2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXファームウェアアップデート4.6.14提供開始(EFiX V1.0向け) | トップページ | Dell Photo All-In-One Printer 922のインクが切れた・・・ »

2009年7月28日 (火)

EFiX V1.0ユーザに対するEFiX V1.1アップグレード手続きの手順(その1)

現在、自分のほうで、オーダーしているEFiX V1.0ユーザに対するEFiX V1.1アップグレード手続きに関する手順なんかを紹介してみます。アップグレードプログラムの対応は、現時点においてMMSERVICESが一括で行っていることは、少し前にお伝えしましたが、ココに記載している内容は、あくまで、私の場合の手順で、コレが唯一の手順かどうか不明です。


1.【自分のターン】EFiX V1.1へのアップグレードプログラムの注文をしたい旨のメールを sales***atmark***m2-services.net に送付します。

※***atmark***を「@」に変更すると正しいメールアドレスになります。

Subjectは"About Upgrading program V1.0 to V1.1"とかでイイと思います。本文は、挨拶等を入れた後に"I would like to order the Upgrading program V1.0 to V1.1."と言った本文を添えれば問題ないかと思います。なお、この注文メールには、アップグレード対象のEFiXのシリアル番号を記載します。


2.【お店のターン】注文要求を受領後、ユーザに対しPayPalでの支払い請求に関する情報をメールで返信します。

MMSERVICESからは、支払いに関する必要な情報と、今回のアップグレードに関する処理IDが送られてきます。以後、アップグレードに関するやり取りは、このIDを元にMMSERVICESに問い合わせを行うのがいいでしょう。

台湾のラボに直送した場合もそうらしいのですが、基本的にEFiX V1.1へのアップグレードプログラムの支払いは、PayPalのみ対応しており、現時点で、他の支払い方法はないようです。


3.【自分のターン】お店から届いた支払い請求に基づき、PayPal経由でアップグレード費用を支払います。

支払い額は、前の記事に書いた通り、手持ちのアップグレード対象EFiX V1.0が保証期間内か保証期間外かによって変動しますが、少なくとも2、3ヶ月以内にアップグレードをする場合は、保証期間内の金額で見ておいて問題ないと思います。

また、スイス郵便を利用する場合とTNT Expressを利用する場合とで、金額とアップグレードに掛かる日数も変動します。TNT Expressのほうが、10ユーロ値段があがりますが、国際郵便より早く手元に届くようです。

ここでの「国際郵便かTNT Expressか」とは、MMSERVICESからユーザへアップグレードされたEFiX V1.1を送ってもらう際に利用する配送方法の選択です。

PayPalへの支払いは、メールアドレス・・・今回の場合MMSERVICESのPayPalアカウントメールアドレスになりますが、それを指定して送金することになります。支払い請求用のオーダーフォーム等は届きませんので、自分でPayPalにログインし、送金処理から、振込み先メールアドレスと送金する金額を入力し、送金処理を実施します。

送金処理が完了し、PayPalから送金の手続きが終わったよ!ってメールが来たら、一応、送金相手のMMSERVICESにも一方を入れておくといいでしょう。その際には、MMSERVICESから払い出された、アップグレード処理のIDとPayPalのトランザクションIDの両方をメールに記載しておくと親切かもしれません。

4.【お店のターン】アップグレード費用の入金確認メールが届きます。この際に不足の情報等があると、それについて追加の情報提供を求められます。

私の場合は、電話番号が不足していたので、そちらを教えるよう指示がありました。また、MMSERVICESからの入金確認メールは、場合によってはこないかもしれません。ただPayPalの支払い完了時に発行されるトランザクションID等は、PayPalにログインした際にも確認できますが、一応、何かしらに留めておくと良いかもしれません。

↑ただいま、ココマデ。以下続きは、また次回に。

公式な手順が完成されておらず、不明な点が多いこと、それに関して質問を結構投げていること、完成されたオーダーフォーム等もなく、海外とのやり取り、荷物の送受もあることから、実は、既にMMSERVICESとで、往復で約20通近くのメールのやり取りがあります。

早急なアップグレードを希望する人は、Powered by Excite翻訳なり英和辞書、和英辞書を片手に頑張ってやり取りしてみましょう。・゚・(ノ∀`)・゚・。


まだEFiXアップグレードプログラムは体制が整っていないようで、今後、担当窓口となるディストリビュータや価格、方法等は変更になる可能性が大いにあります。本記事の内容はあくまで参考情報として実際にアップグレードを希望する際には必ずご自身にてEFiX公式Forum内からASEM等にPM等を行い確認を行ってください。






インテル
2009-06-04
おすすめ平均:
その速さ『確かに』ビッグバン
アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

« EFiXファームウェアアップデート4.6.14提供開始(EFiX V1.0向け) | トップページ | Dell Photo All-In-One Printer 922のインクが切れた・・・ »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 流石、ASEMの製品アップグレード。手続きだけでも目茶苦茶に手間が掛かりますね(笑)。


Jim,

ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪

この手間を考えると.....経済力に余裕ありの人は普通に買った方が早いですねw

ウチにもV1.1(Reloadedじゃなかったですw)が届きました。
OSをクリーンインストールする際ですが、現在グラボをHCL外のモノを使ってるせいでインストールできずちょと焦りましたw
HD2600XTに差し替えたら問題なくインストールできました。

現在の構成
OS:10.5.7 (9J61)

M/B:GIGABYTE GA-EP45-EXTREME

CPU:Intel Core 2 Quad 2.83GHz Q9550

RAM:8GB 800MHz DDR2 SDRAM

GPU:nVIDIA GEFORCE GTX275
VRAM:896MB

で使ってます。
Time Machine、Bonjour等の不具合はウチでは出ていません。
一通りドライバを(オレンジアイコン解消のとか)入れた後にアクセス権の修復を実施したからかな??
また、以前遭遇したオンボードNICの不具合も解消されていますねー ヽ( ´¬`)ノ

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

自分で即アップグレードしたい!だけ言えばそれほど時間は掛からなかったのでしょうが、アップグレードそのものに関する手続きの質問の他にも、アップグレード時の保証の件や、必要経費、また、MMSERVICES以外から購入したユーザに対してのケアなど、本筋以外の部分も含めて、Step by Stepで質問したため、やり取りが多くなってしまいました・・・実際には、質問等を特に行わなければ、往復4通程度で済むかと思います。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ただ、MMSERVICESは、応答も早いですし、遠慮なく質問してくれ、とあったのでガンガン質問しましたが、某WhiteのDragonの人と違い、きちんと答えてくれますヨ(´∀`)

Broekさま、おいでやす(´∀`)!

13000円~16000円のお金を払って保証がないじゃ、確かに新規で購入したほうがいい気がしますネ。V1も手元に残りますし・・・

んで、Broekさまの環境では、不具合特に起きてないようでひとまず安心ですねー。うちは、V1.1を取り付け、それまでV1で使っていた環境を全部消し、クリーンインストールしたにも関わらず、AFPとTime Machineが動作しなくなりましたwww

ひとまずForumに助けてプリーズと書いたら、某Whiteの人が、すぐにアップデートがあるから待ってろとの回答・・・私の環境で発生している問題のFixなのか別の問題のFixなのかは不明ですが、何かしらアップデートを行う必要があるようで、とりあえず、そのアップデート待ちになってます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

>Time Machine、Bonjour等の不具合はウチでは出ていません

前言取り消しw
いろいろドライバーを入れたときに、Chameleon-2.0で使った
パッチ済みIONetworkingFamily.kextを入れてしまった為、作動したみたいです。

素の状態じゃウチもNGでした....(; ̄ー ̄A アセアセ

Broekさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

やっぱり、IONetworkingFamily.kextないとダメですかぁ・・・

追加のkextは、入れないようにしてるんですが、ちょっとネットワーク絡みの不具合は不便でしょうがないんで、うちもIONetworkingFamily.kextを入れるかどうか、ちょっと迷ってます。

早くFixのファームウェアアップデートが出て、それで解決してくれればいいんだけどなー。。。

みなさま

ちょっと、お話の流れと違いますが、Broek様の書かれた
「一通りドライバを(オレンジアイコン解消のとか)。。」
の「オレンジアイコン(外部接続)」の解消の情報とかよろしければヒントだけでもお願いできませんでしょうか。。
まさに、(V1.1で)この状態で遭遇してググってるのですが情報がみあたらなくて困ってます。。
ちなみにマザー、CPUは、
GA-EP45T-UD3R + E8400 + GeForce 9800 GT
です。
外部kext以外の対処は、やはりファームウェアのアップ待ちでしょうか。。

(*^・ェ・)ノ コンチャ♪

AHCIモードにするとオレンジアイコンになっちゃうというHac系の持病なんですね〜これってば。

http://www.mediafire.com/?zytdghpebyd

こちらより、ドライバーをDLしてその中の

LegacyAppleAHCIPort.kext
LegacyIOAHCIBlockStorage .kext

をkextHelper b7(http://cheetha.net/ よりDL)を使って
インストールします。
念のためディスクユーティリティでアクセス権を修復しリブート
するといつものHDDアイコンに戻ってます。

BiosでAHCIをIDEにすればOK。

コメントありがとうございます。

まいおい様

いつも楽しく拝見させて頂いております。
コメント欄を汚してすみません。「(オレンジアイコン解消」に脊髄反射してコメント入れてしまいました。(ホントに困ってたんですよ)
どうぞ、お許しくださいませ(_O_)

Break様

帰宅しましてご教示いただいた方法を行った結果、見事に直りました!!感謝感謝です。
本当にありがとうございました!
試しに"LegacyAppleAHCIPort"とかでググってみますといろいろヒットしますね。大変勉強になりました。

その他様

最初は、IDEモードも考えたのですが、やっぱAHCIを使ってみたかったもので。。
でも性能比較とかされているページとか見るとそんなに変わらないようですね。。。


ひろさま、おいでやす(´∀`)!

コメント欄はあまりお気になさらずに(´∀`)

実は、ICH9のGA-X48-DS5では、AHCIにしても、オレンジのアイコンにならないんで、そのkextのお世話になったことがなく回答できなんで、誰かが回答してくれるのをジッまっていました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ひとまず、お悩みの件、解決したようでなによりです。

Broekさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

kextHelper 便利ですよね・・・私は実質、EFiXでMacを始めた人なんで、kextの構造を知らずに、コレExtentionに突っ込めばいいんでしょや、簡単簡単( ´_ゝ`)・・・とかって適当にsudoでコピったら、Macが起動しなくなったとかでちょっと泣きを見たこともありましたwww

その他さま、おいでやす(´∀`)!

IDEにするとオレンジじゃなくなる、と言うのは知りませんでした、私も1つ勉強になりましたヨ。

少し話しはズレますが、個人的には、AHCIはどちらかというと、ホットプラグ的な意味のほうがありがたみがある感じがしますネ。

ネットなんかを見ると、確かにベンチマークの上で若干の速度向上が見られるけど、体感的な性能アップを感じられるような速度の向上は見られないみたいなので。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まいおい様

お気遣いありがとうございました。気が楽になりました(小心者なもんで(^^;))
オレンジアイコンの件、ホントすっきりしました!
#Broek様、重ねて御礼申し上げます。
これからも楽しみに拝見させて頂きますのでよろしくお願いします。

ひろ様

お役に立てて光栄です^^

Broek様、その他様

 以前から気になっていたので、今回、V1を4.6.14に上げてからお二人の方法を試させて頂きました。結果から申し上げますと、その他様の方法は、私のマシンでは、勿論、表示が「普通のマック」と同じようになりましたが、動作が不安定になり結果「却下」しました。Broek様の方法を採用した場合、何も発生しませんでした。

 やはり、オレンジマークが「普通のMac」になると感じが良いですね。御両名様、アドバイスありがとうございました!!

 因みに、今回、私事でEFiXには全く関係がないのですが、EFiX@Macの「箱」を中国では有名な「Deluxe」から台湾メーカーで非常に作り込み精度が高く「静音」機能を兼ね備えている「LIAN-LI」というメーカーのケースに切り替えました。非常に静かで、勿論、組み込みの勝手の良さはピカイチです。因みに、私の今回購入したモデルはLIAN-LI PC-7F(Black)モデルです(因みに総アルミのケース)。Middleタワーですが、拡張性に優れ、筐体温度は全く上昇しません(Deluxeは、結構「暖かい」程度温度上昇します。 HDDの温度は最高でも40℃しか上がりません)。

 日本でも買えるはずですが、アルミ製ですので、結構、お値段「ボラれる」と思います。中国元を日本円に換算して約15,000円弱です。5インチ・ベイ4基(私はDVDドライブ2基搭載済み)、HDDベイ4基(HDDを4台搭載)、3.5インチベイ(カードリーダー+USBユニット搭載)1基の構成です。

 箱自体は非常に余裕があり、拡張性は抜群です。因みに、アルミ素材面をそのまま生かしたシルバーは、残念乍らこのモデルにはありません。PCのDYI「15年近く」ですが、生まれて初めて「アルミ」のケースを使いましたが、こんなに使いやすいケースは一度も出会ったことがありません。22インチX2ディスプレーも、VDVドライブも、カードリーダー+USBユニットも全て黒なので、トータル・コーディネート的には非常に満足しています。(因みに、全面のファンは直径120mm、背面(排気側)は80mmのファンです。CPU水冷のパイプも配置出来る様に最初から水冷パイプを通す事の出来る穴もラバー付きで穴が明けてあります(水冷をやった事がないので、私自身は使う事はないと思います)。

Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

奇遇ですねー、私もWindows Vista兼EFiX MacのメインマシンでLIAN-LIのPC-7B PLUSと言う同じ系列の派生モデルのPCケースを使っています。
http://www.lian-li.com.tw/v2/en/product/product06.php?pr_index=154&cl_index=1&sc_index=25&ss_index=62&g=d

このケースというかLIAN-LIのミドルタワー系のPCケースは、フルアルミで綺麗・・・と言うかシンプルで、表面に色々加工のないすっきりとしたデザインのケースが多いこと、それから、横幅や奥行きがしっかり取られた寸法になっているので、内部のエアフローがとても良い点が気に入っています。

Core 2系CPUの発熱が、一世代、二世代前のPentium 4やPentium D等のCPUに比べると全体的にかなり低く抑えられていることも一因でしょうが、前述のような構造のおかげで、ケース全体も暖かくなるといったこともなく安心して使っています。

他にも似たようなコンセプトで作られているAbeeのAS Enclosure M5と言うPCケースで別のマシンを組んでいます。
http://www.abee.co.jp/Product/AS_Enclosure/M5/index.html

こちらも、ケース内部でのケーブルの取り回し等におけるケーブルの通り道をマシン内部に作り込んであったり、ケース内部にケーブルを巻き付けるような機構があり、ケース内部がとてもすっきりします。

昔に比べて、最近のケースはエアフローや取り回しの良さ、拡張性における作業の簡素化を図るための工夫が沢山されているPCケースが多くなってきていますネ。

尤も、やはり、ある程度のPCケースの大きさがあることも大前提ですし、値段もそれなりにはなりますが、見た目も綺麗ですし、陳腐化が早いこのコンピュータ部品の世界で、唯一長く使えるPCケースには、ある程度お金を掛けることにしています(´∀`)

キューブマシンや省スペースマシンもいいなーと思うこともありますが、やはりある程度のスペックを求めたときに、小さな筐体にものを詰め込むとどうしても廃熱の問題がどうしても付きまうので、その辺は割り切って、用途を分けるしかないなーと・・・。

いずれにせよ、目に付くモノなのでシンプルで見た目もいい綺麗な全体がアルミのPCケースが個人的には気に入っています(´∀`)

まいおい様

 これまた奇遇ですね! LIAN-LIのケースの先輩だったとは! まいおい様のケースの母体が、実は私の最初の購入目的のPC-7のものだったのです!。実は、まいおい様と同じケースにしようとも考えたのですが、HDDの拡張性を考えると出来るだけ積みたいので(只の我が儘!)PC-7Kにしました。おまけにLIAN-LIのアクセサリーEX-34と言うHDD3台を防振ゴムサポートで取り付けられるモノを購入し(実はEX-23も購入)、近い将来FEiX@Macを内蔵のRAID5にしようと目論んでいます(笑)。このアクセサリーも優れもので、勿論オール・アルミで冷却ファン付き!これでSATAの線を引き回さずに筐体の中でRAIDが可能になる!と意気込んでいます。

 因みに、この計画の為に現在使用の460Wの電源を600Wに変更する段取りをしています。MacProスペックを追い越しそうです(笑)。

 所で、便乗質問で恐れ入りますが、私、現在Intel 2.66GHzのCPUを使用しており、十分さは感じておりますが、SwonLeopardに突入するに関してスペックアップしたいと思っておりますが、現行CPIU以上より(上を見ればキリがないのですが・・)お手頃価格でパフォーマンスも今以上、体感的に感じらられるレベルのCPUのお奨めがございましたらご教示賜れば幸甚でございます。

Jim,

Jimさま、再びおいでやす(´∀`)

LIAN-LIのケース、結構デキが良いと思うのですが、イマイチ日本国内ではメジャーじゃないようで、取り扱い店が多くないようです。Abee等に比べると、フルアルミケースにしては、そこそこお買い得な値段設定だと思うのですけどねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Abeeもそうですが、LIAN-LIもアクセサリパーツが結構充実してますよね。昔は、広いケースがあっても3.5インチシャドウベイを増やすためのパーツもほとんどなく、PCケース内でRAIDのディスクを取り付けようと思ったときにとても大変だった記憶があります。

さて、新しいSnow Leopardのシステム要件には、以下のように記載されています。

* Mac computer with an Intel processor
* 1GB of memory
* 5GB of free disk space
* DVD drive for installation
* Some features require a compatible Internet service provider; fees may apply.
* Some features require Apple’s MobileMe service; fees and terms apply.

とてもとても抽象的というか曖昧な記載で、微妙な表記ですが、Snow LeopardがLeopardからのメジャーアップデートというよりは事実上マイナーアップグレードに近いこと、また、Leopardからのアップグレードプログラムをいち早く提供することを発表していることから、必要スペックは現時点のハードウェア構成とそう変わらないスペックで十分だと思われます(Intel processorとしか書かれていませんが、Snow Leopardのシステム要件ページには、Core 2 Duoのアイコンが載っています)。

64ビットプロセッサは、Leopard時代から既に必要条件でしたが、Core 2系CPUを含め、最近のCPUはすべて64ビットプロセッサです。従って、EFiXが必要としている要件のハードウェアであれば基本的にはSnow Leopardは問題なく動作すると思います。

んで、ココで問題になってくるのがEFiXです。新しいCPU等にして快適になるか?と言われると微妙なところがあります。現時点で、そもそもEFiX+Core i7環境を利用した場合、パフォーマンスが出ないと言う問題がForumで提起されています。

コレが体感レベル・・・つまり詳しい性能測定等を行わず、特定の条件やアプリケーションにおいて、単になんとなく遅く感じるとないしは、早くなった感じがしないと言う問題なのか、本当に性能が出ていないのか等、不明ではありますが、EFiXを利用することも考えると、これら問題をクリアにしていく必要があります。

また、EFiXに絡まない話としても、ブラウザの起動やメーラーの起動、オフィス系のアプリケーションの起動等は、Core 2系CPUから例えばCore i7系CPUに変更したとして、せいぜいゼロコンマ数秒から、数秒程度の速度アップくらいしか見込めないと思います。

コレがエンコード等の処理や画像編集、マルチスレッド対応の複数アプリケーションの同時実行、また、データベースサーバとして動作させた際の検索時等であれば、Core i7や今後、出てくくると思われるCore i3/Core i5はたまた、現在のXeon 5500番台・・・いわゆるNehalem-Xeon系に変更した場合、Core 2系CPUよりも性能向上を体感できる可能性があります。

ただ、最近特にですが、性能向上を考えたときにネックになるのが、CPUに最適なコードでOSやアプリケーションが作られているかと言うことです。例えば、物理層に近いレイヤでは、32ビットOSでは使い切れなかった64ビット化による大量のパイプラインの使い方、もっとOS側のレイヤでは、大きなメモリ空間やマルチスレッドに対応しているか等、これらをきっちりと把握し、適した使い方をしていないアプリケーションやOSでは、64ビット環境下だろうが、コア数の多いCPUの環境下であろうと、性能が上がらない、または、逆に遅くなったと言う例があります。

いまだ、開発環境も利用環境も32ビットアプリケーションが全盛の中、果たして64ビットハードウェア環境をしゃぶり尽くして利用するようなアプリケーションがどれほどあって、それが、どれほどのパフォーマンスを出しているかは不明ですが、一概にハードウェア性能をよくしても、体感速度が上がらないと言った場合も往々にして発生してまうことがあります。

その辺を踏まえてですが、デスクトップのCore 2系CPUは既に終息し、Core i7系CPUも今年の9月頃に生産を終了すると伝えられています。ご存じの通りCore 2系は、LGA 775ソケットのためで、Core i7との互換性がなく、また、Core i7はLGA 1366のソケットですが、今後ラインナップされてくるCore i3/Core i5はLGA 1156ソケットとなり、やはりCore i7とマザーボードの互換性がないようです。

これらを考えるなら、現状のCore 2系環境で充分という考え方もあります。たた、きちんとマルチスレッドや64ビット環境に対応したアプリケーションを利用する前提であれば、エンコードや画像処理のフィルタ等の処理については、Core i7のパフォーマンスは、Core 2系のハイエンドCPUとCore i7のエントリークラスCPUとの性能がほぼ同等とのベンチマークも出ており、そういった面では、体感における性能向上も期待できそうです。

現時点のDIYにおけるCore 2系環境とCore i7系環境での価格差は、ディスクやメモリ搭載数、ビデオカード等を同じに考えた場合に、実質でCPUとマザーボードの価格差が、そのほとんどとなる感じに思えます。単純比較はできませんが、同一クロックという条件下で、3万~5万円程度の差になるかなーと思います。

ただ、先ほども書いた通り、Core i7はもうすぐ終息してしまうので、その辺を考慮して今後のご自身のマシンのアップグレード計画を考えつつ対応と言うのがよろしいかと思います。恐らく、Core i3/Core i5の出たては、また、CPUとマザーボード共に、それなりに高い値段で出てくると思うので・・・。

Core i3/Core i5出た後、Core i7を安くなることを期待してそれを買いたたくか、それともCore i3/Core i5まで待つか。。。尤も、Core i3/Core i5を購入しても、その後、マザーボードやメモリがそのまま次世代の環境に流用できるかどうか、と言う疑問については、答えようがないのですけどネ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ただ、究極的には、DIY等は、特に精神衛生面(身も蓋もなく言ってしまえば自己満足の類)での影響も大きいので、気に入ったものを気に入った時に買う、と言うのが一番イイと言うのが持論ではあります・・・今までのDIY環境の変遷を見ても、結局、CPUアーキテクチャが変わった場合、例えそうでなくても、マザーボードのソケットが変わることが非常に多く、結局、色々買い換えないとイケナイので。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

性能等云々は分からないけど、コストパフォーマンスだけで見ていったときに、Core 2系のハイエンドを買うならCore i7のローエンドを、Core i7のハイエンドを買うなら、Core i3/Core i5のローエンド待ちで。。。と言ったところでしょうか・・・

的確なアドバイスはちょっと難しそうです、ごめんなさい。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiX V1.0ユーザに対するEFiX V1.1アップグレード手続きの手順(その1):

« EFiXファームウェアアップデート4.6.14提供開始(EFiX V1.0向け) | トップページ | Dell Photo All-In-One Printer 922のインクが切れた・・・ »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン