2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« ニャース(BlogPet) | トップページ | ココログのログイン方法変更とブログペット »

2009年8月12日 (水)

海外通販で購入/返品、税関告知書や地方消費税や通関手数料なんか(その1)

EFiXアップグレードプログラムネタの番外編として、個人輸入や輸出に関わる小ネタなんかをちょいと・・・

ここ数年、海外から通販にて買い物をする機会が増えました。また、今回のEFiXアップグレードプログラムのように海外への発送を行う機会もあり、そんな中で、それらものの輸出入に関わる疑問、また、実際に行う上で分からなかったコトなどを書いてみます。

海外へものを発送する、または、海外からものを発送してもらう・・・これらプロセスの中で特に疑問なのが通関と通関手数料それから関税、地方消費税など・・・さらに、それらに関わる処理に必要な書類である税関告知書やインボイスの書き方で疑問にぶつかることが多々ありました。

んで、それらについて、ネットで調べたり、税関の相談窓口に問い合わせて見たりした内容を紹介していきます(´∀`)

【ケース1】海外からパソコン周辺機器を購入した。
海外から何かしらを購入した際に、当然品物は海外から日本に向けて発送されてきます。んで、日本に到着すると通関手続きを経て、自分の手元に届きます。さらに、通関の際に、課税対象か否かが税関で判断され、後日必要であれば、関税と地方消費税を支払うことになります。また、その際には、通関手数料も別途必要になります。

ポイント:輸入の際に輸入した商品を受け取る人に支払う経費は以下の3つ
・関税
・地方消費税
・通関手数料

<関税>
関税は、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から、輸入貨物に対して課される税金と言うことですが、パソコンの周辺機器の場合はどうだろう?と言うことになった場合、まず、課税対象品か否かと購入した商品の価格に注目します。

財務省関税局の輸入統計品目表(実行関税率表)によると、どうやら海外から日本への輸入品についてパソコンの周辺機器等は、恐らく第16部、第85類に分類され、基本的には課税対象ではなく無税となるようです。

<地方消費税>
これは、必ず掛かる税金になります。例え海外から購入した場合でも、日本国内で商品を購入した際に消費税が掛かるように、同じく5%が掛かります。ただし、個人輸入の場合、商品代金+送料×0.6×1.05となるようです。ただ、課税価格が1万円以下のものについては免税になるとのことです。

<通関手数料>
これも、通関処理を行った場合、必ず掛かる費用になり、通関手続きを行った業者に支払うことになります。通関手続きを行った業者は、例えば国際郵便やEMSで輸入した場合であれば、郵便事業株式会社、国際宅急便を利用した場合であればUPSやFedExに対して支払うことになります。

ソンナワケデ、ひとまず、モノを輸入した際に掛かる経費というか税金が2項目、んで、手数料が1項目あることが分かりました。んでは、その内容をもう少し詳しく見てみよーと思いますが、ちょいと長くなるので、次回に続く。・゚・(ノ∀`)・゚・。

« ニャース(BlogPet) | トップページ | ココログのログイン方法変更とブログペット »

徒然なコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ニャース(BlogPet) | トップページ | ココログのログイン方法変更とブログペット »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン