2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXとBonjourの不具合について | トップページ | コメント(BlogPet) »

2009年2月26日 (木)

EFiXなPCでTime Machineを動かしてみた

EFiXなマシンでTime Machine機能を使ってみました。一部、Bonjourが正常に動作しない関係上からEFiXなPCでTime Machineがうまく動作しない場合がありますが、内蔵または外付けハードディスクにTime Machineのバックアップ先ディスクを作ってしまえば確実に動作するかと思います。

私のEFiX環境では、eSATAで接続している外付けハードディスクにMacOS Xのインストール領域、それから、同じくeSATAで接続している別のディスクにTime Machineのバックアップ先を作っています。

このよーにTime Machineのバックアップ先領域を、MacOS Xが稼働しているマシンの内蔵または、外付けハードドライブに設定してしまえば、大抵は問題なく稼働してくれるハズです。

Time Machine自体の設定は、至って簡単、Time Machineアプリを始めて起動した場合、Time Machineの設定画面になります。あとは、Time Machineのバックアップ先を選択するだけです。ただし、バックアップ先のドライブは、GUIDパーティションなHFS+(MacOS 拡張(ジャーナリング))でフォーマットしておく必要がありそうなのかな?

Timemachineconfig01Time Machineのバックアップ先として、どのドライブを選択するかの画面ですが、見ての通り、Windowsで利用しているドライブはいずれも再フォーマットが必要と表示されており、選択することができません。唯一、HFS+(MacOS 拡張(ジャーナリング))で利用しているドライブが選択可能になっています。

設定が完了すると、あとは、120秒後にバックアップを開始します!のメッセージが表示され、バックアップが開始されます。最初は、フルバックアップのイメージなので、結構時間が掛かるようですネ。

Timemachineconfig02以降は、変更が行われた部分のみが定期的にバックアップされていくため、バックアップ時間はさほど掛からないハズです・・・と言うより、バックアップが走っていることは、通常、MacOS X利用ユーザには意識させずにいるため、MacOS Xをふつーに使っている間に、実は、定期的なバックアップは裏で終わってましたって感じなんですねぇ。

Ntbackup01ちょっと感心したのは、Time Machineでは、ファイル単位でバックアップが戻せること。Windowsユーザで、バックアップと言うと、OS標準では、システムの復元、ntbackupあたりが割と身近で利用するバックアップなんですが、どちらかと言うと、必要なファイルを自分の手でNASなり別のディスクにコピーしたり、CD-R、DVD-R等に焼いてしまうことのほうが多いです。

Ntbackup02Backupcenter01Backupcenter02Windowsの"システムの復元"は、OSのシステムの状態を元に戻す機能のため、ファイル単位でのバックアップ機能ではありません。んで、実際にファイル単位などでのバックアップと言うと、Windows XPまでだとntbuckup、Windows Vistaからは、バックアップと復元センターになるんだけど、こちらはウィザード形式で設定を行っていきますが、Time Machineに比べると、ちと直感的でないと個人的には思います。

TimemachineTime Machineでは、復元したいファイルをFinder上で表示させたら、DockバーからTime Machineアプリを起動、もしくは、Time Machineアプリを起動後、Time Machineアプリ内に表示されるFinderのSpotLight機能などで、対象のファイルを検索し、復元をすると言う操作になり、このへんの操作もよく考えられてるなーと思いました。

それに対して、先ほど少し引き合いに出した、システムの復元、例えば、MacOS X 10.5.6から10.5.5に戻す、または、Windows XP SP3からWindows XP SP2にするとかいった"システムバージョンの復元"のような機能では、Windowsのほうが若干優秀な気がします。

Systemrecovery01Systemrecovery02パッチや何かも当てるたびに復元ポイントを作っていってくるんで、とあるパッチで問題発生と言った時にOSを普通に起動している状態から復元を行うことができます。


Systemrecovery03逆にMacの場合、例えば、MacOS X 10.5.6をMacOS X 10.5.5に戻したいと言った場合、リテールのMacOS XのDVDから起動してディスクユーティリティから、Time Machineのバックアップイメージを選択して復元すると言う方法を利用するため、ちょっと手間と時間がかかるかな、と言うのが個人的な感想です。

もっとも、私の場合、Macについては、さわり初めてやっと1年になるかならないかの初心者もいいところなので、知らないだけかもしれませんが・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。






インテル
おすすめ平均:
買い得感が非常に高い
powerd by Amazon360

« EFiXとBonjourの不具合について | トップページ | コメント(BlogPet) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXなPCでTime Machineを動かしてみた:

« EFiXとBonjourの不具合について | トップページ | コメント(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン