2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXの購入先と価格について(11/20時点まとめ) | トップページ | EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート(BlogPet) »

2008年11月23日 (日)

EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート

EFiXのファームウェアアップデート2.3.4がアナウンスされました。ただし、今回のアップデートはマイルストーンアップデート、つまり予定していたアップデートではなく、セキュリティアップデートであると殊更強調されてアナウンスされています。

予定されているマイルストーンアップデートでは、現在のHCLで動作保証があるマザーボードを含む、グラフィックボード、LANチップ、サウンドについて、新たなハードウェア動作保証のリストが追加されるとの噂です。

現在、EFiXの動作させるには、ほぼGigabyteのマザーボードの一択ですが、他社製のマザーボードなどもサポート対象になる可能性があるとの話で、ASUSあたりのマザーボードが、このHCLリストに入れば、入手の困難さはともかくとして、また、EFiXの動作環境の裾野が広がることになります。

で、話はもどってEFiXのセキュリティファームウェアアップデート、当初、2.3.3のバージョンでアナウンスがありましたが、すぐにファームウェアアナウンスが1度撤回され、約1日たって2.3.4となり、正式提供が開始されました。

当初の2.3.3のアップデートでは、セキュリティFixの他に、マザーボードのオンボードLANについてのアップデート、Bonjourや1Gbpsのサポート、他、AFPや複数NIC搭載マザーボードのLANについてのアップデート、新しいサウンドドライバの提供、TimeMachineでの問題のFix等がアナウンスされていましたが、2.3.4では、それらの記載がなくなり、単にセキュリティFixとだけの表記に変更されていました。

うーん、近いうちに行われると言われているマイルストーンアップデートの内容が一部、混じってしまったんでしょうかね。

ひとまず、注意点としては以下のように書かれています。
1. Delete all LAN adapters in "System Preferences" -> "Network".
2. Activate in BIOS all available LAN adapters.

EFiXファームウェア2.3.4にアップデート後、システム環境設定から、いったん、LANアダプタをすべて削除した後、BIOS画面で、そのマザーボードに搭載されているすべてのLANアダプタを利用可能にすることと書かれています。

その後、MacOS Xをリブートすれば、自動的にLANアダプタを自動検出し、正常に利用できるようになるとのことです。これは、どうやらBonjourにも関係あるようで、この作業を行わないと、EFiXファームウェア2.3.4にアップデート後でもBonjourが機能しないようです。

また、今回のアップデートについて、以下のようにも書かれています。
1. Please do not post any issues related to Sound Card
2. Please do not post topics like: "This update didn't fix known XXXXX issue"
3. I remind you herewith again that this is not MileStone update - this update is Security Fix ONLY.
4. Any topics or emails with such content will be deleted without any warning
5. Related to Mac OS X: Please be sure to have latest 10.5.5 update and all original updates installed before you have any questions in this support forum.

サウンドカードについてのアップデートではない、そのほか、既知の問題についてのFixでもない、また、再度重ねてマイルストーンアップデートではなく、あくまでセキュリティFixである等とされていて、今回のアップデートにより、何が解決した、何が動くようになったと言うシロモノではないので、そのことについては、Forumのほうでもメールでもサポートしないとのことですね。

とは言うモノの、EFiXのコミュニティでは、単なるセキュリティFixだと言っている2.3.4を当てたところ、Bonjourが機能するようになった等の報告が挙がりはじめています。現在のファームウェアのバージョン番号が1.1.2であるのに対し、アナウンスされたファームウェアバージョン番号が2.3.4と、かなり番号が飛んでいることからも、結構、いろいろ既知の問題についてもFixされている可能性もあります。

ただ、セキュリティFixに紛れ込ませただけで、あくまで正式提供じゃない、それについては、あくまでマイルストーンアップデートにより提供予定なので、今回のセキュリティアップデートで、○○の問題が解決した等々質問を受け付けないってな感じなんでしょーかね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あ、あともう1つ注意事項としては、今回のファームウェアアップデートから、ファームウェアアップデートクライアントが、Mac版のみになっていることです。EFiXファームウェア1.1.2提供時には、Windows用のアップデートクライアントがあったんだけど、今回は、Mac版のみになってしまいました。

Windows版のEFiXファームウェアアップデートクライアントになんらか問題を抱えているのかな?まぁ、確かにEFiXのWindows版、ファームウェアアップデートクライアントは、ドライバの更新手順が、かなり特殊で面倒な上、操作によっては、正常にファームウェアアップデートできなくなる可能性があるんで、なんらか改善版が必要なんじゃないかなとは思ってましたが・・・

いずれにせよ、例えMacを持っていないとしても、そもそも、既にEFiXを利用していると言うことは、Macな環境があるから、ファームウェア2.3.4のアップデートに向けて、現在のEFiXで動作させているMac上でEFiXのファームウェアアップデートクライアントをダウンロードして2.3.4にしてしまえばいいさね(´∀`)

何にせよ、Bonjourがある程度正常に動作するようになったことについては、素直に喜んでも良さそうな感じと言ったところでしょうか。わたしの場合、喜びが薄いのは、あくまでメインで利用するマシンはWindowsで、Macはあくまでサブマシン的な位置づけなので、Bonjourが、動作してもしなくても、あまり困り具合がわからないと言うのが本音なんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

« EFiXの購入先と価格について(11/20時点まとめ) | トップページ | EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート(BlogPet) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート:

« EFiXの購入先と価格について(11/20時点まとめ) | トップページ | EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン