2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その1) | トップページ | 今後しばらくEFiXファームウェアアップデートサーバ断続的に停止の可能性 »

2009年3月10日 (火)

EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その2)

んで、前回EFIのお話だけで終わってしまったんだけど、やっとこ、EFiXに絡んだお話です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

MacOS X Leopardは、AppleのLeopardのページの謳い文句に「Loepardは、64ビットのパワーを発揮する万能オペレーティングシステム。Cocoaアプリケーションフレームワークからグラフィックス、スクリプティング、UNIX基盤まで、システム全体が64ビット。もちろん、32ビットアプリケーションとドライバのパフォーマンスと互換性も完璧なので、64 ビットアプリケーションを実行するためにシステムをアップデートする必要はありません。」とあります。

Kernel_bit_modeただ、Mac OS X v10.5 LeopardのWikiによると「Cocoa及びJava仮想マシンを含むOS全体が64ビットに対応する(ただしCarbonは 64ビットに対応していない)。64ビット環境に対応するプロセッサならば、Intel・PowerPCの別を問わず自動的に64ビットに対応し、一つのシステム上で、32bitアプリケーションと64bitアプリケーション、32ビットドライバと64ビットドライバが同時に動作可能である。これを実現するためにカーネルを32bitモードにしており、OS全体が64bitではなくなっている。」とあり、実際には、64ビット/32ビットの混在環境での動作となっているようです。

また、EFIそのものの機能としてEFIのwikiでは、「いくつかのアーキテクチャに特化した(非EBCな)EFIデバイスドライバはオペレーティングシステムから利用可能なインタフェースを持つことができる。これにより、OSに特化したドライバをロードしなくても、基本的なグラフィックスやネットワーク機能についてはOSがEFIに頼ることができる。」とあり、EFIを通じて、OS独自に書き起こされたドライバがなくても、EFI経由で、グラフィックカードや、ネットワークインターフェースカードが利用できるとなっています。

EFiXでは、アップルが提供しているkext等を改変し、EFiXを動作させるための必要なkextを独自に提供したり組み込むことは一切行っていないようで、どうやらEFiXに内蔵されているEFIに主要な機能のEFIドライバを組む込むことで、だからこそ、MacOS X LeopardのリテールDVDで、そこに一切の改変を行わずに、素のMacOSをインストールし利用することができているようです。

そこで、EFiX搭載のEFIの64ビット化が、どう絡んでくるかですが、、Windows Hardware Engineering Conference(WinHEC)を特集した記事に以下のような記載があります。

「EFIは、起動時だけでなく、オペレーティングシステムが動作している状態でも一部サービスを提供する。1つには、OS側から起動環境を制御するため、もう1つは、ハードウェアの細かな違いをファームウェア側で吸収するためである。このため、EFIは、OS側から呼び出されるエントリを持つ。しかし、64bitオペレーティングシステムの64bitドライバ内部でEFIを呼び出すためには、EFI自体が64bitモードで呼び出し可能でなければならない。」

「64bit対応のCPUのために作られ、64bitモードで動作するオペレーティングシステムからも呼び出し可能なEFIを64bit EFIと呼ぶ。同様に32bitモードから呼び出し可能なEFIを32bit EFIという。x64環境では、現状すべてのプロセッサが32bit、64bitのモードを持っているため、両者は非常に似たものになるが、x64版のLonghorn Serverを使うためには、64bit EFIが必要となる。」

つまるところ、Windows Serverに限らず、64ビットOSがその真価を発揮するには、64ビット化されたOSから64ビット化されたEFIドライバや、EFIが提供するOSとのインターフェースにおけるハードウェア情報やドライバのやり取りを考えると、EFIも64ビット化しておく必要がありそうだ、と言うことのようです。

MacOS X 10.5のLeopardは冒頭でも書いた通り、一部が32ビット動作しているものの、64ビットOSと言えます。また、EFIの64ビット化により、なんらかのスループットの向上も望める可能性もあります。

ただ、今回のEFiXのEFI 64ビット化については、もっと先のことを見据えたアップデートだったと見ることもできます。すでに一部のデベロッパーに配布されたとしているMacOS X 10.6 SnowLeopardへの対応です。

前回のファームウェアアップデート3.6.8で、EFiX搭載EFIの64ビット化は、Snow Leopardへの布石だとの意味合いにも取れる発言をArt Studios Entertainment MediaのCEOやEFiX開発チームリーダのWhiteDragon氏が公式Forumにしています。

ただし、表だっての建前としては、現在、MacOS X 10.6 SnowLeopardのプレビュー版は、一般ユーザには公開されていないため、ネット等で流通しているSnow Leopardは、不正な方法で入手したものであろうと思われ、それらを不正な方法で取得することはしないし、当然、Art Studios Entertainment Mediaは、Snow Leopardを入手してはおらず、従ってSnow Leopardを元にしたEFiXのベータテスト等は行われていない、と言っています。

ただ、そうは言うモノの、遠くないうちにリリースとも言われているSnow Leopardは、カーネル部分やドライバ周りが一部32ビットだったMacOS X 10.5 Leopardに対し、カーネルを含めて64ビット化する可能性があり、その場合、EFIを64ビット化しておかないと十分なパフォーマンスが得られない可能性があります。

そのための64ビット化の布石であり、WhiteDragon氏が、EFiXファームウェアアップデート3.6.8はMUSTのアップデートであると記載したものと推測はできそうですね・・・

まぁ、妄想のオチとしては、あまり面白い落ち方ではないかもしれませんが、EFiX公式Forumでの発言、EFI/UEFI、MacOS X 10.5や10.6の噂、これらの情報を総合すると、もしかしたら・・・?と言う程度の短絡的な話になってしまいました(決してEFiX開発チームやASEMからなされている公式な情報などではないのであしからず・・・)。・゚・(ノ∀`)・゚・。

もっとも、今までの経過を見ていると、EFiXのSnowLeopard対応が、そんなに簡単には行くとは思えず、恐らく一波乱、二波乱ありそうですけどね。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。






インテル
おすすめ平均:
買い得感が非常に高い
powerd by Amazon360

« EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その1) | トップページ | 今後しばらくEFiXファームウェアアップデートサーバ断続的に停止の可能性 »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。いつもお世話になってます。
(怪しげな広告が付いてますね^^;)

64bit化がSnow対応を前提にしたものであることは間違いなさそうですが、最新ファームで64bit化した私のEFiX機はすこぶる調子が悪くて困っています‥
どこがどうって訳ではないのですが、全体的に不安定。うーん。。。

10.1、10.2に対する10.3のように、Snowは良い安定版になりそうな予感がするので、EFiXの対応にも期待が高まりますね^^

ししがみさま、おいでやす!(´∀`)

まったく同じ文面の広告が、ここ最近、各所に貼られているようです・・・ひとまず、削除しておきましたが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

おっしゃる通り、ぽつぽつで出ている情報や、カンファレンスでのアップルの発表では、MacOS X 10.6 Snow Leopardでの目新しい新機能はなく、基本的にはMacOS X 10.5 Leopardのブラッシュアップ版、Windows風で言うなら、サービスパックに近いようなモノになりそうだとのことで、きっちりとした安定版になる可能性が高そうですねぇ。

EFiXの安定度は、うちの環境では、EFiXのブートの失敗や、カーネルパニック等を見たことがないため、個人的には安定しているように見えてしまいがちですが、確かにForumの中を見ていると苦しんでいる人が結構いるようですね。

EFiX自体に、品質の個体差があるみたいな事象も、EFiXのコミュニティなんかでは話しがありましたし、Forumのほうでは、電源を選ぶことがあるみたいなこが書かれていることもありました(ホントかどうか定かではありませんが・・・)。

ただHCLひとつとっても、難しいのは、実際には、自作の世界と一緒で、何と何の組み合わせで問題が発生する、また、どのパーツがオカシイなどは、もう運の世界のようなところもあるので、正直なところ、ひんぱんに問題が発生して、解析を行うのなら、クラッシュログ、シスログ、シングルモードでログインして、細かいNVRAMログ(EFiXマシンだとBIOS情報になるのかな)を取って解析するくらいしかないんでしょうね・・・

簡単にいくなら、まずは、デフォルトで使ってみる、kextを入れない、オーバークロックせず定格で利用する。ビデオカード以外の拡張ボードは利用しない、また、BIOSの変更がうまく反映されていない、EFiXのファームウェアアップデート後、動作がどうも安定しない場合は、COMSクリア、コールドブートをしてみる・・・

このへんおこなっても、また、そもそもデフォルトで利用していてダメなようなら、やはり、もう腰を据えて解析しかないかなーと。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その2):

« EFiXファームウェア3.6.8での64ビットEFI化はなんのため?(その1) | トップページ | 今後しばらくEFiXファームウェアアップデートサーバ断続的に停止の可能性 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン