2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiX後継製品、EFiX V1.1 ReloadedやEFiX V2.0、EFiX PRO、EFiX notebook等々 | トップページ | 新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報(BlogPet) »

2009年6月13日 (土)

新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報

ちょっと前にお伝えした通り、EFiX公式ウェブサイトのリニューアルに際してハードウェア互換リスト(HCL)の更新があり、以前のハードウェア互換リストに比べてマザーボードのサポートが多少増えています。

新着のマザーボードでは、GA-EG43M-S2HやGA-EP43-DS3Lあたり、残念ながら、一時期、旧ハードウェア互換リストに掲載されていた格安のGA-G33系やこちらは掲載されませんでしたが、GA-G31系はサポートしないと少し前にEFiX開発チームが投稿しており、ある程度新しいもの、また、チープなボード、古いマザーボードは今後サポートしなくなるだろうとのこと。

また、ちょっとばかし、おや?と思ったのが、CPUのサポートにおいて、今まで、EFiXはIntelのCPUのみをサポートするとしてきたんだけど、EFiX公式ウェブサイトリニューアル後のハードウェア互換リストのページCPUのカテゴリの中に、IntelだけでなくAMDのページが準備されているようで、こちらもComing Soonとなっています。

AMDプラットフォームがサポートされると、今までIntel一択だった、ハードウェア構成に大きな広がりを見せることになりますが、その一方で不安も残ります。EFiXは今まで、それほど多くない種類のチップセットへの対応にも四苦八苦してきました。それが、今度は、IntelとAMD両方のサポートとなると、それこそ今までより多くのチップセット等に対応しなければならなくなり、再びバグの嵐が巻き起こるのでは・・・と(;´Д`)

まぁ、でも、AMDユーザでEFiXに興味がある人にも門戸が開放されることについては歓迎すべきかなーと思います・・・あとは、いつもの風呂敷を広げすぎて期待はずれにならなければいいのですけどね・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さて、EFiXファームウェア3.6.11における大きな変更点として、EFiXがCore i7にようやく正式対応したわけですが、相変わらず、Core i7関連のハードウェア互換リスト(HCL)は、Coming Soonのままなんです。

だけど、もー待ちきれない!と、凸撃した方がいるようで、公式アナウンスもハードウェア互換リストも出ていませんが、非公式で以下のマザーボードでEFiXのCore i7環境を実現した、と言う方がレポートを投稿していました。

●Core i7 920/GA-EX58-UD5/GeForce GTX275
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=41&t=3046
●Core i7 920/GA-EX58-Extreme/Radeon HD4890
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=41&t=3029

また、COMPUTEX TAIPEI 2009におけるASEMブースのデモで利用されていたマザーボードは、GA-EX58-UD4P、その他にも過去、EFiX開発チームが長い間ラボでべーたテストを行っていた際に、IntelのDX58SOマザーボードが利用されていました。

現時点で、公式なハードウェア互換リスト(HCL)が出ていないため、保証の限りではありませんが、GA-EX58-UD4P、GA-EX58-UD5、GA-EX58-Extreme等のギガバイトマザーはほぼ確定、インテルのDX58SOは、若干?と言ったところでしょーかね。

そもそもインテルのDX58SOは、サウンドとネットワークがそもそも今までEFiXやMacOS Xで利用されてきているRealtekとは縁がなさそうなんで、どうやって動かしていたのだろうとちょっと疑問がよぎります。

また、Core i7システムは、恐らくEFiX環境下において動作させるには、MacOS X 10.5.7を必須とするハズなんで、ちょいとCore i7環境にてEFiXを利用するのは面倒がいるようで、早速EFiX公式Forumのほうにも、その方法が紹介されています。
How to install OSX to a Core i7/X58 System
http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=2&t=3062

正確には、MaOS X 10.5.6ビルド9G3553からサポートなのでしょーが、MaOS X 10.5.6ビルド9G3553は、Mac Proに付属のLeopardにしか配布されていない模様で、恐らく一般的に入手可能なCore i7/Nehalem Xeon≒Nehalemアーキテクチャ対応のMacOS Xは、10.5.7からということなります。

やはり、上記の記事を投稿した人も、通常、我々が入手できるMacOS XのリテールDVDでは、Core i7環境のマシンにいきなりインストールはできなかったと記しています。いずれにせよ、EFiXを利用した場合、Macに付属のリストアDVDではインストールはできないので、Mac Proに付属のMacOS X 10.5.6ビルド9G3553があったとしてもどうにもならないんですけどネ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

こちらのCore i7システムへのインストール方法を見るとやや力業な気もしますが、現時点ではどうしようもないでしょーねぇ。MacOS X 10.5.7のリテールDVDが出て、それが一般に入手できるようになれば、初期インストールもそのまま行けそうな気がしますが。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。






インテル
2009-06-04
おすすめ平均:
その速さ『確かに』ビッグバン
アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

« EFiX後継製品、EFiX V1.1 ReloadedやEFiX V2.0、EFiX PRO、EFiX notebook等々 | トップページ | 新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報(BlogPet) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 門戸開放準備は良いですが、まいおいさんのおっしゃっている、Intelだけで「このざま」なのに、さらにAMD、今までのASEMの「ちゃらんぽらん」を考えると「犠牲者」続出・・・現実となった日が恐ろしいです。

 最先端(?)への挑戦、良い事だと思います。私もチラッと本家のフォーラムを覗きましたが、反面、結構「キレ掛かっている」投稿者の方もいらっしゃいますね。「暗中模索」「自助努力」を実践で行っていらっしゃいますので、凄い!の一言です。

 HCLも現実には、すべてのユーザーさんの思惑をカバーするモノではなく「Reference」と考える方が現実(ASEMが、全て調べて検証しているとは思えないので・・・)的な見方ではないか?と考えています。私個人の質問「Wireless LAN」を無げ掛けた時、即「D-Link DWA-547」作動しますとサポートから返事が来ましたから・・・。でも、HCLには掲載されていません。「◎、○、△、×」でも良いから、せめてCPU、マザーボード別でマトリックス表を、ユーザーの方々の現有・現状機種での調査をしてまとめるだけでも、ユーザーに取って非常にありがたい資料となると思います。


Jim,

まいおい様

 ここをお借りして、申し訳有りません。実は、私の懸案でありました「初代EFiX」が、病院から修理完了で帰って来ました!

 返送品は、

-------------------------------------------
EFiX V1

Description: Repaird-USB Boot Module

Service Fee: 0

Comment: Free of Charge. Within waranty period.
-----------------------------------------
でした。(ちなみに、German Versionです)
Firmware は、3.6.10です。


 想像ですが、多分、「V1」だと思います。何せケースにV1.1のレーザー刻印がありませんから。

 不思議な事は、EFiXケースの中身、例のUSB子ネクター持って見ると、コネクターと一緒に中身が動きます・・・。充填剤の入れ忘れかな?と、勝手に想像しています。

 返却予告時間より、3週間程オーバーして帰って来ましたが、WhiteDragonさんが、本家のページで、質門者の方に「今、一生懸命修理している最中!」と回答されていましたが、返送されて来て初めて実感・・・と言う感じです。

 ま、この状態が「すべてを語る」とは言えませんが、時間が掛かるにしろ、コツコツ修理しているのだなーと言う理解は出来ると思います。それと、一つずつ解決して行こうと努力しているのでは?と言う気がしないでもありません。

 最終的には、今週末、二代目と入れ替えてみて、正常に作動するかを試験してみる予定です。

 まいおい様の記事内容とは関係の無い内容ではございますが、私のEFiXがこの様な形になりましたので、報告させて頂きました。

敬具

Jim,


 

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

公式Forumでのサポートに関する問題についてのスレッド私も拝見しています。当然の結果かなぁと見ていました・・・まぁ、実際に提言するまでいかない人も潜在的に同じような意見の人がかなりいるんじゃないかなーと思っています。

結局のところ、ユーザの不満は、サポート等がEFiXという日本円に直して1個2万円を超える商品に支払った対価に見合わないと言う一点につきるんだと思います。日本のユーザについても同じでそれほど温度差はないかなーと個人的な所感です。

特に、日本人ユーザからするとサポートがすべて英語のため余計に感じる部分があるかもしれません。そもそも日本で作られた商品じゃないから、当然、それら商品を購入した場合、日本語でのサポートがないことを承知の上なんじゃないのか?と言われてしまうと、まぁ、そーなんですけどねぇ。。。

ただ、そのへんは、ASEMの日本語Forum開設や、日本におけるサポートの充実を謳った計画が事実上、頓挫していることがあるので、心情的には不満が出ても仕方ない、ASEM側の不手際と認識しています。

ハードウェア互換リストのマトリクスは、一部、ユーザの手で確認されているものを掲載しているウェブサイト等もありますが、やはりパーツ単位で動いた、動かない、までが限界でしょうね・・・組み合わせ(MacOS X、ハード、EFiXのバージョン、利用状況等)を考えると、それこそ数十万、数百万通りになってしまいますから。。。

ただ、wiki的な、動作確認が取れたパーツに関する組み合わせを掲載し、ユーザがそれを作り上げていくページがあってもいいかもしれません・・・wikiだと基本、単にパーツ名を箇条書きの垂れ流しになる恐れがあります。

動作する、しないの条件や箇所などを検索できるようにすると言った機能を考えると、メンテやデータの編集等をする人がいないとやっぱり大変でしょうね・・・なんにせよ、人手がかかる問題なので、ASEM側が行ってくれるのがいいでしょうが、現時点では、個人的には半ば諦めています。

特に動作状況をある程度集計するのは、集計する側も大変ですが、それをインプットするユーザの作業量もバカになりませんからねー。。。1つ、少し手間が省けそうな案があるとすると、EFiX公式Forum内でユーザがプロフィールを利用することです。

EFiX公式Forum内でユーザが編集するサイン情報は、事実上ハードウェア動作リストになります。あれを特定のフォーマットに従って記載し、それを集計することでHCL代わりにできないこともないんですけどねー・・・まぁ、これも、運営側とユーザ側双方で結構な大がかりな作業になるので、簡単にはできないでしょうけどね。。。

Jimさま、ふたたび、おいでやす(´∀`)

EFiXが無事生き返り戻ってきてよかったですね(´∀`)・・・それから、いつもながら、ご丁寧にご報告を頂きありがとうございます。

修理関係の情報は、皆さんも気になるところでもあるけども、故障したー、と言う情報があっても、その後の完結までの情報は、滅多に出てくる情報でもないので、とても貴重なのです。

ただ、不思議なのが、以前の時はV1.1になって戻ってきたのに、今回は、なぜV1のままなんでしょーねー・・・

あと、中の基盤が固定されていないのも気になります。German Versionは、EFiX V1の中でも初期型で、私も所持していますが、中の基盤はちゃんと固定されていました。記憶が確かなら、充填剤に対しケース内部に付いている杭のような物を突き刺す感じで固定されていたと思います。

従って、充填剤が必要順分量が充填されなかったか、そもそも充填剤が注入されなかったのか。。。それともケース内部の杭を付け忘れたかかなぁと思います。すぐにまた、修理に逆戻りの可能性がありますが、念のため、なぜV1.1じゃないのかを含めて、確認を取っておいたほうがいいかもしれませんね・・・

にしても、謎ですねぇ。。。V1.1になって戻ってくる明確な線引きがあるんですかね・・・Jim様以外にもEFiXの公式Forumで、同様に修理から戻ってきた人たちのコメントだと、V1.1になって戻ってきたと言っています。

ただ、それらのコメントは4月過ぎから5月くらいまでのコメントでそれ以降、修理から戻ってきたーと言う投稿もないので、アレですが、もしかすると、各ディストリビュータへのV1.1の出荷に伴ってV1.1の基盤や部品不足で、V1が送りつけられた可能性もあるかもしれないと、勘ぐってしまいそうです。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まいおい様

 修理戻り品、穿って考えれば「段々やかましくなってきたから、えい!やー!で修理しちゃえ! そしてユーザーに戻しちゃえ!」てな内容だったら「夢」破れますよね・・・。実は、エージェントの方では「V1.1で帰って来ます」との返事だったのですが、本当にV1だったら大嘘つき!です。何せ確認のしようがありません。それに、修理品の保証期間が明確でない。要するに、修理後の保証期間が明記されていません(問い合わせるつもりですが・・・)。

 本当にV1でも、突入電流・電圧に耐えるレジスターに変わっていれば「突然死」は免れるとは思うのですが・・・。その事柄には触れていません。(修理履歴無し)

 この辺が、非常にいい加減というか(将来の言い訳理由の為に、計算された行為だったら、もう、お手上げです<笑>)、しっかりして欲しい所です。

 問題は、中身が充填剤(RTV)で固定されていない、首里手順最終確認の甘さ、私が仕事としている製造業の世界では「問題外」の完全な「ポカミス」。この辺りからも、製造のプロが品質を作り込んだプロセスで作っているとは思えない所ですね。

 ま、今週末の自宅での「動作試験」が見物です。


Jim,

jimさま、おいでやす(´∀`)!

ええと、確か、保証期間については、公式ウェブサイトかForumにあった気がします。朧気な記憶ですが、交換品が届いた日から90日か、もしくは、故障したEFiXの残り保証期間のいずれか長い方が、残りの保証期間だったハズです。

でも、V1.1で戻ってくると言うところでV1と言うのは明らかに問題ですね・・・COMPUTEXが挟まってゴタゴタしてたとはいえ、ちょっとお粗末でしょうね。

外部のレーザ刻印がなくても、基盤内部がV1.1だと言われると、ユーザ側でホントにV1なのかV1.1なのか、確認できないところもイタイんですけどね・・・

ひとまず、ASEMがきちんと対応してくれるといいですねぇ。。。

まいおい様

 早速、ASEMに対して質問してしまいました(余り綺麗な英語ではないですが<笑>)。ま、とにかく返事を待ってみます。

 所で「中身がV1.1だ!」と言われても・・まいおい様の仰る通り、ユーザー側で確認出来ないのが辛い所ですね。V1.1 を持て居る私は「3年保証」本当かな?

Jim,

まいおい様

 何か、EFiX修理に関しての本家フォーラム、結構具体的アプローチ方法が出て来ています。

http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=37&t=2832&sid=694597f936ad8705f5ff14e4a0c080b7&start=10

 こんな事、モデレーターもユーザーが聞くまで言わない(?)のも不思議な話ですが、最近になってリペアが順調になって来たのと、表面化してきたから「頑張らざるを得ない(?)」と言う二重効果ですかね。

 私の質問へは、まだ回答が来ていません・・・トホホ!


Jim,

Jimさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

EFiXの故障原因については、EFiXの非公式Forumでのある方の投稿にもありますし、以前に私のEFiXが壊れた際にコミュニティ等で推測される原因としてちょろっと書きましたが、私もJim様と同じく突入電源かなぁと思っています。

同じ条件で、他のパソコンに取り付けられているパーツが壊れないのにEFiXだけが壊れるのは、やはり品質としては問題があるんだと思いますネ・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

EFiX公式Forumでの質問の件、まだ回答がきてないようですね、実際にどのような回答がくるのか興味があり、私もウォッチしています。

しかし、別の米国ユーザの質問で、北米のユーザは、EXPRESS HDで交換修理サービスがあるとモデレータが回答していましたが、アレ有償なんですよね・・・保証期間内で、ASEM側に問題がある場合・・・つまりEFiXに問題がある場合、すべて修理費・送料含めASEM持ちのハズなんですが、そのへんどうなってんでしょーかねぇ・・・ちょっと解せない感じでした。

シリアルを言えば、進捗がわかるようなので、とりあえず故障品の管理だけは行われてるようには思えますが・・・

まいおい様

 昨日、書き込みしたのですが・・サーバーさんが動いていないので「拒否」されてしまいました。

Jim,

まいおい様

 で、思いっきり本家フォーラムに、戻って来た修理品の不具合(機能以外。機能は生き返っていて、Ver.3.6.11でした。今現在、カメさんの様にUSBコネクタの「首」が引っ込みますが、体制に影響ないので、EFいX@Macに付けてます<笑>)、修理の不味さ、MOderatorのASEMへのフィードバック体制、価格面から見たサービスの悪さ(Apple iPod Nano 16GBとの価格から見たサービス比較)と書きたい放題書いたら、案の定、MOderatorが内容を日本のゴーストタウンに移動。そのゴーストタウンの実際の状況など・・。それでも、同じ内容でcomplainしたら、「本家出入り、2週間禁止」をEFiXのwebマスターから喰らいました(笑)。「頭を冷やせ!」と言われてしまいました。頭を冷やして、顧客の幸せを考えるのはどっちだ!と思いましたが・・・理解出来ないのなら仕方がないと思ったのと、対応の考えが全く違う事が理解出来たので、今後(二週間後から)は、Silent logger で過ごす事にしました。

 ASEMの工業技術の貧弱さ、サービル体制の悪さ、V1.1の日本への販売(又は世界への販売)の遅さ・・・等のクレームを書くと、MOderatorと「ASEMの機嫌を損ねる」のかつまみ出す行為をする事に関して感じるのは、基本的に考えからが違い、また、日本顧客への当初の彼らの目論みと現在の目論みが180度変わってしまっていると言う事です。

 ま、言いたい事も言ってしまったので、対応に対する気分は晴れませんが、考え方を今回の態度で知る事が出来たので、それでよしとします。

 心配なのは、PLT-Multipleさんの要望に対するASEMの回答が分からないのと、ご本人のUnofficialサポートページが閉じられてしまうのか?と言う事です。

 本家には、本当につたない英語で、書き綴ったので恥ずかしい気もします(笑)。

Jim,

まいおい様

 名前間違えました。PLT-Ultimateさんです。PLT-Ultimateさん、失礼致しました。


Jim,

Jimさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

本家Forum出禁ですか・・・今までForumを見ていると、あまり面と向かってASEMへの注文などを発現する人たちをあまり見かけず、少し前にあったユーザサポートのスレッドなんかも、相当珍しい部類だと思いました。

実際に、いくつか投げた質問の回答がないことについては論外として、モデレータの立場的には、良い悪いは別として、行われるべくしてて行われるだろう機械的な処置でしょーね・・・ちょっと過剰な反応にも思えますが。。。

こーなってくると、日本語できっちり意志を伝えられないのことが非常にもどかしく感じてしまいますねぇ・・・Skype等で直接ばりばり会話ができればいいのでしょうが。。。少し時間をかけてPMで文章ベースの質問などは投げられても、オンデマンドで直接会話するとなると、自分の会話力を考えるとかなり厳しく、実現できていません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

COMPUTEXが終わって、本格的にASEMがEFiXの保守業務に着手できるようになっているハズなので、CEOの交代を含めて、ASEMがどのような動きをするのか・・・もう少し静観するのがいいかと思います。

まいおい様

 確かにそうですね。静観するのが一番かも知れませんね。現段階では・・・。

 私のEFiX初代と2代目は両方共SZ Expressさんのお世話ですが、そちらの方は担当者の方の対応もすこぶる良く、丁寧な対応をして頂いています。ART側では、RMA記録があるらしく、人のものと自分のモノが間違って帰って来る事はないそうですが、ケースの混在(すなわち、V1.1に改良されているのに、保護ケースはV!のままとか・・)があるそうです。

Jim,

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報:

« EFiX後継製品、EFiX V1.1 ReloadedやEFiX V2.0、EFiX PRO、EFiX notebook等々 | トップページ | 新ハードウェア互換リスト(HCL)とEFiXの非公式Core i7対応情報(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン