForce 6800GT 256MB/AGPが載ってましたが、GeForce系からRadeon系に変えてみることにしました(´∀`)

Shd3850今回、載せ替えで登場するのは・・・( `Д´)つ 「SAPPHIRE Radeon HD3850 DDR3 512MB AGP」・・・ってなわけで、実際、我が家でRadeonは初めての登場になります。そのむかーし、すんげー昔、まだVRAMが2MBとか4MBとかの時代には、ATIのグラフィックボードはあったんだけど、カノープスを経由して、RIVA128あたりから、ずーっとnVIDIAユーザでして。。。

まぁ、今回、HD3850を選んだ理由は、単に比較的新しいGPUチップが載っていることが理由なんです。最近は、AGPバスのグラフィックボードは、PCI Expressバスが普及してきたことにより、廃れつつあり、AGPバスのグラボには新製品、新チップはマズ投入されない状況になってきてしまいました。

特にGeForce系は、メジャーどころではGeForce7系のローエンド、よくてミドルレンジクラスの型番程度までしかAGPバスのグラボが提供されておらず、それ以降は製品供給がほとんどありません。それに比べてATIのRadeon系は、AGPバス製品にもハイエンドに近いチップ、型番の製品を投入しています。ATI系の最新GPUは、HD3870ですが、HD3850はそのすぐ下のクラスとなります。

ちなみに、今回のHD3850 AGPは、クレバリーで買ってきました・・・このグラボ、と言うよりAGPのグラフィックボードが市場から姿を消しつつありますが、相変わらずVGAカードスキーのクレバリーには、たっぷりAGPのグラボが用意されてますネ(´∀`)

まぁ、買い物しようとクレバリーの1号店まで行ったら店内ブレーカーが上がって、店員さんがペンライトで必死にブレーカーのスイッチ探してて店内真っ暗だったんですけどw

で、まぁ、ご託を並べてみましたが、恐らくAGPにあまり最近のGPUが提供されないのは、バス幅が足りなすぎて恐らく製品の性能をほとんど活かし切れないのからと言う結論に至り、グラボ載せ替えの意味無し┐(´∀`)┌・・・マザー側のバス幅やチップセットなんかを考えると、グラボだけがDDR3やいいチップになったところでどうにもならんと・・・( ;゚Д゚)y─┛~~・・・やーっぱり、マザーの足回り毎変えないとダメなんだろーなーって思いつつも、おうちに戻って載せ替えしてましたヨ。

んで、NorthwoodのSocket478 Pentium 4マシンのマザーボードは、ECSの648FX-A(V1.0)・・・AGP規格3.0サポートなので無事いけましたが、AGPは1.0、2.0、3.0、Pro等、規格が結構あり、また、駆動電圧が1.5V、3.3Vの2種類あり、それらが合わないと動作しない恐れがあるので実際に電源入れても動かないかも・・・と内心ちょっと不安でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

で、AGP3.0系のGeForce 6800GTもそうでしたが、このへんのグラボはみんな補助電源が必要になります・・・、このSAPPHIRE Radeon HD3850 DDR3 512MB AGPもご多分に漏れず、補助電源が必要になります・・・しかも2つ必要なんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ボードの先端に6ピンのコネクタを挿し、さらにそこから二股に分かれた4ピンの2つの電源コネクタを接続する必要があります・・・電源喰い虫ですね・・・(;´Д`)

それから、このグラボ、D-subコネクタがありません。DVIコネクタx2となっているので、ディスプレイ側にDVIコネクタがない少し古めのモニタなどを利用する場合は、DVI←→D-sub変換コネクタが必要になるんで注意が必要です。

で、今まで利用していたGeForce 6800GTはお役御免・・・ではなく、別のマシンにスライドして利用することにしました。Tyanのi7505マザーにHyperThreading Pentium4 Xeon Dualなマシンがあり、そちらには、GeForce Ti4200 128MB/AGPと、これまた懐かしいグラボが入っていたんだけど、こちらとの載せ替えと相成りました(´∀`)

まぁ、無駄なあがきというか、いっそのこと全部Core 2 Duoマシンに変えてしまうか、そもそもパソコン処分するかどっちかにしたほうがいいかと思いつつ、まだ使えるしもったいないとのせめぎあいから脱出できず、ずるずると延命作業続けてます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« ふー。・゚・(ノ∀`)・゚・。(BlogPet) | トップページ | CentOS 4.6 Release6インストールな日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Socke 478 Northwood Peintium 4マシンのグラボ交換:

« ふー。・゚・(ノ∀`)・゚・。(BlogPet) | トップページ | CentOS 4.6 Release6インストールな日 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン