2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« おい(BlogPet) | トップページ | EFiXの購入先と価格について(1/13時点まとめ) »

2009年1月11日 (日)

PSP-2000に新規にカスタムファームウェア(CFW)を導入するための覚え書き(その3)


【注意!】結構、前にまとめたモノなので情報が若干古いです。最新の情報は、PSP関連の情報サイト等を参照下さい。

まわりにカスタムファームウェア導入済みのPSPがない状態から、PSP-2000に新規にカスタムファームウェア(CFW)を導入するための覚え書きです。ココに記載されているカスタムファームウェア導入手順は、どのPSPにでも当てはまるものではないので、注意が必要です。

また、マジックメモリースティックの作成については、TOTALNewbi easyInstallerを利用しています。カスタムファームウェア導入では、作業当時、最新のCFW5.00 M33-3(現時点での最新は、CFW5.00 M33-4)にするのに、以下の【手順】の順番でアップデートしています。

現時点では、PC上でMMSを作成するのにグラフィカルインターフェースの"PSP Pandora Deluxe"や"Rain's Simple MMS Maker"なんかが楽ちんでしょうかね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

"PSP Pandora Deluxe"や"Rain's Simple MMS Maker"は使ったことがないので、あくまで私のPSP-2000に、TOTALNewbi easyInstallerでCFWを導入した際に利用した方法を記載しています。

【前提条件・導入環境】
カスタムファームウェア導入済みのPSPがない(その2で導入済み)

【用意するもの(概要)】
・PSPが壊れても泣かない覚悟(´∀`)
・CFW導入済みになったPSP-2000
・256MB以上のメモリースティックPro Duo
・USBケーブル
・公式の純正ファームウェア5.00
・カスタムファームウェアCFW 5.00 M33

用意するものの詳細と解説は、別の機会にまた・・・

今回は、3.の手順について記載しています。

1.TOTALNewbi easyInstallerでMMSを作成する【完了】
2.作成したMMSからCFW 3.71 M33を導入する【完了】
3.CFW 5.00 M33を導入する
4.CFW 5.00 M33-3にアップデートする

前回の作業で、ついにカスタムファームウェアの導入ができました。で、一度カスタムファームウェアを導入してしまうと、他のバージョンのカスタムファームウェアの導入が驚くほど簡単になります。

で、CFW 3.71 M33のままでも問題なく利用できるのだけど、せっかくなので、この時点で最新のカスタムファームウェアCFW 5.00 M33-3までアップデートしてみることにしました。作業の際に利用するメモリースティックは、新規にCFW 3.71 M33を導入するためにTOTALNewbi easyInstallerで作成したMMSを引き続き利用します。

【手順】
01.純正のファームウェア5.00とカスタムファームウェアCFW 5.00 M33をそれぞれ入手し、適当なディレクトリに解凍します。解凍をする前に、ダウンロードしたファイルに対しては、ウイルスチェックを忘れずに!

Cfw_inst2202.カスタムファームウェアである、5.00M33.rarを解凍すると、いくつかのディレクトリとファイルができあがりますが、必要なのはUPDATEと言うディレクトリのみです。カスタムファームウェアを解凍してできあがったUPDATEディレクトリの中には、EBOOT.PBPと言うファイルがあります。

Cfw_inst23Cfw_inst2403.公式の純正ファームウェア5.00であるPSP_500_FW_UPDATE.rarを解凍すると、中身のファイルは、EBOOT.PBPと言うファイル名になっているので、こちらを500.PBPにリネームして02.でカスタムファームウェアを解凍して、できたUPDATEディレクトリに放り込みます。500.PBPにリネームする前にUPDATEディレクトリ入れると、元々あったEBOOT.PBPを上書きしてしまいCFW 5.00 M33が導入できなくなるので注意です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Cfw_inst26Cfw_inst2504.PSPをUSBケーブルでパソコンと接続しUSBモードに切り換え、メモリースティック内にある/PSP/GAMEディレクトリの中に02.と03.で作ったUPDATEディレクトリを放り込みます。/PSP/GAME/UPDATEディレクトリの中には、EBOOT.PBPと500.PBPの2つのファイルがあることを確認します。

Cfw_inst27Cfw_inst2805.PSPとパソコンのUSB接続を終了し、PSPのクロスメディアバー(XMB)操作で、ゲーム→メモリースティックで○ボタンを押すと、PSPアップデート ver 5.00と見える(ただし、アイコンの左下に5.00 M33と赤字)ので、○ボタンでそれを選択します。

06.通常のPSPのファームウェアアップデートと同じ画面が表示され、PSPシステムソフトウェアアップデートバージョン5.00のバージョンアップを開始するかどうかの確認があるので、PSPの○ボタンを押すとバージョンアップが開始されます。

07.あとは終わりまで待ちます。6.でPSPシステムソフトウェアアップデートバージョン5.00のバージョンアップと画面表示されているけど、実はインストールされているのは、CFW 5.00 M33になります。

【CFW5.00 M33導入の概要(図説)】
Psp_cfw500_01Psp_cfw500_02Psp_cfw500_03








ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
4000?
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
良い機能満載
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2008-10-16
おすすめ平均:
初PSP
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2007-09-20
おすすめ平均:
最近購入しました。
ソニー
2008-03-08
おすすめ平均:
価格のことさえなければ大満足
ソニー
2008-04-19
おすすめ平均:
まぁ、満足です。
ソニー
2008-04-19
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

« おい(BlogPet) | トップページ | EFiXの購入先と価格について(1/13時点まとめ) »

PSP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« おい(BlogPet) | トップページ | EFiXの購入先と価格について(1/13時点まとめ) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン