2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 新橋の鳥割烹「末げん」 | トップページ | 空の表情は »

2008年4月14日 (月)

XPS600のグラボ交換(GeForce7800GTX→GeForce8800GT)

最近、家にある古いマシンのリサイクルというか再構成、再構築と言う名の延命措置作業をちょびっとずつやっています。

HyperThreading Technologyなんてもの搭載されたNorthwoodなPentium4が出てSUGEEEEEEEとか思ってたら、あっつーまにPentiumDシリーズになってしまい、瞬く間に、Core 2 DuoやらCore 2 Quadがスタンダードになってしまいましたが、うちではPentium4はおろか、Pentium IIIマシンすら現役で動いております・・・(;´∀`)

Sxpsverup02ひとまず、利用頻度の低いマシンは、後回しにして、よく利用していたDELLのXPS600をちょっとスペックアップしてみようかなーと思ったんだけど、このXPS600。。。というかDELLのPCは、思いの外増設やアップグレードに致命的な構造になっていることがわかりました。

まず、マザーボードが特注、DELLオリジナルであること、DELL自体がパーツの保守、増設に関してはサポートしているが、アップグレードについては、一切サービスを提供していないんです・・・つまり、マザーボードが対応していても、CPUの換装などは一切サービス提供及びサポート提供してなんですね。・゜・(ノ∀`)・゜・。

で、XPS600もご多分に漏れず、Socket自体はLGA775で、チップセット的にもCore 2 Duoに対応しているハズなのだけど、BIOSの方の問題なのかCore 2 Duoは、一切認識しないそうです。。。○| ̄|_

つまり、CPUの換装に関しては絶望的、しかも、マザーボードもDELLオリジナルなんで、普通にATX規格のマザーボードを買ってきても、マザーの形状、電源からマザーに供給する部分など含めてまともに載せ替えが効かないので、延命のしようがほとんどないってことになります。・゜・(ノ∀`)・゜・。

で、ひとまずできるところからと言うことで、以前にメモリを4GBまで増やしてみたんだけど、こちらも2GBまでしか認識できず┐(´∀`)┌・・・Intelの32Bitアーキテクチャの問題で、ハードウェアの予約領域にメモリを取られたとしても、せめて、3GBちょいくらいまで期待したいたんだけど、マザーとBIOSの問題できっちり2GBまでの認識で失敗。・゜・(ノ∀`)・゜・。

Sxpsverup01で、次にやってみたのがグラボの交換。元はPCI ExpressのGeForce7800GTXと、XPS600発売当時では最強のグラボだったけど、今じゃ、かなり型落ち。。。何せ、GeForceシリーズの8500GTや8600GTのベンチが、GeForce8800GTから1/10程度しか出ないんで、GeForce7800なんかだと、もっと落ちるくさい・・・

で、規格的には載るので、ELSAのGeForce8800GT搭載のグラボを買ってみました・・・ひさびさにXPS600の筐体を開いて、GeForce7800GTXと交換・・・念のため、FFXIベンチ3で交換前と交換後の値をチェック。

Pentium D930 + GeForce7800GTX →5000ちょい(Highモード)
Pentium D930 + GeForce8800GT →7000ちょい(Highモード)

んー、思ったほどベンチ伸びないねぇ・・・そもそもCPUネックなのか、マザーボード上でのバスの幅なんかがネックなのか、よくわからんけど、期待していた程の伸びは得られなかった。・゜・(ノ∀`)・゜・。

手始めの延命措置は、若干失敗気味。。。なんか、最近、FFXIベンチ3の数値聞いてたら、10万円ジャストくらいで組める、Core 2 Duo E8400+GeForce8600程度でも、楽に1万超えるみたいなんで、正直買い換えちゃってもいいのかとも思いつつ・・・ひとまず、そんな感じで、おうちのPCの再構成をやっていきます(;´∀`)






powerd by Amazon360

« 新橋の鳥割烹「末げん」 | トップページ | 空の表情は »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

グラボーが古くなってきなーと思い。いろいろ見ているうちにたまたま、拝見しました。当時26万ぐらいしてたのに、CPU開発のハザマで捻出されたペンティアムDは今ひとつだと思います。

入れ物は良いので、いつか使えると思っていましたが、ATXなどの規格に合ってないとのことですが、本当でしょうか。その後、マザーの載せ換え、何か工夫されましたか。

yuzawa36さま、おいでやす(´∀`)!

同感ですねー、XPS600はケース等がそれなりによかったので、マザーボードとCPUだけが残念でなりません。。。LGA775なのにCore 2が載らないとか、メモリがどうやっても2GBまでしか認識しないとか。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さて、肝心の載せ替えについてですが、私自身が基本的には日曜大工や電子工作と言った方面に全くと言っていいくらい素養がありませんで、基本的には何もせずに載せ替えができるかどうかを基準に語っていましたので、もしかしたら多少の工作で載せられる可能性もあるかと思います。

XPS600のマザーボードのほうですがFOXCONN製です。基本的にはATXの規格に近いと思われるのですが、例えば電源ボタンからマザーボード来ているケーブル等の作りが特殊等、一部マザーボード基板上のコネクタとそれらを接続する部品とのケーブル類や規格が、一般的に流通しているPC自作用のマザーボードで使えるように自分で作り直す必要があるかもしれません。HDD/DVD/メモリ/PCIと言った基本的な部分は問題ありません。

あとマザーボードの背面のI/Oポートの並びが一般的に流通しているPC自作用のマザーボードと違います。んで、各種I/Oポートを綺麗に露出させる形状にケース側も合わせて作られていますが、こちらを工作で切り取る必要がありそうです(どうも、この部分綺麗に外せそうな作りになっていないので)。

あとは、ヒートシンクとそれを固定するネジ穴の位置等も恐らく形状が一般的に流通しているPC自作用のマザーボードと合わないので、こちらは別のモノを買い直しになるかなーと言う感じです。

と言う訳で、ある程度、工作に自信のある方ならなんとかなっちゃうかもしれませんが、私は無理カナーというところでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XPS600のグラボ交換(GeForce7800GTX→GeForce8800GT):

« 新橋の鳥割烹「末げん」 | トップページ | 空の表情は »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン