2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiX V1.1について妄想してみる(その3) | トップページ | EFiX V1.1について妄想してみる(その1)(BlogPet) »

2009年4月 9日 (木)

UQ WiMAXをMacBook AirのVMware Fusion+Windows XPで使ってみた(その2)

Uq_wimax12普段、MacBook AirのVMware FusionでWindows XPを動かすとき、VMware FusionホストであるMacBook Air上に存在する物理ネットワークアダプタをVMware Fusion上の仮想ネットワークインターフェースを介しNAT接続なりブリッジ接続を利用していて、ホスト上で稼働しているなんらかのネットワークインターフェースを利用してネットワークに接続することになります。

UQ WiMAXは、MacOS X上では利用できないため、VMware Fusion上のWindows XPで直接利用することになるんだけど、VMware FusionのホストであるMacOS X上でUQ WiMAXが利用できないからといって、VMware Fusion上で利用している仮想ネットワークアダプタが利用できない訳ではありません。

なんで、UQ WiMAXに接続すると、VMware Fusion上で利用できる仮想ネットワークアダプタとUQ WiMAXとで、2つのネットワークインターフェースが利用できる状態にあります。

一度、VMware Fusion上の仮想ネットワークアダプタを切断し、VMware Fusionを介して利用しているネットワークインターフェースの利用を停止し、UQ WiMAXのみが唯一の外部ネットワーク、WANへのネットワークインターフェースとして利用できる状況を作ります。

その状態でFireFoxを更新すると、今度は正常にGoogleせんせーのページが表示されました。その状態で再度、VMware Fusion上のネットワークアダプタを接続し、再び2系統のネットワークインターフェースがある状態にすることで、両方のインターフェースが正常に利用できるようになりました(´∀`)

Windowsはroute printないしnetstat -Rでルーティングテーブルを見ると、VMware Fusion上のネットワークアダプとUQ WiMAXのネットワークインターフェース共にNetwork Destinationが0.0.0.0となっており、どちらのインターフェースからも、外部ネットワーク、つまりWANに出る経路があることになります。

んで、どちらを経路を使うのかと言うことになると、それはメトリックの設定に従います。メトリックは、様々あるネットワーク経路において、指定する目的地にたどり着くために一番近い経路、正確に言うと通信コストが低い経路の数値を示し、Windows上では、その数値が一番低い、つまり通信コストが一番低いインターフェースを優先して利用します。

んで、イーモバイルに接続している場合のルーティングテーブルと見ると、やはりVMware Fusion上のネットワークアダプとD02HWのネットワークインターフェース共にNetwork Destinationが0.0.0.0となっており、どちらのインターフェースからも、外部ネットワーク、つまりWANに出る経路があることになります。

UQ WiMAXとイーモバイルの2つの異なるネットワークサービスに接続した場合、どちらの場合もNetwork Destinationが0.0.0.0となっており、外部ネットワークへの接続経路として利用可能なようになっているけど、メトリックの数字が異なっています。

見ると、UQ WiMAXのUD01NAはメトリックが、VMWare Fusion上の仮想ネットワークアダプタより高く、イーモバイルのD02HWでは、メトリックがVMWare Fusion上の仮想ネットワークアダプタより低くなっています。

Windowsのメトリックの数値を元にした振る舞いを考えると、UQ WiMAXを接続している場合、外部へのネットワークへ接続する場合は、UQ WiMAXを利用せず、VMWare Fusion上の仮想ネットワークアダプタが優先的に利用され、イーモバイルに接続した場合だと、外部へのネットワークへはイーモバイルを優先的に利用することになります。

Uq_wimax13結局、理論上、WANに接続可能な経路はあるものの、まだ、外部ネットワークへの接続が一度も確立されたことがない状態で、UQ WiMAXとVMWare Fusion上の仮想ネットワークアダプタが同時に存在したたために、また、モデムとして認識された場合と、ローカルネットワークとして認識された場合、ネットワーク経路のメトリックに関する振る舞いが違う等で、どうも、どちらのWAN経路を利用して外部ネットワークに接続するのか、Windows XPとVMware Fusion上でネットワークの動作がうまくいかなったみたいです。

ともあれ、その後は問題なく接続できるようになり一安心(´∀`)……ようやくインターネットに接続できるようになったところで、いよいよ、スループットのテストなんかを行っていきます(´∀`)

« EFiX V1.1について妄想してみる(その3) | トップページ | EFiX V1.1について妄想してみる(その1)(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UQ WiMAXをMacBook AirのVMware Fusion+Windows XPで使ってみた(その2):

« EFiX V1.1について妄想してみる(その3) | トップページ | EFiX V1.1について妄想してみる(その1)(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン