2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiX、ついに到着っ(´∀`)! | トップページ | Jailbreak後のiPod touch 1.1.5・・・とその後 »

2008年10月 4日 (土)

Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その4)

Efix11s




EFiXですが、未だに手がついておりません・・・(;´∀`)・・・そんなわけで、EFiXの実物を見てみた感じを少し・・・

現在、EFiXのフォーラムにて様々なハードウェアにて検証や報告が進んでいるようだけど、基本的にはGigaByteのマザーボードで多くの動作報告があります。

Efix08sMacOS Xは、EFIが稼働する上で動作し、BIOS上では動作しないという大前提があります。しかし、EFiXがEFIの部分を肩代わりをするので、基本的にはBIOSのみ搭載のマザーボード上でも動作するハズです・・・もちろんあくまで理論上の話・・・だけどね。

なぜ、あくまで理論上の話なのかというと、Macには、TPM(Trusted Platform Module)というチップが組み込まれているとの話です。んで、MacOS Xをインストール際に、TPMにはデジタル署名が格納されており、そのデジタル署名をチェックして、そのハードウェアがMacOS Xをインストールしていいマシンなのか、Appleから提供されているハードウェアなのかをチェックする仕組みがあるからってな話です。

もちろん、OSx86 ProjectやEFiX等は、EFIをエミュレートのアーキテクチャを提供するだけでなく、このデジタル署名をチェックする部分を化かしているから、Windowsマシン、DOS/V、PC/AT互換機にMacOS Xをインストール可能になったんだろーと思います。

EFiXとEFIについて最初に調べ始めたコロには、なんとなく理解しているつもりで少し勘違いしていて、EFiXの動作する環境は、EFIが必要で、ハードウェア互換リストや動作報告のあるものは、EFIとBIOSの両方を搭載しているマザーボードなんだと思っていました。

"EFIが必要"という一点では、勘違いでなかったのだけど、EFIの動作環境は、別にマザーボード上で提供されている必要はなく、EFiXのようにハードウェアの起動直後にEFIを読み込ませる仕組みや、OSx86 Projectのように、EFIをエミュレートさせるなど、動作環境はともかくして、EFIがただ"あればいい"ということでした。

この勘違いを気づいたのが、ココにEFiXをコトを書き始めるために、色々情報をあさっているときにOSx86 Projectを見て・・・OSx86 Projectでは、通常のWindowsマシンでMacOS Xを稼働させるコミュニティだけど、動作報告リストを見ていると、明らかにBIOSしか搭載していないマシン上で動作しているのを多数見ました。

んで、OSx86 Projectで提供されているEFI非搭載のBIOS搭載マシン上でMacOS Xを動作させるための手法についてよく見てみるとBIOSマシン上で、EFIをエミュレートさせることでMacOS Xを動作させているんですネー。つまりMacOS Xを動作させるための方法論はEFiXと一緒ということになりますね。

まぁ、そんなわけで、恐らくEFiXを利用してMacOS Xを稼働させる場合、必ずしもそのハードウェアEFIが搭載されている必要はなさそうだ、ということになります・・・たぶんね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Efix03sさて、いきなり話し変わってEFiXの実物になります。なんか、すんげー小さいのに驚きました。まぁ、あまりにもでかいのが刺さっても、それはそれで異様なんだけどねwwwwwハコはそれこそ、明るい家族計画か外国タバコの箱かと思ったwwwww

Efix04sで、あけてみたら、コンパクトにモノが鎮座しております。マニュアル類やファームウェアの更新用ソフトウェアなどのたぐいは、一切入っておらず。英語のマニュアルくらいは入ってるかなーと思ったけど、ホントになにもないのね・・・(;´Д`)

Efix09sあと、ケーブルが1本、これはUSBの9ピンケーブルで、直接マザーボード上にあるコネクタに挿すためのものです。実は、USB接続というから、てっきりマシンの背面や全面にあるUSBの外部ポートに挿すモノだと思っていたんだけど、直接マザーボード上の内部USBコネクタに挿すようになってたんですねー。

Efix10s動作するかどうかはともかく、USBのポートに挿すように9ピンの変換ケーブルがあれば、通常のUSBポートにさせるようになるかもしれんけどねー。EFiX本体のほうも9ピンのUSBコネクタになっており、付属のケーブルも9ピンのUSB延長ケーブルです。

Efix05sテープが一切れ入ってたけど、恐らくこれは。。。マザーボード上の9ピンUSBコネクタに挿したEFiXをマシンの内部で固定するために利用しろってことなのかな?

【WARNING!!】
注意!この辺の話は、ネットで調べて推測で書いていますので誤った情報が含まれているかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。もし、間違っていたら指摘おながいシマス。

« EFiX、ついに到着っ(´∀`)! | トップページ | Jailbreak後のiPod touch 1.1.5・・・とその後 »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

EFIファームウェアの更新にともない、最近のIntelMacは、BIOSに対応しています。AppleがDos/Vマシンで普通には動かないようにしてるだけで。

通りすがりさん、おいでやす(´∀`)

突っ込みありがとーございます。BIOSが対応してるというのは、Intel Mac(ハード)でしょーか、それともMacOS X(ソフト)なんでしょーか。

TPMの話を考えなければ、今のIntel Mac達は、BIOS搭載のマシン、DOS/Vハードウェアと、ほとんど差異はないと認識しているのです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

お手数ですが、そのへんの話をもう少し知りたいと思ったので、なにか資料になるものかホワイトペーパなぞのソースがあると幸いです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その4):

« EFiX、ついに到着っ(´∀`)! | トップページ | Jailbreak後のiPod touch 1.1.5・・・とその後 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン