2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« Solaris Innovation Forum 2009に行ってきました(番外編) | トップページ | 通信(BlogPet) »

2009年6月24日 (水)

UQ WiMAXの通信速度や通信可能エリアなどのテスト状況(その6)

今回のUQ WiMAX通信速度チェックは、六本木の東京ミッドタウンから。なんと!久々に屋内からの通信が出来た貴重なサンプルとなりました(´∀`)!もっとも、これくらい出来て当たり前じゃないと使い物にならないんですけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

場所は、Solaris Innovation Forum 2009が行われたミッドタウンカンファレンス、今回は、イーモバイルとの速度比較もちゃんとあります。

【地域】港区赤坂六本木
【場所】東京ミッドタウンカンファレンス4F
【備考】窓からは少し離れている
【結果】接続可能
●UQ WiMAX:
(下)速度:3.453Mbps (431.6kByte/sec) 測定品質:70.5
(上)速度:1.475Mbps (184.4kByte/sec) 測定品質:96.0

●E-MOBILE:
(下)速度:3.419Mbps (427.3kByte/sec) 測定品質:84.2
(上)速度:330.5kbps (41.32kByte/sec) 測定品質:84.6


今回も、下りの速度に関しては、UQ WiMAXとイーモバイルがほぼ同等、上りについては、UQ WiMAXがそれなりに良い数値が出ています・・・と言うか、下りについては、イーモバイルがかなり健闘していると言って良い数値かもしれませんねぇ。

対して、UQ WiMAXは、喧伝されている通信速度理論値を考えると、相変わらず、びっみょーと言うか残念な数値ですが・・・ひさびさに屋内から通信が出来た・・・と言うところだけは評価できそうなところです。

さて、もうすぐモバイルWiMAX試用期間の終了が迫っています。イーモバイルの最高7.2Mbpsから21Mbpsへ大幅に通信速度が向上するHSPA+が発表され、料金体系もそれほど変わらないことから、以前にもちらっと書きましたが、モバイルWiMAX試用期間の終了後は、モバイルWiMAXへの移行はせず、イーモバイルを利用し続けることになると思います。

モバイルWiMAXの本格的な課金サービス開始を目前に控えたこの時期に、21MbpsのHSPA+通信サービスを発表するあたり、イーモバイルの戦略だと思われますが、抜け目がないというか・・・いずれにせよ、モバイルWiMAXへの思わぬ一撃になったのではと思います。

さらに、実際にモバイルWiMAXを利用したユーザにとっては、かなり大きなインパクトを与えたのではと思います。それは、モバイルWiMAXの実行速度と接続性の品質にあまりにも問題があったからです。

単純に理論値の最高速度で言えば、モバイルWiMAXは約40Mbps、イーモバイルは約7Mbps、HSPA+で20Mbps、その速度差は現時点で5倍強、HSPA+が導入されても2倍の差がありますが、それはあくまでも理論値で、実効通信速度で言えば、過去の結果を見ても、UQ WiMAXとイーモバイルとで、それほど差がないのが現状です。

以前にも書いていますが、それ以前に移動通信サービスにおいて最も大事なもの・・・それは接続性です。この点については、UQ WiMAXはイーモバイルに対して、圧倒的に劣っています・・・コレはUQ WiMAXが移動通信サービス業界へ新規参入であることを除いたとしても、話にならないレベルです。

東京23区内はサービス範囲と言うものの圏外が多く、喫茶店等の屋内ではほとんど利用できた試しがありません。またJR山手線でも駅に停車中以外はほとんど接続できない、または接続できても動き出すとすぐ切れるでは、速度云々以前にサービスとして成り立っていないと思います。

UQ WiMAXでは、丸の内付近では通信速度が10Mbps以上出ていると言っていますが、当然のごとくユーザは丸の内だけにとどまって利用する訳ではなく、また、移動しながら通信できない移動通信サービスに何の意味もありません。

電波の指向性や乱反射の問題があるため、特にビル街では単純に基地局を増やせばイイという訳ではない、と言うのはわかりますが、他の業者やサービスがその問題を克服していることを考えると、やはりUQ WiMAXは、まだまだだなーと思います。

いずれによせよ、2年縛りがないと言った料金体系などを打ち出したことは評価できますが、UQ WiMAXの成熟には、まだしばらく時間がかかりそうで、もし、イーモバイルから乗り換えるとしてもかなり先の話になると思われます。

ですが、無償でUQ WiMAXを体験できたことは、いい体験になりました。やはり実機で体験してみないとわからないことが多いですねー。今月末を過ぎたら、貸与されているUQ WiMAX機器は返却しよーと思っています。

« Solaris Innovation Forum 2009に行ってきました(番外編) | トップページ | 通信(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UQ WiMAXの通信速度や通信可能エリアなどのテスト状況(その6):

« Solaris Innovation Forum 2009に行ってきました(番外編) | トップページ | 通信(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン