2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« UQ WiMAX、MacOS X対応!(ただし一部の機種を除く) | トップページ | UQ WiMAXの通信速度や通信可能エリアなどのテスト状況(その2) »

2009年4月18日 (土)

UQ WiMAXの通信速度や通信可能エリアなどのテスト状況(その1)

さて、現在、UQ WiMAXを出先で利用し始めていますが・・・現状での結論を先に書いてしまうと、UQ WiMAXは、思ったほど利用できていないのが現状です。と言うのは、前にも書いたけど、圏外が多すぎて使いたいと思った場所で使えないことが非常に多いんですねー┐(;´∀`)┌

ドコモのデータ通信やイーモバイルほどじゃないにしても、もう少し期待していたんですが、ハッキリ言って現時点では、とてもとても圏外多すぎです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

特に酷いと思ったのが、山手線内で利用しようと思ったときのこと・・・有楽町で品川渋谷新宿方面の山手線に乗り、MacBook Air起動、VMware Fusionを起動して、田町手前あたりからUQ WiMAXを利用し始めようとしたところ、まともに利用できませんでした・・・(;´Д`)

電車が駅に入ると、アンテナが1本、ないし2本ほど立ちますが、駅を出ると途端に切れます・・・結局、田町あたりから渋谷まで、駅に入った十数秒のみ利用ができる状態で、しかも毎回駅と駅の間で圏外になるから、その度にいちいち、接続シーケンス、アドレス取得シーケンスが動作して、実質利用可能時間は、数秒といったトコロです。

正直これには、ガッカリ・・・公衆無線LAN等の特定の固定された場所にアクセスポイントを配置してネットワークサービスを提供するものならともかく、少なくともUQ WiMAXは、移動通信サービスのハズです・・・

地下や都内の全ての場所で利用できるようなサービスでないことは認識しているし、そこまでの無茶は言わないけど、これじゃぁ、ネットワークサービスを提供している公衆無線LAN等のある場所に自力で移動してネットを利用しなきゃイケナイ状況と一緒じゃん┐(´д`)┌

感覚的はせめて、山手線内や周辺くらいでは当然のように使えてほしかったですねー・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

その他にも、もう既に結構なIT情報系サイトや個人のBlog等でもレポートされているけど、窓際に持っていかないと使えないや、都内の結構な場所で使えない、電波状態が悪くすぐに切れる等の問題があります。

ビルの高い階層だからダメというわけでもなく、普通に都内の(Wi-Fiサービスを提供しているけど)マクドナルドの店内でもダメとか、ビルの1Fに入っているコーヒーショップでも圏外だったと言うこともしばしば・・・

ちょっとコレには閉口してしまいました・・・最も、今まだ試験期間中で、これからモニターからの意見を基に対策や電波状況の改善なんかを行っていくのでしょうけど、コレではとても、東京23区内はサービスエリアである・・・と言うのは、ちょっと詐欺っぽい気がします。

現時点で、課金サービスが始まった場合の料金プランは1つしかなく、月額固定4480円のサービスしかないけど、このままだと、速度云々は抜きにしても、ドコモやイーモバイルと料金差もそれほどないことから、この接続性を考えるとさすがに厳しいかなぁと言うのが個人的な感想です。

確かに、イーモバイルやドコモのサービスに比べると、UQ WiMAXのほうが、通信速度は若干早いんだけど、繋がってナンボのための移動通信サービス・・・速度云々は、そもそも接続できないと当然何の意味も成しません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

UQ WiMAXのサービス自体が、その出自(モバイルWiMAX規格は、固定された場所でかつ無線技術を利用したLANであるWiMAX規格に移動通信の仕組みを加えた規格)のため、実は、移動通信サービスではなく、特定の場所のみで利用できる、プロトコルなどにあまり制限のない高速通信なのだと言うコンセプトで、提供しているUQ WiMAXもそうだとしているのなら、じゃあ仕方がないかと思いますが、UQ WiMAXのウェブサイトでは、実に、UQ WiMAXは移動通信サービスであると謳っています。

曰く「街角などスポットで利用される無線LANとは異なり、広いエリアで利用可能となるので、外出先や移動中も高速インターネットを楽しむことが可能になります。」

曰く「ADSLや光ファイバーなど固定通信でのみ利用可能であった高速データ通信サービスが、UQ WiMAXにより外出中、移動中でも利用可能になります。」

いまんところタダで使っているだけのモニターなので、アレコレこれ以上ケチを付けるのも筋違いだとは思いますが、移動通信サービスとしてビジネスを行っていくと言うのなら、もう少し、と言うより、全開でより一層のサービス品質の向上を望みます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« UQ WiMAX、MacOS X対応!(ただし一部の機種を除く) | トップページ | UQ WiMAXの通信速度や通信可能エリアなどのテスト状況(その2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UQ WiMAXの通信速度や通信可能エリアなどのテスト状況(その1):

« UQ WiMAX、MacOS X対応!(ただし一部の機種を除く) | トップページ | UQ WiMAXの通信速度や通信可能エリアなどのテスト状況(その2) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン