2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiX V1.1向けファームウェア6.10.15のベータテストの速報 | トップページ | EFiXファームウェア6.10.15(EFiX V1.1用)及び5.7.15(EFiX V1.0用)提供開始 »

2009年8月29日 (土)

MacBook AirにMac OS X 10.6 Snow Leopardをインストール

Snow_leopard01sSnow_leopard02sさて、Mac OS X 10.6 Snow Leopardが我が家にもやってきました(´∀`)!いずれEFiXなMacもEFiX側の対応ができ次第インストールするつもりだったので、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのファミリーパックを購入しておきました。

Snow_leopard03sSnow_leopard04sひとまず、EFiXなMacは置いておいて、うちのMacBook Air (Early 2008)にまずはインストールすることにしました。Mac OS X 10.6 Snow Leopardのパッケージはとても軽量小型。Mac OS X 10.5 Leopardのパッケージと縦横は一緒ですが、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのパッケージはとても薄い作りになっています。中身はいつも通り、リンゴマークシールと取説のみです。

Snow_leopard05sんで、久々にMacBook Air SuperDriveの登場です。EFiXなMacのBonjour等の機能が正常に動作している間は、リモートディスク等が利用できたことと、1つしかないMacBook AirのUSBアダプタを使いつぶしてしまい、USBハブ等を介して利用できないと言う超不便アイテムだったことから、随分ご無沙汰していました。

Snow_leopard_mba01Snow_leopard_mba02今回は、MacBook Air (Early 2008)のMac OS X 10.5.8 Leopardに上書きインストールを行うため、まずMacBook Air SuperDriveを接続し、MacBook Airを起動、Mac OS X 10.5.8 Leopardの起動を待ちます。Mac OS X 10.5.8 Leopardが起動したら、Mac OS X 10.6 Snow LeopardのDVDをMacBook Air SuperDriveに挿入、インストーラが起動してくるので、インストールアプリを起動します。

Snow_leopard_mba03Snow_leopard_mba04後は、指示に従って「次へ」、「次へ」のみで放っておけばインストール完了です。Mac OS X 10.6 Snow Leopardのインストール途中、自動で再起動し、再度、インストール作業が続きます。

Snow_leopard_mba05必要に応じてカスタマイズボタンをクリックし、インストールに必要なファイルを取捨選択することもできます。日本語と英語以外の結構な国の言語パッケージや必要なプリンタドライバ以外をチェックから外すことで、ディスクの使用量を結構減らすこともできます。

Snow_leopard_mba06Snow_leopard_mba07Snow_leopard_mba08




Snow_leopard_mba09Snow_leopard_mba10最後にインストールが完了し、再起動が掛かると、後は自動的にMac OS X 10.6 Snow Leopardが起動してきます。本当に見た目は、Mac OS X 10.5 Leopardと変わりありません。About This Mac、このマックについてを参照すると、10.6の表示、Snow Leopardなのだと分かります。

Snow_leopard_mba11Snow_leopard_mba12Mac OS X 10.6 Snow Leopardのシステムプロファイラの中身はMac OS X 10.5 Leopardに比べて多少項目が増えています。また、システム環境設定の中身も若干変わっていますが、本当にぱっと見、何が変わっているのかを判断するには、ウォーリーを探せ並の注意力と記憶力と洞察力が必要になりそうです。

Snow_leopard_mba13あとは、ぱっと見た目での違いは、デスクトップのデフォルトの壁紙が若干変わっていると言う程度です。あとはアクティビティモニタ上の表示、64ビットで動作しているプロセスが多数登場していることでしょうか。

kernel自体は32ビット、また、VMware Fusion等のサードパーティプロセスも32ビットになっていますが、Mac OS X 10.6 Snow LeopardのAppleアプリケーション関係は、そのほとんどが64ビットとなっています。あ、ちなみに、VMware Fusionは普通に動作しました。Mac OS X 10.6 Snow Leopardでも問題なく動作しているように見えます。

私のMacBook Airでは特に出ませんでしたが、Mac OS X 10.6 Snow Leopardをインストール時に、未対応となったアプリケーションは、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのインストール完了後、最初の起動時に、未対応アプリケーションのみを集めたフォルダが表示され、そちらに移されてしまうそうです。残念ながら、このダイアログが出てしまったアプリケーション達は、Mac OS X 10.6 Snow Leopard対応待ちになりしばらく利用できないかもしれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さて、Mac OS X 10.6 Snow Leopardでの改善点の細かい話となると100近い機能が見直しされ、実際には違いは沢山あるようなのですが、まだまだMac初心者の私にはその違いを見分けられるほど使い込んでいる訳もなく、また、それら機能を利用する機会もあるかどうか不明なので、ひとまずは、この辺でMac OS X 10.6 Snow Leopardインストール絡みのお話は〆ておきます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そいあ、Mac OS X 10.4 Tigerな人たちは、Mac OS X Box Setを購入しないとMac OS X 10.6 Snow Leopardにアップグレードできないと言われていましたが、通常のMac OS X 10.6 Snow Leopardでもアップグレードできるとのお話をウェブ上でちらっと見かけました。コレが本当なら、Mac OS X 10.4 TigerからMac OS X 10.6 Snow Leopardに乗り換えを考えているIntel Macユーザには朗報となるかもしれません(´∀`)






アップルコンピュータ
2009-08-28
おすすめ平均:
printer and scanner software
アップルコンピュータ
2009-08-28
アップル
2008-11-15
おすすめ平均:
意外と速いと思う…
パワーサポート
2008-12-08
おすすめ平均:
良いんじゃないかな
サンワサプライ
おすすめ平均:
mac book
マイクロソフト
2008-01-16
おすすめ平均:
普通です。
アップルコンピュータ
2009-01-18
おすすめ平均:
縦書きはInDesignで
powerd by Amazon360

« EFiX V1.1向けファームウェア6.10.15のベータテストの速報 | トップページ | EFiXファームウェア6.10.15(EFiX V1.1用)及び5.7.15(EFiX V1.0用)提供開始 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

インストールってなに?

まいおい様・皆様

 面白い記事があったので紹介しておきます。

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20399122,00.htm?tag=nl

Snow Leopardは通常32BitでのOSの立ち上げだそうですが、「6」+「4」のキーをOS立ち上げ時に押し続けると64bitモードで立ち上がるそうです。カメレオンがこの操作を一度セットすれば動く様にしていると言う記事も目を引きました。

Jim,

Mac OS X 10.4 TigerからMac OS X 10.6 Snow Leopardへアップグレードしました。ただ、6時間以上かかるので、覚悟してお挑みください。平成19年5月製iMACでした。

Jimさま、再びおいでやす(´∀`)

起動時に6キー+4キー、または3キー+2キーの両押しで動作カーネルのビットモードを変更できる機能ですねー。Chameleonの場合は、本来、キーボードから入力されるキーを引数としてブートパラメータに載せる処理を、固定で埋め込んで起動させせるっぽいですね。

ただMacBook Airは64ビットEFIではないため、Snow Leopardの64ビットカーネルモードでは起動できませんでした。どうも、6キー、4キー押しで64ビットカーネルモードで起動できるのは、現行と1つ前のMacPro、MacBook Pro、iMacのみだそうです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ミスターさま、おいでやす(´∀`)!

Mac OS X 10.4 TigerからMac OS X 10.6 Snow Leopardへのアップデートですか~、ひとまず時間は掛かったようですが、無事に終わったようで何よりですね。貴重なご報告ありがとう御座います(´∀`)

しかし、6時間とはかなりかかりましたねー。うちのMacBook Airでも確かに2時間~3時間程掛かった気がしますが、MacBook Air SuperDriveの性能に問題があったかもしれません・・・なにせインストール画面上の表示は45分だったもので。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まいおい様、
そうですか、私も同じで、インストール画面上の表示は41分だったものですから、あまり時間が進まないので、フリーズしたかと思ったぐらいです。そのまま放置して、1時間ほどしてから見ると39分になったので、とりあえずインストールが進んでいることはわかりました。あの時間表示は、10分の1表示ではないかと・・・・。(笑)

ミスターさま、再びおいでやす(´∀`)

Mac OS X 10.5 Leopardのクリーンインストールの時は、DVD媒体のチェックを外せば、かなりの時間短縮になりますが、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのインストール時は、特にDVD媒体のチェックをスキップするような項目がなかったので、インストールのみに掛かった時間だとは思いますが。。。もしかすると、上書きでインストールする場合は、クリーンインストールに比べて、ファイルのチェックやらアクセス権の上書きやらで長くなっているのかも。。。。

それでも時間の表示オカシイですけどね┐(´∀`)┌

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook AirにMac OS X 10.6 Snow Leopardをインストール:

« EFiX V1.1向けファームウェア6.10.15のベータテストの速報 | トップページ | EFiXファームウェア6.10.15(EFiX V1.1用)及び5.7.15(EFiX V1.0用)提供開始 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン