2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« イメージ(BlogPet) | トップページ | UQ WiMAXをMacBook AirのVMware Fusion+Windows XPで使ってみた(その1) »

2009年3月31日 (火)

UQ WiMAX、UD01NAセットアップ開始(´∀`)!

Uq_wimax01s以前に、UQ WiMAXのモニタに当選していたってお話の続き・・・実際のセットアップになります。送付されてきたUD01NAが入っている箱からUD01NAを取り出して、UQ WiMAXを早速セットアップです(´∀`)

まずは、箱を・・・見た目派手です・・・と言うか、なんだか、スティックタイプのサプリメントか健康食品の箱かって感じです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Uq_wimax02s箱を開けると、UD01NAと取り扱い説明書が入っています。他のタイプの機器だと、恐らくUQ WiMAXサービス接続のためのユーリティリティやドライバが入ったCD-ROMが付いてくるんだろうけど、UD01NAは、USB接続すると仮想CD-ROMドライブになり、それにユーリティリティやドライバが入っているので、CD-ROMが付属しないよーです。

ちなみに、イーモバイルのD02HWと比べてみると、細身ではあるものの、大きさはあまり変わらないように見えます。光学ドライブの問題とか、コネクタ部分の問題とかで、USB接続軽量コネクタ収納タイプのUD01SSの諦めたんだけど、やっぱり、小さくて軽量がいいよなーとちょっと思ってみたり。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Uq_wimax04sUq_wimax05sんで、UD01NAをけんぶんちゅう……キャップを外し、コネクタの可動範囲を確認してみます。UD01NAの垂直方向に180度、また、コネクタをまっすぐ伸ばした状態で、やはり180度ずつ回転させることができます。ちなみに、360度ぐるぐる回すことはできないので、UD01NAな人は無理矢理回して壊さないようにしましょー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Uq_wimax07sで、早速MacBook Airに接続してみます・・・MacBook Airのポートコネクタを開いて、UD01NAのコネクタを垂直にまげて、丁度、L字型にした状態でUSBポートに接続します。この状態なら、MacBook Airは浮くことなく綺麗に付けることができます。

ただ、L字型でなくUD01NAのUSBコネクタねじってヨコに倒した状態で、MacBook Airに接続するとMacBook Airが浮いてしまいます・・・なんで、基本は、L字状態にして使うことになるかと思います。

Uq_wimax08で、起動したMacBook AirにUD01NAを接続してみます・・・まずは、MacOS X 10.5 Leopardのままで確認・・・ぬーん、やはり何も起きません。プロファイラ上、USBの項目には、一応機器名が表示されているので、ハードウェアID等は認識されているようですが、仮想CD-ROMドライブがマウントされず、イーモバイルのD02HWのように、自動でインストーラなどが起動してきません。

で、ココマデは予想の範囲内……ひとまずVMware FusionでWindows XPを起動します。VMware Fusionで各周辺機器を利用する場合、基本的には、MacOS X上で認識・稼働している機器をVMware Fusionを介して"間借りする"形で利用するけど、今回、UQ WiMAXのUD01NAは、MacOS X上で利用できないため、VMware Fusion上のWindows XPで直接利用できるようにします。

VMware Fusionのメニューバー>仮想マシン>USB>NEC UD01NAに接続を選択、UD01NAをVMware Fusion上のWindows XPに直接接続します。VMware Fusion上のWindows XPで直接UD01NAを認識すると、UD01NAの仮想CD-ROMドライブがマウントされ、自動的にUQ WiMAXの通信ユーティリティとドライバのインストーラーが起動します。

特に何かを入力したりする必要はなく「次へ」を押していれば、ユーティリティのインストールは完了します。ドライバのインストールも、特に困るようなこともなくすぐに終わります。

UQ WiMAXの通信ユーティリティは、インストールされると、Windows起動時にスタートアップで自動起動されてくるようになります。基本的には、このユーティリティを起動していないと、UQ WiMAXに接続することはできず、UQ WiMAXの通信ユーティリティを最小化ではなく、×ボタンなどで終了すると、UQ WiMAXの接続も解除されてしまうので注意が必要です。

Uq_wimax09んでもって!いよいよUQ WiMAX開通の儀式です!(*´д`*)ハァハァ……と言っても、UQ WiMAXの通信ユーティリティが起動しており、UD01NAがPCに挿さっている場合、自動的にUQ WiMAXに接続を試みます。一瞬、圏外と出てアレ?ヽ(;´Д`)ノ とか思いますが、少し待つ……と言っても数秒ですが、そーすると、接続ができるようです。

そして、接続キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!と、無事、UQ WiMAX接続完了・・・ひとまず、安心?だが!しかし!意外な落とし穴ガッ!?

つーわけで、次回に続く。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« イメージ(BlogPet) | トップページ | UQ WiMAXをMacBook AirのVMware Fusion+Windows XPで使ってみた(その1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UQ WiMAX、UD01NAセットアップ開始(´∀`)!:

« イメージ(BlogPet) | トップページ | UQ WiMAXをMacBook AirのVMware Fusion+Windows XPで使ってみた(その1) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン