2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 新MacBook、MacBook Proに触ってきました(´∀`) | トップページ | 設定(BlogPet) »

2008年10月21日 (火)

EFiXでWindows PCにMacOS Xをインストールその2

さて、BIOSの設定を保存し、BIOSの設定が終わると、いよいよリブートです。もちろんEFiXはUSBポートに接続したままですよ。

リブートすると、まず表示されるのは当然ながらBIOSの画面、ついで拡張I/OポートなどのアドレスやらIRQ番号がざっと表示され、通常なら、この後Windows 2000からおなじみのWindows起動時に表示される、起動時の進捗を表すプログレスバーが登場するのです・・・

Efix12が、きちっとBIOSを設定し、EFiXが正しく認識していると、ここから少し様子が違います。黒い画面のまま、まず、画面左上に棒がくるくる回るプロンプトが登場し、少したつと左のような画面が表示されます。これが、EFiXに含まれるブートセレクターです。

画面、見ての通り、ブートするディスクを選択するもので、4つのドライブが見えています。画面の左からMacOS Xがインストールされた?(後で説明)ディスク、次がWindowsOSがインストールされたディスク、次が認識できない不明なディスク、最後がDVDドライブです。

実は、この絵は、MacOS Xを一度インストールしてしまった(失敗だけど)後に撮ったものなので、一番左側にリンゴマークのブートドライブが見えていますが、EFiXでの初回起動時、つまりEFiXを利用して初めてMacOS Xをインストールしようとしている場合は、リンゴマークがついたディスクは表示されません。

Efixinst12s初回起動時には、DVDドライブにリテールのMacOS XのDVDをセットし、DVDドライブを選択します。このブートセレクタでの、ブートドライブの選択操作は、キーボードの「←」キーまたは「→」キーで行います。USBキーボードももちろん利用可能です。

リテールのMacOS XのDVDをセットがセットされたDVDドライブを選択し「Enter」キー押すとDVDの読み込みが始まり、DVDを認識するとDVDブートが始まります。ここの読み込みは少し時間がかかるので、そのまま待ちます。

Efixinst13sリテールのMacOS XのDVDの読み込みが始まると、DVDのドライブのマークがリンゴのマークになり、そのすぐ下に、Appleユーザならおなじみの読み込み中のくるくる回るインジケーターが表示されます。

ここで1つ注意事項、既出の情報でもあるけど、EFiXを利用してMacOS Xをインストールする際に利用するLeopardを含めMacOS Xは、リテールのDVDでないとダメみたいです。MacについてくるリカバリメディアのMacOS Xでは、インストールができないようなので、EFiXと一緒に、リテールのMacOS Xを1つ用意しておきましょう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Efixinst14sさらにしばし待つと、ついにリテールのMacOS Xのインストーラーが起動します。最初は、言語の選択。ようこそ表示、んで、そのままちょちょいと進めます。そうすると、インストール先の選択画面が表示され、現在、認識されているディスク、正確にはパーティションがすべて表示されます。

インストールをどのパーティションに行うか、の選択ですが、何もしていない状態のハードディスクはファイルシステムが未定の状態。もちろん、既にWindowsOSでフォーマットしてあるNTFSやFAT32のファイルシステム上にMacOS Xをインストールすることはできません。

Efixinst18sなので、ここでHFS+ファイルシステムを作成し、そこをMacOS Xのインストール先として指定する必要があります。そこで、メニューバーからディスクユーティリティを起動し、ディスクのパーティション設定やフォーマットを行います。

ここで注意なのが、どうもWindowsOS上で1つのディスクに複数のパーティションを切っておいて、そのうちのどれかを選択して、そこをHFS+でフォーマットスルというのがどうもうまくいきません。

当初、IDE(SATA)の1番目のチャンネルに接続してある、500GBのディスクを半分に割って、CドライブにWindows Vista、Dドライブは空っぽの状態で、そのDドライブをフォーマットしてMacOS Xをインストールしようとしたんだけど、うまく入りませんでした。いかないどころか、軽く事故に・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

どういった事故だったのかは、番外編あたりで・・・で、また、長くなりそうなので次回に~。・゚・(ノ∀`)・゚・。






アップルコンピュータ
おすすめ平均:
戻れない道。 だが、Appleよ! いつでも引き返す気持ちはあるよ
powerd by Amazon360

« 新MacBook、MacBook Proに触ってきました(´∀`) | トップページ | 設定(BlogPet) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
こちらのサイトを参考にさせていただいており、大変助かっております。
私はASUS P5B-V/Q6700/GeForce8600GT256MBの組み合わせで無事動きました。
G965でも行けましたのでお知らせです。
P.S.神と呼ばせてください。

sさま、おいでやす(´∀`)!

こんなんでも参考になれれば幸いです。・゚・(ノ∀`)・゚・。 むしろ、HCLリスト外のハードウェアでEFiXの動作確認までいったs様に讃辞を送りたいと思います(´∀`)

ちなみに、ASUSマザーでは、オンボードのLAN等が動作しなかったりサウンドが動作しなかったり等の話を聞きますが、Mac等で動作実績のあるLANカード等で運用しているですか?

神よ (デスノートの魅上の口調です)
インストール後、たしかにオンボードLANとサウンドが認識しておりませんでした。
しかし、たまたま家に転がっていた蟹マークチップのLANカード(ソフマップにワゴン山盛りになっている100円ジャンク品)を差した所、即使えました。
Realtek製はOS9の時代から使えていたので、leopardにドライバーが入っているだろうと思ったら案の定でした。
http://www.ipc-tokai.or.jp/~wood/macintosh/7600/LAN/
8600GTだと詳細設定ができないので、サウンドと合わせて対応中です。
(7600GSでテストしてみようと思っています。)
今後も、こちらに「こんなテストをしてみました」とか「こんな部品構成で動いたぞ」と結果をカキコしても宜しいでしょうか?

sさま、おいでやす(´∀`)

やはりLANはダメでしたか、EFiXでは公式にはGeForce 8600はサポート対象外ですが、動作しているとの情報はいくつか挙がってますネ。EFiXで公式にサポートしてないグラボでは、解像度で多少縛りがあったりするようですが・・・

情報についての提供は非常にありがたいことですが、個人様が人柱になって得た情報を貰って掲載するだけと言うのも気が引けますんで、mixiにあるEFiXのコミュニティあたりに流して情報を共有してあげると結構喜ばれると思いますヨ、ASUSマザーで結構苦戦している方もいらっしゃるよーなので(´∀`)

それからEFiX神なら以下のあたりの方デス
http://x86osx.wordpress.com/

啓示ありがとうございます。
教えて頂いたLeoPress様のブログもとても素晴らしく、とても勉強になりました。
mixiに書き込んでみようと思いますが、アカウントを持っていないので、恐縮ですがご招待頂けますでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。
P.S.
10.5.6にしたところGeForce8600GTは無事使えました。サウンドは、XPで認識された100円ジャンクのcreative社カード2種を差したところ認識しませんでした。が、コマンドテスト中です。
また、転がっているE6300+BiostarGF7050V-M7+GF7600GSも稼働テストしてみようと思います。

sさま、おいでやす(´∀`)

mixiのほう、ご招待しておきましたので、後ほどご確認下さい。

GeForce8系は、8800以外HCLには掲載されていませんが、結構、使えてると言う人が多いようですね(´∀`)

サウンドですが、大多数の方が、GigaByteオンボードのサウンドでの動作報告が多く、公式のHCLでもSound Blaster Live! 24-bit External (USB)のみがCreative製品で唯一掲載されています。sさまお持ちのサウンドカードが利用できるか微妙なところでしょうが、がんばってみてください(´∀`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXでWindows PCにMacOS Xをインストールその2:

« 新MacBook、MacBook Proに触ってきました(´∀`) | トップページ | 設定(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン