2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« VMware ESXi 3.5 update 4を使ってみた(その4) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート4.6.12提供開始(EFiX V1.0向け) »

2009年7月20日 (月)

EFiX(V1.1)の購入先と価格について(7/20時点まとめ)

既に欧州圏では出回っていたEFiX V1.1が、日本国内にも流通しはじめました。日本国内におけるEFiX V1.1初回入荷分はほぼ完売したと思われますが、約1週間~2週間ほどで次回分の入荷があると思われ、今後は、それなりに流通経路が確保されると思われるので、現時点で判明しているEFiXの購入先と価格について、ひさびさにまとめをしておきます。

注意:あくまで独自の調査やEFiXのコミュ等やタレコミで拾い集めた情報です。詳細が違う恐れもありますのでご注意ください。

新しくEFiX V1.1の取り扱いを開始した販売店
【株式会社MTG】NEW!!
URL:http://www.mtg.co.jp/EFix/EFIXv11.htm
価格:24,800円+525円(送料)=25,325円
支払:銀行振込、郵便振替、代引き、
備考:大阪にある新しい日本のディストリビュータ、EFiX日本代理店となった会社。現時点でEFiX V1.1初回入荷分はほぼ完売し在庫がない模様だが、日本のディストリビュータとなったことで今後もこちらからは購入が可能。

【ふぁすとぱっく3point】店頭購入可能店舗 NEW!!
URL:http://www.mtg.co.jp/fast3points/index.htm
価格:24,800円=24,800円
支払:現金
備考:大阪にある店舗で、株式会社MTGのアンテナショップ。実は、日本国内でSZ ExpressのEFiX在庫がなくなった後も、独自のルートで入手した在庫を持ち、密やかにEFiX V1の販売を店頭で続けていたお店。

【Orange Systems Japan】
URL:http://www.orange-systems.info/japan/buy_efix.htm
価格:25,000円+500円(送料)=25,500円
支払:代引きのみ
備考:英国のEFiXディストリビュータであったOrange Systemsの日本代理店。SZ Expressのディストリビュータ撤退で、ASEMが慌てて用意したと思われる。最終的には日本のEFiXディストリビュータは、株式会社MTGとなったが、こちらからも購入が可能だが、現時点でEFiX V1.1初回入荷分はほぼ完売した模様。

【クレバリー】店頭購入可能店舗 NEW!!
URL:http://www.clevery.co.jp/eshop/g/g4562117820361/
価格:24,795円(本体価格)+0円(送料)=24,795円
支払:現金、クレジットカード、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、ショッピングクレジット
備考:株式会社MTGから仕入れと思われ、現時点では現時点でEFiX V1.1初回入荷分はほぼ完売し在庫はなし。秋葉原の店頭及び通販で購入が可能。

【PS/PLAZA/WAKAMATSU】店頭購入可能店舗 NEW!!
URL:http://www.wakamatsu.co.jp/cgi-bin/shopping/details.cgi?itemno=650&display=normal&class=all&word=&FF=&NP=0&TOTAL=496&enumber=0
価格:24,800円(本体価格)+0円(送料)=24,800円
支払:現金、通販の場合は代引き、銀行振込
備考:株式会社MTGから仕入れと思われ、現時点でEFiX V1.1初回入荷分はほぼ完売し、在庫なし。秋葉原の店頭及び通販で購入が可能。

【PC ONES】NEW!!
URL:http://www.1-s.jp/
価格:24,800円(本体価格)+420円~(送料)=25,220円
支払:現金、クレジット、デビットカード、代引き
備考:大阪の店舗で、現時点で、EFiXの商品説明と販売のページは削除されている模様。GoogleのキャッシュでのみEFiX販売ページで確認できるが、店頭には数個の在庫があった模様。


EFiX V1を購入可能な店舗
【Yahoo!オークション】
URL:http://auctions.yahoo.co.jp/jp/
価格:15,000円~30,000円程度
備考:現在、1、2週間待ちほどでEFiX V1.1が入手可能となっているが、オークションではEFiX V1が幾分安く入荷することができる模様。






インテル
2009-06-04
おすすめ平均:
その速さ『確かに』ビッグバン
アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

« VMware ESXi 3.5 update 4を使ってみた(その4) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート4.6.12提供開始(EFiX V1.0向け) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

ミクシーでお世話になったものです。V1が突然死してから、新しいのが出たら買おうと思っていたのです。満を持してV1.1が発売されると聞いて早速購入しようかと思っていたのですが、公式HPにV2がカミングスーンになっていますね。
待ちなのかもしれませんね。。どうおもいますでしょうか?

XXXさま、おいでやす(´∀`)!

正直なところ、どこらへんまでがComing Soonなのかさっぱりわからないのです。ただ、過去において、ASEMが期限というものに非常にルーズな企業であることについては間違いありません。また、数週間前にV2.0について情報が公開されるとASEMが公式Forum内の投稿の中で言っていましたが音沙汰がありません。

ASEM:Core i7もうすぐサポートするよ
→半年待ち
ASEM:EFiX V1.1リリースしたよ
→3ヶ月待ち
ASEM:EFiXファームウェア3.6.9や10
→告知なくいきなりリリース

こんな感じで、全然Coming Soonじゃないこともあれば、何の前触れもなく新機能を投入することもあるんです。

また、期日や期限についての質問等は一切受け付けないと言い切って開き直っています。従って、EFiX V2.0がいつくるのかさっぱりわからないんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんなわけで、購入タイミングについて、現時点で言えるのは、XXXさまのご自身の直感に掛けるしかない、と言ったところです・・・ごめんなさいねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

XXX様

 私、個人の感覚ですが、V1.1でさえ4月1日の「リリース・ノーティティス」から3ヶ月以上の遅れ・・・。欧米優先(?)のデリバリーで、やっと日本に回ってきたが、即、品切れ・・・(まいおい様のこのブログから拝察させて頂いて)。V2.0は、SnowLopardの後に、既存のV1、V1.1のユーザーが、初期トラブルで散々のたうち回った後に「出てきそう」な気がします。

 また、V1.1とV2.0の違いは明確にされておらず「何の違いがあるの?」状態であるはずですから、V2.0はV1やV1.1より優れているか否かさえ分かりません。

 勿論、待てば、それだけ「良いもの」が出て来るのが世の中の常識ですが・・・、V1、V1.1と買い増し的な対応で何とかEFiXを動かしている身の上からすれば、ASEMが「今度は本当に間違いなく良いモノです」と一万回言って口説かれても、やはり「本当?」と言う気持ちが消え去るのは、今現在では無理だと思います。

 V1.1の安定度を見て、V2.0は何が優れているのかを「見極めた」上で購入するのが一番無難ですが、V1、V1.1でOSXのバージョンアップも絡んで来て、A社のバグで動かない、インストール出来ない、SnowLeopardにアップデート出来ない、クリーンインストールでも、トラブルが起こる・・・(悪い事ばかり並べていますが、ワーストケースを考えるのはEFiXには必須と考えます)てな事になると、多分、これを解決して行くのにASEMの方でも、バグのデバッグに結構こまめなバージョンアップや、下手をすると何度も、10.56をインストールした後10.57にアップデートして、その後SnowLeopardでアップデート、するしかない作業が続きそうな気がします(SnowLeopardで、クリーンインストール出来ない場合の話しですが・・・)。

 悪く考えれば、幾らでもワーストケースは考え出せますので、私の個人的考えと意見で恐縮ですが「待ち」は或る意味正解だと思いますが、では「いつまで?」と聞かれたら、SnowLeopard安定の後としか言えない気がします。

 SnowLeopardの販売開始が9月(のはず?)ですから、それぞれのユーザーが購入し、本家Macへのインストールならいざ知らず、ASEMの方は、これの検証をするはずで、これに最低、一応SnowLoepardが正常にインストール出来るEFiXのファームアップがあるとしても、それは1ヶ月余り、長くて2ヶ月。その後、個々のユーザーのトラブル報告が出て(多分この時にi58も絡んでくる・・・?)それのバグのデバッグで更に時間が掛かる。

 てな事が済んで、V2.0がそのバグを反映した形で出て来て、多分(完全想像ですが)ユーザーがEFiXのパラメーターを変更出来る様になるか? より柔軟に対応する為に「立ち上げ時のパラメーター量」を増やすためEFiX内部のC-MOS(入っているという仮想です)メモリーを増やした状態のモノになるのでは?と「想像」しています。

 こんな事を仮想してみると、どう考えてもV2.0のリリースは、今年の年末か来年の2月以降(ヨーロッパは、年末クリスマスホリデーに入るので、12月は半月強で仕事は終わる。従って、二月が時期的にも丁度・・と言う「勝手な予測」です。

 私は、V2.0に期待はあっても、現在の状況と近未来の状況を考え合わせますとV1.1に続いて連鎖的に出て来るとは思えません。


 と、言う所が私の「勝手な想像」です。失礼しました。


Jim ,

XXX様

 間違いました。「i58」は「Core i7」の間違いです。訂正してお詫び申し上げます。失礼言致しました。


Jim,

まいおい様

その節はお世話になりました。
突然死からあのフォーラムに助けを得ようとしたのですが、太刀打ちできず、購入先のUSのディストリビューターの技術部門に質問メールしてもシカトされ、埃をかぶったEFi-Xが部屋に転がっています。

V1.1もちょっと様子見します。V2も怪しいですが
こういうニッチな商品に目がないので経過を楽しみつつまたお邪魔しますね。ありがとうございます。


Jim.様


詳しい説明ありがとうございます!
ASEMという怪しい企業の動向をつぶさにチェックしてV1.1もしくはV2のどちらか具合がいいほうをまた買ってみようかと思います。

こう、コロコロ壊れてしまうのはどうかと思いますよね、一応V1.1からは3年保証になっているようですが…。


つい先日、Orange Systems JapanよりV1.1 Handmade Made in Germany なるものを購入してみました。
7/20発送らしいので、今日か明日には手元に来るのかな?と思っています。
先代V1が昇天されて2ヵ月...見限ったつもりでしたが。

我が家もそろそろcorei7に移行しようかと思っていたので、いい遊び道具かなと思い購入を踏み切りました。(HCL外マザーに挑戦する予定)

さてこの商品Orange Systems Japanに問い合わせたところ
V1.1 Handmade Made in Germany= EFiX 1.1 Reloaded
だそうなんですよ。25年保障。。。。。

ASEM自体25年あるのかないのか、、突っ込みどこですが黙ってときます。。。

人柱的に何かやるつもりなので、動作確認が取れたものに関しては何処かに書き込んでみようと思います。

XXX 様

 こんな事は、既にお考えの事と存じます。 また、大きなお世話で有る事は判っておりますが、「昇天」しているEFiX V1(?)を台北へ修理に出されては如何でしょうか?EFiXV1.1が来れば「無用」になるかもしれませんが、「予備」と言う事で割り切れば「何事か発生」した場合、役に立つと思います。私の経験上では、修理後EFiXユニットは最新バーションのファームで帰って来来ました。ASEMもフォームに記入して、台湾LABの方へ送付すれば「短期間(?)」で修理出来る・・と言ってますので・・・。

 私、何度かこのブログで書いていますが、SZ Expressさんがサポートしていた時に、先に新しいEFiXを購入し(V1.1 オランダ製造)「使えない期間」を短くしました。今は、初代が再度PC/ATの中で動いています(V1.1が予備に回っています)

 差し出がましいアドバイスで済みません。


Jim,

XXXさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

USのディストリビュータと言うと、EXPRESS HDでしょうか。EXPRESS HDだと、サポートの質問が返ってこないのはちょっとよろしくないですね。。。EFiX USA LLCだと、もしかしたら返ってこないかもとも思いましたが・・・

EFiX USA LLCでもそうでしたが、EXPRESS HDに質問を投げる場合でも、オーダー時のID等を利用して、EXPRESS HDのウェブサイトのサポートチケットを取得し、そのチケットをしないと返信がない可能性もありますが・・チケットと言うのは、サポートを受けるために必要なID代わりのようなもので、誰でも取得できます。

●EXPRESS HDサポートチケット取得
http://www.expresshd.com/ticket_support.php

しばらく様子見して、待てる~と言うことであれば、その間にJimさまのコメントにもある通り修理をしてみるのも手ですねー。

EFiXの公式Forumのほうで、故障したEFiXに関するトピックがあるので、そちらに追記するか、新しくスレッドを立てるかすれば、最近は、故障に関するスレッドの返信は結構早いです。ただし、恐らく英語でのやり取りになるかとは思いますが・・・

せっかくあるEFiX公式の日本語Forumのほうは、残念ながら日本語で記入しても、現時点では、正直返信が期待できない部分もあります・・・

ただ、レスポンスは遅れる可能性がありますが、翻訳ソフトあたりで頑張ってASEM側が見てくれる可能性もあります。

USのディストリビュータでの対応が期待できない場合、台湾のラボに直送になります。USのほうに修理品を送り返しても、そこから結局台湾のラボに送られますので、直接やり取りができるなら、そちらでもいいかもしれません。

恐らくEFiXのForumのほうでASEMと直接PMでやり取りしながら、最終的に技術費用や送料、交換費用をの支払いをPayPalで行う形になるかと思います。もちろん、EFiXのユーザ側に瑕疵がない場合は、送料のみになるとは思います。

Broekさま、おいでやす(´∀`)!

私もOrange Systemsでオーダーっす(´∀`)

さて、私もちょっと前に、修理上がり品で戻ってきたEFiX V1.1をちょっと早めに手に入れた人からの話と、それから直接Forumに問い合わせをしてみたんですが、EFiXの開発担当からは違う答えが返ってきているんです・・・

●質問
Is that a German HandMade Version called a "EFiX V1.1 Reloaded(25 years warranty)"? and Standard Holland Version called a "EFiX V1.1(3 years warranty)"?

●回答
Hi, it is not related to made in Holland or Made in Germany.
Reloaded revision is hand made, from assembling till soldering.
All Reloaded EFiXes are lasered with "Reloaded".
Body of the Reloaded revision have another form, not standard one.

とあり、Reloadedは、レーザ刻印でボディにReloadedと印字され、かつボディの形が通常の形状とは違うそうです。恐らく、ディストリビュータのほうも混乱しているのではと思います。なんで、こんなコトになっているかと、ForumのほうでEFiXの開発チーム・・・と言うか、ぶっちゃけるとWhiteDragon氏なんですが、彼がLimited Editionと言う言葉を乱発してるんです。

・6月の終わり、修理交換品を100個程度、Holland製のLimited EditionのV1.1で提供した。
→後からV1.01と言うナンバリングに変更、ただし刻印はV1.1らしいが1年保証とのこと。

・6月の終わり、英国のOrange SystemsにGermany Hand Maid Limited EdtionのV1.1を出荷した
→実は、単にドイツ製のハンドメイドと言うだけで、3年保証のふつーのV1.1だった。

・7月に入って、出荷の際にV1.1は、Germany Hand MaidとHolland Standardがあるとのこと。
→ハンドメイドとスタンダートの違いは不明だが、特にない模様。

彼がForum内にておかしな言い回しを連発していることと、EFiXのオフィシャルウェブサイト内のEFiX V1.1とEFiX V1.1 Reloadedの商品説明で、その違いが、Germanでのハンドメイドかそうでないかの違いしか書かれていないために混乱が起きていると思われます。もし、届くのがEFiX V1.1 Reloadedだったらラッキーですけどね(´∀`)

Orange Systemsに一番最初の入荷分のEFiX V1.1は完売になっているようで、私も注文した分。。。つまり今回7/20頃に出荷される分は、第2回入荷分らしいのですが、さて一体どのバージョンが送られるくるでしょうかね・・・箱を開けてみるまでわからない感じです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あと人柱の件が頑張ってみてくださいwも先日、DellのPowerEdge 2950にEFiX突撃してみました。インストールはできたんですけど、やはりネットワークまわりが認識せず。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まいおい様。こんばんは。

http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=83&t=3611

上記フォーラム(7月19日付)でWilhelm von Vnukov氏が下記のように説明してますので、
恐らく 今 販売されているV1.1のWarranty:は3年ではないでしょうか?
V1.0についても記載されています。参考まで。

V1.1
Origin: Germany
Manufacturing: Hand Made
Warranty: 3 Years

V1.1 B
Origin: Holland
Manufacturing: Standard production
Warranty: 3 Years

まいおい様。

連チャンですが....

Firmware 4.6.12がきてたので いってみました。
1発目でUpdateできたのは初めてです(笑)
スリープ後のオンボードLAN認識等の件は解消されたみたいです。私の環境では。
少ししか試してませんので、どこまでかは?
3.6.11よりは良いと思います。

スリープ後のLAN認識等で困ってた方はUpdateしてみる価値ある?かもしれません。。。

ぐはっ ∑(゚Д゚) !!
3年保証の方だったかっ!!

Reloadedならば!と思って注文したのにっ q(T▽Tq)(pT▽T)p
もうね、いちいちForum見ないとグレードの確認ができないってどういうことよちょっとww

ハンドメイドと通常のオランダ製?とで品質に差がないことを祈ります....

Broek様。

>いちいちForum見ないとグレードの確認ができないってどういうことよちょっとww

残念ながらASEMだからじゃないでしょうか?
まともな企業であれば考えられないことがASEMでは常識?(おかしい方に)。
これから3年ASEMが持つかどうかも疑問なのでReloadedで25年保証されても...
会社つぶされたらそれで終了なので とりあえず3年あれば良いのではないでしょうか?
費用対保証は悪いですが。。。

あ”さま、おいでやす(´∀`)!

私もそちらのシリアルや型番についてのトピックを含め、過去のEFiX V1.1出荷の情報等を見ながら書いてました。

まぁ、いくつかは、Discontinuedとなっているので、実質、現行品としては、V1.1のみとなっていますが、既存ユーザからすると、自分の持っているEFiXのバージョンは気になるところですね。

特にV1.01なんかを見ると、サンプル品も製品として出荷してるんじゃないかと思いたくなります・・・どこの家内制手工業かと・・・

Broekさま、再びおいでやす(´∀`)

私もForumでのWhiteDragonことWilhelm von Vnukov氏の情報に踊らされた1人ですが、ASEMは、あまりにもForum内での発言が適当すぎますねー・・・

かと言って、誤りがあっても、きちんと訂正することもなく、いつのまにかなかったことになっている・・・そんな発言も多々あります。

少なくともLimited Editionの多用は避けて欲しいところです。手作業でのGermanモデルと、オートメーション化?されている工場で作られるHolland Version品質・・・どちらが良いのかと言われても、正直わかんないですからねー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そのココロは「どちらも信用できないwww」

あ”さま、再びおいでやす(´∀`)

今回は、Realtekから何かしらのサポートがあったらしく、EFiXの新しいRealtekドライバ提供とのことで、コレで3.6.11の時のネットワーク周りの問題が解決しなかったら、もう終わってると言った感じでしょうが、今のところEFiXファームウェア4.6.12でこの問題が解決した模様とのことで、ホッとしています。

実は、それがあって、私は3.6.10のまま、アップデートしてなかった(No New Update Found!!...攻撃のせいもあった)んですが、コレでようやくファームウェアのアップデートができそーです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あ”さまへ追記です。

以前、あ”さまやJimさまもですが、お聞きされていたEFiXのアップグレード時の保証についてですが、EFiX V1.1アップグレードに関する手順や実際の費用、保証について、いくつか質問を投げていました。

最近、回答がぽつぽつ返って来はじめましたので、近いうちに纏めて、こちらで紹介致します。回答は、なぜかASEMではなく、MMSERVICESからされていますが。。。(;´Д`)

皆 様

 活気づいていますね。EFiXが(3).6.11からいきなり(4).6.12に上がったなんて知りませんでした!今週末はEFiX@Macで遊べないので、来週、アップデートに挑戦しています。

 まいおい様の内容や皆様の内容を拝見しておりますと、余計にASEMの「いい加減さ」のコントラスが浮き彫りになって見えてきますね。

 私の2代目EFiXはMade in Hollandでレーザーマーキングは「V1.1」でも・・・本当にV1.1なのですかね。ASEMのいい加減さからすると、V1.01???なのかもしれません。こんな場合、後々「i7」に移行する時期に「問題」が起こりそう。多分「V1.1」とケースにマーキングされているのに何故使えない!!!みたいな問題が突出して来そうな気がします。

 いい加減さが、また次のいい加減を生んで、結局、また、近い将来、いい加減で統一性のない返事がASEMから返って来て、いつの間にか今のV1の様に設計的な不都合を棚に上げて・・・おまけにV1からV1.1へのアップグレードが「有料」になっている「いい加減」パターンに翻弄されるのでしょうか・・・。

 どこかで、一度、仕切って欲しいものです。


Jim,

まいおい様・皆 様

 連続で済みません。取り越し苦労な質問内容で恐れ入りますが、Version 4.6.12 for V1.0 と書かれているのを見ましたが・・・。V1.0=V1・・・私の初代はV1「でした」が、今はV1なのかV1.1なのか分かりません。仮に、アップデートを実施して、もしも初代がV1なら「すんなり」アップデート、V1.1なら「お前はV1.1だから、アップデートしない」と警告してくれるのでしょうか?今までのASEMの対応から想像すると・・・何か変な事が起きるのでは?と言う疑問が頭をよぎります。


Jim,

Jim,

まいおい様。

保証の件は気になっている方多くいると思います。
責任の無いMMSERVICESでなくASEMからの回答が欲しいところですね。

Orange Systems Japanは
 EFiX V1.1 日本初入荷
 入荷致しました!
 直ぐに発送可能です。
に変わったようです。
EFiX V1.1 Handmade Made in GermanyからHolland製Standard productionになったのでしょうか?.....

Jimさま、ふたたびおいでやす(´∀`)

今回のEFiXファームウェアアップデート4.6.12は、アナウンスのタイトル通り、EFiX V1.0向けになるそうです。

ただ、これでEFiX V1.0向けとEFiX V1.1向けでファームウェアのバージョンが2つ存在することになり、Core i7対応の件も含めて、若干、今後の動向が気になるところです。

Jimさまの修理上がりで受けとったEFiXはYBから始まるシリアルですが、ボディの刻印がV1.1となっているとお聞きしています。

WhiteDragon氏がポストした内容によると、V1.01はYBから始まるシリアルだけど、30000~30100までだそうで、V1.1については、すべてVAから始まるシリアルになるとのことで、ちぐはぐですね。

やはり件の回答をもらっていない件について、きちんと回答をもらったほうがいいかもしれません。下手をしたらケースの刻印だけV1.1になっており、中身はV1.0かもしれません・・・(;´Д`)

あ” さま、ふたたびおいでやす(´∀`)

どうも、今回のEFiX V1.1へのアップグレードプログラムは、手続きなどをMMSERVICESが一手に引き受けているようで、アップグレードプログラムについて質問をしたところ、WhiteDragon氏から、MMSERVICESとやり取りするように連絡があり、直後にMMSERVICESから連絡が来ました。ただ、まだゴタゴタしており、きちんとした手順などが整備しきれていないようです。

Orange Systems Japanのほう、在庫なしの時にはHandmade German Modelの表記がありましたが、確かに、今はその表記が消えてしまっていますね・・・

それから、サポートもOrange Systems Japanで販売したV1.1のみと言うことで、ちょっと残念なところです。

株式会社MTGが、SZ Expressでの購入者を含めてサポートのほうを引き継いでくれるといいのですが・・・

まいおい様。

日本からのアップグレードプログラムもMMSERVICESが行うのですか?

Orange Systems Japan、株式会社MTGともに自社販売のみの対応みたいですが、
SZ Expressは保証について記載してなかったので 少しはましになったのではないでしょか?
これでSZ Expressは必要なくなったという感じですね。

4.6.12になってからV1.1/3.6.11をV1.0/4.6.12に差し替えて使ってますが、
V1.1/3.6.11を数日使っていた感じと ほぼ同等な気がしてます。
V1.1/3.6.11はV1.0/3.6.11既出トラブルは出ていませんでしたので。
相変わらずなところはあるんですが.....
似非Macなので こんなもんかな?
それにしてもコストパフォーマンスなど いまいち、いまに...ですが
今後Snow Leopardに対応することが出来ればいいかな?
ここ数日でV1.1/3.6.11とV1.0/4.6.12を使った感想でした。
使用していくうちに不具合が出ないといいのですが。。。

あ”さま、ふたたびおいでやす(´∀`)

今のところ、聞いている限りでは、アップグレードについてどうもそのような感じです。

最近、モデレータにしても、EFiX開発チームにしても、何か問題があった場合にForum内にて「ディストリビュータに連絡しろ」の一言で質問の回答を丸投げして終えてしまっている場合があります。

販売元のASEMがその対応では、それもどうかと思うんですが、ただ、ある程度の初期サポート、特に故障絡みの場合については、日本語の通じる販売店でサポートをしてもらえるようになってもらえればいいのですけどね・・・

SZ Expressは、元々輸入代行業者さんなんで、ちょっと人気の出そうなおもしろガジェットを「売り切り」で商売できればよかったのに、取り扱いをしてみたら、ASEM側からサポートを押し付けられて、思惑と違う状態になり、これ以上関わるとコスト的に美味しくないという感じで撤退したように思えます。

Orange Systemsも株式会社MTGも保証についてウェブサイトに、自分で販売したもののみで、それ以外の店舗から購入したものは、保証できないと明記していますネ。さて、既存ユーザのサポートはどうなっていくんでしょうかネー・・・

私も今のところEFiX V1.0/4.6.12はすこぶる快適です・・・なんで、EFiX V1.1はまだあまりいじってないんですが・・・実質V1とV1.1の違いは、アセンブリが強くなっただけと言う気もします。ただ、一応、V1.0よりも高速なCPUと言うかMCUでしょうが、それと容量の大きいメモリを積んでいるようです。

こんにちわ。

EFiX v1.1が届きました。
裏面には Handmaid 、 Made InGermany とプリントされています。
シリアルナンバーはアルファベットのVAから始まって数字の連続ではありませんでした。
お楽しみのセッティングは仕事の関係で、早くても週明けになりそうです。

わんたんさま、おいでやす(´∀`)!

EFiX V1.0+ファームウェア4.6.12で快適な感じになったため特に困らなかったですが、うちもEFiX V1.1に切り替えてみました。元々EFiX V1.0でもほとんどトラブルに見舞われたことがないので、コレといって何がよくなったと言うのはないですが、電源ボタンONで壊れにくくなったと言う安心感が多少増し精神衛生上よくなるかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

EFiX V1.0で利用していたマシンにEFiX V1.1を差し替えるだけで問題なく動作します。ただ、Windows版のファームウェアアップデートクライアントを利用するためだけにインストールしたEFiX V1.0のWindows用ドライバが、EFiX V1.1では利用できないようなので、Windowsとのデュアルブート環境で利用している場合は、EFiX V1.1の差し換え後、1度目のWindowsブート時にドライバのインストールに失敗した旨のアラートが表示されるかもしれません。

ただ、Windows用のドライバは、先ほど言った通り、Windows版のファームウェアアップデートクライアントを利用するためだけに必要なので、現状、Windows版のファームウェアアップデートクライアントの開発も止まっており、こちらは利用できないので、実害としてはありません。

EFiX V1.1+今までEFiX V1.0で利用していたMacOS X 10.5.7との組み合わせで特に設定変更なく、シャットダウン、スリープ、通常動作含め問題なく動作しています。

わんたんさまの環境でも、うまく動作するといいですね(´∀`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EFiX(V1.1)の購入先と価格について(7/20時点まとめ):

« VMware ESXi 3.5 update 4を使ってみた(その4) | トップページ | EFiXファームウェアアップデート4.6.12提供開始(EFiX V1.0向け) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン