2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXなWindowsとMacOS XでのGigabit環境におけるsmbファイル転送速度差について(その1) | トップページ | EFiXを安く購入するための検討(その1)(BlogPet) »

2009年1月16日 (金)

EFiXを安く購入するための検討(その1)

EFiXを日本で購入するには、微妙に高い、と言う方に。

まぁ、今後もホントに、以下に紹介する方法で購入できるかどうかは、保証の限りではないんですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

と言うのは、日本におけるEFiX入手のためにかかる費用がなかなかに上昇しています。私のEFiXは、いずれもMMSERVICESで、円高進行中の時期に購入しているので、17000円前後で入手していますが、以前、紹介しているように、現在、MMSERVICESは、日本向けのEFiXディストリビュータから外れてしまっています。

正式な日本向けのEFiXディストリビュータであるSZ Expressからの購入及び、SZ Expressの店頭販売コーナーを設けている秋葉原のヨシバムセンでの購入の場合、25000円弱となるため、おおよそ、MMSERVICESからの購入額に比べ、7000円~8000円の割高になってしまいます。

このまま、当初80ユーロ(当時の為替レート、日本円に換算すると約13000円)からスタートした、EFiXの価格は、特にアナウンスもないまま、ジリジリと値上がりしており、購入する側からすれば、納得のいくものではないし、どうしたものかとアタマを悩ませていたところ、日本向けのEFiXディストリビュータから外れてしまったMMSERVICESからEFiXを購入した方がいました・・・そんでもって、私も追加購入してみました・・・(;´∀`)

結論から言うと、恐らく、EFiX USA LLCから購入する場合もそうだと思いますが、EFiXの箱は非常に小さく、その配送には、配送料の安い、その国々の郵便局を利用することが多いので、日本向けの送料を選択した上でEFiXの購入を掛ければ、実は、日本向けのディストリビュータじゃないお店から購入することができてしまうのです。

EFiXが各国に対してディストリビュータを配置して、それぞれのディストリビュータが販売国を担当するのは、あくまで紳士協定的なものだと思われます。もちろん、担当国を越えて販売しまくるようなことをすれば、卸元のEFiX本家からの取引を停止させられてしまう可能性もありますが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Efix_how_to_buy02で・・・例えば、MMSERVICESから購入する場合は、EFiXの本体価格の他に、配送料をオーダーフォームのプルダウンで選択しますが、そのプルダウンは、どの国に向けて送るかを選択するプルダウンになっています。ただ、その実は、配送先の国を選ぶのではなく、SiwssPostもしくはTNT Expressを利用する際の、国別の配送料の選択になっているんですね。

大抵の国際宅配・国際郵便サービスは、世界を地域ごとに、いくつかのブロックに分けて、とあるブロック内では、どの国向けでも同一料金で、品物を届けてくれるようになっており、日本向けの送料と同じ額になる近隣の国を選択してあげると、機械的な処理をしているからなのか、それとも黙認しているかなのかは不明ですが、きちんと日本に向けてEFiXを出荷してくると言うわけです。

クレジットカードやPayPalで支払いを行う場合、当然、支払いは、購入国というか、お店指定の通貨で支払われるため、お店側からしてみれば、為替レートや購入する人がどうあれ、最終的には、きちんと、指定の小売り価格の金額を得られるので、黙認しいているだけかもしれませんが・・・

毎度のコトながら、ちょい長くなってしまったので、続きは、その2に。

追記(1/21):
MMSERVICESから、日本への発送はできなくなったようです。自分が注文した分についても、PayPalからの返金通知があれば、恐らく発送が中止になる可能性が出てきました。やはり、発送先国のチェックを行っているのでしょうか。。。

追記(1/24):
MMSERVICESから、以下の内容のメールが届きました。EFiXの開発元、つまりArt Studio Entertainment Mediaになると思いますが、そちらより、公式に日本に向けてのオンラインでの直販売の許可が降り、保証もちゃんと行うとのこと。 そんなわけで、日本からっでも、MMSERVICESにオーダーができるようになりました!

« EFiXなWindowsとMacOS XでのGigabit環境におけるsmbファイル転送速度差について(その1) | トップページ | EFiXを安く購入するための検討(その1)(BlogPet) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXを安く購入するための検討(その1):

« EFiXなWindowsとMacOS XでのGigabit環境におけるsmbファイル転送速度差について(その1) | トップページ | EFiXを安く購入するための検討(その1)(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン