2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« 新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報(BlogPet) | トップページ | Solaris Innovation Forum 2009に行ってきました(その5) »

2009年6月16日 (火)

EFiXのNehalem Xeon対応は可能なのか?

そいえば、一部のX58チップセットマザーでは、Xeonプロセッサが動作するようですが、EFiX環境下でも動くのでしょーかね。。。

EFiXが今回のファームウェア3.6.11でCore i7に対応しましたが、それは、Mac ProにおけるNehalemアーキテクチャ全般に対応したのをうけてCore i7も対応したのか、それともEFiX独自にCore i7に対応したのか詳細については不明ですが、対応した時期とEFiXファームウェア3.6.11+MacOS X 10.5.7以上での組み合わせで対応したところを見ると、前者のような気がします。

んで、本家のMac Proを見てみると、実際にはCore i7ではなく同じNehalemアーキテクチャのXeonプロセッサが搭載されています。EFiXの利用用途でよく言われていたのが、格安でMac Proに近いマシンを作ることができると言うことですが、現時点では、Mac Proと言うよりiMacより拡張性とCPU性能が高いコンシューマデスクトップが作れると言うのが正解な気がします。

んじゃ、より一層Mac Proらしくするには?と言うこととなると、CPUにはXeonプロセッサ、4GB以上のメモリ、ディスクのRAID、グラフィックカードのSLI等の対応かなーというトコロ。

現時点のEFiXのハードウェア互換リスト(HCL)において、Xeonプロセッサはサポートされておらず、メモリはMacOS Xのサポートする限りいけそう、RAIDもいくつか成功例が報告されていますが、SLIはサポート対象外となっています。

RAIDやSLIは、ちょっと置いておいて、最小構成に限って考えてみると、Nehalem Xeonのシステムを自前で組むのとMac Proを購入するのとでは、金額的には若干EFiXを利用したほうが安いかな?くらいの差しかないような気もします・・・何せ、2CPUのNehalem Xeon対応マザーボード、それからXeonプロセッサ自体それだけでも相当な金額になりますからネ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

もうちっとハードルを下げて、シングルソケットでXeonを動かすことができないかと考えると、一応、X58チップセットではXeonプロセッサを搭載することができます。

インテルのDX58SO対応CPUリストにBIOS4014以上で、また、ASUSのP6T6 WS Revolutionでも、最新のNehalem-EP XeonであるXeon 5500番台のCPUがサポートされているとあり、個人的にはCore i7よりも興味があります。

ただIntelのDX58SOでは、ネットワーク及びサウンドがいずれもRealtek以外なので、その辺についてはどうも動きそうにない気もする・・・ASUSのP6T6 WS Revolutionは、サウンドはダメっぽいけど、ネットワークはRealtekの8111Cなんで行けそう・・・

また、Mac Proは、2CPUを搭載可能とすることからX58チップセットはなく、恐らくi5520チップセットかi5500チップセットで動作していると思われるので、逆にそっちのプラットフォームでEFiXが動作するかも興味がちょっとありますが・・・どうなんでしょーね。

ASUSのZ8PEシリーズZ8NRシリーズ、SUPER MICROのX8Dシリーズ、TyanのS70xxシリーズなんかが、いずれもマザーボードだけで6万円以上ですが、このあたりシリーズの一番下位モデルが個人でも入手可能な限界かなー。

これらのマザーボードは、LANがIntel 82574LないしIntel 82573V/Lとなっています。サウンドは、ASUSは専用の増設ボードASUS MIO AUDIO CARDですが、ドライバを見ると、Realtekのドライバで、SUPER MICROはRealtek ALC883、TyanはRealtek ALC888の表記があります。

ネットワークは不明、サウンドは、SUPER MICROのRealtek ALC883は未対応、TyanはRealtek ALC888はドンピシャで対応、ASUSのは正確なコーデックチップセットの番号がわからないので不明。最も、これらはサーバ、ワークステーション用なので、サウンドはいらないっちゃいらないんですが、ネットワークが微妙で、むしろこっちが対応してないことのほうが致命的すねぇー。

確かに増設のネットワークカードを取り付ければいいのでしょーが、この手のサーバ用ないしワークステーション用マザーボードに搭載されているネットワークインターフェースは、オンボードでもそれなりに高性能で、サポートしているNICの制御用ドライバ等やソフトウェア、機能もそれなりにしっかりしたものなんで、できればオンボードで動いてくれればいいのだけど、たぶんダメだろうなー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ちょっと人柱で頑張るには、金額が高く付きすぎるので、自分としては遠慮したところですが、X58にXeon案なら、頑張れるだろーかと思ってしまいました。結局のところ、EFiXでXeonが対応するかどーかは"やってみないとわからない"ということですネー。・゚・(ノ∀`)・゚・。






インテル
2009-06-04
おすすめ平均:
その速さ『確かに』ビッグバン
アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

« 新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報(BlogPet) | トップページ | Solaris Innovation Forum 2009に行ってきました(その5) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiXのNehalem Xeon対応は可能なのか?:

« 新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報(BlogPet) | トップページ | Solaris Innovation Forum 2009に行ってきました(その5) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン