2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXなMacでBluetoothでA2DP+AVRCPなサウンド環境を設定してみる(その2) | トップページ | 仕事納め de Fire(;´∀`) »

2008年12月25日 (木)

EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTを利用するためのEFiXドライバインストール方法(Windows Vista編)

EFiXの記事の中で何度かお伝えしてきましたが、EFiXでファームウェアアップデートを行う場合、Windows版EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTが、EFiXを認識するためには、一風変わった方法でドライバを当てる必要があります。

今回は、Windows Vista環境下におけるWindows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTを利用するためのEFiXのドライバの当て方の紹介です(´∀`)

なぜ、わざわざドライバの当て方を紹介するかというと、普段、Windowsで周辺機器などを利用する際、一般に行うドライバの当て方をすると、一見正常にドライバが当たったように見えるんだけど、Windows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTがEFiXを認識しないからなんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

※以下の作業は、Windows Vista上の管理者権限のあるユーザで行います。

1.まず以下のURLからWindows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENT - V 1.1をダウンロードし、適当なドライブ、適当なディレクトリに解凍します。
http://www.efi-x.com/ejdhnwwk/EFiXUpdaterSetup.zip

Efix_driver_inst012.コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→デバイスマネージャ、もしくは、コンピュータ選択→右クリックでプロパティ→デバイスマネージャで、デバイスマネージャを開きます。

Efix_driver_inst023.デバイスマネージャ上では、EFiXのドライバを正しく当てる前の表示は、EFiXはユニバーサルシリアルバスコントローラ内にあり"USB大容量記憶装置"と表示されています。この状態では、EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTはEFiXを認識できません。

Efix_driver_inst034.もし"USB大容量記憶装置"が複数取り付けられており、どれがEFiXか分からない場合は"USB大容量記憶装置"を右クリックでプロパティを参照し"詳細タブ"のプロパティ値で"バス関係"を参照すると、"USBSTOR\Disk&Ven_EFiX&Prod_Booting_Device&Rev_1.0\000000000001..."と見えているのがEFiXになります。

Efix_driver_inst045.お目当てのEFiXな"USB大容量記憶装置"上で右クリックから"ドライバソフトウェアの更新(P)..."を選択します。




Efix_driver_inst056.「どのような方法でドライバソフトウェアを検索しますか?」の画面が表示されたら"コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します(R)"を選択します。


Efix_driver_inst06
7.この画面がキモとなる操作、通常だとすぐに「参照(R)...」ボタンをクリックしてドライバのあるディレクトリを指定してドライバを当てるのだけど、それではEFiXのドライバを当てることができません。"コンピュータ上のデバイスドライバの一覧から選択します"を選択します。

Efix_driver_inst07Efix_driver_inst088.「このハードウェアのためにインストールするデバイスを選択してください。」の画面で"ディスク使用(H)..."をクリックし、ここで初めて、EFiXのドライバが解凍されているディレクトリを指定します。EFiXのドライバは、Windows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENT - V 1.1を解凍しできたディレクトリの下の「drivers」と言うディレクトリにあります。

Efix_driver_inst09Efix_driver_inst10Efix_driver_inst119.ドライバの選択を行い"OK"ボタンをクリックすると「このハードウェアのためにインストールするデバイスを選択してください。」の画面に再び戻りますが「互換性のあるハードウェアの表示(C)」が"USB大容量記憶装置"から"EFiX"に変わっていることが分かります。これを確認して"次へ"をクリックします。

Efix_driver_inst1210.「ドライバソフトウェアの発行元を検証できません」と警告画面が出ますが"このドライバソフトウェアをインストールします(I)"をクリックしドライバのインストールを続行します。


Efix_driver_inst13Efix_driver_inst1411.そうすると、ドライバのインストールが始まります。「ドライバソフトウェアが正常に更新されました。」の画面が出た際に「このデバイスのドライバソフトウェアのインストールを終了しました:」の表示の下に"EFiX"と表示されていることを確認して"閉じる"をクリックします。

Efix_driver_inst1512.これでEFiXドライバの設定は完了です。最後に、デバイスマネージャ上での表示が変わっているはずなのでこちらも確認します。当初、EFiXは"ユニバーサルシリアルバスコントローラ"内の"USB大容量記憶装置"と認識されていましたが、正しくドライバが当たった状態なら、デバイスマネージャ上のルート直下に"EFiX Devices"と言う項目が追加され、その配下にEFiXと表示がされます。

逆に言うと、そのような見え方をしていない場合、EFiXのドライバが正しく当たっていないことになり、Windows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTは、EFiXを正しく認識できず、ファームウェアアップデートを行うことができない状態と言うことになります。

ちょっとふつーじゃないドライバの当て方ですが、結構な方がココで躓いていて、Windows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTでファームウェアアップデートができない、EFiXを認識せずWindows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTに何も表示されないと言った質問を見かけたので、こんなん作ってみました。

あ、Mac版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTは、EFiXをUSB変換ケーブルなんかでMacに挿してしまえば、そのまま認識してくれるので、そっちのが楽かもねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

« EFiXなMacでBluetoothでA2DP+AVRCPなサウンド環境を設定してみる(その2) | トップページ | 仕事納め de Fire(;´∀`) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« EFiXなMacでBluetoothでA2DP+AVRCPなサウンド環境を設定してみる(その2) | トップページ | 仕事納め de Fire(;´∀`) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン