2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その2) | トップページ | 隊長!Rio500が発掘されました! »

2009年3月12日 (木)

今後しばらくEFiXファームウェアアップデートサーバ断続的に停止の可能性

Update Server: Work in progress
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=2&t=2192

既に、Forumのアナウンスを見てご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、EFiXのファームウェアアップデートサーバが、不定期で、現在進行形で、もしかすると、頻繁に数分から数時間の長期に渡ってオフラインになる可能性があるとのことです。

去年末ぐらいからEFiXに関連するサーバ群のマイグレーションを行うとのことで、裏で少しずつサーバのアップグレードや分離を行ってきているようですが、大きな更改作業が入っているようです。

また、現時点では、サーバの更改作業の完了予定については、まったく立っていないとのこと(期日を明記しても予定を過ぎる可能性があり明確にしたくないようです)。

従って「とても重要な忠告」として、ファームウェアリセットを行う前に、必ずEFiXファームウェアアップデートサーバが動作しているか、一度、アップデートボタンを押して確認してから行うようにと記載があります。

EFiXファームウェアアップデートサーバが動作していない時に、ファームウェアリセットを行ってしまうと、ファームウェアのダウンロードと再インストールができないため、EFiXが使用不能になるからです。。。(;´Д`)

ソンナワケデ、しばらくの間、ファームウェアアップデート、また、ファームウェアリセットを行う場合は、慎重にサーバの状態を確認してから行った方がいいかもしれません。

アナウンスの冒頭で、我々のEFiXファームウェアアップデートサーバについて、ユーザの皆様には、しばし最大限のご辛抱をいただけるようお願いしたい、また、文中で、ユーザによりよいサービスを提供するため日々努力を欠かさずにいることをご理解頂きたいとのメッセージが掲載されています。

そのほかにも頻繁にされる「EFiXファームウェアアップデートサーバが落ちている」と言ったEFiX公式Forumへの投稿を削除していること、これらについて不愉快な思いをさせていることをお詫びしたいと記載されています。

ASEMでは、常にこのForumをすばやく的確に使えるようにと考えており、EFiXをセットアップし利用しようとして情報を探しているユーザのために、同じようなメッセージの投稿を控えるべきだと考えているとして、FAQ的な投稿をなるべく控えてもらうように呼びかけています。

ただ、これらは、ほんの1、2行でもいいので「これからメンテナンスを行うので、しばらくファームウェアアップデートサーバに接続できない」また、メンテナンスが終わったら「メンテナンスが終了した」趣旨のアナウンスを行えば済むことなのになぁと、いつも見て思っていました。

また、EFiXファームウェアアップデートサーバの更改作業の完了期日を明示すると期日を守れない場合に、ユーザの混乱を招くので記載しない、EFiXファームウェアアップデートサーバの更改作業が完了したら、このメッセージを削除するので、それで確認してほしいとあり、なんだかなぁと言う感じです。

今年に入ってから、大きなリリースやEFiXのさらなる世界展開に向けてサービスの拡充を謳っているArt Studios Entertainment Mediaですが、ここ何度かのファームウェアアップデートや、EFiX日本語フォーラムでの対応については、いただけない対応が続いていると言うのが個人的な感想です・・・いっそうのサービス向上が望まれます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その2) | トップページ | 隊長!Rio500が発掘されました! »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

筆者 様

 Jimです。貴記述「今年に入ってから、大きなリリースやEFiXのさらなる世界展開に向けてサービスの拡充を謳っているArt Studios Entertainment Mediaですが、ここ何度かのファームウェアアップデートや、EFiX日本語フォーラムでの対応については、いただけない対応が続いていると言うのが個人的な感想です・・・いっそうのサービス向上が望まれます」100%同感です。

 私自体、このEFiXの日本語フォーラムに登録し、質問等を出したり、情報を見ていますが、日本語フォーラムと言えど、英語での質問ありで、現状、ボーダー・レス。

 ファームのアップに関しても、サーバーメンテナンス云々は抜きにしても、ファームアップの確認はCHLのどの機器の組み合わせで、満足な結果を得られたかが分からず、結局、各ユーザーが、人柱のくじ引きの様に、「私は、O.K」、「私は死にました」みたいな報告が上がり、ファーム回復に「Reflash」しなさい回答で終わり。本体が、既に回復しないのに、もしも、Windowsや、Macを持っていなければ回復出来ない。また、それがノートの場合、EFiXをどの様にしてノートにつないで(USBポートからEFiX。筆者様が、スペシャルで購入されたグッズは知っておりますが、その辺りで売っている<特に海外>代物ではないはず。 また、あったとしても、どのピンをEFiXのコネクターのどこに差すか? これも解説がないので手探りしか出来ないはず)、回復するのか? この辺りの「ご説明」は全く標準化されていない様に思います。私の場合、ファームは現在、3.6.8ですが、回復する術も知らないので、怖くて3.6.9に行く事が出来ません。

 やはり、基本的にファームのアップ失敗をしても「心配なし。簡単、再復帰させられるから」状態がないと、よっぽどなマニアの方か、開発者ご本人達でないと回復出来ない状態は、私の様な、素人ユーザーには辛いですね。この辺りは、本当に、開発者自身がユーザーに対しての、最低限の「Duty」だと、私は思います。

 例えば、「この車のエンジン、高出力で非常に速く走ります。ドライブも快適です。只、時々ブレーキが効きません。だから、事故に遭ったら、自分で試行錯誤して、修理、復帰してください」と言って、車を売っている様なものですよね。ま、この車を買ってしまった私たちは、藁にも縋る気持ちでファームを待ち、そのファームアップ不成功でも、辛抱強く何とか、試行錯誤で復帰して、また、「受難」に立ち向かう感じです。


Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

Jimさまのご指摘されたこと以外についても、Art Studios Entertainment Media(以下ASEM)が日本に来た際に、EFiXの市場が結構大きな日本には、専門サポート要員を準備する予定であると、言うことを言っていました。しかし、現実、蓋を開けてみると、日本語の公式Forumができたのは良かったとは思うのだけど、その日本語Forumのモデレータをボランティアでユーザから募集すると言った具合です。

EFiXがアップデートが失敗した場合などの復旧手順は、確かに、断片的に、Forum等に散在していますが「knowledge」として集約され「標準化」はなされていませんね。ASEMの対応を見ていると、いつも抽象的な指示に徹しています。

特にトラブルシュートのFAQ等は、Forumで自分で探せと言うスタンスが基本にあるので、余計にですね。せめて「○○な状況になった、直す場合はどうすればいいの?」に対する回答集のようなものを集約して、紙のマニュアルでなくても、EFiXの公式ウェブサイトあたりに掲載してくれるといいと、個人的には思っています。

確かに、ASEM側も、その人の環境のすべてを把握して回答できるわけではないし、質問する人を見ていても「うまくいかない!」それのみしか記載しいなかったり、ほとんど詳細や設定を書かずに、投稿をしている人も少なからずいるので、そこから的確なアドバイスというは、無茶があると思いますが、100%効能のある回答を行うのは難しいとしても、今回のサーバアップデートの件のように、でうまくいかなかった時にASEMの逃げ道を常に用意しているように見えます。

そんなの分かっててキワモノな商品買ったんだろうと言われてしまうと、その通りだとしか答えようがないんだけど、値段的なもの今後もビジネスを続けていくと言う姿勢だとのASEMの方針を考えると、もう少しサービスの質をあげようよ、と言いたくはなってしまいます。・゚・(ノ∀`)・゚・。


さて、私の知る限りでのEFiXが旨く認識しなくなった、ファームウェアアップデートが途中で失敗した、起動が途中で止まると言った場合の回避策及び、回避できないパターンは概ね以下の感じになります。

A.EFiXがBIOS上に表示されなくなった
→CMOSのクリア、コールドブートを行ってもEFiXがBIOSで認識されない場合は、EFiXがほぼ完全んに死んでいる状態で、現状回復する術がユーザ側になく、EFiXのラボに送るしかありません。

B.Verifying DMI pool data...で止まる
→EFiXが認識されているにもかかわらず、Verifying DMI pool data...で止まる場合は、BIOS上にある情報と、EFiXのハードウェア情報がアンマッチして起動しない可能性があり、CMOSのクリア、コールドブートで回復する場合が高い。

C.B.の手順でダメな場合
→EFiXを一度外し、別のWindows、また純正Macを用意する。または、EFiXマシンにWindowsがインストールされているならEFiXを利用せずにWindowsを起動する。Windowsの起動後にEFiXを挿し、ドライバの設定を行ったあと、ファームウェアリセット、再アップデートを行う。Macの場合なら、特にドライバの設定などは必要なく、ファームウェアリセット、再アップデートを行う。


ユーザ自身で、EFiXのファームウェアのバージョンダウンを行うことはできず、EFiXファームウェアを入れ直すには、以下の環境が必要です。

1.EFiXを利用しているPCしかなくMacOSしかインストールされていない
→アップデートし直しができない

2.EFiXを利用しているPCしかなくWindows/Macがインストールされている
→EFiXを抜いてWindows起動、Windowsからファームウェアリセット、再アップデートを行う

3.EFiXを利用しているPC以外に、純正Macがある
→純正MacにEFiXファームウェアアップデータをインストールして、ファームウェアリセット、再アップデートを行う

4.EFiXを利用しているPC以外に、Windowsがある
→EFiXを抜いてWindows起動、ドライバの設定を行ったあと、Windowsからファームウェアリセット、再アップデートを行う※

※EFiXを利用してMacOSがインストールできないPCでも、EFiXのファームウェアリセット、再アップデートだけはできます。これは、単純に、EFiXをWindows上でUSBデバイスとして認識させてEFiXファームウェアアップデータを利用することができるからです。もちろん、EFiXの本来の機能であるブートマネージャ機能やMacOSをインストールすることはできませんが。

5.EFiXを利用しているPC以外にノートPCしかない
→EFiXのコネクタはマザーボードに挿すことを想定しているので、通常のUSBコネクタにはささらないので変換ケーブルを用意する必要があります。変換ケーブルを用意した上で、3.または4.の手順となります、

もうちと細かく書いたものを、いずれココでも紹介できればなぁと思っています。

まいおい様。

説明文の中に「純正Mac」とありますが正確には「Intel Mac」?だと思います。
私の「PPC 純正Mac」ではNGでした。

参考まで。

あ゛さま、おいでやす(´∀`)!

EFiXファームウェアアップデータが動作する環境を前提に書いていたので、はしょってしまいましたが、純正のIntel MacかつMacOS X Leopardが前提になるかと思います。

まいおい様。

数ヶ月 EFiX-Macを使ってきていると私も含めて
「純正のIntel MacかつMacOS X Leopardが前提」が
当たり前ですが、これからEFiX-Macを始めようとしている方々には
前提が前提でない場合もあるかと思ってコメントしました。
「純正Mac=PPCも含む」という感覚をもっている方々もおられるかな?
ASEMがするべきことをしていれば、このようなコメントは必要ない
のですがね。

あ゛さま、ふたたびおいでやす(´∀`)!

私自身、昨年初めにMacBook Airが人生初Macとなった、にわかMacユーザだったのとEFiXな環境がIntel Macを模した環境で、Leopard前提だったんで、確かにPowerPCなMacと言うのは、あまり意識になかったところです。

確かに、過去にMacを使っていて、Windows等に移行した方などが、再びEFiXを通してMacに回帰するような場合や今もなおPowerPCなMacユーザの方がこれからEFiXでLeopardなMacを使おうと言う場合、わかりにくかったかもしれませんね。トラブルシュートや前提条件を書く際には少し気にして書いてみます(´∀`)

ASEMがしっかりと仕事をしていれば・・・確かにその通りですね。Mac用のEFiX Firmware Update Clientのダウンロードページには、MAC OS X (10.5 Leopard)としか動作環境が書かれていません。もう少し詳しく書いておいてほしかったですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その2) | トップページ | 隊長!Rio500が発掘されました! »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン