2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« アニキ金本、ヒーローインタビューネタ | トップページ | 延命するつもりだった(BlogPet) »

2008年5月28日 (水)

DoCoMo(ドコモ) FOMA 906iシリーズ及び706iシリーズ発表

ドコモの昨年冬モデルであった905シリーズが発売されてから約半年経ちましたが、夏モデルとして、FOMA 906iシリーズが発表されました。906シリーズは、ドコモ向けの携帯事業から撤退した三菱のDシリーズを除く、F906iN906iP906iSH906iSO906iN906iμN906iLSH906iTVとなり、706iシリーズでは、やはり三菱のDを除く各社から新機種が発表されていまネ。

ひとまず、今日、明日あたりは、ケータイWatch等あたりで、機種別の詳細なレポートなんかが出てくることかと思いますが、速報レベルで、ドコモの公式サイトにある機種比較のサイトで、私もざっと見てみました。

機能、また形状で劇的に変わっている機種がないため、基本的には、FOMA 905iシリーズのマイナーバージョンアップな感じに見えます。そんな中で今回、目新しさで行けば、N906iL(NEC N906iL製品ページ)でしょーか。N906iLは、onefone(ワンフォン)と名付けられており、多のFOMA 906iシリーズとは、若干メインの用途が別モノに設定されているような気がします。

他の906iシリーズに比べて、ワンセグ機能を省いたりカメラ機能などをスペックダウンする代わりに、高速通信、と言ってもHighSpeedのほうではなく、IEEE802.11a/b/g対応の無線LANを搭載した携帯となっているそーです。

先頃ドコモが発表したホームUと言うサービスを利用してN906iLは、無線LANを利用することが可能となるようですが、当然、無線LANなので、無線LANアクセスポイントなどを利用している自宅、もしくは公衆無線LANを利用できるエリアでのみ利用可能となります。

ホームU利用圏内で、ホームUを利用した無線LAN通信の場合、10MBまでの動画のアップロードが可能等、YouTubeやニコニコ動画なんかを意識した宣伝文句も公式のウェブサイトには書かれています。

DoCoMoで利用できる公衆無線LANと言うと、HotSpotやMzoneエリア等になるのかな・・・いずれにせよ、どこでもホームUサービスでの54Mbps通信ができると言うわけではなく、一部のサービス提供エリアでのみと言うことになっているよーですネ。

勿論、このホームUサービスを利用するにあたり、いくつか別サービスにも契約、それらの合計料金と、いくつかの制限事項をクリアすることで、ではじめて、最高速度54Mbpsの無線LAN通信による携帯フルブラウジングの恩恵に預かれるようなので、このへんはよく、注意書き、制限事項、料金などのページを読んでおく必要があるでしょーねー。

無線LANの暗号方式は、WEP、WPA、WPA2-PSKなどに対応するようで、接続方法についてはWPS(Wi-Fi)にも対応しているようですが、どうも、見ているとあくまで携帯のフルブラウザによるブラウジングに対して無線LANが利用できる・・・つまり携帯が単に無線LANアダプタ機能が付いているというだけのようです。

例えば、これでパソコンに接続すると高速通信ができるようになる・・・と言うシロモノではないようですね・・・ちょっと、一瞬勘違いして期待しちゃいましたが・・・

公衆無線LANサービスエリア内にいる限りは、別にN906iLでなくとも、最近のパソコンには無線LAN内蔵しているので、そっちで通信すればいいだけの話で、ホームU+N906iLを使っても公衆無線LANがない地域においてイーモバのように、このN906iLをモデム代わりにし、パソコンに接続してデータ通信できるわけではないといったものです。

まぁ、従来通りの従量制のデータ通信サービスなどは申し込めば当然使えるのでしょうが、携帯をパソコン代わりにするには、まだやはりちょっと無理があるかもしれません。

さて、昨年P905iを購入したときのポイントを基準にして見ていくと、今回の906iシリーズは、全機種でmicroSDHCカードが利用できるようになっています。対応するmicroSDHCカードの容量はすべて8GBまで対応となっており、現状、市販で手に入る最大容量のmicroSDHCカードが利用できるものと思われます。

WMAについては、全機種対応の模様、カメラについては、6軸手ぶれ補正を採用しているメーカが多く、320万画素~510万画素の性能となっています。N905iμには搭載されなかった、ワンセグについて、今回N906iμには搭載されています。

あとBlueTooth対応だけど、今回もP906iとSH906iのみにとどまり、他の機種はBlueTooth対応となっていません。やはり日本では、BlueToothは流行らないのでしょーか。

【参考】
ドコモの比較機能を使った906シリーズ機能比較一覧
※機能比較では、5/28 2:00現在、F906i、P906i、SH906i、SO906i、N906iμのみで、N906i、N906iL、SH906iTVの3機種については比較サイトに情報が掲載されていない

F905iとF906iの機能比較

P906iとP905iの機能比較

SH906iとSH905iの機能比較

SO906iとSO905iの機能比較

N906iμとN905iμの機能比較

« アニキ金本、ヒーローインタビューネタ | トップページ | 延命するつもりだった(BlogPet) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DoCoMo(ドコモ) FOMA 906iシリーズ及び706iシリーズ発表:

« アニキ金本、ヒーローインタビューネタ | トップページ | 延命するつもりだった(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン