2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXの購入先と価格について(2/5時点まとめ) | トップページ | 損害したかも(BlogPet) »

2009年2月 6日 (金)

デルの24インチTFT液晶ディスプレイ2408WFPを買ってみた(その3)

続いて、スペック以外で、2408WFPの表示機能なんかについて・・・

2408WFPの表示モードについては、全画面表示、Windows上の解像度を落とした状態での4:3や16:9のアスペクト比固定、またPSPをコンポーネントで接続して1:1のドットバイドット等は実際に試してみました。ただ、入力系によって若干利用できるモードに制限があるようです。

それから2408WFPには"簡易ではある"けども、液晶テレビなどにあるような子画面または2画面表示機能があります。メインで表示している入力系、私の場合は、DVI-D入力で映っている画面の中に、別の入力系の画面を、子画面または2画面での分割表示が可能となっています。

2408wfp06例えば、Windows VistaやMacOS Xの画面を表示しながら、子画面にS端子に接続したビデオレコーダや、ゲーム画面を出力したりできると言った機能です。ただ、これは、OSの機能ではなく、2408WFPの機能で実現しているため、子画面や2画面の細かな調整、例えば、子画面の表示位置を自分で調整したり等はできないようです。

2408wfp04左の絵は、2408WFPのボタン群です。一番右の光っているボタンは言わずもがな電源ボタン、その隣の"+"と"-"はメニュー操作時、選択項目で左右上下の項目移動時のボタン、また、輝度やRGB調節の数値変更時のボタンになります。

2408wfp05メニュー表示ボタンは、2408WFP設定メニューの表示ボタンでもあり、決定ボタンも兼ねています。んで、メニューボタンの左が、先ほども紹介したPIP/PBPと言われる子画面、2画面表示モードのためのボタンになります。

んで、最後、一番左側のの入力切り換えボタンで、DVIの1、DVIの2、HDMI等の入力を切り換えるボタンになります。切り換えボタンを押したときに、入力系の文字説明と、入力系のアイコンが、それぞれ画面上に表示され、わかりやすい作りになっていると思います。

あえて難点をあげるとすると、2408WFPの電源を含むボタンの感触がいただけません。というのは、ボタンを少し強めに押し込まないとボタン機能しないような気がします。わたしは、2408WFPのモニタの右下のベゼルについてボタンを押す操作するとき、モニタモニタパネルを手のひらで下から支えるような感じで、親指でボタン類を押します。

これは、人差し指などでボタンを押しに行くと、ボタンが堅く、かつ、VESAマウントが左右45度づつに回転するスタンドになっているため、ボタンが押される前に、モニタが左右に可動してしまうためです。結局、前述の通り、液晶パネルの下側を手で添えるように、親指以外の指で、液晶モニタの裏側を固定し、親指でボタンを押すという形になります。

ボタンの接点の作りが、軽い接触で動作する作りではなく、純粋な力による押し込みで接点に繋がるような、スイッチのような感じで、ボタンを押すたびに"ペチペチ"と結構大きな音が出て、非常に安っぽい感じです。

そんなわけで、ボタン周りについては、作りがとてもチープな感じがします。パネルやその他の機能、また"ハイエンド"の言葉を付けたなら、この辺もしっかり作ってもらいたい、と思う訳なのですよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さて・・・ホントにさらっと紹介してきました2408WFPですが、BenQのFP222WHからの入れ替えで使ってみて・・・豊富な入力系統でXbox360やPSPのゲーム画面にも、また、HDMI経由でをテレビの映像を2408WFPに出すこともでき、また、PIP/PBPのような意外な機能、個人的には、VESAスタンドの足のデザインなんかが気に入ってます。

冒頭で書いたとおり、TNとVAの液晶の違いがそれほど分かる訳ではありませんが、それでも、私見ですが、多少、端っこ端っこが中心付近や他の部分と同じ色で、また、全体的に見ても若干くっきりと綺麗にはなったような気はするし、わたし個人としては、現時点では満足行く買い物でした。

色々迷った液晶モニタの新調ですが、個人的には、VAだろうがIPSだろうがTNだろうが、結局、各人の"用途"、"予算"、"スペース"、"好み"等を考慮し、様々な商品を見たときに、その人が重きを置いた観点で見たメリット・デメリットなんかを見れば、それぞれが必要とするモノが変わってくると思うので、好みや、精神的なもの・・・ぶっちゃけると自己満足的なものも含め、好きなモノを買えばいいと思うのですよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんなわけで、2408WFPに関するお話は、コレにていったん〆ナリ。

« EFiXの購入先と価格について(2/5時点まとめ) | トップページ | 損害したかも(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デルの24インチTFT液晶ディスプレイ2408WFPを買ってみた(その3):

« EFiXの購入先と価格について(2/5時点まとめ) | トップページ | 損害したかも(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン