2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXファームウェアアップデート3.6.9提供開始 | トップページ | EFiXファームウェアアップデート3.6.9の続報 »

2009年3月 4日 (水)

アップル、Mac mini、Mac Pro、iMacの新製品発表!

アップルからMacBook以外のデスクトップ製品のラインナップが一新され、Mac miniMac ProiMacの新製品が発表されました。

iMacとMac Proはともかくとして、個人的注目はMac miniです。Mac miniは、ひさびさのモデルチェンジとなったようで、現行のIntel Macベースらしい、Core 2 Duo+GeForceの組み合わせになってましたね(´∀`)

一世代前のMac miniは、Core 2 Duoでしたが、グラフィックチップセットがIntel GMA950と、丁度、モバイルノートPCによくある統合オンボードグラフィックチップセットと同等品を使っており、若干グラフィックが弱い部分がありました。

新しいMac miniでは、GeForce 9400Mが採用され、やはりノートPC用などのモバイルプラットフォームで利用されているグラフィックチップセットだけど、Intel GMA950と比べれば断然グラフィック性能はよくなったと思います。

また、少し前に発表されてた新しいMacBookと同様に"足回り"であるメモリがDDR3メモリとなり、フロントサイドバスクロックが上がっています。こうして見ると、Mac miniは、ホントにベースをMacBookと同じくしているような気がしますネ。

ひとまず、Mac miniの旧モデル(2007年8月)と新モデル(2009年3月)を、それぞれ下位モデルで、スペックの違いなんかを比較してみました。

モデル 旧Mac mini 新Mac mini
CPU Core 2 Duo 1.66GHz 2MB L2キャッシュ 667MHzバス Core 2 Duo 2.0GHz 3MB L2キャッシュ 1060MHzバス
メモリ DDR2 SDRAM 667MHz 1GB(最大2GB) DDR3 SDRAM 1066MHz 1GB(最大4GB)
グラフィック Intel GMA950(メインメモリ64MB共有) NVIDIA GeForce 9400M(メインメモリ128MB共有)
ハードディスク SATA 80GB 5400rpm SATA 120GB 5400rpm
光学ドライブ ComboDrive(CD-RW/DVD-ROM) SuperDrive(DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
ネットワーク(有線) 10/100/1000BASE-T
ネットワーク(無線) 54Mbps AirPort Extreme Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g) 100Mbps AirPort Extreme Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)
Bluetooth Bluetooth 2.0+EDR Bluetooth 2.1+EDR
拡張ポート FireWire 400×1、USB2.0×4、 FireWire 800×1、USB2.0×5
ディスプレイポート DVI×1 Mini-DVI×1、Mini DisplayPort×1
オーディオポート 複合オーディオIN×1※、複合オーディオOUT×1※
※光デジタルIN/OUTとアナログミニジャック兼用
外寸・重量 横16.51cm×縦16.51cm×厚5.08cm 1.31kg
価格(定価) ¥79,800 ¥69,800

CPU、メモリ、グラフィック、ハードディスクはもちろん、AirMacが802.11nをサポートしたり、拡張ポートもUSB2.0ポートが4ポートから5ポートに増えていたり、FireWireが400サポートから800サポートになっていたりと地味にスペックアップしてます。変わらないのは、Ethernetアダプタの対応速度と筐体のサイズのみと言ったところですかね~(´∀`)

ちなみに新型Mac miniの上位モデルないしオプションでは、CPUに2.26GHzのCore 2 Duoプロセッサ、メモリに4GB(2GB×2)、ハードディスクに320GBを選択することができます。また、上位モデルを選んだ場合、NVIDIA GeForce 9400Mが共有して利用するメモリは256MBになるよーです。

Atomベースになるんじゃないかとも噂されていたMac miniですが、ノートPCベースのCore 2 Duo+GeForceと言うIntel Macにも多く採用されている組み合わせのスペックは、Atomのそれよりも格段に良く、価格については多少はるものの、なかなかの仕上がりになったのではないでしょーか・・・

個人的には、今回のMac miniのスペック決定の図式には、Core 2 Duo+GeForce 9400Mと言うMacBookベースのハードウェアを採用することで、MacBook(それと新型iMacの下位2機種)と併せて、部品の共通化による調達コストのダウンを図ったのかなーなんて妄想してみたりしてます。






2008-01-16
おすすめ平均:
不必要な製品
2008-10-23
おすすめ平均:
企業のMacユーザーは必携
powerd by Amazon360

« EFiXファームウェアアップデート3.6.9提供開始 | トップページ | EFiXファームウェアアップデート3.6.9の続報 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

新型Macmini!実は私もこれをず~~と待っていたのですが、痺れを切らして先日MacBookを購入したわけですが、MacminiはMacBookの約半額で、仕様は少し上を行っていますよね。仮に6万円台のMacminiで十分であれば正直EFiXを輸入してPCを組み立てる事も微妙になってきたりします。円もどんどん下がってきたようですから、、、、。でも、ハラハラ、ドキドキ感は有りますけどネ。

ベータさま、おいでやす(´∀`)!

Mac miniは、上位モデルで、EFiXキラーになりそうなスペックではありますね~。EFiX本体価格+PC組立て費用を考えるといい勝負をするかも・・・と思いました。

ここでは書きませんでしたが、Mac Proもかなりすごいことになっていますね。NehalemアーキテクチャのXeon、普通のPCとの価格と比べると割高に見えもしますが、XeonのCore i7版とでも言うべきCPUを搭載している割には、それなりの値段に落ち着いていると思います。

EFiXも本家のForumのほうではユーザから、Core i7対応はまだか?と頻繁に投稿がありますが、アップルやMacがそもそもCore i7には対応していない、だけど、EFiXのほうでは対応するつもりだから待ってて欲しいと開発チームは言っています。

今回、Core i7とベースを同じくしたNehalem XeonのMac Proが出たことでもしかすると、EFiXのCore i7への動きが加速してくれるかもしれませんね(´∀`)

まいおい様

雨が続きますね~。
会社から出られない忙しい人は気が付かないかもしれませんけど、、、。MacProのアーキテクチャーを使った汎用マザーはまだ見つけられないのですが、MacOSが安定して動くためには現行のAppleの開発路線に準じる事が大切なんだと考えています。Corei7がXeonと似たアーキテクチャーであれば動作するとは思いますが、Appleが多方面から検証したわけではないので”動くかも?”と言う仮定になります。それはそれで商用化するのではないので、楽しければいいんですよね。

ベータさま、ふたたび、おいでやす(´∀`)!

コンシューマ系マザーボードと違い、サーバ系マザーボードは、動作するものを探すのは骨が折れそうですね・・・ついでに、お金もかかりそうだ・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あと、現状、AppleのハードウェアにCore i7対応のものがないので、現時点では、当然LeopardがCore i7対応できると言う解はないとは思いますが、EFiXの開発ラボでは、もう4ヶ月以上、EFiXベータファームウェアでのCore i7テストで上々の感触を得ているようです。

まぁ、Core i7の本来のパフォーマンスが、Leopard上で出るかどうかは微妙なところでしょうけどね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップル、Mac mini、Mac Pro、iMacの新製品発表!:

« EFiXファームウェアアップデート3.6.9提供開始 | トップページ | EFiXファームウェアアップデート3.6.9の続報 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン