2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その3 | トップページ | Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その1) »

2008年9月23日 (火)

ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その4

【ニュースっぽいこと】
・世界の紛争とエネルギー争奪戦争

マイケル・ムーア監督の映画「華氏911」の中で、ブッシュが戦争を起こしたのは、石油利権のため、そのためにイラクという国を生け贄にしたと描かれています。事実、アメリカ国民も対イラク戦争が、正義と自由のための戦争と言う認識ではないと言うことを半ば認知しているとも言われており、全てではないにせよ、たぶんに事実を秘めているものでもあると言われています。

一時期、これらは単なるブッシュ政権への批判プロパガンダに過ぎないと言われてましたが、最近、9・11テロ発生から数ヶ月におけるブッシュ(大統領)、ライス(国務長官)、チェイニー(副大統領)、ラムズフェルド(国防長官)、パウエル(国務長官)、アーミテージ(国務副長官)、テネット(CIA長官)等のやり取りが明らかになり「いや、結構映画の内容あってね?」ってな感じになってきました。

もっともどちらかというと、アメリカのネオコン派の危険性みたいなものが、顕在化した言うべきなのかもしれませんがね・・・(;´Д`)

ただ、ブッシュ政権での主要な閣僚の経歴を見てみると、ことごとく軍需産業かエネルギー資源関連企業の出身なんですね。違うのは、チェイニー・ラムズフェルドのネオコン派と対立した国務省コンビのアーミテージとパウエルくらいなもんでしょーか。

●ブッシュ大統領 / 石油企業重役
●チェイニー副大統領 / 石油企業会長兼最高経営責任者
●チェイニー夫人 / 軍需企業重役
●ラムズフェルド国防長官 / 軍事シンクタンク理事長
●パウエル国務長官 / 軍人出身
●アーミテージ国務副長官 / 軍人出身
●オニール財務長官 / アルミニウム企業会長
●エバンズ商務長官 / 石油企業社長
●ライス国務長官(※) / 石油企業重役
●イングランド海軍長官 / 軍需企業副社長
●ロッシュ空軍長官 / 軍需企業副社長
●ホワイト陸軍長官 / エネルギー会社副会長

※9・11当時は大統領補佐官、パウエル辞任後、後任として国務長官に

ヲイイwwwって感じで・・・しかし、ココまで来るとむしろすがすがしいくらいに分かりやすいですヨネwwwwww

一方、中国の弾圧なんかで問題になった、新疆ウイグル自治区にも、巨大な油田が眠っており、埋蔵量は中国国境線内にある全土の埋蔵量の1/3と言われています。現在の大きな経済成長を続けている中国にとっては、化石燃料は成長の生命線であり、その確保は急務となっています。

民族対立、弾圧、宗教問題、こちらも色々と下地になる問題はあるにせよ、新疆ウイグル自治区やチベットとの争いは、ある意味、エネルギー資源の利権獲得が背景にあることにはには変わらないんですね。

世界中には紛争が発生している地域が、他にもあるけど、ニュースになるのは、大抵、先進国が絡んでいる場所で、それらを見て回ると、ことごとくエネルギー利権が絡んでいることがわかります。

逆に、アフリカなどでは、民族というか部族同士の小さな紛争が発生しているけども、エネルギー資源のない地域には、また、無政府状態であるから、正式な要請がないなどの理由を盾に、先進諸国は一切それらの地域への介入や支援を行っていません。。。それは、介入や支援を行っても国益が得られないからなんですネ(;´Д`)

勿論、エネルギー資源に敏感な嗅覚を持つアメリカは、石油・鉱物資源がある地域は、しっかり押さえてますよ(;´∀`)・・・最近では、中国もアフリカにかなりの投資を行っているみたいですけネ。

アメリカ、ロシア、中国等の大国がエネルギー問題で、今後、数十年を見据えた戦略を掲げているのに対し、日本のエネルギー戦略は、それらの国に対し大幅に後れを取っていると、専門家指摘しています。

個人的には、紛争の下地を煽り、紛争や戦争を起こすべく起こし引き起こし、そこに介入してエネルギー資源を貪ると言うやり方には賛同できませんが、エネルギー資源の確保をきちんと考えていかないと、いずれオイルショックのような事態が長期的に発生した場合、日本などは、経済は立ちゆかなくなるのでは?と思うことがあります。

じゃあどーすんのよ?ってコトになると、まぁ、当たり前のように私のよーな素人にはパッと妙案は浮かばないわけですがwwwwそのへんも含めて、現政府はしっかりとしたビジョンをもって政権運営をしてもらたいなーと思うわけであります・・・ハイ・・・

こうやってみていくと、一括りに、紛争の原因をすべてエネルギー資源の問題と絡めるのは暴論しても、結構、高い比率で絡んでいる、そして、エネルギー資源そのものが紛争のタネになるコトは今後も続いていくだろうと思います。

なんか、原子力以外で次世代のどこにでもあるもので、どの国にでも作れるようなクリーンエネルギーが開発されて安定供給されればいいのにねー(;つД`)

« ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その3 | トップページ | Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その1) »

徒然なコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その4:

« ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その3 | トップページ | Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その1) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン