2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その2)

前回に引き続いてEFiX・・・9/12に注文を掛けたのだけど、直後の9/14の時点で、スイスのmmservicesから、EFiXの提供が遅れているとのメールが来ていた。が!つ・い・に・!一昨日、出荷のメールと、国際宅配のトラッキングナンバーが送られてきたので、前回記事でEFiX購入について、紹介してみることにしました。

今回のEFiXネタは、前回いきなりEFiXを買ってみましたと言う話から入りましたが、それ以前に、EFiXとはなんぞやと言う話です。

EFiXは、現在、Intel CPU搭載のプラットフォーム上限定のようだけど、ふつーの、Windowsが動作するパソコンにMacOS XがインストールできるようにするためのUSBドングル、秘密の小道具といったところでしょうか。

EFiXの仕組みや基本的な動作を少しウェブで調べてみると、EFiXを語るには、BIOSとEFI(Extensible Firmware Interface)とCSM(Compatibility Support Module)について、少し理解をしておく必要がありそーです(CSMは、ちょっと余談になるのであまり重要でもないかも)。

EFIは、BIOSに変わるOSとファームウェア、ハードウェアの間を取り持つソフトウェアインターフェースで、元々の発端は、Intelのサーバ用途64bitプラットフォーム、いわゆるIA-64のItaniumを動作させるために作られものだそうです。

EFIのWikiの文言をそのままを載せると「PCのBIOSの制限(16bitプロセッサモード、1MBのアドレス空間、PC/ATハードウェアへの依存)によって、Itaniumをターゲットとした巨大なサーバプラットフォームには採用できないことが判明した。これらの課題に対しての最初の成果が、最初にIntel Boot Initiativeと呼ばれ、後にEFIと名前を変えるものであった。」と記載されています。

現在、アップルのMacは、Core 2 Duo等のIntel CPUを搭載した、いわゆるIntel Macが主力のラインナップになっているけど、ハードウェア的に見てみると、それこそBIOS、ファームウェアなんかを除けば、ほとんどDOS/V、PC/AT互換機と言われるパソコン、Windowsパソコンと変わりないんです。

だからこそエミュレーション、仮想マシンであるVMware Fusionではなく、BootCampを使っても、Macから苦もなくWindowsが起動してくる・・・じゃあ、逆になんでWindowsパソコンではMacは動かない、または動かすための方法が提供されていないの?ってことになります。

これは、ほとんどDOS/V、PC/AT互換機と言われるパソコン、WindowsパソコンにおいてBIOSを利用しており、また、Microsoftが提供するWindows OSが、EFIに対応していないためのようです。EFI対応のOSは、Longhornから、つまりWindows Vistaからと宣言していました。

結局のトコロ、Windows Vistaリリース時には、その宣言を一時撤回し、Windows VistaのServicePack 1のリリースまでEFI対応を待たなければいけないことになりました。現時点、Windows Vista SP1がリリースされていますが、EFI対応しているのは、Windows Vista SP1でも64bit版のみのよーです。

んで、それ以前のWindows XP等のOSでは、EFIに対応していないため、それらが搭載されているハードウェアには、EFIは搭載されていないと思われます。そーなってくると、単純に考えれば、BIOSの代わりにEFIを利用を前提としているMacOS Xは、BIOSしか搭載されていないハードウェア上では起動できないと言えます。

ちょいと長くなりそうなので、続きは次回に・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

【WARNING!!】
注意!この辺の話は、ネットで調べて推測で書いていますので誤った情報が含まれているかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。もし、間違っていたら指摘おながいシマス。

2008年9月27日 (土)

EFiXの購入先について追記(9/26)(BlogPet)

まいおいの「EFiXの購入先について追記(9/26)」のまねしてかいてみるね

先日、どう...

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年9月26日 (金)

EFiXの購入先について追記(9/26)


最新の情報は、EFiX(V1.1)の購入先と価格について(7/20時点まとめ)を参照願います。・゚・(ノ∀`)・゚・。







先日、EFiXの購入について、公式以外からの購入はないかなと思ったんだけど、どうやら、EFiXのちょっとしたコミュニティがあるようで、そちらで共同購入することが可能なようです(ただし、期間を決めて購入者を募集しているようで、9/26時点では、締め切りされている模様)。また、輸入代行を行っている通販サイトもありました。

EFiXの公式サイトにある、販売店リストで、Skype経由やメール経由で無理に英語などでやりとりしたり、PayPal口座を開設したりせずとも、日本語で購入することができそうですので、海外からの購入がちょっと難しいなと思う方は、こちらで購入してみるのもいいかもしれません(´∀`)

2008年9月25日 (木)

ウイルス対策ソフト選びの季節2009がやってきました

Nortonconsole




Windows起動時に、ウイルスバスター2008が起動中のまま、起動しない、または、起動タイムアウトになった後、パーソナルファイアウォールや、不正監視が強制終了した状態になる問題は結局解決しないまま、ウイルスバスター2009が発売になりました┐(´ー`)┌

ここ3年ほどウイルスバスターユーザなんですが、これはちょっといただけない結果ですねー。ちょっとGoogleやYahooで検索すれば分かりますが、ウイルスバスター2008が起動中のまま起動してこない等の問題で困っているヒトは相当数いるようですネ(;´Д`)

一時期、トレンドマイクロのサポートで提供されていたアンインストールツールの利用や、なぜかわからんけどWindowsのルート証明書のアンインストール・インストールで一時的な症状の改善が見られたものの・・・

結局、うちでは、Windowsの再起動を行うたび5割以上の確率で、ウイルスバスター2008が起動中のままタスクトレイのアイコンがくるくる回ったままダンマリになることや、検索中に突然のMFCエラーなんかが発生し、そのたびに、ウイルスバスター2008に付属のユーティリティのTISSUPRT.exeを利用して、ウイルスバスター2008の再起動を行うハメになっていました(;´Д`)

あげく、パーソナルファイアウォールや不正監視の例外設定なんかを行っているときに、突然不正終了して、今まで設定していた例外設定が吹き飛んだり、ウイルスバスター2008は、ここ数年使った中で非常に劣悪と言っていいデキのソフトだった気がします。

おそらく、何かしらのドライバやソフトウェア、もしくはサービスと競合を起こしているんだろうなーとは、想像しつつ、結局それらの原因はわかりませんでしたヨ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ウイルスバスター2009の発売と時期を同じくして、ノートンインターネットセキュリティ2009も発売しています。両製品共にメモりの使用量や低負荷なので動作することを売りに宣伝をしています。それ以外の有名どころのウイルス対策・セキュリティ対策ソフトの動向も気になるところです。

正直なところ、今回、ウイルスバスター2008でさんざんな目に遭ったので、他社への乗り換えを検討しています。ウイルスバスター2009では、2008で放置されたままだった起動中のままタイムアウトする問題や、そのほかの問題が解決していれば、そのまま継続して使うのもありなんですけどねー。

現在、契約しているプロバイダが提供する形で、プロバイダ料金の支払いと一緒に月額420円ほどを一緒に支払うことで、ウイルスバスターを利用することができる、ウイルスバスター2008の月額版を利用してるんです。

ウイルスバスター2009の月額版は、今年の12月から提供開始とちょっと遅れたスケジュール、月額版なので、乗り換えたいと思ったら、気の向いたときに課金を停止すればいいやーってことで、それまでにウイルスバスター2009やノートンインターネットセキュリティ2009の大所を含め、各社の評判なんかを元に決めようかと思っています。

月額版では、コアファイルのバージョンが通常版のファイルより多少古かったり、今回のように提供時期が違っていたりと多少の不満はあるし、通常版との値段の差もほとんどないので、支払いがプロバイダ料金と一括でできること以外にあまり、メリットなさそだしね・・・

んー、にしても、結構、セキュリティ対策ソフトって種類がありますよねー。カスペルスキー、NOD32ないしESET Smart Security、ウイルスバスター、ノートン・インターネットセキュリティ、マカフィー・ウイルススキャン、ウイルスセキュリティZERO、G DATAアンチウイルス・・・フリーどころでは、キングソフトインターネットセキュリティやAvast!、AVGあたりでしょーか。

軽快に動作するし、起動に失敗すると言った話をあまり聞かないNOD32もしくはESET Smart Securityあたりにしよーかなー。ただ、各個人のPCの環境によって、合う合わないなんかがそれぞれあるので難しいですね・・・(´・ω・`)

インストールしたらパソコンが重くなった、起動してこない等、ウイルスバスター2008、2007などで、私や私と同じような起動しない不具合にさんざん悩まされてイライラしているユーザもいれば、なんともない、サクっと起動するってヒトもいることも事実なんですよネ・・・

まぁ、ウイルスバスター2007、2008が重いというのは結構、共通した認識っぽいですけどネ┐(´ー`)┌・・・さてさて、どうしたもんか・・・






2008-09-19
おすすめ平均:
うーん
2008-09-13
おすすめ平均:
再びノートンヘ・・・
2008-09-13
おすすめ平均:
軽くなってます!
2008-10-03
おすすめ平均:
2007-11-30
おすすめ平均:
凄い検索率
2008-06-13
おすすめ平均:
2007-11-08
おすすめ平均:
PC壊れる?
powerd by Amazon360

2008年9月24日 (水)

Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その1)

いきなりですが、噂のEFiXを買ってみました・・・( ゚д゚)

さて、EFiXですが、一応EFiX公式ウェブサイトでは、日本語のページも用意されています。で、EFiXの購入も、この公式ウェブサイト経由で行うことができます。。。と言うより、現時点では、EFiXの公式ウェブサイトに記載されている販売店以外からの購入ルートはないと思われます。

で、現時点(9/24)では、スイス、ロシア、ブルガリア、ウクライナ、台湾、マレーシア、ペルーでのみ取り扱いがあり、かつ、ウェブサイトのフォームオーダー経由で注文可能なのが、ワタシはスイスのお店しか見つけられませんでした。

マレーシアのサイトは現在準備中っぽく、台湾のサイトは購入するためのリンクが見つけられず、ウクライナのサイトは、文字が読めんwwwwwwそれ以外のサイトは、メールアドレスかSkypeアドレスしか出ていないので、それら経由でのみの注文っぽいのかなー。

で、結局のところスイスのmmservicesと言うサイトのEFiX購入フォームから買ってみることにしました。

こちらのサイト、PayPalが使えるので、支払いや配送先の手配もすぐに済み、オーダー後は発送されるのを待つばかりとなりました。今回購入したのは、EFiX USB V1になるんだと思います。

ちょいと失敗したなーと思ったのは注文を掛けたのが、リーマンショック直前の9/12で、円に対するユーロが高かった時なので、リーマンショック直後に比べるとほんの少し高め、ちょうどEFiX本体が100ユーロ+送料20ユーロ、送料込みで120ユーロ、日本円で18000円ちょっとでした。ただ、今日時点の為替レートでは、リーマンショック前の水準まで戻っているので、まー、しょーがないかなと。。。

EFiX USB V1は、Engadgetによれば、EFiXは、先頃、先行出荷が行われ、主にプレビュー用途やエンジニアリングサンプル向けものが出回ったばかりだそうですが。このEFiX USB V1が、そのプレビュー向けの製品なのかどうか、よーわかりません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

EFiXの公式ページには、EFiX USB V1以外にも、数種類のバージョンが製品情報として掲載されています。

日本語のページと英語のページやそれ以外で掲載されている商品が違うのは、よくあるご愛敬ってことで。・゚・(ノ∀`)・゚・。今回、私が入手予定になっているのが、EFiX USB V1、それ以外にもEFiX USB Deluxe (USB HUB、サウンド)、EFiX USB Ultimate (USB Hub、サウンド、Bluetooth)等が掲載されています。

公式サイトの英語表記のほうでは、EFiX USB V1のみが表示されていますが、おそらくこっちのが正しいのかなー。

ちなみにEFiXはUSBドングル形式で提供されおり、これらにUSBハブやサウンド機能、またBluetooth機能が付加された製品が存在するのは、EFiXを接続したマシン上で、ハードウェア的にサウンドや、USBポート、Bluetoothが認識しなかった場合に、代替として、このEFiX上で、同等の機能を提供するために、これらのラインアップがあると、製品概要には記載されてました。

今のところ、ハードウェアの動作情報としては結構限られていて、主にIntelのCore 2 Duoプロセッサが稼働するIntel P45 Expressチップセット搭載のGigaByteのマザーボードとnVidiaのグラフィックボードあたりで、動作確認が取れており、そのほか、AUSUのマザーボード等でも動作確認があった等の情報が入っていますが、EFiXのフォーラムを覗いてみると、結構いろいろ苦戦しているよーです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さて、うちにはIntel P45 Expressチップセットのマシンはなく、Intel X48 Expressチップセットのマシンしかないため、どうしようかなーと思っていたら、最近Intel X48 Expressチップセットのサポート情報が上がってきており、ちょうど自宅のマシンがGigaByteのX48チップセットのマザーなので、ひとまずコレで試してみようかと思っています。

2008年9月23日 (火)

ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その4

【ニュースっぽいこと】
・世界の紛争とエネルギー争奪戦争

マイケル・ムーア監督の映画「華氏911」の中で、ブッシュが戦争を起こしたのは、石油利権のため、そのためにイラクという国を生け贄にしたと描かれています。事実、アメリカ国民も対イラク戦争が、正義と自由のための戦争と言う認識ではないと言うことを半ば認知しているとも言われており、全てではないにせよ、たぶんに事実を秘めているものでもあると言われています。

一時期、これらは単なるブッシュ政権への批判プロパガンダに過ぎないと言われてましたが、最近、9・11テロ発生から数ヶ月におけるブッシュ(大統領)、ライス(国務長官)、チェイニー(副大統領)、ラムズフェルド(国防長官)、パウエル(国務長官)、アーミテージ(国務副長官)、テネット(CIA長官)等のやり取りが明らかになり「いや、結構映画の内容あってね?」ってな感じになってきました。

もっともどちらかというと、アメリカのネオコン派の危険性みたいなものが、顕在化した言うべきなのかもしれませんがね・・・(;´Д`)

ただ、ブッシュ政権での主要な閣僚の経歴を見てみると、ことごとく軍需産業かエネルギー資源関連企業の出身なんですね。違うのは、チェイニー・ラムズフェルドのネオコン派と対立した国務省コンビのアーミテージとパウエルくらいなもんでしょーか。

●ブッシュ大統領 / 石油企業重役
●チェイニー副大統領 / 石油企業会長兼最高経営責任者
●チェイニー夫人 / 軍需企業重役
●ラムズフェルド国防長官 / 軍事シンクタンク理事長
●パウエル国務長官 / 軍人出身
●アーミテージ国務副長官 / 軍人出身
●オニール財務長官 / アルミニウム企業会長
●エバンズ商務長官 / 石油企業社長
●ライス国務長官(※) / 石油企業重役
●イングランド海軍長官 / 軍需企業副社長
●ロッシュ空軍長官 / 軍需企業副社長
●ホワイト陸軍長官 / エネルギー会社副会長

※9・11当時は大統領補佐官、パウエル辞任後、後任として国務長官に

ヲイイwwwって感じで・・・しかし、ココまで来るとむしろすがすがしいくらいに分かりやすいですヨネwwwwww

一方、中国の弾圧なんかで問題になった、新疆ウイグル自治区にも、巨大な油田が眠っており、埋蔵量は中国国境線内にある全土の埋蔵量の1/3と言われています。現在の大きな経済成長を続けている中国にとっては、化石燃料は成長の生命線であり、その確保は急務となっています。

民族対立、弾圧、宗教問題、こちらも色々と下地になる問題はあるにせよ、新疆ウイグル自治区やチベットとの争いは、ある意味、エネルギー資源の利権獲得が背景にあることにはには変わらないんですね。

世界中には紛争が発生している地域が、他にもあるけど、ニュースになるのは、大抵、先進国が絡んでいる場所で、それらを見て回ると、ことごとくエネルギー利権が絡んでいることがわかります。

逆に、アフリカなどでは、民族というか部族同士の小さな紛争が発生しているけども、エネルギー資源のない地域には、また、無政府状態であるから、正式な要請がないなどの理由を盾に、先進諸国は一切それらの地域への介入や支援を行っていません。。。それは、介入や支援を行っても国益が得られないからなんですネ(;´Д`)

勿論、エネルギー資源に敏感な嗅覚を持つアメリカは、石油・鉱物資源がある地域は、しっかり押さえてますよ(;´∀`)・・・最近では、中国もアフリカにかなりの投資を行っているみたいですけネ。

アメリカ、ロシア、中国等の大国がエネルギー問題で、今後、数十年を見据えた戦略を掲げているのに対し、日本のエネルギー戦略は、それらの国に対し大幅に後れを取っていると、専門家指摘しています。

個人的には、紛争の下地を煽り、紛争や戦争を起こすべく起こし引き起こし、そこに介入してエネルギー資源を貪ると言うやり方には賛同できませんが、エネルギー資源の確保をきちんと考えていかないと、いずれオイルショックのような事態が長期的に発生した場合、日本などは、経済は立ちゆかなくなるのでは?と思うことがあります。

じゃあどーすんのよ?ってコトになると、まぁ、当たり前のように私のよーな素人にはパッと妙案は浮かばないわけですがwwwwそのへんも含めて、現政府はしっかりとしたビジョンをもって政権運営をしてもらたいなーと思うわけであります・・・ハイ・・・

こうやってみていくと、一括りに、紛争の原因をすべてエネルギー資源の問題と絡めるのは暴論しても、結構、高い比率で絡んでいる、そして、エネルギー資源そのものが紛争のタネになるコトは今後も続いていくだろうと思います。

なんか、原子力以外で次世代のどこにでもあるもので、どの国にでも作れるようなクリーンエネルギーが開発されて安定供給されればいいのにねー(;つД`)

2008年9月22日 (月)

ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その3

【ニュースっぽいこと】
・グルジア・ロシア紛争とエネルギー問題と

最近、特に石油資源やエネルギー資源を持つ物が、今後の世界経済を支配できるみたいな風潮、ほとんどのエネルギーを化石燃料頼りの今の世界の状況が、それに現実味を加えているように思えます。

例えば、ロシア・・・ロシアガスプロムて企業を聞いたことありすか(´∀`)?世界最大のガス会社で、ロシアの公営企業なんですね。ここの宣伝文句によれば、ロシアガスプロムのからの税収は、ロシア政府が受け取る全税収の25%を占めるそうです。

近年、北極海、また、カスピ海などに、とてつもない埋蔵量の天然ガスが存在することが分かり、今や、ロシアでは、空前のエネルギー資源景気に湧いているんですねー。。。それに、最近、民族紛争が絶えないコーカサス山脈あたりには、レアメタルなどの鉱物資源も大量に埋蔵されていると見られています。

ロシアとガチンコで揉めると、エネルギー資源を絶たれる可能性がある・・・そのへんが、最近のロシアとヨーロッパ諸国の微妙な力関係に影響を及ぼし始めていると言われていて、これが大きな経済成長を続けていると言う要因のほかに「あまり私を怒らせない方がいい」で有名なプーチンの強気の源がっ(;´∀`)!?

最近、発生したグルジアでの紛争を含めチェチェンや、その周辺諸国における、ロシアの独立に対する介入や圧力は、民族対立という下地があったにせよ、エネルギー資源のある地域を自国の国境内に納めたいとの意図が明白に見えていると言われているんですネ。

カスピ海からヨーロッパに抜けるパイプラインがあるんだけど、ロシアは、民族紛争を理由にグルジアに侵攻することで、国境線を南に押し広げ、このパイプラインを確保したい、つまり、エネルギー資源という人質と利権を確保、政治的にも経済的にも優位な位置に立ちたいと言う思惑が見えていると言われています。

さらに、このカスピ海から伸びるパイプラインは、欧米の大手ガス・オイルメジャー主導で建設されたもの・・・欧米にとっては、ロシアの支配下にない唯一のパイプラインとも言えるものだったんで、アメリカなどは、スゴイ対応の早さで「人道支援・物資配給」の名の下にイージス艦等を、グルジア近隣に派遣、各国の国益確保の思惑が絡んで一触即発な状況になってしました。

冷静に考えると、一時期の冷戦状態・・・それもかなり危険な状況な気もします・・・ソ連崩壊に伴い、gdgdになった旧ソ連、現ロシア軍も、近年の経済成長と、強い正統なるロシアの復権を掲げるプーチン政権に支えられ、最近活動が活発になってきたと言われています。

グルジア紛争に対する対抗措置のような形で、ロシアに圧力をかけるようなポーランドとアメリカのMD(ミサイル防衛構想)合意、まるで、キューバ危機の逆のような状況になっている気がします((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

なんか、経済だけでなく世界情勢まで暗雲たれ込めてきたような感じになってきちゃいました・・・怖いですね・・・つД`)

2008年9月20日 (土)

iPod touch/iPhone用A2DP/AVRCP対応Bluetoothアダプタ、Bluetribe SBT01発表

少し前に、iPod touch及びiPhone用のA2DP/AVRCP対応BluetoothアダプタINFINXX AP23(iBluon TD02)の購入話やそのレビューをちらっと書きましたが、先日、このINFINXX AP23(iBluon TD02)を上回るかもしれない軽さのBluetoothアダプタ「Bluetribe SBT01」が、シグマA・P・Oから発表されてました(´∀`)

シグマA・P・Oでは、自社製品ブランドの新ブランドとして、Bluetribe(ブルートライブ)と言うブランドを立ち上げ、同時にBluetribe(ブルートライブ)の製品第1号として、この、iPod touch及びiPhone用のA2DP/AVRCP対応Bluetoothアダプタ「SBT01」を発表しています。

仕様をぱっと見てみると、以下のような感じで、大抵のiPod touchやiPhone対応のBluetoothアダプタやBluetoothトランスミッターと同じような仕様になっていますねー。色は、黒のSBT01BKと白のSBT01WHの2種類のよーです。

製品のbluetribeとロゴが見える、恐らくDockコネクタに挿したときに液晶と同じ側になる面からみて、左側にLEDが1個ついています。控えめな大きさなので、あまり五月蠅くなさそうですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

BluetoothバージョンBluetooth ver.2.1 Class 2
対応プロファイルA2DP、AVRCP
周波数帯域2.4GHz
通信距離約10m
対応機種iPhone 3G、iPod touch、iPod classic、iPod nano 2G 3G 4G
インターフェースiPod Dock専用コネクタ
電源接続したiPodより供給
外形寸法W43.2×D15×H6.65mm(コネクタ含まず)、約4.5g
生産国中国

但し書きとして「HFP、HSP未対応で、マイク付ヘッドセットでの通話は不可、電話受信時には自動的に音楽がフェイドアウトされ一時停止状態に、通話終了と同時に音楽がフェイドインされ再生が再開」とあり、iPhoneでの利用時についても、他のBluetoothアダプタや、トランスミッタと変わりはないようです。

もちろんA2DP/AVRCP対応なので、ワイヤレスで自分の好きなBluetoothヘッドフォン、イヤホンや、Bluetoothレシーバを利用して、ステレオ対応での音楽、また、リモコン機能がレシーバやイヤホン、ヘッドホン側にあれば、手元での、再生、停止、巻戻し、早送りの操作が可能となります(´∀`)

で、INFINXX AP23(iBluon TD02)のサイズが書かれているサイトがない(そもそも公式ウェブが見あたらないwwwww)ので、正確な比較はできないんだけど、Bluetribe SBT01と、INFINXX AP23(iBluon TD02)での見た目などから推測するに、Bluetribe SBT01は、INFINXX AP23(iBluon TD02)より若干横幅が広く、奥行きは、INFINXX AP23(iBluon TD02)より短め、厚みは、恐らく同じくらい?ってな感じでしょうか。

ついでに、参考でサンワサプライのMM-BTAD10BKの見た目。iPod touch/iPhone用A2DP/AVRCP対応Bluetoothアダプタ、サンワサプライのMM-BTAD10BKとINFINXX AP23(iBluon TD02)などの比較記事やレビューなどは、こちらとかこちらから。

価格は、オープン価格とは言う物の、プレスリリースでは、予想売価¥5980円(税込)前後となっており、販売方法は、大手家電、カメラ量販店にて販売予定とあります。

提供開始は9月の下旬とあり、もうすぐなんだけど、現時点では、シグマA・P・Oのウェブサイトの通販ページでも、大手の家電量販店などでも、まだ入手や予約をすることはできませんが、生産国はともかくとして、なにより日本の企業の提供なので、INFINXX AP23(iBluon TD02)なんかに比べて、断然入手がしやすいのではと思います(´∀`)

小型のiPod touch及びiPhone用のA2DP/AVRCP対応Bluetoothアダプタは欲しいけど、海外通販は厳しいと思っている方達にとって朗報なんではないでしょーかっ(´∀`)・・・INFINXX AP23(iBluon TD02)は持っているけど、こっちも欲しくなってきてしまいました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Bluetribe SBT01は、INFINXX AP23(iBluon TD02)より、少し横幅が広がり、奥行きが減った分、より、iPod touchやiPhoneを取り出したときに自然な形に見えるBluetoothアダプタに見えそうですねー(´∀`)






シグマA.P.Oシステム販売
おすすめ平均:
自分のだけ?
シグマA.P.Oシステム販売
おすすめ平均:
小さい、可愛い!
ソニー
おすすめ平均:
iPhone3GでTMR-BT8IPと使えます
アップル
おすすめ平均:
アップル
おすすめ平均:
iPodよりはるかに買い!
アップル
おすすめ平均:
すごいねぇ
powerd by Amazon360

2008年9月19日 (金)

続き一転しなかった(BlogPet)

まいおいは、脈絡みたいなお話したいなぁ。
だけど、続き一転しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年9月17日 (水)

ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その2

今回も、前回の続きでちょっと似合わないマジメっぽいお話・・・前回は消費と建設業界の不況についてダラダラ書いてみたけど、今回は、ちょっと違う観点で・・・

【ニュースっぽいこと】
・2008年8月における景気動向の調査、先月から続き「景気の現状は厳しい」

資源や原油、さらにエネルギー資源としての穀物の価値の上昇、それに伴い、アメリカの穀倉地帯で、食料用の穀物から、燃料用の穀物への転換に伴う、食用穀物作付け面積の減少に伴う食用穀物の高騰するという連鎖が発生しています。。。

これらの要因により、アメリカの投機マネー、特に政府系の超巨大ファンドあたりが、サブプライムの問題で落ち目になった債権や株式にサヨナラして、エネルギー、原油、穀物を主体とする金融商品に巨額の資金が流れ出したのが原因で、これらにプレミアが付き、それらの価格の上昇。。。んで、それが結局、ガソリン代の高騰、石油を利用して作られる様々な製品、穀物類への高騰に直結して、生活者の懐を直撃・・・

物価の高騰は、消費意欲の低下に繋がり、消費が少なくなれば、企業利益が低下し、それは給与に直接影響してくる。。。んでさらなる所得の減少感・・・それがさらに消費意欲の低下と言うスパイラルにハマって、ズンドコに向かって一直線って感じですかね。

ファンドは、お金を借り受けて効率的に運用して利益を出して、ファンドを購入した人に還元するのが目的なんで、確かに、儲かるものに投機するのは、当たり前のことなんだろうけど、それに対して波及する影響みたいなものは、基本二の次なんでしょーね・・・

なんか・・・食肉、鶏肉、牛肉、うなぎ、菓子、さらについ先日から、騒がれている汚染米のニュース等、最近の食品偽装の問題なんかもいい例なんだけど、バブル崩壊後あたりから企業の風潮が、倫理・道徳的なものより、飽きなく利益の追求みたいなものに、随分偏向してるよーな気がするのは、ワタシだけでしょーか・・・

個人的には、単に、彼らが悪かったかと問われれば、全て・・・一概にそうとも言えない部分もあるかもしれないと感じることもあります。例えば、これらの企業に当てはまるかどうか、私はよく分からない部分もありますが・・・大企業の下請けなどにいる企業などは、コストカットの圧力が年々高まり、もはや、そうする以外に、自らの企業とその社員を守る他ない・・・そこまで追い詰められている企業も、なかにはあったのかもしれません。

もちろん、許されることでもないことであることも確かで、自分の中でもどう判断していいか、このような問題をどう消化していいか、分からない部分もあります。まぁ、自分が直接の被害者だったら、絶対ぶーぶー文句を言ってるかもしれません、いや、きっと言ってるんだろーなー。。。

欧米的な企業の社会奉仕、地域奉仕のようなボランティア活動、エコロジーなどを、各企業がアピールする一方で、人目に付きにくいところで、企業活動の紳士協定みたいな、倫理観みたいなものが、どんどん崩れていく、もしくは、世界的な企業競争の中で崩さざるを得ない状況になっている、そんな気がします。

また日本においても、終身雇用制度の崩壊と共に、企業間の関係、また、個人主義がより顕著に台頭してきた影響で、人との付き合いが、よりドライなものになり、時には、自分のトコさえ良ければ問題ない、持ちつ持たれつから、利用する利用されるみたいな、とてもシビアなビジネスライクな付き合いしかできない、そんな印象を受けます。

もちろん、終身雇用や今までの企業風土や雇用方針、企業における取引付き合いがイイというわけでじゃなくて、やっぱり様々な問題や負の面も色々あり、持ちつ持たれつが生み出す、なれ合いや談合、また、能力の本当にある人の正統な評価機会の阻害やモチベーションの低下・・・

詰まるところ、今まではそれでもやってこれたけど、社会のあり方や、個人のあり方が変わってきた"今の時代にそぐわない"・・・結果的にそうなったんじゃないかと思います。

世界的な経済動向を見て、それらの風潮では今後生き残れない、そのための"進化"のよーなものとして、今のような企業や社会になったのだ、と言われれば確かにそのとーりなんでしょーが、個人的な感想としては、なんかスッキリしないものがあります。

もしかすると、そんな考え方じゃ、今後生きていけないよ!なんて言われかねないのかもしれませんがwwwww今度、会社と個人の付き合い方がもっと変化していくんでしょーかネ。とりあえずは、話が支離滅裂になってしまいましたが、このまま行くと物価の上昇と不景気が重なり、益々、不況のスパイラルに陥るのではないか、そんな不安を感じさせる、今日この頃の気になったニュースでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2008年9月16日 (火)

ここ最近の気になったコトごった煮(気になるニュース)その1

【ニュースっぽいこと】
今回は、一転してちょっと似合わないマジメっぽいお話・・・

・企業倒産、3か月連続で1000件超、負債総額も今年最大を更新

証券会社のリーマン・ブラザーズ倒産のニュースが飛び込み、世界的な株安のニュース報道されています。負債総額が、アメリカで負債64兆円、リーマン・ブラザーズ日本法人も、3兆円を超える負債総額で、戦後2番目の大型倒産となってしまったようです。

景気の不透明感がどんどん深まっていくような印象を受けますね(;つД`)

好調だったアメリカ経済に引っ張られて、日本の景気も、見た目良い方向に向き、一番簡単に見えるところでは、新規雇用や新卒採用数の増加傾向が数年続いていました。

しかし、好調時と同じように今度は、まるでサブプライムで大きく躓いたアメリカ経済に引きずられたように、景気の雲行きがあやしーく、そしてここに来て、リーマン・ショックとも名付けられた緊急事態・・・ここに来て金融危機と言うべき状況に推移しつつある印象を受けます。

見た目というのは、新規採用が増えても、平均的なサラリーマンの生活や一般生活者の所得等が増えているようにはとても見えない、感じられない。企業だけが儲かっているように見える。。。そんな感じでしょーか。

そして新卒の採用枠などの増加も完全に止まり、今後は再び減少傾向になるとの見方が強まってるよーです。当然、企業の業績が悪くなれば、一番に切るべき経費は人件費と言うことになるので、当然と言えば当然なんですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

一方で、高所得者の消費指数は、今までと変わらず、むしろ、今までよりも貪欲に増えているとの話もあります。一般家庭の所得格差が年々広がっているなんて話があり、所謂「勝ち組・負け組」なんて揶揄されてるけど、貧富の格差が本当にどんどん広がっているよーです。

業種によっては、顧客の上位わずか数パーセントの人が、残りのウン十パーセントの大多数の顧客が消費する金額と同等のお金を利用しているみたいな統計になってるものもあり、そういった企業は、「上客」を大事にしていれば、年間の収益のほぼ半分弱くらいを見込める・・・そうなると、一般の顧客へのサービスなんかは、益々望めなくなりソーで・・・

倒産数については、去年の終わりあたりから建築基準法の改正により、今まで簡単に降りていた建築許可について、今までと比べものにならないくらい提出書類や審査などが厳しくなった煽りを受けて、住宅着工件数が激減・・・その結果、小さな工務店、設計事務所、住宅建材業者、果ては住宅ブローカーなどの倒産が大幅の増えていて、倒産件数の多数を占めているよーです。

その他にも、ここ最近では、東証上場クラスの大手の不動産会社や建設会社が倒産しているニュースも入ってきていますヨネ・・・

そもそもこの建築基準法の改正は、耐震偽装を端を発した事件の反省から、より信頼性のある家や建物を建てるための改正だったけど、利便性や効率性、やり方を考えずに単純に厳しくした煽りで、一部の業界、それに属する家庭等は、そのあおりをもろに喰らってしまった状況です。

また、その他にも、都心部でのマンション需要も一段落し、売れ残りの比率が高まり、売れないがために不動産会社やゼネコンなど、それにぶら下がる、二次請け、三次請け、それらの資金繰りが回らなくなり倒産・・・そんな悪寒のが続きそうな勢いです。

さて、リーマン・ブラザーズよりも規模の大きいアメリカ最大手の保険会社AIGの破綻の危機が囁かれており、もし、これが破綻を来すようなことになれば、本当に金融危機・金融恐慌の開幕となる可能性もあり、金融市場は予断を許さない状況となってきました。。。

このまま不景気への突入・・・なんんてことになると、ホントに短いひとときの好景気(っぽいもの)だった・・・ってな、ことになっちゃいますね(;つД`)

2008年9月14日 (日)

ここ最近の気になったコトごった煮(ココログバージョンアップ)その3

Cocolog_oekaki_2008_09_14_22_32

さて、ここ暫くの徒然っぽい、色々脈絡もない雑多な気になったことの続き・・・ココログバージョンアップまとめの続きです(´∀`)

【ココログっぽいこと】
ココログバージョンアップまとめの続き。。。もうココまで来たらだいぶ手抜き( ´_ゝ`)

・記事のフッター表示機能を改善
記事の末尾のフッターが多少細かくなりました。カテゴリが付くようになったあたりが追加なんだっけ?


・個別バックナンバーファイルの命名規則の変更
「個別バックナンバーファイルの命名規則について、「_(アンダースコア)」の代わりに「-(ダッシュ)」を利用するように変更いたしました。」とあるけど、なんでかなーと思ったら、ココログで利用しているTypePadでは、URL / URIに"-"(ハイフンまたは半角マイナス)が入っていると区切り文字として認識されるみたい。

恐らくだけど、他のBlogからの移行もしくは、他のBlogへの移行で、一部問題が出るんで、修正を行ったと言うより、TypePadのバージョン自体を上げたのかと推測・・・実際はわかんないだけどwwww

・WordPress形式の記事の読み込みが可能
「WordPressで作成した記事の読み込みに対応しました。読み込みファイルがMavable Type書式かWordPress書式かを自動判別して、読み込みを行います。」とあります。

ワタシは、WordPressを利用していないので、あまり関係ないんだけど、WordPressを利用してBlogやウェブページを作っていた人達のデータをそのままココログで取り込めるようにするための機能追加ってところでしょーかねー。


・携帯管理画面での指定日投稿が利用可能
携帯で見るココログの管理画面では、投稿するときの機能が、だいぶ削られているので、こーいった機能が追加になれば、もっと携帯からの投稿が楽になりソーですが、ワタシは小さい画面での編集が得意じゃないので、携帯からの投稿は、まずしないだろーなーと。

・携帯閲覧で画像をサムネイルで表示
「携帯で閲覧時に、記事に挿入された画像をサムネイルで表示するようにいたしました。」とありますが、携帯からの投稿を行ったことがないのでワカリマセン┐(゚~゚)┌

・リッチテキストエディタの仕様変更
「Windows環境でリッチテキストエディタを操作する場合に、文字の末尾で「Shift」を押しながら「Enter」を押すと、常にタグが挿入されるようにいたしました。」

今まで、リッチテキストエディタを利用すると、文字の色を変更するのやボールド文字にするのが楽だけど、改行が反映されないので、ワタシはテキストエディタモードで記事を書いてました。

今回の仕様変更で、リッチテキストエディタの利用も視野に入ってくるかななぁ(´∀`)

・アップロードファイルの最大容量変更
アップロードできるファイル容量が1MBまでになりました。この辺は、まぁ、妥当なところでしょーか。1MBを超えるようなファイルを載せても、いくらブロードバンド化が進んで、通信速度が速くなったと言っても、Blogで1MBを超えるようなファイルとなると・・・

見る方や取るほうも、それなりにストレスになりそうですしねー。。。ただ動画なんかを直接アップロードしたりするのができなくなったり、アプリケーションなんかを配信する人はちょっと困ったことになるのかな。

どちらかというと、不正なファイル交換なんかを制限するのと、それらのファイルのダウンロード等による回線負荷を低減するのが目的な気もしますケドネ。


さて、最近の気になったことシリーズ第1弾はココログのバージョンアップ関係でしたー(´∀`)

2008年9月13日 (土)

ここ最近の気になったコトごった煮(ココログバージョンアップ)その2

さて、ここ暫くの徒然っぽい、色々脈絡もない雑多な気になったことの続き・・・ココログバージョンアップまとめの続きです(´∀`)

【ココログっぽいこと】
・「顔文字の挿入」ボタンを追加
自分のATOKの辞書に顔文字いっぱい入っているので、あまり興味はそそられない機能・・・ですが、携帯なんかから更新かける時に使えるんだろーか・・・と思ったら使えなかった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

・「お絵描き」ボタンを追加
→マウスを使って簡単なお絵かきができるようです。お絵かき掲示板やお絵かきチャットでよく見かけるよーなインターフェースですねー、タブレットなんかがあると、ちょっとばかしいい感じにお絵かきできそうな感じです(´∀`)

マウスだけで書くとヘタウマみたいな絵になりそーなんだよねーwある意味味があっていー感じになるんだけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。


・コメント/トラックバック/ブログ/マイフォト/マイリスト編集画面の改善
実は、わたしは、ほとんど通常のBlogからコメント返しをしていました。・゚・(ノ∀`)・゚・。自分で、スパム対策のランダム文字入力を設定しているのに、自分で投稿するときは「なんだよー、面倒だなー」とか「ちょwwwww間違ったwwwwwwランダム文字みずれーよwwwww」とか、いつも思っているので、わざわざBlogにコメントして下さる方々、誠に申し訳ないと思いつつ。。。┐(゚~゚)┌

ただ、これしとかないと、スパムコメントやら、ワンクリック詐欺まがいの宣伝コメントやらが大量に届くんですよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。今度から、管理画面からレス返ししよう・・・(;´∀`)

あと、コメント一覧の他、トラックバック一覧、ブログ、マイフォト、マイリストのほうも若干だけ、機能追加はないけど、インターフェースがほんの少し変わったみたいですね。

個人的には、マイフォトの内容のほうを改善してほしかったなーと・・・Blogにアップロードしている画像をメンテしたい、アップロードし直したいって時に、全ての画像が一律1ページに全て表示されてしまうので、画像が多くなるとページ表示が重い、削除の時間がかかる、目当ての画像を見つけにくい・・・絞り込み機能やページ分けする機能を追加してほしかったですねー。

・ウェブページ(Pages)機能の追加
「ウェブページ(Pages)の機能を追加しました。この機能は、ブログ記事と同じ感覚で1つのウェブページを作成することができる機能です。」とありますが、実際、よくわかりません。

ココログ登録をしていると、Blogの他に通常のウェブサイトのページも容量が別途用意されていると思ったんだけど、それとは違うのかなーと、早速試してみました。ウェブページ機能で作ってみたページはこちらから。

  1. ウェブページ機能を利用して作ったページは、自分のBlog上サイトにアップロードされる
  2. ただし、Blog上のカレンダー、カテゴリ、トップページには登録されない
  3. ウェブページ機能を利用して作ったページは、自分でリンクを作成しないと他人には見えない
  4. ウェブページ機能を利用して作ったページは、Blogのテンプレートが適用される

んー、機能としては微妙な感じでしょーか、用途としては、Blog内の記事から記事内容に関する詳細を別ページとしてリンクして利用するとか、後は。。。なんかの会員専用ページとしてパスワードを利用したページにするとか、それくらいでしょーかね。

ウェブページ追加機能では、Blogのテンプレートから影響を受けないページになれば尚よかったんでしょーが見事にBlogのテンプレートが適用されてました。

ココログバージョンアップの話はその2で終わる予定だったtんだが、長くなったので、このへんで。・゚・(ノ∀`)・゚・。残りは、ホントに少しなんだけどねw

2008年9月12日 (金)

ここ最近の気になったコトごった煮(ココログバージョンアップ)その1(BlogPet)

まいおいの「ここ最近の気になったコトごった煮(ココログバージョンアップ)その1」のまねしてかいてみるね

さて、ここ暫くiPodtouchネタばかり続いたので、ここ暫くiPodtouchネタばかり続いたので、ちょっと普段の徒然っぽい...

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年9月11日 (木)

ここ最近の気になったコトごった煮(ココログバージョンアップ)その1

さて、ここ暫くiPod touchネタばかり続いたので、ちょっと普段の徒然っぽい、色々脈絡もない雑多なことなんぞを・・・まぁ、あと、何回かはiPod touchネタがあるかとは思いますが・・・(;´∀`)

【ココログっぽいこと】
ほんの少し前にココログのバージョンアップがありましたねー。基本、Blogのアップデートは、特別なソフトウェアを使うこともなく、ココログの管理画面から更新しているので、使いやすくなるバージョンアップは、大いに歓迎デス(´∀`)

<主なバージョンアップの内容(個人的に気になった機能編)>
・「検索ワード/フレーズランキング」のデフォルト表示
Cocologverup01→自分のブログに対する検索ワードが、順位を付けて表示されるなったみたいですね。「※左サイドバーの最上部に追加されます。(「2列右」の場合は右サイドバーの最上部。いずれも任意に設定が可能です。)」と説明にありましたが、ワタシの場合は、3ペイン構成で右の一番下に追加されていました。

・画像挿入機能の変更
→今までココログでは、画像を元の大きさのままブログの本文に表示するには、自分でできあがったURLをちょっといじる必要がありましたが、今回のバージョンアップで、サムネイルを作らずに表示が可能になりました。

また、今までクリック時に表示される画像の大きさは、あらかじめ自分でサイズを変更しておく必要がありましたが、画像の挿入時に、その場で画像の大きさを指定できるようになったみたいです。

後、恐らく利用する際に、ヘッダータグの中に<$MTWeblogIncludeModule module="head-js-multibox"$>を追加すれば使えると書いてあるので、ajaxだと思うんだけど、サムネイル画像のクリック時に、画像をポップアップさせ、後ろを黒い半透明の背景にするライトボックスが利用できるようになりました(´∀`)

ちなみに、指定のタグを追加しない場合、画像表示は、通常のHTMLリンクで動作します。

・「カテゴリーの概要」項目を追加
→「ブログ設定の「カテゴリー」の画面に「カテゴリーの概要」を追加するための項目を追加しました。」とあり、Blogのカテゴリに、そのカテゴリの内容の1行解説を付けられるよーな機能ですかねー。

カテゴリに含まれる内容の記事をさっと紹介できるようになると、Blogを見に来てくれたヒトにとっては、気になる記事なのかどうか、自分が見たい記事なのかどうかをサクっと判断できるようになるかもしれません(´∀`)

・Googleサイトマップの追加
Googleサイトマップ用のxmlファイルを出力する機能を追加してくれるそーです。Googleサイトマップとはなんぞやと思ってちょっと調べてみたら、Googleに対して、自分のサイトの更新情報なんかを効率的に送信するための機能なんですね。

Googleのサイトマップとはのページによると「サイトマップは、ウェブサイト上にあるページのリストです。サイトマップを作成して送信すると、Google の通常のクロール処理では検出できない可能性のある URL を含むサイト上のすべてのページを Google に知らせることができます。」とあります

極論すると、自分のサイトに書いてある記事中のキーワードをGoogleで検索しても検索にヒットしない、そんな悩みを解決してくれるようになる仕組みのよーです。Googleは定期的に世界中のサイトにアクセス(httpクロウラー)し、Googleのインデックスにその情報を蓄積の検索このサイトマップを作成していきますが、Googleに対してBlogやウェブサイトの更新時に、Googleのクロウラーを待つことなく、こちらから送信することで、Googleの検索情報に蓄積され、いち早くGoogleでの検索にヒットしやすくなるよーです。

・meta情報の生成機能を追加
HTMLのheadタグ内にメタタグにてキーワード等を追加する機能が追加されたよーです。メタタグでは、HTML文書に対する付加的情報を提供、文字コード、また、各種ボットに対する振る舞いや、ページの趣旨や指向性なんかも記載することができるタグです。

最後の2つは、主にSEO向けな感じですねー(´∀`)

ってなわけで、ここ最近の気になったコト、ココログバージョンアップ編その1でした(´∀`)

2008年9月 9日 (火)

INFINXX AP23(iBluon TD02)を海外通販で買ってみよう、番外編2

前回のお話は、INFINXX AP23を購入する時の余談で、まぁ、海外通販もそんなに難しいことじゃないって話でした(´∀`)・・・で、今回は、万が一、いろいろな意味で難しくなってしまったときのお話・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ebayオークションを含め海外通販では、もちろん、トラブルがあった場合は、自力で英語でやり取りしないといけないんだけど、最悪は、日本語で文面書いて、Excite翻訳ででも・・・(;´∀`)・・・は、流石に無理か・・・いや、何とかなるハズ!・・・と思う、思いたい・・・ハイ・・・やっぱ無理かwwwwwww

海外通販なんかで、一番困ることがあるとすれば、詐欺などは、もう論外として、初期不良や、梱包が長旅で崩れた、または、箱などに損傷がある、届いた品物が違う、色が違うと言った状態で届いた場合、また、保証期間内外を問わず、買ったものが故障してしまったときどうしようってのが一番やっかいでしょーか。

この場合は、1.諦める、2.英語の分かるヒトにお願いする、3.Excite翻訳の素敵英語で心中・・・3択あたりでしょーか。・゚・(ノ∀`)・゚・。・・・ある程度・・・は、リスクを覚悟しないとイケナイのも海外通販の要素の1つであることを忘れてはいけません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

商品の返送や、保証期間中の故障の際の送付等は、国際宅配便を利用します。国際宅配便と聞いて、ぬ~んとなっても大丈夫( ´_ゝ`)・・・FedExやDHL、UPS、郵便局のEMSの他、日本で馴染みのある、クロネコペリカン佐川等どこでも取り扱っています。

Tracking最近は、日本国内ででもそうですが、国際宅配便でも、大抵はトラッキングサービスが利用できるようになっています。トラッキングサービスは、その荷物がどこにいるかを追跡調査できるサービスで、自分の手を離れて遠くの国にある荷物でも、インターネット上から位置を把握することができます。

理想を言えば、保険がついたもの、また、配達の保証がある送付方法が採れるのが一番だけど、お値段もそれなりになってしまうので、トラッキングサービスを利用して、送付先に、どこそこまで届いていると言うのを確認させることで、送った・届いてないの水掛け論を多少でも減らすこともできます。

また、万が一、品物が届かない等の場合でも、トラッキングサービスで、どの地点で紛失したのかを問い合わせることが可能になる場合もあります。

んで、論外と言った詐欺。。。やはりというか、スパムの発祥地とも言えるアメリカでもっとも普及しているサービスであり、やはりPayPalに絡んだ詐欺が多いのも事実なんです。PayPalの支払いはメールアドレスとパスワードのみで速攻できてしまうので、それさえ入手できれば、ヒトの口座のお金を利用していくらでも買い物が出てしまう点にあります。

PayPalを利用する際には、フィッシング等のサイトでないかどうか、また、メールで、パスワード等を聞いてくることはありませんので、そんなメールには、十分注意する必要もあります。通販サイトは、まっとうに見える、また、まっとうだったとしても、支払い時のPayPalのボタンやリンクから先だけが、改ざんされていて、詐欺サイトに直結・・・なんてこともあり得るので・・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんなわけで、便利便利と若干、言葉だけが先行してしまいましたが、リスクも色々あるんですよ!ってことになりますネ。それらのリスクをしっかりと認識して、気をつけて利用していけば、まぁ、便利なツールとして活躍してくれそうです(´∀`)

最後に・・・クレカ払いか、PayPal以外の支払方法以外でのお買い物の方法は、よーわかりませんので、ググるなり、その手の詳しいヒトに聞いて幸せになりましょう(´∀`)

2008年9月 7日 (日)

INFINXX AP23(iBluon TD02)を海外通販で買ってみよう、番外編1

さて、INFINXX AP23を買ったときに利用したPayPalなんかについてのお話(´∀`)

海外の通販では、クレジットカードがあれば、結構問題なく買い物はできますが、PayPalが利用できるお店がかなり多いので、今回のような買い物をするときに重宝します。支払いの手続きも、メールアドレス入れて、支払いの最終意思確認を問われるだけなので、とても楽ちんです(´∀`)

PayPalは、決済システムの名称で、インターネットとメールアドレスを利用して、お金のやり取りを仲介してくれるサービスです。極論すると、支払い先へのお金の振り込みを1度PayPalを経由して行うものとよーな感じです(´∀`)

クレジットカードによる支払いとの一番の違いは、PayPalを利用して支払いを行う場合、見かけ上、自分のお金はPayPalに支払われ、最終的な支払先にはPayPalから、支払いが行われるんで、支払う相手、お店等にに対して、こちらの口座番号やクレジットカード番号を知らせる必要がないことです。

Paypal02PayPalは、ebayが元となり、オークションの支払いを簡易にする、また、個人情報を相手先にあまり知らせないで利用できるようにと立ち上げたサービスで、日本のサービスで置き換えれば、Yahoo!オークション等で利用するYahoo!かんたん決済に近い物になるかと思います。

1点違う点は、Yahoo!かんたん決済が、Yahoo!オークション内でのみ利用されるサービスに対しPayPalは、ebayのオークション以外でも、一般の通販サイトなどで利用可能となっており、欧米では一般のネットショップで結構普及していることでしょーか。

もちろん、海外お店の製品を購入するため、日本円がその国の為替レートに沿った金額に変換され、自分の口座から引き落とし、または、クレジットカードからPayPalにお金が引き落とされます。

あ、もちろん送金の代行屋さんみたいなものなので、決済方法によっては手数料が取られます・・・もちろん手数料が無料の決済方法もあるけど、、まぁ、手数料取られる場合は、まさに手間賃として考えてしまうしかないでしょーね(;´∀`)

Paypal03ちなみに、左の絵は、INFINXX AP23(iBluon TD02)を購入した際の取引履歴。まず、表の一番下、わたしのクレジットカードから引き落とされたお金が、PayPalの口座に入金されます。6203 JPYは6203円です。

次に、下から2番、日本円からアメリカドルに交換するため、見かけ上、一度、PayPalに入金された6203円が引き出され、アメリカドルになって、下から3番目、ってか、上から2番目だけど、55.98 USDつまり、55ドル98セントとして入金されます。

んで、一番上、最後にINFINXX AP23(iBluon TD02)を購入したお店であるAccessoryJack.comに55.89$が送金され、これで支払い完了となっています。最初のスタートがクレジットカードから引き落としですが、こちらを銀行口座からの引き落としで行うことも可能です(´∀`)

ここにある取引履歴は、まいおいさんが一つ一つ行った物ではなく、AccessoryJack.comでINFINXX AP23(iBluon TD02)の購入確定ボタンを押下した際に、裏で発生した一連のやり取りが詳細に表示されているのみで、実際にはボタン1個押しただけです。

Paypal01PayPalは、日本ではあまり馴染みがなく、作るのが面倒とか英語が分からないから気が引けるかもしれないと思うソコのアナタ(´∀`)9ビシッ!現在、PayPalのサイトは、ちゃんと日本語表示も対応しているので、なんもメンドイことはありません。メールアドレスと銀行口座が、クレジットカードがあれば問題なく作成できますヨ(´∀`)

まだ日本に上陸していない海外のアイテムをいち早く手に入れたい。もしくは、輸入代行をやっている個人やお店を見つけてはみたものの、その法外な手数料分を乗せた値段では購入したくなーい、なんてヒトにはPayPalアカウントを持っておけば、まさに、ぶらんにゅーでレアなアイテムの入手にはうってつけじゃないでしょーか。

そんなわけで、PayPalがあると、便利っすよーって話だったけど、楽なら楽なりに、普及しているな普及しているなりに、悪い人がそれを狙うのは当然な訳で。。。アブナイ面もあるんだけど、その話は、また次回にでも・・・(;´Д`)

2008年9月 5日 (金)

海外(BlogPet)

きょう超ニャース1号が通販サイトはお話したかもー。
それでツノブエピッコロの銀の海外通販を依頼したかったみたい。
でも、きょう超ニャース1号が協力した?
だけど、対応する?
それで購入した?

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年9月 4日 (木)

iPod touch/iPhone用A2DP/AVRCP対応Bluetoothアダプタ、INFINXX AP23(iBluon TD02)を買ってみた(´∀`)その3

そいあ、このBluetoothアダプタ買うときのネタ話や、あんまし気にしなくても、どうでもいーよーな製造元やINFINXX AP23とiBluon TD02の違いを調べてたり、なんか、肝心のINFINXX AP23(iBluon TD02)自体のレビューらしきものを全然書いてないことに気づいたwwwwww

さて・・・INFINXX AP23(iBluon TD02)・・・ちっさいです(´∀`)!そして、iPod touchで問題なく使えてます。DRC-BT15とのペアリングは勿論のこと、曲の停止・再生・巻戻し・早送りも・・・以上です。。。

(;´∀`)


・・・(;´∀`)


・・・・・・(;´∀`)


・・・・・・・・・(;´∀`)


・・・・・・・・・・・・(;´∀`)


すまない・・・それくらいしか思いつかんかった・・・○| ̄|_

と、つまりはデスネ・・・実際にペアリングで苦労することもなく、おかしなノイズが乗ることもなく、操作に不具合があるわけでもなく、よーわ、なんの問題なく使えてるってことデェース(´∀`)

・・・と、それだけで終わるのもあまりにアレなので。。。もうちょっとだけkwsk!

Sinfinxx_ap2323サンワサプライのMM-BTAD10BKと同様、ソニーのBluetoothレシーバDRC-BT15とセットで利用しているわけですが、ペアリングの方法は、MM-BTAD10BKんときとほぼ同じ。。。あらかじめ、レシーバのほうのDRC-BT15の電源を先に入れて、アダプタとのペアリングを待ちます。

ちょっとだけ違うのは、MM-BTAD10BKと違い、INFINXX AP23(iBluon TD02)をiPod touchのDockコネクタに差し込むと、自動的に演奏が始まり、ペアリング相手の検索モードになります。MM-BTAD10BKは差し込んでから、自分でiPod touch側で再生操作をする必要がありました。

もしもDRC-BT15のほうが、うまくペアリング相手であるINFINXX AP23(iBluon TD02)を捕まえられないようだったら、iPod touchからINFINXX AP23(iBluon TD02)を一度抜き挿しします。

んで、DRC-BT15の電源ボタンを7秒ほど押し続けると再検索モードに入りペアリングが行われます。それでもダメな場合は、一度、DRC-BT15のペアリング情報を初期化しましょう、それでうまくペアリングできるはずデス(´∀`)

で、このINFINXX AP23(iBluon TD02)もペアリングを行う際のパスキー(PIN)は、0000固定となっており、このパスキー外部から変更したりすることはできないし、INFINXX AP23(iBluon TD02)の対応BluetoothプロファイルもA2DP/AVRCPのみなので、パスキーの変更自体あまり意味がないし、当然ちゃ、当然ですね(´∀`)

音楽を聴くためのBluetooth製品は、パスキーがほとんどの製品で0000や8888みたいなんで、もちろん、電車などで隣に座った人が、自分より一瞬先に、BluetoothのA2DP対応のBluetoothレシーバの電源入れたりすると、もしかしたら・・・(;´Д`)?

・・・なんてのも、よぎりますが、そうなったら、そうなったで、お互いがお互いどちらかが、電車を降りるまで激しく悩み続ける程度?で済むので、まぁ、そんときゃ運が悪かったくらいに考えると不幸な気分にならずに済むかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Sinfinxx_ap2314以前に、MM-BTAD10BKで、いつも特定の場所にさしかかると、干渉のせいかBluetoothの通信がとぎれるエアポケットのような場所があると書いたけど、製品によって干渉を受ける受けない等があるかどうか知らんのだけど、INFINXX AP23(iBluon TD02)では大丈夫でした・・・なんだろねー(;´∀`)

Sinfinxx_ap2313日本での数少ないInfinxx icombi AP23もしくは、iBluon TD02ユーザさんや、一部、この記事を書いてるときに見つけた、ついに日本語対応で取り扱いを始めた通販サイトなんかでは、iPod touchとの接続時に「このアイテムはiPod touchで利用できない」みたいなメッセージが出るけど利用できます・・・って書かれてたんだけど、今んところ、幸いなのか、それともでないことが問題なのか。。。自分はそのメッセージは確認できてないです・・・(;´Д`)

まぁ、そんなわけで、ビカビカ光りまくりのBluetoothアダプタMM-BTAD10BKは、シャツの胸ポケットに入れて利用すると、若干iPod touchか、このBluetoothアダプタがシャツから、若干はみ出てコンニチハすることもなくなりました(´∀`)

Infinxx icombi AP23ことiBluon TD02は、その小ささで、シャツの胸ポケットにスッポリ収まり、今日も快調に動作してマス(´∀`)




以下、私信ナリ



【コメントで頂いたリクエストに関する画像達】
Infinxx_ap23_mini_plug01sInfinxx_ap23_mini_plug02s




Infinxx_ap23_mini_plug03sInfinxx_ap23_mini_plug04s

2008年9月 2日 (火)

アップルからアンケートへのご協力依頼再び(´∀`)

さて、7月の終わりだったか、8月の始め頃にあった「アップルのアンケートにご協力ください」ですが、一昨日あたりに、再び「アップルからアンケートへのご協力をお願いいたします。」言うタイトルでメールが送られてきました。

昨今、ワンクリック詐欺やら、フィッシング詐欺やら、トロイの木馬など、ネットには怖い物だらけです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんなわけで前回のアンケート依頼のメールは、あからさまにヒドイHTMLメールだったんで、アップルに問い合わせ・・・結果としては、通常、アップルからアンケート等に利用するメールテンプレートを使わずにアンケートメールを送信してしまったため、おかしなメールに見えたが、間違いなくアップルからのアンケート依頼だとのアップルユーザセンターからの回答で幕を閉じました(´∀`)

Applefeedback03で、今回は、きちんとそのアップルが利用するメールテンプレートを使っているように見えます。。。が、前回にひき続き、また確認を取るのもアレだなぁ。。。と(;´∀`)・・・一応、メールヘッダとアンケートを行うサイトのURLだけ確認しておきました。

From: Apple News_Japan@insideapple.apple.com
Subject: アップルからアンケートへのご協力をお願いいたします。
Return-Path: n_j_i_bounces@insideapple.apple.com
Received: from badger05007.apple.com (badger05007.apple.com [17.254.6.152])
Message-Id: 740b1p$ktr3m6@badger05.apple.com
Received: from cbox-ignite05.apple.com ([17.128.113.75]) by badger05007.apple.com with SMTP; 30 Aug 2008 21:02:35 -0700

上記のメールヘッダーを見る限りでは、一応、問題のないメールに見えます。Received:にあるアドレスは、共にAppleドメイン。併せて表示されているIPアドレス、17.254.6.152及び17.128.113.75も、共に所有者はApple Computer, Inc.となっており、一応、大丈夫そうに見えます。

ただし、メールヘッダーは改ざんすることに可能で、コレでまったく信用できるわけでもないところが悲しいところですが。・゚・(ノ∀`)・゚・。 一方、アンケートのリンク先ドメインはdstyleweb.com、当該ドメインを持っている会社は(株)マーシュ、インターネット調査つまりネットリサーチの代行会社の模様。

(株)マーシュは、社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(以下「JMRA」)の会員登録とあり、さっそくJRMAのサイトに・・・んで、こちらにきちんと会社の情報がありました。

(株)マーシュ上に掲載されている会社概要とも、一応の一致を見たので、問題ないかなーと、念のためいつもお世話になっているURLチェッカーでも確認・・・で、ウイルス対策ソフトのフィッシング詐欺対策フィルター等もチェックして、実際に、アンケートサイトにアクセスして答えてみる・・・

つか、そこまで気にするならアンケートしなきゃいいの・・・半分ビョーキかwwwwwwと思いつつ・・・アンケート怖い((((;゚Д゚)))と言うヒトのための人柱なんだと訳の分からん理由をこじつけ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

結論。。。たぶん・・・大丈夫です(;´∀`)・・・それでも不安なヒトは、アップルにお問い合わせプリーズ・・・(;´∀`)

一応、お約束なので書いておくと、・・・実際にアンケートサイトにアクセスする際には自己責任でおながいし(ry

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン