2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その4) | トップページ | iPod touchのディスクパーティションをみてみたり »

2008年10月 6日 (月)

Jailbreak後のiPod touch 1.1.5・・・とその後

Snap_092101現時点で、私のiPod touchは、ファームウェア2.0、Appleのソフトウェアアップデートを行った後、ZiPhoneではなく、PwnageTool for Macにて再度jailbreak実施、さらに、ファームウェア2.1、にした後、今度は、QuickPwn 2.1 for Windowにて、さにら再々度のjailbreakしています・・・(;´∀`)




Appleのソフトウェアアップデートを行った後パッケージマネージャは、InstallerからCydiaに変わっていますが、当時、ファームウェア1.1.5のiPod touchをjailbreakした後にやったことなんかを、駆け足で紹介・・・ホントに今更なんだけどね・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Snap_045535まず、jailbreakが終わった時点で、BSD Subsystemなど主要なパッケージはインストール済みです。んで、次に入れたのが、おなじみBoss Prefs、この当時は、1.7x系でしたね。んで、screenshot、BossTool、Terminalを、あと、かなり便利だったのがワンタッチでWi-Fiのオンオフを行うWiFiToggleっすねー(´∀`)




Snap_045635Snap_092610ファイル共有機能ほしーなーと見てみると、当時、なんとInstallerでは、repoファイルにより、sambaとafpが提供されていました(´∀`)!!sambaとafpもインストール、iPod touchにsambaとafpをインストールしたら、BigBoss Prefsのsambaとafp、screenshot、ssh、Wi-Fiのトグルスイッチのプラグインをインストールしてあげました。

2Wi-Fi、SSHとsambaもしくはafpをオンにすると、MacBook AirからでもWindowsからでもすぐにiPod touch内のファイルに自由にアクセスできるようになりました。Installerで提供されていたsambaは、ご丁寧にiPod touchのルート直下からアクセスできるように、smb.confが既に設定済みになっていました・・・いや、これ、すげー便利でしたねwwwwwww

これで、撮ったscreenshotをいちいちメール送信で自分に送信する必要なく直接、Finder経由または、Explorer経由で取り出すことができるようになりました(´∀`)・・・もちろん、FinderやExplorerからiPod touchの中身を見てると「.DS_store」ファイルやら「Thumbs.db」ファイルやら余計なゴミが出来ちゃうんだけどねwwwww

そもそもソフトウェアアップデート2.0にアップグレードすれば、ホームボタン+スリープボタンで、スクリーンショットが撮れるようになることはわかってたんだけど、当時、ソフトウェアアップデート2.0にした場合、Jailbreakはかろうじて可能なものの、appがほとんど動作しなくなる・・・と。

そんな報告が各所で上がってて、折角、iPod touchが色々便利になりそうなappがあるのに、それが使えなくなるのは忍びないと言うことで、ソフトウェア2.0にアップデートするのを避けていました。・゚・(ノ∀`)・゚・。もっとも、1.1.5や1.1.4等、2.0以外だとハードウェアスイッチ経由でスクリーンショットを撮れないばかりか、AppleのApp Storeも使えないので、ちょっとばかし切ないものがありましたが、まぁ、仕方ないと諦めていました。

iPod touc/iPhone SDK 2.0から、Jailbreakへの対策、及びセキュリティの観点から各種ディレクトリへのアクセス制限が凄まじく厳しくなっており、それに伴い非公式appの動作が非常に厳しいものとなったそうです。また、1.1.1、1.1.2、1.1.3、1.1.4、1.1.5、さらに2.0とソフトウェアアップデート、ファームウェアのアップデートを重ねる度に、微妙にディレクトリのアクセス権、コマンド自体のパーミッションの他、ディレクトリ構成すら、若干変わっているみたいで・・・なので、バージョンアップがある度、少しずつ動作する非公式appが減っていってしまうわけです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今後もソフトウェアアップデートするたびに消えていくアプリが増えるのか、それとも、公式でApp Storeから提供されるアプリが、jailbreakしないとインストールできないアプリを喰い始めているのか。。。

ちなみに残念ながら、現在、PwnageToolやQuickPwnでJailbreakした際に利用されるインストーラーアプリで主流となりつつある、debianベースのCydiaでは、sambaやafpは、インストール出来ません・・・portsされるのを待つしかありませんね。・゚・(ノ∀`)・゚・。






2007-09-25
おすすめ平均:
音楽もだけど、写真もね!
2008-09-10
おすすめ平均:
商品の話じゃないですけど
2008-01-17
おすすめ平均:
【購入前に注意】ユニークだが致命的な欠陥あり
2008-02-06
おすすめ平均:
ネット環境に左右される商品
powerd by Amazon360


« Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その4) | トップページ | iPod touchのディスクパーティションをみてみたり »

iPhone/iPad/iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jailbreak後のiPod touch 1.1.5・・・とその後:

« Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その4) | トップページ | iPod touchのディスクパーティションをみてみたり »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン