2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« audio-technicaからiPhone/iPod専用マイク付きヘッドホンアダプターAT335i(BK/WH) | トップページ | 自体(BlogPet) »

2008年12月20日 (土)

EFiX同梱のEFiX動作保証PC販売差し止め騒動

EFiX自体のアップデートのニュースなどは、特にニュースになりませんでしたが、Macクローンの販売となると話が別のようで、いくつかのIT情報系ニュースサイトで、EFiX USA LLCが行おうとしていた、EFiXで動作保証のあるパーツで組み上げたPCにEFiXを同梱して販売する、いわゆる「Macクローン販売」の差し止めに関する情報が取り上げられています。

最近EFiX USA LLCは、ちょっと怪しげな独自の展開を行っており、ハードウェア互換性リスト(HCL)の情報等もEFiXの公式では、保証していないパーツについて、動作保証アリとの記載を行ったり、ココにきて、Macクローンの販売を大々的に宣伝していました。

EFiX USA LLCのホームページには、EFiXを同梱したPCを販売することは、なんら問題ないとの拠り所となる、どなたかのコラム等を掲載し、EFiXを同梱した、EFiX USA LLCのオリジナルMacクローンの販売を推し進めようとしていた模様です。

現在は、そのコラムへのリンクも消され、EFiX同梱PCであるMacクローンの販売計画は中止となったとトップページに記載があります。EFiX同梱PCであるMacクローンの販売計画を差し止めたのは、EFiXの開発元であるArt Studios Entertainment Mediaで、同じ頃にEFiXのForumのほうにも以下の文面が掲載されています。

- ASEM will not certify or condone the creation and sales of so called "clones". Systems marketed as a cheaper alternative and/or compared to other brand's solutions will not be certified, and every commercial relation with the firm will be immediately interrupted.

- ASEM will not allow any manufacturer to sell systems with EFI-X module installed. ASEM is an independent firm that will not participate to the sale of a ready made machine with an EFI-X module installed.

※ASEMは、Art Studios Entertainment Mediaの略称

要約すると、Art Studios Entertainment Mediaは、EFiXを利用した、いかなるクローンの製造や販売も認めない、また、Art Studios Entertainment Mediaは、EFiXが同梱された状態での、PC等の販売をいかなるメーカーにも認めない、と言った内容です。

Macクローンまたは互換機で、最近話題になったPysterは、Open Computerの名を冠したMacクローンを発売開始後、現在では、和解協議に入ったとのことですが、Appleとの法廷闘争になだれ込み、また、WIRED VISON BLOGSによれば、同じくMacクローンを販売しようとしたOpen Techは、Macクローンの販売を宣言した1ヶ月後に操業停止+会社を売りに出したそーな。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ちなみに、世間一般でよくニュースとなるMacクローンとEFiXの違いは以下の感じ。

おおよそのMacクローンは、OSx86 Projectで見いだされたカーネルエクステンション(kext)にEFIエミュレータを組み込んだ、改造MacOS X 10.5 Leopardを作成することで、Macを動作させますが、普通にアップルソフトウェアアップデートなどを行うと、kextがオリジナルのモノに戻ってしまうため、バージョン縛りで利用する必要があります。

それに対しEFiXは、ブートセレクタを利用して、まったく改変されていないMacOS X 10.5 Leopardを起動するため、アップルソフトウェアアップデートを何も考えずに行うことができ、スマートさでは、EFiXっが一歩リードと言ったところ・・・と、言いたいところですが、そのために、ハードウェア互換リストに酷く縛りがあるのが玉に瑕というところでしょうねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

それから、SZ Expressに掲載されていた、今年10月末に行われたEFiXの開発元であるArt Studios Entertainment MediaのCEOのインタビューによれば、EFiXの将来のロードマップとしては、ファームのアップデートなどで現状の改良はされるが、残念ながらノートパソコン用のEFiXは期待できないとの話。

これは"技術的な問題"ではなく、"政治的な問題"で、アップルが注力しているノート製品の分野にEFiXを投入するとアップルと正面衝突する可能性があり、アップルがあまり力をいれていないデスクトップ分野で勝負をしているとのこと。

あえてノートというところだと、アップルが参入をしないと明言しているネットブックや低価格ミニノートPC等の限定した分野なら可能性がありそーだと言うことです。このことについては、件のEFiX USA LLCほうに掲載されているインタビューにも同じようなコトをが記載されています。

また、Forumのほうにも、EFiXはノートPCサポートを行わないと言った文面がEFiXの開発元から投稿されています。

- ASEM will not agree to support portable laptop computers.

当初、ノート用のEFiXという製品情報もあったけど、ハッキリとノートで動作するEFiXの投入はない、と明言したということで、Appleとの闘争を避けるための路線変更を行ったものと思われますねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« audio-technicaからiPhone/iPod専用マイク付きヘッドホンアダプターAT335i(BK/WH) | トップページ | 自体(BlogPet) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

ちょっと汚い言葉でかせていただきますが、

いやーアホですねー、EFiX USA LLC。
そもそもあちらさんの法律でも、
解釈次第で潰すか、事実上潰れるに等しいダメージをAppleは与えることができて、
それがわかってるから開発元はノート向けの動作と対応を否定してるのに
その距離感を維持して共存しようって意思がよめないんですかね?

これで開発元まで巻き込まれなければいいんですが、、、


失礼な話ですが正直なところ、私はマイルストーンアップデートはバッくれるのではないかと思ってました。
当初予定の10月期のアップデートは結局かなり遅れましたし(開発者向けの)10.5.6についての不適応のアナウンスもありました。
その時期には私もフォーラムにも"打つ手がないのでは?"という空気が流れていたことは事実です。
結果としては不安定になっている事実はあるにせよ、EFI-Xのプロジェクトはゆっくりと進行しています。

それもこれもひいてはそこそこ安定した環境で合法の範囲でOSXを通常のWindwosマシンで動かしたいという好奇心に支えられている部分も大きな要素であって、
それを勘違いして純粋に利益利用しようとすればAppleとぶつかるに決まってると思うんですが…

少しはそういう距離感もわかって欲しいですね。

微妙な関係だからこそ、一定の距離感を必要とするもんです。

ののさま、おいでやす(´∀`)!

ASEMは機微に敏感なようで、ノート対応のEFiXは出さないと、当初のロードマップを変更したりと、Appleとの距離感や今後の戦略なんかをしっかり見極めてから鼓動しているのかもしれませんねー。

逆に、単なる販売チャネルであるEFiX USA LLCは、それこそコレはビックビジネスのチャンスだ!と思ったのかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今のところ順風満帆というところまではいきませんが着実に進化していると言ったところで、水を差すような事件は起きて欲しくないと言うのが、正直なユーザの感想かもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

いつも参考にさせていただいてます。

内蔵で使っていたEFIXがすぐに認識しなくなるので、自作ケーブルで外付け化した後、USB切替器で2台のPCから立ち上がるようにしました。

EFIXは一度立ち上がってしまうと全くアクセスされなくなるので、複数のPCから同時に立ち上げることが出来ますね。動作の検証や確認に使うことができて、便利ですよ~。(ハブのバスパワーでは動作しませんでしたが‥)

今後も更新楽しみにしてます。
可能な限り?頑張ってください!

ししがみさま、おいでやす!(´∀`)

USB切換器での利用という発想はなかったので、コメントを見て、目から鱗が落ちましたw

残念ながらうちには、EFiX適合マシンが1台しかありませんでしたので、その発想イタタキ!と言う訳にもいきませんが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

確かに起動時にブートセレクタとして存在していればいいだけですねー、ただスリープ復帰時や終了時あたりは戻しておいたほうが無難かもしれません(;´∀`)

12月入ってから、土日や祝日の出勤が続いていまして、なかなか毎日更新という訳にはいきませんが、できる限り更新をしていきたいと思っています・・・

もっとも、最近EFiXネタがたまたま続いてましたが、結構雑食なブログなので、全然関係ないネタも多数ありますが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あちゃ~、終了時も何も考えずに切替で外したまま終了してました。

ちなみに当方のEFIXでは、2台あるPCのどちら共、ブートセレクターからのWindows起動ができません。

しょうがないので、起動時にF12押してブートデバイスを選択することが日課になりました^^;

これさえなければ、ほぼ完璧な「EFIX」なのですがね。。。

※私も同じく土日祝、昼夜問わずの勤務ですので、お気持ちは痛いほどです!

ししがみさま、こんばんみ。

少し前にEFiXのコミュのほうで、Windowsのディスクが先頭にないと、うまくブートできないと言う話があったのを見かけた気がします。

あと、Windows VistaとMacOS Xとのデュアルブートはうまく行くが、Windows XPとMacOS Xのデュアルブートはどうもダメらしいとの話もあった気がシマス・・・

もしこの両方に当てはまらない場合は、何か別の原因ですかねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiX同梱のEFiX動作保証PC販売差し止め騒動:

« audio-technicaからiPhone/iPod専用マイク付きヘッドホンアダプターAT335i(BK/WH) | トップページ | 自体(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン