2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

EFiXファームウェアアップデート2.3.4と既知の問題

Efix_firmware02EFiXファームウェアアップデート2.3.4に併せて、既知の問題と、EFiXファームウェアアップデート2.3.4にアップデートしたことで発生したと思われる問題について、EFiXのForumのほうに情報が掲載されています。


http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=49&t=942
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=49&t=1021

以下の問題は、EFiXファームウェアアップデート2.3.4後に発生している問題と、EFiX公式の問題とバグリストからの内容です。

----------
【問題】EFiXファームウェア2.3.4にアップデート後、EFiXがブートしなくなる問題
【概要】ある特定の時間帯(どうやらファームウェアアップデータを提供しているサーバに問題があった模様)にEFiXファームウェア2.3.4を行った人などが、不完全なファームウェアをEFiXに適用してしまったために、ファームウェアアップデート後、EFiXがブートしなくなる症状が発生しているそうです。
【対処】EFiXのファームウェアアップデートクライアントっで、一度、ファームウェアを初期化の後、2.3.4に戻す。


----------
【問題】GeForce 8800GT/GTSでQE/CIの設定が無効になってしまう問題
【概要】EFiXファームウェアアップデート2.3.4にて新しいNVUGA DRIVERが提供されていますが、それに伴いGeForce 8800GT(512MB)/GeForce 8800GTS(320MB)でQuartz Extremeが無効になってしまう問題が発生しています。また、未確認ですが、他のnVidiaグラフィックカードでも同様の問題が発生している模様。場合によっては、カーネルパニックになることもあるそうです。
【対処】暫定対処としてはリブートするのみ、本格対処は未定、現在調査中とのこと。


----------
【問題】Pioneer DVR-212/216へのCD/DVDの挿入と取り出しの問題
【概要】パイオニアDVR-212及びDVR-216において、MacキーボードのEjectボタンなどでDVDやCDの取り出し時に、アンマウントできずに、取り出しが拒否され、DVDドライブが利用不能になることがある。
【対処】EFiXの問題ではなく、パイオニアのファームウェアの問題で、ドライブ側がなんとかならいと解決できないので、対処としては、ドライブを変えるしかないとのこと。


----------
【問題】システム時刻が狂う
【概要】OS上のシステム時刻が狂う問題ですが、これがMacOS Xのみで発生するのか、Windows上でのことなのか不明ですが、45nmのPenrynコアで発生する問題だそうです。恐らくEFiXを利用しているマシン上のBIOSクロックが狂うために、そのマシン上に載っているOSすべての時刻が狂うのかもしれません。私の環境の場合、EFiXを挿したマシンでは、Windows Vistaの時刻がいつも狂っていました。
【対処】12/9に予定されているEFiXのマイルストーンアップデートで解決予定。


----------
【問題】オーディオにノイズが入る問題
【概要】MacOS X等でサウンドデバイスを利用すること、音にノイズが乗る問題。これも、45nmのPenrynコアで発生する問題だそうです。
【対処】12/9に予定されているEFiXのマイルストーンアップデートで解決予定。


また、これらは、あくまでEFiXの開発元が"公式"として認識している問題で、これ以外にも、"非公式"の問題がForumであがっています。

もちろん、EFiXファームウェアアップデート2.3.4は、あくまでセキュリティFixなのですが、今回は、ちょっと余計なモノを入れすぎと言うか、セキュリティFixの関係以上入れざるを得なかったのかわかりませんが、ドタバタしましたね。・゚・(ノ∀`)・゚・。






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

2008年11月28日 (金)

EFiXファームウェアアップデート2.3.4の続報

EFiXのセキュリティFIXなファームウェアアップデート2.3.4が提供されていますが、その後、新たにファームウェアアップデートクライアントも新バージョンが提供されています。

EFiXファームウェア2.3.4が提供開始された直後は、Mac用のファームウェアアップデートクライアントのみが提供され、Windows用がありませんでしたが、EFiXファームウェア2.3.4にアップデート後、EFiXが見えなくなる、または、EFiXが機能しなくなる不具合があり、その対応で、新たに、Mac用およびWindows用のファームウェアアップデートクライアント1.1が提供されています。

Mac用EFiXファームウェアアップデートクライアント
EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENT - V 1.1(23.11.2008)

Windows用EFiXファームウェアアップデートクライアント
EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENT - V 1.1(23.11.2008)

このWindows用およびMac用のファームウェアアップデートクライアント1.1では、新たに、EFiXのファームウェア初期化機能が追加されています。これは、ファームウェアに致命的な問題が発生し、EFiXが機能しなくなった場合にのみ利用するもので、通常は、そうでない限り利用しないよう注意書きがあります。

ファームウェア初期化機能は、無闇に使わないよう、かなり、強い口調で注意書きが書かれており、ファームウェア初期化を2度行わないこと、特に、Windowsで初期化を行う場合は、EFiXがきちんと認識されているかを確認してから行うこと、他にも、ファームウェアアップデートの途中で電源を切ったり、EFi-Xファームウェアアップデートクライアントを終了しないこと、何が行われるか理解ができない場合は利用しないこと等々です。

EFiXは、ブートセレクタまたは、ブートデバイスであるため、通常の利用のされかたにおいては、OS上で認識されるレベルよりもっと低いレイヤーで利用されており、通常のUSB機器や周辺機器のようにドライバを組み込むといった必要はありませんが、ファームウェアアップデートは、OS上のソフトウェアで行うため、OS上でUSB機器として認識される必要があります。

Efix_firmware01で、殊更WindowsでのEFi-Xファームウェアアップデートクライアント操作について、注意が書かれているのは、Macでは、EFiXを接続すれば、壊れていない限り、何をせずともUSB機器としてEFiXを認識するんでファームウェアアップデートクライアントで、すぐにファームウェアアップデートや初期化を行うことができます。

一方、Windowsでは、ファームウェアアップデートクライアントの初版の頃、EFiXをWindowsのOS上から認識し利用できるようにするために、ドライバを当ててあげる必要があります。んだけど、その当て方が、通常のドライバを当てる手順と違い、ちょっとややこしいため、他の周辺機器と同じようなドライバの当て方をしてしまった場合、ドライバを当てる作業が一見問題なく終わったように見えて、実は、EFiXが、正しくWindowsから認識されていない状態だったりする。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そーいった状態でファームウェアアップデートや初期化を行うと、EFiXに深刻なダメージを与えてしまう恐れがあると言ったところでしょう。今のバージョンだと、ドライバ込みとかで、手間掛けずにきちんと認識してくれるのかなー?






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

2008年11月26日 (水)

EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート(BlogPet)

まいおいの「EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート」のまねしてかいてみるね

EFiXのファームウェアアップデート2.4がアナウンスされました!!
ただし、今...

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年11月23日 (日)

EFiXファームウェア2.3.4セキュリティアップデート

EFiXのファームウェアアップデート2.3.4がアナウンスされました。ただし、今回のアップデートはマイルストーンアップデート、つまり予定していたアップデートではなく、セキュリティアップデートであると殊更強調されてアナウンスされています。

予定されているマイルストーンアップデートでは、現在のHCLで動作保証があるマザーボードを含む、グラフィックボード、LANチップ、サウンドについて、新たなハードウェア動作保証のリストが追加されるとの噂です。

現在、EFiXの動作させるには、ほぼGigabyteのマザーボードの一択ですが、他社製のマザーボードなどもサポート対象になる可能性があるとの話で、ASUSあたりのマザーボードが、このHCLリストに入れば、入手の困難さはともかくとして、また、EFiXの動作環境の裾野が広がることになります。

で、話はもどってEFiXのセキュリティファームウェアアップデート、当初、2.3.3のバージョンでアナウンスがありましたが、すぐにファームウェアアナウンスが1度撤回され、約1日たって2.3.4となり、正式提供が開始されました。

当初の2.3.3のアップデートでは、セキュリティFixの他に、マザーボードのオンボードLANについてのアップデート、Bonjourや1Gbpsのサポート、他、AFPや複数NIC搭載マザーボードのLANについてのアップデート、新しいサウンドドライバの提供、TimeMachineでの問題のFix等がアナウンスされていましたが、2.3.4では、それらの記載がなくなり、単にセキュリティFixとだけの表記に変更されていました。

うーん、近いうちに行われると言われているマイルストーンアップデートの内容が一部、混じってしまったんでしょうかね。

ひとまず、注意点としては以下のように書かれています。
1. Delete all LAN adapters in "System Preferences" -> "Network".
2. Activate in BIOS all available LAN adapters.

EFiXファームウェア2.3.4にアップデート後、システム環境設定から、いったん、LANアダプタをすべて削除した後、BIOS画面で、そのマザーボードに搭載されているすべてのLANアダプタを利用可能にすることと書かれています。

その後、MacOS Xをリブートすれば、自動的にLANアダプタを自動検出し、正常に利用できるようになるとのことです。これは、どうやらBonjourにも関係あるようで、この作業を行わないと、EFiXファームウェア2.3.4にアップデート後でもBonjourが機能しないようです。

また、今回のアップデートについて、以下のようにも書かれています。
1. Please do not post any issues related to Sound Card
2. Please do not post topics like: "This update didn't fix known XXXXX issue"
3. I remind you herewith again that this is not MileStone update - this update is Security Fix ONLY.
4. Any topics or emails with such content will be deleted without any warning
5. Related to Mac OS X: Please be sure to have latest 10.5.5 update and all original updates installed before you have any questions in this support forum.

サウンドカードについてのアップデートではない、そのほか、既知の問題についてのFixでもない、また、再度重ねてマイルストーンアップデートではなく、あくまでセキュリティFixである等とされていて、今回のアップデートにより、何が解決した、何が動くようになったと言うシロモノではないので、そのことについては、Forumのほうでもメールでもサポートしないとのことですね。

とは言うモノの、EFiXのコミュニティでは、単なるセキュリティFixだと言っている2.3.4を当てたところ、Bonjourが機能するようになった等の報告が挙がりはじめています。現在のファームウェアのバージョン番号が1.1.2であるのに対し、アナウンスされたファームウェアバージョン番号が2.3.4と、かなり番号が飛んでいることからも、結構、いろいろ既知の問題についてもFixされている可能性もあります。

ただ、セキュリティFixに紛れ込ませただけで、あくまで正式提供じゃない、それについては、あくまでマイルストーンアップデートにより提供予定なので、今回のセキュリティアップデートで、○○の問題が解決した等々質問を受け付けないってな感じなんでしょーかね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あ、あともう1つ注意事項としては、今回のファームウェアアップデートから、ファームウェアアップデートクライアントが、Mac版のみになっていることです。EFiXファームウェア1.1.2提供時には、Windows用のアップデートクライアントがあったんだけど、今回は、Mac版のみになってしまいました。

Windows版のEFiXファームウェアアップデートクライアントになんらか問題を抱えているのかな?まぁ、確かにEFiXのWindows版、ファームウェアアップデートクライアントは、ドライバの更新手順が、かなり特殊で面倒な上、操作によっては、正常にファームウェアアップデートできなくなる可能性があるんで、なんらか改善版が必要なんじゃないかなとは思ってましたが・・・

いずれにせよ、例えMacを持っていないとしても、そもそも、既にEFiXを利用していると言うことは、Macな環境があるから、ファームウェア2.3.4のアップデートに向けて、現在のEFiXで動作させているMac上でEFiXのファームウェアアップデートクライアントをダウンロードして2.3.4にしてしまえばいいさね(´∀`)

何にせよ、Bonjourがある程度正常に動作するようになったことについては、素直に喜んでも良さそうな感じと言ったところでしょうか。わたしの場合、喜びが薄いのは、あくまでメインで利用するマシンはWindowsで、Macはあくまでサブマシン的な位置づけなので、Bonjourが、動作してもしなくても、あまり困り具合がわからないと言うのが本音なんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

2008年11月21日 (金)

EFiXの購入先と価格について(11/20時点まとめ)

さて、現在EFiXを入手するにはどうすればいいのか?また、価格はどれくらなのか?についてのまとめですが、少し更新しました。



最新の情報は、EFiX(V1.1)の購入先と価格について(7/20時点まとめ)を参照願います。・゚・(ノ∀`)・゚・。







本家EFiXのWHERE TO BUYを見ると、少しだけ更新があって、と言っても販売ルートが増えたわけではなく、各店舗のところに、どこそこの地域担当の記載が増えてました。

以前、私が購入した、Muller & Muller Servicesは、Distributor for: Switzerland, Holland, Austria, Germany, Italy, France, Spain, Scandinaviaとなり欧州、北欧地域の販売を担当。

EFiX USA LLCがDistributor for: North America, China, Taiwan, Hong Kong, Japan
となっており、北米および韓国を除く、日本を含むアジア圏の販売を担当することになったようで、やはりMuller & Muller Servicesからの出荷ができなくなったのは、販売地域の担当の棲み分けのようです。

入手先についての四方山話はこちら
EFiXの購入先と価格について(購入先について)

価格についての四方山話はこちら
EFiXの購入先と価格について(価格について)

Efixinst01s現状では、EFiXの購入は通販のみ、秋葉原等の店頭で取り扱っているお店はないのは変わらず。EFiX USA LLCは、PayPalとクレジットカードが利用可能で、SZ Expressは、銀行振り込みかPayPalが必要、共同購入やオークションでは銀行振込、クレジットカード払いなどで購入不可だと思います。価格はおよそ21000円ちょい、納期は注文後、5~10日前後、ただし在庫状況によって変化。

◆購入先
【EFiX USA LLC】
URL:http://www.efixusa.net/
価格:199ドル+送料35.95ドル-15米ドル=217.95米ドル
支払:クレジットカード、PayPal
備考:EFiX USA LLCへのユーザ登録が必要、今月は日本向けの場合のみクーポンキーワードで15ドル割引、ちょっとサイトのオーダーシステムに不具合を抱えている模様。色々オーダーシステムにトラブルもあるようなのでメールで質問投てます、回答待ちです。

(plasmaさん、springさん情報提供感謝です!)

【EFiX USA LLC eBay Store】
URL:http://stores.ebay.com/EFiX-USA_W0QQfsubZ0QQtZkm
価格:190米ドル+40米ドル(日本向の場合)
支払:PayPal
備考:eBayへのユーザ登録が必要、PayPalアカウントが必要、たぶんこっちだと割高

【SZ Express】
URL:http://szexpress.ocnk.net/
価格:18800円(本体)+27712000円(送料)?=20,800円(12/1修正)
支払:銀行振込、PayPal
備考:SZ Expressへのユーザ登録が必要、現在は、EFiXの在庫状況から、ある程度まとめて出荷を行う度に一度、注文受付を停止している模様。現在、注文受付停止中で、11/25頃に注文受付再開予定だそうです。多少、納期が遅れている模様です。

【共同購入】
URL:他人様の個人サイトなのでリンクを控えていますが、Google等でスグに見つかると思います
価格:第1回、第2回実績で、送料込みで約19000円程度?
支払:不明
備考:共同購入時期が不定期、こちらもしばらく予定がない模様

【Yahoo!オークション】
URL:http://auction.yahoo.co.jp/
価格:不明
支払:銀行振込等、出品者次第
備考:共同購入で余ったものが一部流れることがあり、不定期、ほとんどないでしょう。

引き続き、間違ってるよー、ココでも買えるヨーという情報がありましたら、コメントいただけるとたすかります(´∀`)もしかしたら、SZ Expressの方の送料が若干違うかもしれません、ゴメンナサイ・・・(;´Д`)






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

2008年11月20日 (木)

メモリ(BlogPet)

きょう、ツノブエピッコロの銀はUSBメモリっぽい絶賛しないです。

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年11月19日 (水)

絶賛メダパニ中なEFiX USA LLCとEFiX購入価格割引クーポンと

EFiXの購入・入手先についての情報追加です。

日本にて、EFiXを入手するための数少ない購入ルートであるEFiX USA LLCがカオスな状況になっています。・゚・(ノ∀`)・゚・。

EFiX USA LLCのほう、ずいぶんドタバタしているようです。日替わりで、EFiXの送料やサイトのレイアウト等が変わっています。まさに日々工事ちゅーと言うところでしょうか。商品のところには、EFiX USB V1の他に、EFiX USB TESTとか、マジで、サイトの注文システムのテスト用の項目として入れてましたよ系な項目も表示されてちゃってました。

今のところ、EFiX USA LLCのコマースサイトが正常に稼働しているとは言い難く、何かとトラブル続き、料金も二転三転、困ったことになっています。それでもEFiX USA LLCで注文される方は、以下のポイントをチェキです(´∀`)

※同じくEFiXを取り扱っているSZ Expressのほうは、サイトが日本語で書かれていて、購入方法もそれほど難しくないと思うので、ココっでは購入方法などの情報は割愛しています。決して贔屓なわけじゃないですよ(´∀`)?むしろEFiX USA LLCのメダパニっぷりを見ていると、しばらく落ち着くまでは、SZ Expressで注文をしたほうがいいかもしれません。

さて、EFiX USA LLCのサイトの左ペインにBlogでよく見かけるカレンダーパーツや記事のカテゴリなんかが登場しています。

こちらをいろいろ見ていたら、EFiX USA LLCでEFiXを注文する際に、こちらのメッセージを見ていると、いまさらなのか、最近登場したのか、EFiX購入価格から、10ドル~15ドル分割引される、ディスカウントクーポンのキーワードが書かれていることに気づきました。

EFiX USA LLCのほうで、注文を行う際には、まず、EFiX USA LLCでのアカウントを作成する必要があります。Sign Upから決済の画面で、性別、氏名、メールアドレス、住所、電話番号、勤続年数、パスワードが入力必須項目のようです。入力の参考は、このへん

Efix_usa_llc04ちゃっちゃとアカウントを作成したら、注文です。EFiX USA LLCには、その名の通り、商品は、EFiX USB V1しかありませんので、カードに投入・・・Qtyが個数で、もしQtyの欄の数字を変更したら、忘れずに"Update Cart"のボタンを押します。そして、"Checkout"で決済手続きに入ります。

決済手続き画面では、大きく7つの確認・入力項目があります。

Efix_usa_llc02Efix_usa_llc011番上、1つめの欄"Credits Available"には、Discount Couponsを入力するように促す欄があります。ここに、EFiX USA LLCのサイト内にあるThank You Discountキーワードを入力することで、その場で10米ドル分が割り引かれます。

Efix_usa_llc03特に今月、11月は、日本からの注文時には、"thankyou"ではなく"japan"と入力すると、10ドルではなく、15ドルの割引になります。今後、月単位で国毎で割引率アップのクーポンがでるような書かれ方がされています。もし、注文される場合は、忘れずに入力しておきましょう。

Efix_usa_llc052つめの欄は"Delivery Information"、お届け先住所を入力する欄です。ここには、EFiX USA LLCのサイトにアカウントを作成した際に入力した住所が表示されているので、人にサプライズプレゼントでもしない限り変更する要素はないはずです。

Efix_usa_llc063つめの欄は"Shipping Method"、配送方法を選択する欄で、通常の国際宅配便か、メール便か等の選択です。一番安いEMSが選択されている状態から変更する必要は特にないかと思われます。現時点では、EMSとBest Wayとの違いがわからないんだけど、なんなんだろーねー。

Efix_usa_llc074つめの欄は"Payment Information"で支払いをする人の情報です。ここも特に変更する要素はありません。



Efix_usa_llc085つめの欄は"Payment Method"で支払い方法です。"Credit Card : with CCV"は、クレジットカードの番号と、クレジットカードの裏面などにある、セキュリティコードを入力することで支払いを行う方法です。"PayPal"は、見たまんまPayPalを利用して支払いを行う方法。

"PayPal Credit Card"は、PayPal口座からではなく、クレジットカードからPayPal経由で支払いを行う方法です。"PayPal Express Payment"は、確か、PayPalを領する際の認証時の個人情報をあんまし入れなくてもいいとありますが、通常のPayPalと何が違うのかよくわかりません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Efix_usa_llc096つめの欄"Add comments about your order"は、何か特筆事項やコメント、要望があれば入力します。特になければ、未記入で問題ありません。

Efix_usa_llc107つめの欄"Products"は、購入する商品名と、それにかかるお値段などの小計、合計などが表示されています。すべての入力が済んだ後、Comfirm Orderボタンを押すと、注文の確定となります。クレジットカードなら、そのまま、PayPalを利用なら、PayPalへのログイン画面に飛び、メールアドレスとパスワードを入力すれば、支払い手続きが完了します。

EFiXの購入先と価格について(11/9時点まとめ)のコメントのほうで書かれていますが、実際に、EFiX USA LLCで購入された方から、情報があるように、かなり混乱しているようです。EFiX USA LLCを利用して注文される際は、くれぐれもご注意ください。・゚・(ノ∀`)・゚・。






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

2008年11月18日 (火)

すばらしき週明けの1日(´∀`)

ちょwwwwwww今、帰宅wwwwwwww
週明け、そうそう、お仕事テンパったwwwwww

もう、6時過ぎとる・・・果たして起きれるだろうか・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

いや、起きれないに10ガバス・・・(;´∀`)

2008年11月16日 (日)

ミッドタウンのビルボードライブ東京(Billboard Live Tokyo)にいってきました(´∀`)

Billboardlive01sやっぱナマ音イイ!と、前回、リー・リトナーをBlue Note Tokyoに聞きに行ったときのことを書いてから、随分時間がたってしまいましたが、ミッドタウンのビルボードライブ東京(Billboard Live Tokyo)にいってきました(´∀`)!ホントに久々のナマ音です。

今回は、失礼なことに、特にこのアーティストが聞きたいと言うわけではなく、単に、Billboard Liveがどんなものかを知るために行ってきた感が強いんだけど、公演は、ジャズシンガーのKeiko Leeさん。・゚・(ノ∀`)・゚・。

この方、Blue Note Tokyoのほうでも結構公演をしている方で、スケジュール表のほうで何度か目にしているけど、実際に聞きに行くのは初めてでした。

アップテンポでポップな感じの曲から、スローバラード、ブルース風味ジャズな味もあり、年輪を重ねている途中の女性ボーカリストという感じ。バンドの構成は、ピアノ、ベース、ドラムス、あと端っこにミキサーで、かなり少なめの構成。

ミッドタウンのBillboard Liveは、Blue Note Tokyoに比べるとやや小さめ、ただし、2階席、3階席などがあり、人数的にはトントンになるくらいなのかなー?

で、良かった点は、Blue Note Tokyoよりも座席の間隔や通路、テーブルが広く、比較的ゆったりできます。また、今日は、若干お客さんが少なめと言うこともあり、Blue Note Tokyoだと、相席は当たり前で、きっちり人数分のテーブルを全部、隙間無く埋めていくのに対して、Billboard Liveのほーは、グループやカップル単位でテーブルを埋めていくので気分的には気楽に過ごせると思います。

悪かった点は、音・・・この一言に尽きます。音響のセッティングが悪いのか、Billboard Liveの空間構造のためなのか、かなり音が悪く、その点はかなりがっかりしました。音が悪いと言うのは、必要以上にマイクからの音を増幅して聞かされている感じがすることです。

Billboard Liveでの音は、Blue Note Tokyoに比べるとかなり自然な音というか、マイクを使わないで聞こえる音が少ない気がします。バンドのセットが、ピアノ、ベース、ドラムスがステージ上に横並びに、で、真ん中にボーカルがいるんで、当然ながらアンシンメトリーに音が聞こえるのを、無理矢理シンメトリーに流れるようにスピーカーで増幅しているように聞こえました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今日のステージのバンドの構成からそうせざるを得なかったのか、普段からそうなのかが、今日1回キリでは判断できないんだけど、Billboard Liveでの音にくらべて、Blue Note Tokyoで聞く音は、より自然に近い"ナマの音"に感じられます。

そーは、いっても、間近で聞ける生の演奏は、生の演奏、それなりの味もあり、久々のライブ鑑賞と言うことでそれなりに満足です(´∀`)

座席は、指定席と自由席、指定席はその名の通り、座席指定での予約となりますが、自由席は、Blue Note Tokyoと同様に早めに来場してチェックインをした順番で好きなテーブルを選ぶ方式です。

Billboard Liveの1F?にあたるステージ前の広いエリアは、基本的に自由席、2F、3Fの席が指定席で、もしかしたら、そっちのほうがBillboard Liveでは、イイ音が聞こえる位置なのかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Blue Note Tokyoにくるアーティストとは若干毛色が違うアーティストなんかも聞けるので、たまにはー違うのーと言う方は是非行ってみてはどーでしょー(´∀`)

そいあ、笑ったのが、ステージを正面に見て、左側に見える2F席、3F席にいる人たちが、みんな生首に見えたwwwwwww2F席、3F席にいる人達ゴメンナサイ。

自由席から見ると、2F席、3F席の人は、ちょうど、バストアップよりやや上の主に顔のみが見える状態なんだけど、2F席、3F席の壁が全部、黒茶系の暗い色のせいで、薄暗い照明で、人の顔だけがライトに反射して、2F席、3F席の人達が全員、懐中電灯で顔を下から照らしてる状態になっててwwwwww

自由席で聞く機会があったら、是非見てみてくださいw

【ビルボード・ライブ東京】
107-0052
東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
03-3405-1133
平日 11時~22時/土日祝 11時~21時/平日休演日 11時~19時/不定休

2008年11月15日 (土)

EFiXでUSBメモリにMacOS Xをインストールしてみた(その2)

前回、記載した通り、EFiXでMacOS Xをハードディスクではなく、USBメモリにインストールする手順は、ハードディスクに対してインストールをする手順と変わりアリマセン。

Efix_usb07MacOS X Leopardのインストーラーが起動し、インストール先を聞いてきますが、GUIDパーティションとHFS+ファイルシステムのディスクがないため、インストーラーが見えているどのディスク装置もインストール先として、選択することができません。

なんで、いつも通り、ディスクユーティリティを起動して、GUIDパーティションによるディスパーディション方式の変更とHFS+ファイルシステムでのフォーマットを行います。幸いにしてUSBメモリはしっかりと認識してくれています。

Efix_usb04今回利用したUSBメモリは、CORSAIRのFlash Voyagerの32GBです。元はWindowsで使っており、FAT32でフォーマットされています。

インストーラーが起動したら、メニューバーにあるメニューからディスクユーティリティを起動して見てみると、Windowsで利用しているディスク達のまじって30.2GB Corsair Flash V...と見えます。これが、今回、EFiXでMacOS Xをインストールする先になります。

Efix_usb101度目のフォーマットでは、実は、パーティション方式の設定を忘れていて、左の画面の真ん中、一番下にうっすらとパーティションマップ方式と表示されているところがあります。よく見るとマスター・ブート・レコードと表示されています。

Efix_usb08Efix_usb09このままでは、HFS+ファイルシステムでフォーマットはできるんだけど、MacOS Xのインストール先としては選ぶことができません。従ってもう一度、パーティショニングをし直し、GUIDパーティションテーブルを選択し、MacOS Xが起動ディスクとして認識できるパーティション方式に切り直します。

Efix_usb12GUIDパーティション方式にすると、左のようにインストール可能マークがつきました。あとは、インストール先として、このUSBメモリを選択してインストールを開始するだけです。


Efix_usb13で、ここまではよかったんだけど、実はここからすっごーい時間がかかりました。・゚・(ノ∀`)・゚・。インストール完了までに、約3時間半以上・・・USBメモリのアクセスランプがすごい勢いでつきっぱなしで、何かトラブルがあって遅かったのではなく、単にI/O速度が足りないだけっぽかったけど、特にエラーとか出ることなくインストールが完了しました。
で、そこから初期設定だけど、それも何か書き込みが発生するたびに、USBメモリのアクセスランプがつきっぱなしになり、かれこれ初期設定が完了するまでに、再び1時間、特にユーザ名を設定し、Macにログインするためのユーザ作成のところですげー時間が。。。(;´Д`)

でぇ、これも問題なく完了して、MacOS Xが起動してきます。ひとまず、Safariを起動してネットが使えるか確認、iTunesを起動してサウンドも、利用できいているか確認。んで、一度、リブートして起動するか確認・・・インストール直後は利用できても、次回起動できないとか、意味ないので。・゚・(ノ∀`)・゚・。

無事リブートしてきたことを確認したら、次は、スリープの確認・・・うん、問題なくスリープから復帰してきます。ちなみに、MacOS Xのスリープからの復帰は、すばらしく早いですね・・・Windows XPあたりから、スリープ機能が少しまともに使えるようになって、Windows Vistaでは、スリープでの停止が推奨されているみたいだけど、なんかスリープから復帰できないとかよく聞きます。。。(;´Д`)

んだけど、少し使っていて気になったのが・・・なんかする度に、と言うか、ディスクにあたるUSBメモリにアクセスのある操作があるたびに、結構待たされる・・・何というか、超もっさり?みたいな感じで・・・○| ̄|_

結論・・・USBメモリにMacOS Xをインストールすることは問題なくできるが、実際に常用するには、重すぎて使い物にならない・・・と言うことで、ホントにネタ程度にしかなりませんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ちなみに、このUSBメモリ恐らく中身はMLCのメモリで、もしかしたらSLCのメモリなら、もっとサクサク使えるのでしょーか・・・USBブートのミニLinuxなんかは、それなりに常用可能な範囲にあるので、もしかしたらと思ったけど・・・やはり無理があったかなー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

アップルコンピュータ
おすすめ平均:
戻れない道。 だが、Appleよ! いつでも引き返す気持ちはあるよ
powerd by Amazon360

2008年11月12日 (水)

価格とか導入しないです(BlogPet)

超ニャース1号は、USBメモリも利用されたみたい…
でも、きょう超ニャース1号は、価格とか導入しないです。

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年11月11日 (火)

EFiXでUSBメモリにMacOS Xをインストールしてみた(その1)

Efix_usb02




EFiXを利用してUSBメモリにMacOS Xをインストールしてみました。結論から言うと、ほとんどネタにしかならなかったんですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

EFiXを利用してWindows PCにMacOS Xをインストールするには、いくつかポイントがあります。

そもそもは、USBデバイスからのブートができるBIOSであること。EFiXは、BIOSからの見た目では、USB-HDDとして認識されます。もっと正確に言うと、USBフラッシュメモリに近く、このフラッシュメモリの中から、特殊なブートローダが起動して初めて、MacOS Xをインストールすることができるようんになるんだけど、EFiXが認識されない限り、MacOS Xをインストールできる環境にたどり着けないことになります。

んで、この関門を抜けると、次は、MacOS X LeopardのリテールDVD媒体を読み込ませるDVDドライブはの制限です。EFiXが認識できるドライブは、ハードディスク、光学ドライブを含め、基本的にはS-ATA接続である必要があります。

つまり、EFiXを利用してMacOS Xをインストールする際にMacOS X LeopardのリテールDVD媒体を読み込み、利用できるのは、S-ATA接続のDVDドライブで無ければなりません。

S-ATA規格が一般に浸透してきており、だいぶ普及が進んでるとは言え、ハードディスクならともかくDVDドライブは、まだまだ、P-ATAまたIDE接続のものが多いのが現状、新しいパソコンを購入してみても、ハードディスクはS-ATA接続だけど、DVDドライブはIDEだったと言うことも珍しくはありません・・・(;´Д`)

最後の1つは、Mac上から、ディスクユーティリティなどで、インストール先のディスク装置がGUIDでHFS+(Macジャーナル)でフォーマットできること、または、できていることです。ディスク装置が、FAT、NTFS等、マスターブートレコード(MBR)でパーティショニングされているディスク装置には、当然ながらインストールすることができません。

私の場合、大抵、EFiXのブートセレクタでMacOS XのリテールDVDが入ったDVDドライブからDVDブートして、インストーラーが起動後、ディスクユーティリティを起動して、MacOS Xのインストール先となるディスク装置をHFS+(Macジャーナル)でフォーマット、GUIDパーティションを設定して、インストールしています・・・と言うかこの方法しか知らないもので。・゚・(ノ∀`)・゚・。

WindowsのOS等で、既にパーティショニングされているディスクの余っている部分を利用してインストールできないのは、そうすると、ディスク装置がマスターブートレコード(MBR)でパーティショニングされてしまうため、そこんにはMacOS Xをインストールをインストールすることができません。

また、逆にWindowsのOS等で、既にパーティショニングされているディスクをHFS+(Macジャーナル)でフォーマット、GUIDパーティションで切り直すと、当然、今度は、Windowsから認識できないディスクとなってしまいます。

なので、EFiXを利用してMacOS Xをインストールする場合には、まったく利用していないディスク装置または、利用しなくなったディスクを丸ごと1つ用意し、それをMac用にするようにとの指示書きが見られます。

他にも、インストール時とインストール後の起動などで若干BIOSの設定などを1度いじらないとイケナイなど多少の設定変更項目などはあるんだけど、上記の3つさえ突破できれば、EFiXの公式ウェブサイトに掲載されているHCL以外の環境でも、EFiXを利用して、WindowsPCにMacOS Xをインストールすることはできる可能性が大いにあります。

Efix_usb05んで、そんなわけで、EFiXを利用してMacOS Xをインストールする際のドライブとなるディスク装置も、基本はS-ATA接続である必要があるのだけど、もしかしたら、USB接続のドライブって、いけるのかなーと思って試してみたら、まぁ、インストールすることができました。

実は、EFiXのコミュニティなどでは、P-ATAないしIDE接続のハードディスクでも、ちょっといくつか特殊な手順を踏めばMacOS Xをインストールできるんですが、そこは、今回は割愛・・・

そんなわけで、次回は、EFiXを利用してUSBメモリーにMacOS Xをインストールしてみる実践編です・・・(;´∀`)

アップルコンピュータ
おすすめ平均:
戻れない道。 だが、Appleよ! いつでも引き返す気持ちはあるよ
powerd by Amazon360

2008年11月10日 (月)

EFiXの購入先と価格について(11/9時点まとめ)

さて、現在EFiXを入手するにはどうすればいいのか?また、価格はどれくらなのか?についてのまとめ。



最新の情報は、EFiX(V1.1)の購入先と価格について(7/20時点まとめ)を参照願います。・゚・(ノ∀`)・゚・。







Efixinst01s現状では、EFiXの購入は通販のみ、秋葉原等の店頭で取り扱っているお店はなし、いずれの通販でもPayPalが必要EFiX USA LLCは、PayPalとクレジットカードが利用可能で、それ以外は、PayPalが必要、共同購入やオークションでは銀行振込、クレジットカード払いなどで購入不可だと思います。不定期での共同購入やオークションは除く。価格は20000円ちょい、納期は注文後、10日前後。

◆購入先
【EFiX USA LLC】
URL:http://www.efixusa.net/
価格:199米ドル(送料込み?)+送料31米ドル
備考:EFiX USA LLCへのユーザ登録が必要、PayPalアカウントが必要PayPalとクレジットカードが利用可能

(11/16追記、plasmaさん情報感謝です)

【EFiX USA LLC eBay Store】
URL:http://stores.ebay.com/EFiX-USA_W0QQfsubZ0QQtZkm
価格:190米ドル+40米ドル(日本向の場合)
備考:eBayへのユーザ登録が必要、PayPalアカウントが必要、たぶんこっちだと割高

【SZ Express】
URL:http://szexpress.ocnk.net/
価格:18800円(本体)+2771円(送料)=21571円
備考:SZ Expressへのユーザ登録が必要、PayPalアカウントが必要

【共同購入】
URL:他人様のサイトなのでリンクを控えていますが、Google等でスグに見つかると思います
価格:第1回、第2回実績で、送料込みで約19000円程度?
備考:共同購入時期が不定期

【Yahoo!オークション】
URL:http://auction.yahoo.co.jp/
価格:不明
備考:共同購入で余ったものが一部流れることがあり、不定期

間違ってるよー、ココでも買えるヨーという情報がありましたら、コメントいただけるとたすかります(´∀`)






インテル
おすすめ平均:
買い得感が非常に高い
powerd by Amazon360

2008年11月 8日 (土)

EFiXの購入先と価格について(価格について)

さて、現在EFiXを入手するにはどうすればいいのか?また、価格はどれくらなのか?についてのお話・・・前回、入手先の話しでしが、今回は価格についてです。



最新の情報は、EFiX(V1.1)の購入先と価格について(7/20時点まとめ)を参照願います。・゚・(ノ∀`)・゚・。







実は、EFiXの価格、8、9月頃と現在で価格が結構変動しています。どっちに違っているかと言うと、値上がっています(;´Д`)・・・語弊の無いように書くと、日本にいて、EFiXを入手する際、購入に掛かる金額が上がっています。

実際に、どんなもんかいうと、私の購入履歴を例にあげてEFiXの購入にかかる金額の変遷を以下に記載してあります。

私がEFiXを購入したスイスのMueller & Mueller Services(mmservices)では、EFiXを9月の中頃に購入した時の値段が、EFiX本体で100ユーロ+送料が20ユーロで、合計120ユーロでした。当時、1ユーロあたり155円程度、ユーロ高の状態だったので、日本円で18000円程度になりました。

で、EFiXを壊して、Mueller & Mueller Servicesで、2回目のEFiX購入が10月の中頃、この時は2個購入したんだけど、EFiXの本体価格が113ユーロで送料が20ユーロ、EFiXの本体価格が、1ヶ月前に比べて13ユーロ値上がりしていましたが、この時点で、1ユーロあたり日本円が125円程度になっていて、日本円でEFiX、1個当たりの購入価格は、16000円と1回目の購入よりも格段に安く入手することができていました。

で、前回書いた通り、Mueller & Mueller Servicesでは、現在、日本向けの出荷は行っていませんが、EFiXの本体価格が128ユーロと、さらにユーロベースでの価格が、9月の中頃に比べて28ユーロ、10月頃に比べて15ユーロ値上がりしています。

で、日本向けの送料は出せないので、日本に近い韓国向けの送料を見ると17.50ユーロで、EFiXの本体と合計で145ユーロ、現時点での為替レートでの換算だと、1ユーロあたり125円前後なので、日本円で18000円程度となります。ユーロの為替状況に合わせて価格設定してるんかねー。

次に日本から購入ができるEFiX USA LLCだけど、こちら、円高が急激に進んだときに購入しようかなーとも思って覗いてみたら、259.00ドルに取消線が引かれていて199.00ドルと記載・・・(;´Д`)・・・259ドルはちょっとなー。。。安く見せる演出かとも思いましたがwwwww

どうやら、eBayのEFiX USA LLCストア出品では190ドルと書いてあり、もしかしたら、ウェブサイトに記載のある199ドルは、アメリカ国外送料、一律9ドルなのか?と思ったらeBayのEFiXには、Shipping:US $10.00とありよくわからんwwwwww

EFiX USA LLCでの、PayPalの決済額は、199.00ドルとなっていたので、まぁ、199ドルでいいんだろーなーと思います。

まー、概ね200ドル前後と言うことになりそうで、現在のレートで行くと、日本円でほぼ20000円くらいと言うことになります。一時期、1ドルあたり92円頃だったら18000円程度で購入できたんだろうけど、どちらにせよ、私が購入した2回の時より値段が上がっています。

で、残り、日本の輸入代行のお店ですが、こちらは、結構前から18800円+送料が約2700円で、合計21500円程度になり、EFiX USA LLCとSZ Expressでの購入金額の差は、あまりないかもしれませんねー。買えるのなら、ホントはMueller & Mueller Servicesが一番安いんだが・・・一応、複数の販売店舗で価格の調整してるのかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

結局、現状だと、EFiXの購入ルートが限定されており、また、両方とも20000円を超えるくらいの価格設定のため、EFiXの価格は、22000円と見ておけば、ほぼそれを超えることはないのかなーと思います。

うーん、欲しいと言う知り合いがいたので、Mueller & Mueller Servicesで16000円で買えてた時にもう少し買っておけばよかったかなー・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あ、それと、購入してから、現物が届くまでの期間は、どこを見ても、だいたい、10日~15日前後程度かかりそうですね。国内通販やAmazonと違い、購入した翌日とかには、まず届きませんので、そのへんも注意が必要です。






インテル
おすすめ平均:
買い得感が非常に高い
powerd by Amazon360

2008年11月 7日 (金)

EFiXの購入先と価格について(購入先について)

さて、現在EFiXを入手するにはどうすればいいのか?また、価格はどれくらなのか?についてのお話・・・まずは、入手先についてです。



最新の情報は、EFiX(V1.1)の購入先と価格について(7/20時点まとめ)を参照願います。・゚・(ノ∀`)・゚・。







EFiXの公式ウェブサイトにあるEFiXの購入先についてのリンクが少し前に更新されて、一気に数が減りました・・・(;´Д`)・・・で、自分がEFiXを購入していたスイスのMueller & Mueller Services(mmservices)についても状況に変化がありました。

まず、購入先について。まず、EFiXの購入先は、現状では、すべて通販のみになるようで、少なくとも秋葉原などでは一切取り扱ってはいません。もしかすると、マニアな人が存在するお店で、ごく少数の個人輸入をしたものをアキバの店頭に出品している可能性はあるかもしれないけど、今んところは、まず秋葉原などでは入手不可能のハズです。

EFiXの入手先は、現時点で、EFiX公式ウェブサイトにある3店舗EFiX公式ウェブサイトには、Mueller & Mueller Services(スイス)、EFiX USA LLC(アメリカ)、Advanced Effects Club(ウクライナ)、Kalki Todo Computo(ペルー)(←はメアドのみ掲載)となっています。

一時期は、もっとたくさん購入先として掲載されていたんだけど、かなり減りました・・・いったい何があったんでしょーね。

で、じゃあ日本から購入するなら?と言うことになると、このEFiXの公式ウェブサイトに掲載されている購入先以外に、輸入代行を行っているインターネット通販と言うか、輸入代行業者さん、SZ Expressと言うお店があります。恐らくだけど、EFiXの公式ウェブサイトに掲載されている購入先から仕入れて販売しているのかなーと。。。

気をつけないのとイケナイのが、こちらのお店、日本語のウェブサイトですが、本体は、香港の会社で、あくまで輸入手続きの代行になります。従って、この会社が購入して、送り先を利用者にするため、EFiX自体は、どこか国外の仕入れ先からEMSやFedexなど国際小包で直接購入者に届くため、他の海外通販でも同様ですが、送料が、0g~500g未満の商品でも2771円と結構高めです。

んで、ココで1つ気になるのが、EFiXの公式ウェブサイトの購入先にある店舗で、最初のほうにも書いたけど、自分が過去2回、EFiXを購入したMueller & Mueller Services・・・ココから日本向けの出荷がなくなったように見えます。で、変わりに、日本向けにはEFiX USA LLCが担当するようになったのかなと言う感じ。

現在、Mueller & Mueller Servicesでは、スイス郵便とTNT Expressでの国際宅配の2種類の配送方法が用意されているんだけど、どちらの配送業者を使った場合も、日本への出荷については"No Shipping"となっています。なんで、現在は、日本への出荷はできない模様・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

で、少し前までは、工事中みたいな感じだったんだけど、日本向けの販売担当になったEFiX USA LLCのほうが本格的に稼働し始めているよーです。こちらは、数日前まで、EFiX USB V1の購入ページが、アメリカ国内向けとアメリカ国外向けの2種類あったんだけど、今は、統合されてますねー。

あと、Mueller & Mueller ServicesではUSAも"No Shipping"となっているので、EFiXの公式ウェブサイトにある3店舗で管轄する地域を区分けしてるのかなーと勝手に予測してます。Korea Southの欄を見ると17.50ユーロと表記があるので、韓国には出荷できるので特にアジア圏がダメというわけでもなさそう。

EFiX USA LLCのトップページにFREE SHIPPING TO USA ONLY!と記載があるんだけど、EFiXを購入する際、決済手続きの完了する直前まできても支払額の部分に送料の額がプラスされないのはなんでだろー。あ、ちなみに、この通販サイトでは、支払いにクレジットカードとPayPalが利用できるとありますが、日本からEFiXを注文する際は、どうもPayPalしか使えないようです。

んで、そうなると・・・Mueller & Mueller Servicesは、日本向けの販売停止、残りのペルーとウクライナのお店・・・ペルーのお店はメールアドレスオンリーなのでパス、でウクライナのお店はのっけからロシア語のサイトなので読解不能wwww

日本で購入しようと思うと、輸入代行のお店か、EFiX USA LLCのみとなってしまいそうですねー。あとは、以前にあった不定期で開催される共同購入あたりですかね・・・共同購入は、EFiXの開発元に連絡の取れる方が直接買い付けに出かけて、共同購入者の元へお届けするみたいです。

あとは、壊れたときのために予備を購入してる人が、ヤフオクあたりに流すのを待つか・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。かく言う、私も1度EFiXを壊した苦い経験から、2個購入してありますが、なんとなく、また壊しそうな自信があるので、これは、流れないだろーなー。・゚・(ノ∀`)・゚・。






インテル
おすすめ平均:
買い得感が非常に高い
powerd by Amazon360

2008年11月 5日 (水)

PSPにカスタムファームウェア(CFW)を導入するとは?(BlogPet)

まいおいの「PSPにカスタムファームウェア(CFW)を導入するとは?」のまねしてかいてみるね

さて、改めてPSPをパンドラ化すると言う行為をパンドラ化すると言う行為をパンドラ化すると言う行為を実行すると言う行為をパンドラ化すると言う行為を実行すると言う行為をパンドラ化する前に、もう一度、もう一度、改めてPSPをパンドラ化すると言う行為を実行すると言う行為を実行する前に、改めてPSPをパンドラ化する前に、もう一度、もう一度、改めてPSPを実行する前に、改めてPSPをパンドラ化すると言う行為をパンドラ化すると言う行為を実行する前に、改めてPSPを実行すると言う行為をパンドラ化する前に、もう一度、もう一度、作業内...

*このエントリは、ブログペットの「超ニャース1号」が書きました。

2008年11月 4日 (火)

PSPにカスタムファームウェア(CFW)を導入するとは?

Psp_cfw06s




さて、改めて"PSPをパンドラ化する"と言う行為を実行する前に、もう一度、作業内容やそもそもの"パンドラ化する"と言った内容の整理を・・・

PSPにカスタムファームウェア(CFW)を導入するための情報サイト等などに頻繁に出てくる用語として"パンドラ"、"JigKickバッテリー"もしくは"パンドラバッテリー"また"マジックメモリースティック(MMS)"または"マジメモ"等の用語があります。

PSPにカスタムファームウェアを導入する行為を総じて"パンドラ化"なんて呼んだりされることもあるようです。コレは何を意味するのは、最初はサッパリわかりませんでした┐(;´∀`)┌

Psp_cfw05sで、要約すると次のようになるそーです。サービスモードに入るための特殊なブートROMが入ったバッテリーを"パンドラバッテリー"または、この特殊なバッテリーと、PSP本来のファームウェアに置き換えるカスタムファームウェアが入ったメモリースティックである"マジックメモリースティック(MMS)"の両方を合わせてパンドラバッテリーと呼称されるようです。

サービスモードに入るための特殊なブートROMが入った"バッテリー"により、サービスモードで起動したPSPに、インストールすべきカスタムファームウェアが入った"メモリースティック"を利用することでカスタムファームウェアが入ったPSPができあがるってことですネ(´∀`)

で、通常の純正バッテリーもパンドラ化ツールにより、サービスモードに入るための特殊なブートROMを書き換えることも"パンドラ化"と呼ばれることもあるそうですが、PSPにカスタムファームウェアを入れることを"パンドラ化する"と呼称しても、だいたい意味は通るみたいです。

で、今回は、周りにカスタムファームウェア導入済みのPSPがなく、PSP-2000に対して新規にカスタムファームウェアを導入することなります。Amazon、Yahoo!オークションなどでTOOLバッテリーやパンドラバッテリー等の商品名で販売されている、サービスモードに入るための特殊なブートROM入りのバッテリーを購入し、導入すべきカスタムファームウェアの入ったメモリースティックを自分で作ります。

マジックメモリースティックを作るというのは、サービスモード起動したPSP上で、ファームウェアを書き換える際に必要なファイルを、ファームウェアアップデート時に正しく認識できるディレクトリに配置したりする行為です。

Psp_cfw04sやっとこの辺まできて、"PSPをパンドラ化する"または"PSPにカスタムファームウェア(CFW)を導入する"と言う言葉の意味を理解できたところで、実際の作業をざっと見ると、前回にも書いたとおり、TOOLバッテリーは購入済みなので、後は自分でマジックメモリースティックを作り、そのマジックメモリースティックをPSPに挿入、サービスモードで起動し、カスタムファームウェアをインストールすると言うことになります。

カスタムファームウェアは"カスタム"の名の通り、本来提供されているファームウェアに手を加える、カスタムすることで色々便利に使ってしまおうと言う、カスタマイズされたファームウェアです。

なので、ベースとなるのは、当然本物のファームウェアです。で、コレにカスタムするための変更要素の入ったファイルを混ぜ合わせ、あとはファームウェアアップデートを行うことで、PSPにカスタムファームウェアを導入することができるのです。コレってある意味iPod touchのjailbreakと方法論は一緒ですよね(´∀`)

PSP本来のファームウェアは、カスタムファームウェア対策や、新機能の提供等に合わせてどんどんバージョンアップしています。んで、そのバージョンアップにあわせて、カスタムファームウェアもバージョンアップを続けています。

一番はじめにカスタムファームウェアを導入するまでは、一苦労だけど、一度カスタムファームウェアを導入してしまうと、カスタムファームウェアのバージョンアップは楽ちんです。

古いカスタムファームウェアでは、通信対戦やWi-Fiを利用しての協力プレイなどができない不具合がある、または、制限のあるものがあったそーですが、最近のカスタムファームウェアでは、そのへんの不具合も解消されて、通常のファームウェアの機能、PSP本来の機能は問題なく使えるようです。

CFWは3.xx系を利用している人も多いようですが、一番最新の純正ファームウェアは5.01で、それに対しカスタムファームウェアは、5.00のリリース3が最新となっており、ほとんど差はありませんし、PlayStation Store等も利用できます。

で、カスタムファームウェアの入ったマジックメモリースティックを作成することは、パソコンがあり、インターネット回線があり、ちょっとDOSプロンプトでの作業ができるなら、ほとんど問題なくできるようです(´∀`)

ただし、当然ながら作業には、いくつかの前提条件や注意事項があります。それらをきちんと知り、また、注意をしないと真っ黒な画面しか表示されないPSPができあがったり、また、ただの文鎮になったPSPができあがるわけで・・・iPod touchのjailbreakもそーですが、つまりは「Own your Risk」「自己責任」でってことですネー。・゚・(ノ∀`)・゚・。






ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
4000?
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
良い機能満載
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
初PSP
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー
2008-03-08
おすすめ平均:
価格のことさえなければ大満足
ソニー
2008-04-19
おすすめ平均:
まぁ、満足です。
ソニー
2008-04-19
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

2008年11月 3日 (月)

PSP-3000が出たのでPSP-2000をもらってみた(´∀`)

Psp_cfw03s知人のTepさんがPSP-3000を購入したのを機に、それまでTepさんが所持していたPSP−2000を譲っていただきました(´∀`)!・・・と言うか、実質うちのデジカメと交換のよーでしたが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

iPod touchでのjailbreakで味をしめてしまったのか、PSP-2000もハックしてみよーということでっ!ほんとに今更ですが、さっそく、カスタムファームウェアの導入を試してみました。

が、実は、カスタムファームウェアを導入するまでには、実にややこしい問題に直面することになりました。PSPのカスタムファームウェア導入についてのお告げを聞くために、ぐーぐるせんせーにお願いしてみました(´∀`)!

で・・・すぐにカスタムファームウェアの導入に関する情報サイトがたくさん引っかかったんだけど、ほっとんどどのサイトの解説でも、カスタムファームウェアを導入するには、カスタムファームウェア導入済みのPSPが必要だと書かれています┐(´д`)┌

(;´Д`)えー?じゃあ、カスタムファームウェア導入済みのPSPがない人はどーすんのよ?ってことでいろいろ調べたんだけど、カスタムファームウェア導入済みのPSPがあることが前提での説明が多い・・・

たまーに、コレは!と思ったサイトにある通りにやってもなかなかうまくいかないと思ったら・・・カスタムファームウェア導入済みのPSPあるものとして書かれているサイトだったり。・゚・(ノ∀`)・゚・。

いろいろ調べていくうちに、どうやら、カスタムファームウェア導入済みのPSPがない人が、新規にPSPにカスタムファームウェアを導入するには、選べる方法はほとんど1つしかないことがわかりました。

そもそも、このカスタムファームウェアの導入のための根幹にある技術は、ソニーのカスタマーサービスで、PSPをメンテナンスモードで起動するために、メンテナンスブート用のROMが入った特殊なバッテリーを利用している、との情報がネットに流通したことが始まりらしいんです。

んで、じゃあ、その特殊なブート用ROMが入ったバッテリーさえあれば、カスタマイズしたファームウェアを導入することができるんじゃね?ってことで、ロシアだかドイツだかのヒトがやってみたらうまくいきましたってことだそーです(ごめん経緯はよく調べてないwwww)。

Psp_cfw02sで、その特殊なバッテリーってのは、通常のバッテリーにあるブート用のROMの一部書き換えることでも可能みたいなんだけど、そのメンテナンスモードにはいるためのブート用ROMのイメージを取り出すために、カスタムファームウェア導入済みのPSPが必要ってことらしいんです(で、あってる?)。

・・・で、元にもどってまたは、カスタムファームウェア導入済みのPSPがない、それができない人のために、メンテナンスブート用のROMが入った特殊なバッテリーが出回っており、普通にAmazonなんかにふつーに売ってます。

私の場合も、ご多分に漏れず、特殊なバッテリー、通称、パンドラバッテリーを購入することになりました。1980円~4980円程度のものまで、多少値段のバラつきがあるけど、まぁ、目が飛び出るような値段のシロモノでもないし・・・ネ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Psp_cfw01s事前にどれがいいかとかの基準となる情報はなかっんだけど、なんとなくコレにしました。PSP-1000は今更入手することはないし、周りにもユーザがいないのし、PSP-2000専用のTOOLバッテリー・・・2in1の意味は、どうやら、JigKickバッテリーとしても使えるし、通常のバッテリーとしても使えるので"2in1"なよーです。

んで、コレにしたもう1つの理由が、バッテリーってーと、ソニー純正品もよく問題だしてるけどwwwそれ以上に色々信頼性に問題がありそうなので、多少、高いのにしたら、もしかしたら信頼性が少しだけ・・・ほんの少しだけあがるかもしれん(脳内妄想)と思い、ほかに安いのあったけどコレにしました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ま、結論から言えば正解だったんですけどネ(´∀`)






ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
4000?
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
良い機能満載
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
初PSP
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー
2008-03-08
おすすめ平均:
価格のことさえなければ大満足
ソニー
2008-04-19
おすすめ平均:
まぁ、満足です。
ソニー
2008-04-19
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

2008年11月 1日 (土)

【ZiPhoneとPwnageTool/QuickPwn】vs【InstallerとCydia】

Jailbreak202quickpwnrc3_05




しばらくEFiXネタが続いていたので、一息いれたところで、ひさびさのiPod touchネタでっちゅーことで・・・(;´∀`)

7月の中頃に、iPod touch 32GBを購入し、ちょっとばかし、時代の波に乗り遅れ、ヒトより半年くらい遅れてJailbreakブームが到来してた、まいおいさんです、こんにちは。

ipod touchが出てから間もなくは、iPod touchで利用できる便利ツールの代表格であったメールやSafari、Googleマップなど、iTunes Storeで1000円ちょい出せば手にはいるので、無理してJailbreakは、あまり必要ないと認識していました。

しかし、その裏で、iPod touch/iPhoneのコアユーザは達は、ハックにハックを重ね、それら頑張った人たちの手により、急速に便利アプリが増え、少し前までは、FW1.1.4の頃が、一番、アプリが充実したと言うヒト、また、頑なにバージョンアップをわざとしないヒトもけっこーいました。

で、いまさらなんだけど、ちょっとばかし、iPod touch/iPhoneのJailbreakで、一番のキモとなるインストーラーアプリ、または、パッケージマネージャについて、調べてみました。

ipod touch/iPhoneのJailbreakにおいて、初期といっても1.1.2、1.1.3、1.1.4の頃は、インストーラーアプリ、もしくはパッケージマネージャは、ripdev.orgのBSD Subsystemを元としたInstallerが、大きな地位を占めていたよーです。

その後、Jay Freemanのチーム、いわゆるsaurikが提供し始めたdebian、aptペースのインストーラーアプリがメジャーとなっているようで。。。これは、Installerで提供されていたBSD Subsystemに結構致命的な不具合があったことを含め、いくつの原因があるそうです。

これらの逆転劇は、BSD Subsystemの不具合の他に、debian+aptでインストーラーアプリ、パッケージマネージャを運用した場合、現在、世の中に多数存在するLinuxアプリケーションの資産が利用しやすくなる、また、開発者の裾野も広くなると言ったことがあったんじゃないかなーと邪推しています(;´∀`)

あとは、Jailbreakツールの持つ安全性のようなものにも影響されたのではと思っています・・・当時、Jailbreakツールとしては、有名どころとして、特定のURLのアクセスする方法、ZiPhoneを利用する方法、PwnageToolを利用する方法あたりがメジャーだったみたいです。

標準でそれら、Jailbreakツールで提供されているインストーラーアプリが違っています。ZiPhoneでJailbreakした際にデフォルトで入るパッケージマネージャがInstaller、それに対しPwnageToolでJailbreakした際にデフォルトで入るパッケージマネージャはCydiaだったんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ZiPhoneでは、バグを利用し、iPod touch/iPhoneのBoot領域を改変してしまう方式で、jailbreakするため、なんらかjailbreakの途中で失敗した場合、永久的にiPod touchもしくは、iPhoneを起動できなくなる場合もあるそうで((((;゚Д゚)))

しかも、将来的にアップルがアップデートにより、このブートローダのバグを改修した場合において、ZiPhone方式でのjailbreakは、不可能になる、そして、iPod touch/iPhoneがまともに動作しなくなる恐れがあるとのことが分かったそーです((((;゚Д゚)))

ヲイイ!!wwwwwちょwwwwwJailbreakにZiphone使っちまったよwwwww

一方、それに対し、PwnageToolやQuickPwnでは、iPod touch/iPhoneのソフトウェアアップデーで、ファームウェアがアップグレードする度に、Appleが提供しているファームウェアをカスタマイズ、Appleが提供する通常のソフトウェアアップデートまたはファームウェアのアップデートの方法とまったく同じ方法を利用して、Jailbreakをするため、それらの危険性がなく、アップルのアップデートにも影響されずに済むそうですヨ。

で、そのPwnageToolの・・・現在では、QuickPwnの優位性、安全性みたいなものがネットの情報で流れいたのも原因なのかもしれないかなーと・・・(;´∀`)

なんにせよ、現時点では、ZiPhoneは、3.0が出ていますが、私の場合、ソフトウェアアップデート2.0にして以降、ZiPhone 3.0のWindows版およびMac版両方を試しましたが、いずれでもjailbreakできなかったので、この時点からPwnageToolに・・・ZiPhoneのほうは、しばらく音沙汰がなくなっているので、今後は、Cydiaの一択になるのかなー。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン