2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXを分解(と言う名のただの破壊)してみた(;´Д`)その1 | トップページ | EFiXの分解(破壊)にみたEFiXの可能性と妄想 »

2008年12月 7日 (日)

EFiXを分解(と言う名のただの破壊)してみた(;´Д`)その2

EFiXの分解なお話その2・・・EFiXを分解した結果と、EFiXのコミュニティの中にあったEFiX開発元のお話から見えてきたEFiXの仕組みと実像の話です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Efixinst63sさて、前回は、EFiXの蓋をこじ開け、中身をみてビックリ・・・すべすべの硬化剤で、EFiXの中身全体がコーティングされていて、まったく真っ黒い固まりにしか見えないものの全貌を見るために、素人丸出しの分解してみたところです・・・(;´Д`)

で、結果は・・・まぁ・・・なんだ・・・コーティング剤の説明があるウェブサイトにあった"剥離・破壊・切断が困難"とあるが、破壊はできたぞっ。。。剥離もしたっ・・・違う意味で・・・(;´∀`)

そんなわけで、一番見たかったチップがテコの原理で、EFiXの基盤からテイクオフしてしまった訳ですが・・・これも基盤から剥離しただけで、チップ全体がコーティング材でしっかり覆い固められています。

Efixinst64sこれをすべて剥ぎ取らないとチップの表面が見られないと・・・必死に大きな固まりは、再びドライバで破壊・・・その後ある程度コーティング剤が剥がれたところで、サンドペーパーで研磨開始・・・研磨中・・・研磨中・・・研磨中・・・け、、、研・・・ま・・・ま゛・・・

あああああああああああ!?イライラするぅうううううううううううううう!!

無理です・・・ゴメンナサイ・・・あまりに不毛すぎる・・・全然ゴールが見えてこない・・・ソンナワケデ、ココロが折れたので、すっぱり諦めました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

で、結局、このまるでゴミのようなものを、ハードウェアなエンジニアの方にお送りしたんですが、その方から簡単な解析結果をご連絡いただきました(´∀`)!

Efixinst65sEFiXを構成しているものは、大きく見て2つのチップになります。1つは長方形のチップ、もう1つは正方形のチップ・・・逆に言うと、EFiXを構成している基盤上には、この2つのチップしか載っていないので、この2つのチップがEFiXそのものと言ってもいいかもしれません。

で・・・ご連絡を頂いた方によると、長方形のチップは8MB前後のフラッシュメモリで、正方形のチップは、STマイクロエレクトロニクス社のMCUであることが分かったそうです。MCUは、Micro Controller Unitの略で、1チップにROMやRAMなどのメモリ、I/O関連など多くの周辺機能を搭載しているCPUだそうです。

MCUは、特に組み込み用途などで利用されることが多いそうですが、このチップの中には、恐らく8ビット程度のCPUがあって、ROM、RAM、I/O回路があると言うことは、つまるところ、ミニマムサイズのコンピュータと同等なものと言ってもいい感じですねー。

正方形のチップが、MCUチップで、CPU、ROM、RAM、I/O制御ができて、長方形のチップが8MB前後のフラッシュメモリと言うことは、記憶装置がついている・・・確かに、もはや立派なコンピュータですねー。EFiXが、ただのWindows PCにMacOS Xをインストールするだけの秘密の小道具と言うわけにはいかないような気がしてきました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

にしても、やはり餅は餅屋・・・さすがです。・゚・(ノ∀`)・゚・。 情報を提供してくれた、ハードウェアなエンジニアの方、素人が分解してゴミみたいになったEFiXの解析結果をわざわざご連絡いただきありがとうございました!






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

« EFiXを分解(と言う名のただの破壊)してみた(;´Д`)その1 | トップページ | EFiXの分解(破壊)にみたEFiXの可能性と妄想 »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXを分解(と言う名のただの破壊)してみた(;´Д`)その2:

« EFiXを分解(と言う名のただの破壊)してみた(;´Д`)その1 | トップページ | EFiXの分解(破壊)にみたEFiXの可能性と妄想 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン