2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その2) | トップページ | EFiX、ついに到着っ(´∀`)! »

2008年10月 1日 (水)

Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その3)

前回の続きからですーヽ(;´Д`)ノ

んじゃ、なんでAppleは、Intel Macを発表した際にBIOSを利用しなかっのか、そのへんは、不明だけど、1つは、Appleはブランドを大事にしてきているので、無闇やたらに、各種のパソコンにMacOSをインストールされるのを嫌ったのかなーと・・・違うかwwwww

これは以前、かなり以前だけど、Appleは、UMAXやパイオニア、モトローラなどからMacの互換機を発売することを許しおり、Apple互換機というモノが存在した時代があります。しかし、まもなくAppleは、その戦略を転換、ライセンス供給を終了、Apple互換機も、あっつーまに消えていきました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

もちろん、ライセンス供給を行った目的は、当時、さっぱり鳴かず飛ばずだったAppleのシェアの拡大を狙った訳ですが、結果はサッパリ・・・結局、MacとApple互換機を購入するのは、Macユーザばかりで、Windowsユーザからのシェア獲得には繋がらず、狭いパイの喰いあいとなり、不要な競争相手を作ってしまったという理由もあったらしいんだけどね・・・(;´Д`)

あと思いつくのが、将来的な展望を見たことカナー?Intel Mac以前のPowerPC Macでは、BIOSにあたる部分に、Open Firmwareを採用していました。このOpen Firmwareは、ハードウェアに依存しないファームウェアで、BIOSの動作とまったく同じことができるものだそーでサン・マイクロシステムズのSolarisなんかも、Open Firmwareを使っていたそーですヨ。

で、すでにIntel Mac以前からBIOSを利用していないAppleのMacは、Intel Macになった時点でも、当時は、Macでは当たり前のように使われていた、FireWire(IEEE1394)規格がBIOSでは対応していない等、BIOS上での対応デバイスの問題からAppleにとってBIOSという選択肢はなかったんじゃないかなと・・・(超妄想wwwww)

今までも様々な規格が登場するたびにBIOSは、拡張を重ねているよーなんですが、例えば、一番身近でわかりやすい例だと、USBのBIOS対応などでしょうか。少し前までは、BIOS上でUSB規格は認識できず、様々なUSB機器がOSがブートするまで認識しないといった問題がありました。

最近では当たり前のようにBIOS上でもUSBは利用できるよう改善されてるけど、今でも使えない規格があります。最近の、身近なトコロで認識しないデバイスとしては、Bluetooth規格あたりがコレにあたるかもしれません。んで、Appleは、Intel Macを登場させると同時に、Windows PCプラットフォーム、つまりPC/AT互換機で利用されているBIOSにあたる部分を、Open FirmwareからEFIに変更しました。

毎年、世界各地で開催されているIDF(Intel Developer Forum)の、2004年の開催時において、IntelからBIOSからEFI移行スケジュールや指針が発表されているそーで、その中で、Intelは、BIOSに変わるEFIをIA-64だけでなく、32ビット環境のIA-32のハードウェア環境にも適用していくとしています。

当時、Intelのチップセットやマザーボードは2005年あたりからEFI対応が始まり、2006年には完全にEFI対応となるとの発表があったためなのか、いずれにせよ、完全に自社プラットフォームハードウェアでなく、Intelを含めサードパーティのハードウェアを利用し始めていたAppleでは、将来的なものを見越した変更だったかと・・・

で、もう一度、EXiFとは、何だろう言う話に戻ると、EFiXは、EFI技術を利用して、BIOSが動作しているコンピュータ上で、おそらくEFiXをエミュートさせ、これはEFI環境を利用しているよーと、ある意味でMacOS Xに"誤認識"させてを動作させるものだと思われます・・・(スミマセン、手元にあまりEFiXの仕様や基礎的なアーキテクチャに関する資料がないもので。・゚・(ノ∀`)・゚・。)

世の中には、OSx86 Projectと言うモノがあり、これらは通常のWindows PC等にMacOS Xをインストールして利用してしまおうと言う有志によるプロジェクトで、おそらく基本的な動作原理は、このOSx86 Projectの基本概念と確立された技術と手法が、USBドングルという形で提供されているモノだと思います(思っています)。

EFiXの由来は、EFI規格を利用してMacOS Xを使うのでEFIにMacOS XのXを足してEFiXなんかな・・・(;´Д`)?

【WARNING!!】
注意!この辺の話は、ネットで調べて推測で書いていますので誤った情報が含まれているかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。もし、間違っていたら指摘おながいシマス。

« Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その2) | トップページ | EFiX、ついに到着っ(´∀`)! »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その3):

« Windows PCをMacにしてしまうUSBドングルEFiXを買ってみた(その2) | トップページ | EFiX、ついに到着っ(´∀`)! »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン