2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 関連(BlogPet) | トップページ | EFiXを利用してPCにMacOS X Leopardをインストールするためのポイント »

2009年1月 4日 (日)

EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTを利用するためのEFiXドライバインストール方法(Windows XP編)

前回のWindows Vista編に続いて、今回は、Windows XP環境下におけるWindows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTを利用するためのEFiXのドライバの当て方の紹介です(´∀`)

※以下の作業は、Windows XP上のAdministrator権限のあるユーザで行います。

1.まず以下のURLからWindows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENT - V 1.1をダウンロードし、適当なドライブ、適当なディレクトリに解凍します。
http://www.efi-x.com/ejdhnwwk/EFiXUpdaterSetup.zip

Efix_driver_inst162.コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→システム→ハードウェア→デバイスマネージャ、もしくは、マイコンピュータ選択→右クリックでプロパティ→ハードウェア→デバイスマネージャで、デバイスマネージャを開きます。

Efix_driver_inst173.デバイスマネージャ上では、EFiXのドライバを正しく当てる前の表示は、EFiXはUSB(Universal Serial Bus)コントローラ内にあり"USB大容量記憶装置"と表示されています。この状態では、EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTはEFiXを認識できません。

Efix_driver_inst184.もし"USB大容量記憶装置"が複数取り付けられており、どれがEFiXか分からない場合は"USB大容量記憶装置"を右クリックでプロパティを参照し"詳細タブ"のプロパティ値で"バス関係"を参照すると、"USBSTOR\Disk&Ven_EFiX&Prod_Booting_Device&Rev_1.0 \000000000001&0"と見えているのがEFiXになります。

Efix_driver_inst195.お目当てのEFiXな"USB大容量記憶装置"上で右クリックから"ドライバの更新(P)..."を選択します。


Efix_driver_inst206.「ハードウェアの更新ウィザードの開始」画面で「ソフトウェアを検索のため、Windows Update に接続しますか?」の選択で"はい、今回のみ接続します(Y)"を選択し"次へ"をクリックします。

Efix_driver_inst217.「ハードウェアに付属のインストール CD または、フロッピーディスクがある場合は、挿入してください。」の問いで、"一覧または特定の場所からインストールする(詳細)(S)"を選択し"次へ"をクリックします。


Efix_driver_inst228.この「検索とインストールのオプションを選んでください。」の画面がキモとなる操作、通常だとすぐに「参照(R)」ボタンをクリックしてドライバのあるディレクトリを指定してドライバを当てるのだけど、それではEFiXのドライバを当てることができません。"検索しないで、インストールするドライバを選択する(D)"を選択し"次へ"をクリックします。

Efix_driver_inst23Efix_driver_inst249.「このハードウェアのためにインストールするデバイスを選択してください。」の画面で"ディスク使用(H)..."をクリックし、ここで初めて、EFiXのドライバが解凍されているディレクトリを指定します。EFiXのドライバは、Windows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENT - V 1.1を解凍しできたディレクトリの下の「drivers」と言うディレクトリにあります。

Efix_driver_inst25Efix_driver_inst26Efix_driver_inst2710.ドライバの選択を行い"OK"ボタンをクリックすると「このハードウェアのためにインストールするデバイスを選択してください。」の画面に再び戻りますが「互換性のあるハードウェアの表示(C)」が"USB大容量記憶装置"から"EFiX"に変わっていることが分かります。これを確認して"次へ"をクリックします。

Efix_driver_inst28Efix_driver_inst2911.ドライバのインストールが始まります。「ハードウェアの更新ウィザードの完了」の画面が出た際に「次のハードウェアのソフトウェアのインストールが完了しました:」の表示の下に"EFiX"と表示されていることを確認して"完了"をクリックします。

Efix_driver_inst3012.これでEFiXドライバの設定は完了です。最後に、デバイスマネージャ上での表示が変わっているはずなのでこちらも確認します。当初、EFiXは"USB(Universal Serial Bus)コントローラ"内の"USB大容量記憶装置"と認識されていましたが、正しくドライバが当たった状態なら、デバイスマネージャ上のルート直下に"EFiX Devices"と言う項目が追加され、その配下にEFiXと表示がされます。

Windows Vistaでの見え方同様、デバイスマネージャ上で"EFiX Devices"が見えない場合、EFiXのドライバが正しく当たっていないことになり、Windows版のEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTは、EFiXを正しく認識できず、ファームウェアアップデートを行うことができない状態と言うことになります。

ちなみに、コレはWindows XP、Windows Vistaに共通の話ですが、EFiXが動作可能なPC上でなくとも、EFiXのドライバはインストールできます。Windows上でEFiXのドライバをインストールすると言う行為は、"単にEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENT"を動作させるための行為であり、EFiXが動作することとはイコールではありません。

逆に言うと、Windowsのデバイスマネージャ上にEFiXが認識したとしても、EFiXの本来の機能であるMacOS X Leopardを動作させるためのブートセレクタとしての機能が動作するとは限らないので、そのへん注意が必要です。

EFiXの本来の機能は、WindowsなりMacOS XなりのOSが起動するよりも前の段階の機能であり、それらOSが起動してしまった後は、極端な話、EFiXを抜いてしまってもOSは問題なく動作します。

しかし、ファームウェアを更新するためのアプリケーションであるEFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTがWindowsアプリケーションなので、EFi-X FIRMWARE UPDATE CLIENTがEFiXを認識するために、Windows上でドライバをインストールする必要があると言うことなんですネ。・゚・(ノ∀`)・゚・。






おすすめ平均:
もうすぐマイナーアップデート
powerd by Amazon360

« 関連(BlogPet) | トップページ | EFiXを利用してPCにMacOS X Leopardをインストールするためのポイント »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 関連(BlogPet) | トップページ | EFiXを利用してPCにMacOS X Leopardをインストールするためのポイント »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン