2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.0提供開始 | トップページ | EFiX公式ウェブサイトリニューアルとEFiXのブランド戦略 »

2009年6月 7日 (日)

EFiXファームウェアアップデート3.6.11の続報

提供が開始されたEFiXファームウェアアップデート3.6.11についての続報、併せてEFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.0についても新しい情報があります。

まず、EFiXファームウェアアップデート後の恒例の不具合ですが、やはりいくつか上がってきています。EFiXファームウェアアップデート3.6.11絡みからです。

1.スリープからの復帰後、ネットワークアダプタが認識されなくなる。
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=16&t=3011
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=16&t=3049
これは、ネットワーク絡みのkextがGigabyteのマザーボード上に搭載されているRealtekのコントローラーを正常に認識できないためにおこっているのではないかとの推測が出ています。

現時点では、EFiXの公式Forumでも何度も紹介されているNetgear GA311等の増設NICを利用すること等の回避策しかないようです。


2.ネットワークのスループットが極端に低下する。
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=16&t=3040
EFiXファームウェア3.6.11とMacOS X 10.5.7の組み合わせにおいて、ネットワークスループットが極端に低下する事象が発生しています。ほとんどまともにインターネットの閲覧等ができない、また、大きなファイルサイズのファイル転送を行うと、ハングアップする等です。

こちらも、EFiX開発チームからの回避策は提示されていませんが、1.と同様に、Netgear GA311等の増設NIC等で回避できる可能性があります。


EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.0についても続報があります。EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.0提供開始で、最後にちょこっと書いてますが、EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.0でファームウェアをアップデートしようとしたところ、ファームウェアのチェックの行程でフリーズすると言った症状が発生していました。

3.EFiXファームウェアアップデート時にChecking...で止まる、または、No New Update Found...と表示されアップデートできない。
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=2&t=3034
解決策として、EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE)のバージョンがその日のうちに、V4.0からV4.4まで順次上がり、解決した人も多数いたようですが、現時点で、EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.4でもやはりアップデートができない方がまだいるようです。

症状としては、アップデートボタン押下後、Checking...の表示で数分止まり、その後タイムアウトか何かで、No New Update Found...と表示され、まったくEFiXファームウェアアップデートができないと言ったものです。

こちらも現時点では解決策、回避策が見つかっていません。また、上記のトピックでは、EFiX開発チームからアップデートできないEFiXのシリアルナンバーを教えて?と投稿があり、報告されているシリアルを見ましたがバラバラで、開発チームほうでも原因を特定できていないようです。


それから、注意が必要なのは、EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.x以降はファームウェアのアップデート時に接続するサーバが、それまでと変更されています。また、リセットボタンがなくなり、アップデートボタンのみしかありません。

旧バージョンのEFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 1.x~3.xやWindows用のEFiX FIRMWARE UPDATE CLIENTから接続していたファームウェアアップデートサーバは、現時点では全て利用できなくなっています。

従ってWindows版のEFiX FIRMWARE UPDATE CLIENTや旧バージョンのEFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 1.x~3.xでファームウェアのリセットを行った後、アップデートを行おうとしても、アップデート先のサーバがないため、ファームウェアの復旧ができません。

また、EFiXのファームウェアをリセットしてしまうと、当然、EFiXを利用してMacOS Xをブートできなくなってしまうので、利用不能になります。この場合、純正のMacがあれば、そちらにEFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.4を入れて、復帰させることが可能な場合もありますが、Checking...No New Update Found...のコンボでファームウェアを再インストールできなくなったとの報告も見かけます。

上記を踏まえて、現時点においては、旧バージョンやWindows版のEFiXファームウェアアップデートクライアントで、くれぐれもファームウェアのリセットなどは行わないようにしたほうがよいかと思われます。

ネットワークに関してイタイ不具合もあり、Core i7環境のハードウェア互換リスト(HCL)もまだ正式には公開されていないことから、現状で特に理由がない限り、EFiXファームウェアアップデート3.6.11は、少し様子見をしたほうがいい可能性もあります。

不具合や回避策、解決策について、新着情報があれば、こちらで随時お知らせしますが、最新の情報を知りたい方は、EFiX公式Forumで現在、スレの進み具合の早い投稿をチェックするのが良いかと思われます。






インテル
2009-06-04
おすすめ平均:
その速さ『確かに』ビッグバン
アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

« EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.0提供開始 | トップページ | EFiX公式ウェブサイトリニューアルとEFiXのブランド戦略 »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

まいおい さま

 EFiXのアップデートの話題の中に何なのですが・・・。多分私の理解不足で勘違いをしているのかも知れませんが、また、こんな疑問を、まいおい様にご意見をお尋ねするのも間違いですが・・・一応、お聞き下さい。

 EFiXのVer.3.6.9迄は、Mac XOS 10.5.6をサポートしている。そして、Mac XOSを10.5.7にする前に、(現在では)EFiXのバージョンは3.6.11もしくは3.6.10にした後、Mac OSX 10.5.7へアップデートする。

 ここまでは、合っていますよね? では、仮に、新規EFiX購入者がVer.3.6.11のファームのEFiXを使用して、Apple 純正のMac OSX 10.5.6をインストールした場合、また、既に既存機種で何らかのトラブルがあり、既にEFiX Ver.3.6.11の状況下でクリーンインストールをするユーザーさんの場合、正常にインストールできるモノなのか・・・? こんな「疑問」が頭の中を横切りましたので、この様な事を書いてみました。

 と言うのは、本家には、私の疑問に関する回答が見つからなかったのです(多分、探し方が悪いのが原意だと思いますが)。既存ユーザーさんは(私も同じですが)、EFiXがトラブルを発生しない限りは、滅多に再クリーンインストールを強いられる事は無いとは思いますが「0」ではないはずで、何らかの状況下では、再インストールが必要となるわけで、その折りEFiXがVer.3.6.11または、Ver.3.6.10の場合、何事も無くMac OSX 10.5.6をインストール出来、その後、問題無くMac OSX 10.5.7にアップデート出来るのか・・・?

 今頃ですが、この検証、または本家の保証がないと、現在の本家のEFiXでのトラブル以外に、この様なトラブルが将来発生するのでは?と、ちょっと心配しております。(要は、バージョンは上がって行くが、それに伴い既存ユーザーはバージョンをあげて行く事になるが、いざ、再インストールの必要性が発生した場合、バージョンの「後戻り用のハシゴ」を外されているので「元に戻れず」泣きを見るのではと言う、「取り越し苦労」的な考え方です)

つまらない話題で済みません。


Jim,

Jimさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

MacOS X 10.5.7へのアップデートの前提条件として、EFiXファームウェア3.6.10以上が必要になりますが、EFiXファームウェア3.6.10以上にする前提条件として、MacOS Xのバージョンが○○以上でなければならないといったものは、私の知る限りではないかなーと思っています。

例えば、EFiXファームウェア3.6.10は、あくあまで「MacOS Xの10.5.7にも対応する」よ、と言うことで「MacOS Xの10.5.7にしか対応しない」というわけではないと思います。

ですので、EFiXの新規購入者が居たとして、購入したEFiXのファームウェアバージョンが3.6.11だったとしても、MacOS X 10.5やMacOS X 10.5.1での新規インストールは問題なく可能だと思っています。

実際に、過去にスリープの問題から、EFiXのファームウェアのバージョンはアップしたが、MacOS Xのバージョンは上げずに使い続けていた時期もありました。新規のインストールとはちょっと違いますが、本家の公式ウェブサイトやForum等におけるインストールの注意点にも、特にMacOS Xのバージョン縛りの情報はないので、大丈夫かなーと・・・まぁ、公式の回答ではなく、あくまで私の個人的な推測なんですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まいおい様

 でしょう・・。本家の今までの状態から想像すると「後戻りできない」と「あっさり」言われてしまいそうな気がしないでもないのです(勿論、想像の域ですが・・・)。そう言う意味では、今の状態が壊れた時のことを想像すると「背筋」が寒くなります。

Jim,

まいおい様

 てな訳で、一応、御本家に「お伺い」を立てました。一時間後に下記の方が、回答を下さいましたので、参考まで。

========================================

Re: If we have trouble need clean install OSX 10.5.6...
by Chris87 on 日 6 07, 2009 11:52 pm

If your PC is no Core i7 system, you can install MAC OSX 10.5.6 with firmware 3.6.10 or 3.6.11 without problems. Just because 3.6.11 supports 10.5.7 doesn't mean that it won't support 10.5.6...
========================================

Core i7は、元に戻れないようですね。それ以外なら大丈夫・・みたいです。でも、公式な回答ではないので(回答頂いた方が、サポートの人かどうか分からないもので・・・)本当に「そうなの?」の疑問は残ります。


Jim,

Jimさま、再びおいでやす(´∀`)!

確かに、Core i7をハードウェア構成として導入した場合、MaOS X 10.5.6の9G3553か、MacOS X 10.5.7が必須となります。そして、MacOS X 10.5.7が必須となると、必然的にEFiX 3.6.11が前提となるでしょーネ(´∀`)

逆にForumのほうにもレスがあったように、Core i7以外だった場合"No, need go back to old version the new version always full covering old version functions...の通り、新しいバージョンなら古いバージョンをすべて包含するため、EFiXのファームウェアバージョンが新しくても問題ないということになります。

確かに、新しいEFiXのファームウェアに酷いバグがあり、元のバージョンに戻したい等の意味で「戻れない」と言うのは変わらず、次のEFiXファームウェアバージョンアップまで修正されていると言うのを現状では期待する他ないでしょーね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ただ、初期インストールにおいて、今まで一番多くEFiXで利用されていると思われるCore 2 DuoやCore 2 Quadのシステムを利用している場合、MacOS XのバージョンやEFiXのファームウェアバージョンは、どのバージョンであっても問題ないと言うことになると思います(´∀`)


やや逆説的な、お話になりますが、Core i7がMacOS X 10.5.7を必須とするのは、Core i7はNehalemアーキテクチャのCPUで、MacOS X 10.5.7で始めて、正式なNehalemアーキテクチャをサポートし始めたからでしょう。

正確には、MaOS X 10.5.6ビルド9G3553からなのですが、MaOS X 10.5.6ビルド9G3553は、Mac Proに付属のLeopardにしか配布されていない模様で、恐らく一般的に入手可能なCore i7/Nehalem Xeon=Nehalemアーキテクチャ対応のMacOS Xは、10.5.7からということなります。

もちろん、そもそもNehalemアーキテクチャ対応のハードウェアは、Apple的に見ればMac Proだけなので、この推測にはあまり意味がないのですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Mac Proに搭載されているXeon CPUもまた、Nehalemアーキテクチャで、いくらEFiXがCore i7やXeon 5500番台に対応したいと思っても、肝心のMacOS Xが対応していないとなると、EFiX側に相当な改造を加える必要があると思われます。

従って、現状では、Nehalemアーキテクチャのハードウェア構成で、最初からインストールする場合のほうが少し面倒で、いきなりMacOS X 10.5.7ないしは、MaOS X 10.5.6ビルド9G3553が必要なるのではないかと思います。

そういう意味では、Core i7を導入してしまった場合、MacOS X 10.5.7以下、ひいてはEFiXファームウェア3.6.11以下には「戻れない」と言うのは仕方がないことだと思います。Forumのほうでも既に数人のチャレンジャーがCore i7でのシステム構築手順を掲載していますが、ちょっと面倒そうですねぇ・・・(;´∀`)

まいおい様

 成る程、i7のユーザーの方々は、私のスペックからすれば、凄いチャレンジャーですね。

 私の言いたかった事は「i7以外の方は、後戻りの必要がありません。ご安心を」のお知らせの一言だったのです。それも、本家から。「だから、ウチもチョンボしますが、その折りユーザーも方々には、最悪の場合、再構築というご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします」程度のメッセージがあるだけでも「精神衛生上」非常に良い事では?と思い、こんな質問を本家に投げ掛けました。「聞くまで言わない」、「じゃんけん」の「後出し」みたいな事は、して欲しくないなーと言う事だけです。これだけユーザーを引っかき回しているのですから。

と、今回は、感情移入も多分にあります(笑)。

Jim,

Jimさま、再びおいでやす(´∀`)!

確かに何かとなかなか問題を認めない傾向にあるのは確かですねぇ。後々になってFixをぽろっと出しますが、特にASEMは、注意書きや説明がないのは確かです。

そもそも問題が発生した場合に、追加のパーツ購入してり他の手持ちのパーツを試して見てくれ、また再インストールをしてくれ、と言うのはユーザにとって、そんなに気軽にできることでもなく、ましてや、常用している環境においては致命的なことです。それを当たり前のように強いるのは、ちょっと頂けないとは思います。

EFiXが、立ち上がったばかり、また、ハンドメイドから始まったもので、まだまだ問題を抱えている、それでもいいなら一緒に製品を良くしていって下さい、そんな感じのスタンスで始めていればもう少し状況は違ったんでしょうが、品質は工業製品レベルだ、と言い切って売り始めてしまったんで、ユーザからすれば、それはちょっと・・・と思いたくもなってしまうところすネw

まぁバグはバグ、問題は問題としっかり認めて対応してくれるだけで、全然ユーザの反応は違うんですけどね。ひとまず、少しずつですが、再び動きだしたところなので、今しばらく静観してみましょう。

ファームウェアをリセットするとFarmwear Versionは0.0.0と表示されます。その状態では起動できないように思うのですが、なぜか起動できるケースがあります。

EFiXには何らかの保護機能が備わっており、Farmの更新に失敗した時のために更新ボタンを押す「一個前」が保存されているようですね。

そう推測したのはWindows側でうっかり更新ボタンを押してしまったからです。当然、Farmの更新に失敗しました。こちらで読むまで移転で旧サーバーが完全停止していることを知りませんでした。おかげでファームウェアが真っ白になってしまい表示は0.0.0が並ぶことに・・・。

その後、Macで起動をかけるとアイコンが表示され起動途中でブラックアウト(ハング)します。

MacOSは10.5.7に更新してあります。それでハングするということは「少し前のFarm」で立ち上がっていることになります。MacOS10.5.6にOSを入れ直し、EFi-X ControlCenterの最新版を入れてFarmを3.6.11に書き直すと何事もなく起動できました。

同じ症状で苦しむ方のヒントになればいいな、と考えて書き込んでおきます。

nobee谷口 様

 凄い経験話をありがとうございます。参考にさせて頂きます。

 所で、nobee谷口様のEFiXは「V1」でしょうか?ご教示下されば幸甚です。

Jim,

Jimさまへ。

私の所有しますのは、去年の11月ごろに買った「V1」です。

これはただの推測ですが、EFiXの保護機能というのは一つ前のFarmを保存しているということではないでしょうか?両方が飛ぶ、または何らかの原因で両方とも呼び出し出来なくなると起動もできず、BIOSからも見えなくなります。

私は万が一に備え別HDDを内部に設置しており、そっちに古いOS(MacOS 10.5.6)を入れてあります。10.5.7はカーネルパニックを起こして起動できませんが、そちら(予備HDD)から起動できると言うことはFarmが「3.6.10」以前、3.6.9辺りを使っていると思われます。

nobee谷口 様

 そうですか、良い方法ですね。その様なインストール「バックアップ」方法は考えた事もなかったです。

 今度9月ごろにはSnow Leopardが出てきますので、その時に、現在の10.5.7を温存した状態で、Snowに挑戦してみます。アドバイス有難うございました。(只、私のEFiX V1は、見事昇天され、現在はV1.1ですので、同じ様なバックアップが組み込まれているかどうか?? ちょっと疑問です。 実は、V1は昇天しましたが、エージェントに送り返して入院中なので、これが帰ってきたら予備に出来る利点があるので、これも、私の一つの退避方法になります。 只、いつ返ってくるか問い合わせていますが「梨の礫・・・」、ちょっと悲しいものがありますね。本家が、作らない限り、代替品も送れない状態でしょうから・・・。)


Jim,

nobee谷口さま、おいでやす(´∀`)!

EFiXファームウェア0.0.0でも動作するんですか!それは、やったことがないのもありますが知りませんでした(;´∀`)

新しいEFiX V1.1には、ファームウェアアップグレード時の安全装置として、一度、キャッシュゾーンというEFiXの内部メモリ領域に展開を行い、その後、EFiXのCoreモジュールにロードすると言う方法でファームウェアのアップグレードを行うようですが、V1には、その機能がないとされていました。

従って、nobee谷口さまの言うような機能を持っているか、もしくは、ファームウェア0.0.0の状態でも、最低限のブート機能だけはもっているかもしれませんね。

過去のEFiXファームウェア1.1.2~3.6.11は、EFiXのファームウェアをアップデートする前提条件として、MacOS Xのバージョンが●●以上であること、△△以上であること、と言う条件はありませんでした。

逆に、MacOS X ■■のバージョンする前提条件として、EFiXファームウェア◇◇以上が必要というのが、前回のEFiXファームウェアアップデート3.6.10で初めてだったと思います。

MacOS X 10.5.6までなら、ファームウェア0.0.0でも起動できてしまうんでしょうかねぇ。。。V1は無闇にリセットすると破損する率が高いので怖いんですが、うちは、まだ、MacOS Xも10.5.6のままですし、EFiXのファームウェアも3.6.10のままなので、(あまり褒められた行為ではないんですが)ちょっと試して見ます。。。

The ま゛!! (仮)様、Jim様。

万が一、EFiXが起動できないとかBIOSから見えなくなった場合も諦めたりジャンク品として売ってしまうのではなく、しばらく保管することです。

これも私の推測ですが、EFiXは基本的にはコンデンサと同じですよ。本体(マザーボード)からは外し、通電しない状態でそのまま数週間放置すれば、内部の情報がリセットされて初期状態に戻る可能性が高いのです。

海外での情報サイトにはそのような実例が書き込まれていますし、知人のEFiXもいったんはBIOSから消えたのになぜか「見えるようになった」との報告があります。

もっとも2週間近く放置する必要があるようですが(笑)。放置したからといって確実に復活する保証はありませんし、仕事で使ってる人は簡単に待てる期間ではありませんね。ですので製造元に送るのが、もっとも良い選択だと思いますよ。

物理的に故障して昇天されているのではなく、USB VID PIDが起動やBIOSからの認識の邪魔になっているケースの場合にはこの方法で復帰する可能性が高いです。すごく単純な方法ですが、単純すぎて意外に気がつかないものです。

困っている他のEFiXユーザーの参考のために書き込んでおきます。

nobee谷口さま、ふたたびおいでやす(´∀`)

確かに、BIOSから見失った場合の対処としては、普通かもしれませんね。EFiXがBIOSから消えてしまっていても、CMOSクリアやBIOSの初期状態へのリセット、それから、コールドブートアップ等で、再検出できる場合は多々あります。

特に私の経験でも、ファームウェアのリセット云々は置いておいて、BIOSの初期設定戻しの他、コールドブートアップや、でもCMOSのクリアでBIOSから再び見えるようになった例があります。

また、コールドブートアップだけでも見えるようになる場合も結構ありました。GA-G31-E2SLにEFiXを挿した際、EFiXファームウェアやMacOS Xのバージョンアップの度にBIOSがEFiXを見失うため、ちょっと苦労したときがあったんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コールドブートアップは、一度、EFiXへの通電を完全に遮断するため、nobee谷口さまの言う、コンデンサから完全に電気完全に放出しきることができているかもしれません。

確かにUSB VID PIDが0x000000で見えているとダメかもしれませんねー。

情報ありがとう御座いま~す(´∀`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXファームウェアアップデート3.6.11の続報:

« EFi-X CONTROL CENTER (PREF. PANE) - V 4.0提供開始 | トップページ | EFiX公式ウェブサイトリニューアルとEFiXのブランド戦略 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン