2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXのCore i7対応とCore i7環境におけるEFiX V1の不具合について | トップページ | VMware ESXi 3.5 update 4を使ってみた(その4) »

2009年7月15日 (水)

EFiX V1.1販売情報の続報の続報

6月末頃にASEMからEFiX V1.1の販売情報が流れ、7月頭に工場からの出荷アナウンスがありましたが、日本ではまだ、Orange Systems及び株式会社MTGでの予約は可能ですが、これら店舗から予約者への出荷及び販売開始は行われていないようです。

Efix_v11_release01日本からの購入は再びできなくなってしまいましたが、欧州のディストリビュータであるMMSERVICEでは、既に商品選択の欄がEFiX V1.xの表示から、BPU Module EFi-X V1.1 USBに変更されており、正式にEFiX V1.1の購入が可能になっています。

また、正確な商品名は表示されておりませんが、最初に工場からのEFiX V1.1の出荷が行われた英国のディストリビュータであるOrange Systemsでも、今購入した場合に手に入るEFiXのバージョンは恐らくV1.1だと思われます。

一方、北米のディストリビュータであるEXPRESS HDでは、未だEFiX V1しか購入できない状態ですが、欧州でのEFiX V1.1の販売開始を承けて、いい加減今週末から週明けにくらいには、こちらもEFiX V1.1の販売が開始されるのではー?と思われます。

未だ正式なディストリビュータかどうか不明ですが、日本における販売予定店である株式会社MTG及び、Orange Systemsでも、今週末ないし遅くとも来週中あたりには、なんらかの情報が出るのではと思っています。

Orange Systemsでは、7月7日時点で入荷が2週間後との情報があり、株式会社MTGのほうも、当初の入荷予定は、今週末とのことでしたが状況は流動的なのようで、まだ、確定した情報がないようです。

このことから日本全体に対するEFiX V1.1の入荷自体が遅れている可能性もあり、日本でEFiX V1.1を購入できるのは、まだ、少し先になる可能性があります。

また、恐らくですが、日本での正式なEFiX V1.1の入荷と販売が始まると同時に新しい、日本のディストリビュータが発表されるものと思われます。EFiXの公式Forumにおいて、日本のディストリビュータはどうなっているかとの問いに、近日中に発表すると、ASEM側からのポストがありました。

ASEMからのポストの内容を見る限りでは、恐らく公式のディストリビュータは恐らくOrange Systemsになりそうな言い回しです。前にもちらっと書きましたが、そもそも、Orange Systemsは、英国のディストリビュータでもあるので、単純に日本向けへの販売チャネルを作るだけでいいはずですからね(´∀`)

いずれにせよ、幸い、Orange Systemsも株式会社MTGも共にスタッフは日本の方のようなので、正式な日本のディストリビュータが決まれば、EFiX V1からEFiX V1.1へのアップグレードを行う際の仲介も、こちらから行うことが可能にもなるでしょうし、そのほうが楽ですよねー。

何に付けて期日がまったく定まらない、もしくはASEMのCOMING SOONは確実に数ヶ月越しと言うことろは、相も変わらずといった感じですが、EFiX V1.1の足音は確実にすぐそこまで来ていると思います。・゚・(ノ∀`)・゚・。






インテル
2009-06-04
おすすめ平均:
その速さ『確かに』ビッグバン
アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

« EFiXのCore i7対応とCore i7環境におけるEFiX V1の不具合について | トップページ | VMware ESXi 3.5 update 4を使ってみた(その4) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してますっ
我が家のV1が昇天してはや2ヶ月...ようやくV1.1が買えそうですね。。
昇天後我が家のMacはBoot132&Chameleon2.0RCにてBootできる環境に変わりまして、これといった不具合も無く安定して動作しています。
マザボ、グラボに関しても色んな種類が選べることも解り、結構楽しんじゃってますww
知識、労力、検索力(笑)は不可欠ですがハードへの柔軟性という意味ではこちらの環境の方が遥かに勝っているという印象ですね。

今後、SnowLeopardがリリースされた時素早く対応できるのはどっちか...がASEMの運命を決めそうですね。

Chameleon2.0RC自体USBストレージにインストールできますし(現状我が家でもブートローダーとしてUSBに入れてあります。)
電源ウンヌンカンヌンという心配もないです。
有志の活躍もあり、ハイエンドなグラボにも対応できています。
(当方でもHD48** GTX2**での動作確認しました。)
そしてこれらのドライバはネット上に無料で置いてあるというところも見逃せないですね。
これらのドライバを使えばEFiXでもハイエンドなグラボが使えたりするんですが、結局労力を使う部分では変わりませんしね。。。

当然、EFiXを使用する事にメリットが無い訳じゃないです。でも、こうも容易く壊れてみたり、トラブルが多いんじゃ。。。
以前、僕が遭遇したオンボードNICの問題も解決ないままみたいですしね。。。(==;;

Corei7+X58&SnowLeoにシームレスに対応できるまで様子見といったところでしょうかね。。。

まいおい様。

日本のDistributorはMTG Inc.になったみたいですね。
新しいDistributorにはSZ Expressのような対応にならないことを期待したいです。。。
EFiX V1.1へのアップグレードサービスもUS$89?で始めるのでしょうか?

Broekさま、おいでやす(´∀`)

私もものは試しで1台、Boot132&Chameleon2.0RCで組んでみました。所感としては、一長一短といったところですね。

ハードウェアを選ばないところでは、Boot132 & Chameleon2.0RCはとても、柔軟ですが、Boot132 & Chameleon2.0RCである程度、システムを組み上げるところの手間を考えると、EFiXはとてつもなく楽だと思いました。

もっともEFiXの良さも、ASEMのダメさ加減と製品そのものの品質の問題さえなければ、と言う条件は付きますが・・・大枚はたいたあげくに壊れた上に、サポートや保証がままならないなんてシャレにもならないですしね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

使ってみると、その人独自の環境による問題も人それぞれ・・・いずれの環境を使ってもいくつか問題は出てしまう部分もあるでしょう。なので、OSx86にしても、EFiXにしても個人の環境次第、好みで利用すればよいと思うので、一概にはどちらがイイとは言えませんしね(´∀`)

既にですがEFiX V1でのCore i7環境における問題も発生していますし、恐らくSnow Leopardも一筋縄には行かないと思っています。

幸いにして、うちではEFiXの環境に問題が発生してないので、まー、Core i7環境ももっていないことですし、今の環境を使いつつ、今後の状況を生暖かく見守っていくつもりです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あ”さま、おいでやす(´∀`)!

確かに、ディストリビュータは、株式会社MTGになってましたねー。EFiXの公式Forum上でアドミニストレータからのポストに日本向けの販売店として、Orange Systemsの名前しか出ておらず、また、元々英国向けのディストリビュータだったんで、てっきり、こちらが日本向けのディストリビュータになると推測していました。

もしかしたら、Orange Systemsは、日本向けのディストリビュータがまとまらなかった場合のバックアップ的な存在だったのかもしれませんねー。

サポートの程度はどのくらいになるかは、まだ想像もできないですね。最近、MMSERVICESあたりは、モデレータとしてEFiXのドイツ語Forumでガンガン活躍してます。閑古鳥が鳴いている日本語Forumでも、株式会社MTGなりOrange Systemsなりのディストリビュータ等が頑張ってくれれば、も少しマシになると思うので、是非頑張って欲しいと願ってます(´∀`)

まぁ、そもそもASEMのEFiX開発担当が頑張ってくれなきゃイケナイところなんですが・・・ネ(;´Д`)

一応、Forumでのアドミニストレータさんからの話だと、ディストリビュータ経由なのか、それともラボ直送なのか、そのへんの詳細については、説明がありませんでしたが、US89$になると書いてありました。価格は予告なく変更される恐れがあるとも言ってましたが・・・

壊れたV1も$89でV1.1にアップデートしてほしいもんですな。。。。(==;;

まいおい様

Orange Systems Japanでの商品がEFiX V1.1 Handmade Made in Germanyになってます。
今週末にも入荷するらしいです。

Orange Systems Japanに問い合せたところ、壊れたV1からのアップグレードは不可能といわれました。

Broekさま、tentereさま、おいでやす(´∀`)

Broekさまの場合は、EFiX V1修理→EFiX V1.1アップグレードになりますね・・・EFiX V1のほうが、いきなり壊れたのであれば、ラボ直送なんかで修理の交渉をしてみるのもいいかもしれません。

tentereさま、正式なディストリビュータは、株式会社MTGになってましたが、Orange SystemsにEFiX V1.1を注文してみましてOrange Systemsから、7/20にEFiX V1.1のほう出荷予定との連絡がありました。

.....散々言っておきながら、EFiX V1.1 Handmade Made in Germany 注文したのは内緒です。。。。

Broekさま、おいでやす(´∀`)!

wwwwwwwwwwwwwwww

余裕があるなら、持っていたらいたで便利だと思いますヨw

品質に問題を抱えていたこと、サポートの質の悪さなんかは、ASEMとEFiXで、依然として残ったままですからネ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

こんにちわ。
いつも興味深く拝見しています。
現在、某クレバリーの
ホーム > PCパーツ・周辺機器 > インターフェースカード > インターフェース (オンボード) > オンボードカード (その他) に EFi-X V1.1 税込24,795円 (本体 23,615円)  で掲載されています。
メーカーサイトのリンクはMTGになっていました。
因に、当方がMTGに問い合わせたときには、最初の入荷は全て販売済で、次は未定とのことでした。

きょうはぱんだ〜マンで販売♪

わんたんさま、おいでやす(´∀`)!

タレコミありがとうございます(´∀`)!先ほど、私も某クレバリーのページを見てました。トップページには特に掲載されていませんが、新着・値下げ情報のほうには、新着パーツとして掲載されているんですネ。

SZ Expressが日本のEFiXディストリビュータだった頃は、唯一、ヨシバ無線のSZ Express店頭販売コーナーだけが、秋葉原に限定した場合ですが、店頭でEFiXを購入できる店舗でした。

SZ Expressのディストリビュータ撤退に伴い、ヨシバ無線のSZ Express店頭販売コーナーも無くなってしまったようです。

その後、株式会社MTGにディストリビュータが変更になりましたが、株式会社MTGは大阪のお店・・・株式会社MTGの商品を取り扱う店舗、ふぁすとぱっく3pointもやはり大阪・日本橋なので、今後、東京・秋葉原では購入不可能なのかなーと思っていました。

某クレバリーが取り扱いを開始してくれれば、再び、アキバでの店頭販売店舗ができることになりますねー。

ただ、今回の某クレバリーでの入荷は、ごく僅か数個だったようです。朝の時点で店頭にあった分は売り切れ、通販分の在庫も、完売となってしまったようで、次回の入荷は未定とのことです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

こんにちわ。

Orange Systemsから、やっと、もうすぐ発送する旨のメールを受け取りました。到着が楽しみです。

ところで、某クレバリーの件は昨日、たまたま efix + i7 で検索したなかに引っかかりました。それ以前も同じ検索をしてるのですが、気がつきませんでした。

秋葉原での店頭での販売は、卸とか業界の系列とかの関係なのでしょうか。

エンドユーザーとしては、いずれにしても店頭で手に入れることが出来る環境が整うといいですね。

わんたんさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

わたしも、先日、Orange SystemsのほうからEFiX V1.1を受け取れた感じです。EFiXのコミュを見たところ、PC WatchのAkiba Hotlineにもクレバリーの他に、もう1店舗PS/PLAZA WAKAMATSUに入荷したようで、記事の方には、EFiX V1.1の箱に株式会社MTGのシールが貼ってありました。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090718/ni_cefix.html

まいおい様

 なんか、V1.1のデリバリー、活気付きそうですね!ASEMが、この良い方向に乗って行きそうな感じに「ガク・ガク・ガク」と腰を折る様な真似はして欲しくありませんね(笑)。


Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

EFiX V1.1の国内流通開始で、新規購入者を含め、確かに少し活気づいてくれれば、それに伴いASEMのサービスと品質の充実が進んでくれればよいなーとホントに思いますネ。

おいおい 様

いろんなところで取り扱いはじめたということは、結構な需要があるのでしょうか?
おいおい様と同様に、品質の充実が進んでくれることを期待しています。

わんたんさま、おいでやす(´∀`)!

アキバでの複数のお店での店頭販売に関しては、珍しいガジェットとして、まずは数個、売り出して見て、店頭や電話での問い合わせ件数などをみつつ様子見しながらといった感じではないかなーと個人的には思っています。

現在、シリアルがEFiX V1の30000程度までと言うことで、全部のシリアルを使い切っているかどうか不明ですが、全世界で3万個と見れば、とてつもなく売れている・・・と言う訳ではもないかもしれません。

自作のPCで条件が適合すれば、もしくは、少額でパーツを交換すればEFiXを使えるユーザが潜在的におり、その人達にとって興味のそそる商品であることには変わりはないと思いますしネ(´∀`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiX V1.1販売情報の続報の続報:

« EFiXのCore i7対応とCore i7環境におけるEFiX V1の不具合について | トップページ | VMware ESXi 3.5 update 4を使ってみた(その4) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン