2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXのX58チップセットマザーとCore i7対応状況について(続報) | トップページ | 日本EFiXユーザオフィシャルミーティング »

2009年1月28日 (水)

デルの24インチTFT液晶ディスプレイ2408WFPを買ってみた(その1)

2408fpw01EFiXなマシンでもあるメインで利用しているPCである、X48チップセット、Core 2 Quadなパソコン工房製のショップブランドPCを購入した際に、モニタにはBenQのFP222WHを使っていました。んで、少し前の話しになりますが、デルのデジタルハイエンドシリーズ2408WFPワイドスクリーンフラットパネルモニタ2枚で、マルチモニタ環境に変えてみました。

それ以前にメインPCとして使っていたXPS600では20インチの、仕事場では17インチのマルチモニタ環境を利用していたせいがあってか、22インチで解像度1680×1050環境でも問題はなかったのですが、やっぱり、なんとなく使い慣れているマルチモニタ環境のが(・∀・)イイ!!と、以前から、手頃なディスプレイがないかと探していました。

XPS600の20インチなマルチモニタ環境を移設して使おうかなとも思ったんだけど、ワイドじゃない4:3の解像度1600×1200が2枚の環境で、20インチモニタでの解像度1600×1200は、ネットで調べ物しながら、オフィス系ソフトを利用したり、色々メモを見ながら、資料を作ったりするにはもちろん便利なんだけど、ブラウザの文字がかなり小さかったり、ちょっと見辛いなぁと。。。

ウォン安で、値段がかなり下がってきている韓国系企業のモニタあたりにしてしまおうかとも思いましたが、そんな折、デルの法人向けキャンペーンで、インターフェースがたくさん対応していたり、チルト機能があったりする、ちょっと機能高めのデルの2408WFPが、5万弱と4万円弱の値引きされた状態値段で販売されていて、思わず飛びつきました。

デルの法人販売は、在宅SOHO環境で仕事している人を含め個人事業主等でも購入することができるため、こういう言い方をすると身も蓋もありませんが、極論すると誰でも利用することができます。ただし、1点だけ注意なのは、法人向け販売されている機器は、リサイクルマークが付いていない場合が多いので、機器の処分時に別途、数千円程度の費用がかかります。

その費用をさっ引いても、当時のキャンペーンはお得だったので、飛びついた訳なんですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

24インチワイドの液晶、売れ筋商品の中心価格は、おおよそ3万前後、それに対し、デルの2408WFPは、実勢価格でいくと、ごく短い時期のキャンペーン期間を除けば、9万前後と、若干高く思えますが、これは、1つの理由として液晶のパネルがVAであることに起因します。売れ筋の低価格液晶は、いずれもTN液晶で、現在、市場に出回っている液晶モニタは、その大多数がTNパネルの液晶だと言ってもいいかもしれません。

現在、市販されている液晶モニタは、主に大別すると、次の3つのパネルが利用されています。1つはTNパネル、1つはVAパネル、1つはIPSパネルで、これらは、液晶を光らせる仕組みがそれぞれ違うもので、パネルの単価は、TN→VA→IPSの順で高くなります。

パソコン用の液晶モニタとしてIPSパネルを採用しているのは、ごく僅か・・・VAパネルは、そこそこ、といった感じ・・・特にIPSパネルを採用している液晶などは、現行、流通品のデル製品で行くとデルデジタルハイエンド3008WFPと言う、30インチ、解像度2560×1600の、そこらの売れ筋液晶テレビと変わらない大きさの液晶モニタのみ。

また他に、NECの液晶ディスプレイの中でもプロフェッショナルモデルに位置づけられているシリーズ中でMultiSync LCD2690WUXi2/LCD2690WUXi2-BKや、三菱のDiamondcrysta WIDE RDT261WH/RDT261WH(BK)あたりになり、価格も、15万前後あたりで多少ばらつきはあるものの、売れ筋の24インチモニタの価格からすると、4倍強の差額があります((((;゚Д゚)))

んで、よく言われるのは、TNパネルは安かろう悪かろうだと耳にしますが、自分は、正直、TN液晶見ても、VA液晶みても、それほど違いがほとんどわかりません・・・┐(゚~゚)┌各パネル毎に、液晶方式の特性から、表示するものについて、得意分野、不得意分野などが存在しますが、そのへんの違いについての詳細は、様々なサイトで解説されているので割愛します・・・(;´∀`)

確かに、ワイドのひろめの液晶を使っていると、少し視点を左右に振ったときや、ちょっと席に座ったまま手を伸ばしている時など、ディスプレイの正面からちょっとでも外れた場所からTNパネルの液晶を見てみると、一部、液晶に表示される色が反転気味になっていたり、さらにもう少し離れてしまうと、見る角度によって、ほとんど見えなくなっている部分が出てきます。

VAパネルとIPSパネルはそのへんのいわゆるTNパネルの"視野角"の問題や、TNパネルに比べて比較的"適正な色"で表示することができる液晶だと言われていますが・・・最近のTNパネルは、だいぶ良くなってきているなんて話も聞きますし・・・それに、普段、席について正面からモニタを見る分には、個人的な感想だけど、あんまり違いがわからないんですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

また、つらつらと書いてたら長くなったので、続きは、その2で。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« EFiXのX58チップセットマザーとCore i7対応状況について(続報) | トップページ | 日本EFiXユーザオフィシャルミーティング »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デルの24インチTFT液晶ディスプレイ2408WFPを買ってみた(その1):

« EFiXのX58チップセットマザーとCore i7対応状況について(続報) | トップページ | 日本EFiXユーザオフィシャルミーティング »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン