2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« ハードディスクの処分に困ったので分解してみた(その1) | トップページ | ニャース(BlogPet) »

2009年9月 1日 (火)

ハードディスクの処分に困ったので分解してみた(その2)

何かしら物理的な故障により、OSやBIOSから見えず、ディスク消去ソフト等を利用してデータの消去をできないハードディスクは、もー、物理破壊しかないヽ(`Д´)ノと思い、家にある壊れたハードディスクを片っ端から分解して捨ててしまおうと思い立った私でしたが、いきなりの難関が立ちはだかりました。

このようなディスクの情報を消去または、それに近い状態にするには、ハードディスクをバラして、ディスクのプラッタを傷つける、または、穴を開ける程度が個人では限界だとは思いますけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ハードディスクの記憶方法の性質上、通常、複数枚あるディスクのプラッタをバラしてしまえば、それだけでもシリンダ単位で記録されたデータ等は、復旧は困難になるハズだと思われます。

で、前置きが長くなりましたが、何が難関だったかと言うと、ハーディスクを密閉しているネジです。精密機械などに多く使われるこのネジは、星形のねじ山で、ヘクサローブドライバまたは、ヘックスローブドライバまたはトルクスドライバと言った特殊なドライバを利用しないと開けることができません。

Disassembly_hdd11sねじ山の幅に丁度合いそうなマイナスドライバでも挑戦してみたのですが、結果は惨敗。。。ねじ山をつぶす前に、その特殊なドライバを探すことに・・・調べてみると、このヘクサローブドライバは普通にホームセンターやAmazon等でも入手できます。私が見つけたのはANEX スーパーフィット両頭精密差替ヘクスローブドライバーセット 3本組 No.3602と言う商品で、3本で2000円近い値段・・・多少高いのが痛いですが、まー、ともかく普通に手に入るんです。

そんなわけで入手したヘクサローブドライバを片手にハードディスク分解祭りの開始です。ふつーのドライバで散々手こずったネジが、いとも簡単に開いていきます。結構、気持ちいいですね(*´д`*)ハァハァ

Disassembly_hdd03sで、分解できたところの図・・・左上からハードディスクを制御する基板、左下は、蓋とディスクにアクセスするシークヘッド、真ん中上の三角の2枚の板は、シークヘッドを上下から挟んでいた部品、それから右上がディスクのプラッタ、こいつの場合は4枚、んで、最後、右下がハードディスクのガワになります。

Disassembly_hdd02sしかし、プラッタは鏡面のようになっていて凄い綺麗ですねー。それから、少し驚いたのがシークヘッドを上下から挟んでいた三角形の2枚の板・・・これ、凄まじい強力な磁石が2枚の板それぞれについていて、ちょっと近づけると、凄い勢いで合体しようとするんです・・・指、思いっきり挟んで、ジャンククラッシュな酷い目に遭いました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

以下は、それぞれの部品の個別の絵・・・複数枚プラッタも完全にばらすこともできるものと、以下の絵のように5連プラッタで分解ができないものもありました。
Disassembly_hdd04sDisassembly_hdd05sDisassembly_hdd06sDisassembly_hdd07s




Disassembly_hdd08s




Disassembly_hdd09sそれから分解したハードディスク達のシークヘッドコレクション。。。左から、2枚プラッタ用、3枚プラッタ用、4枚プラッタ用、5枚プラッタ用のシークヘッドです。


Disassembly_hdd10sこちらの絵は、実際のヘクサローブネジまたは、ヘックスローブネジまたはトルクスネジと、ドライバの詳細な図。。。見事に六角形の星形になってます。


Disassembly_hdd13sひとまずバラしが終わりましたが、プラッタが綺麗すぐるwwwww普通に手鏡にでも使えそうですが、当然のごとく真ん中に穴開いてますwwwwんー、なんかに使えないかな・・・コースター・・・とか?結露した水分吸ってくれないし無理か・・・なんか、実用的なイイ使い道を思いついた人教えてください。・゚・(ノ∀`)・゚・。


今回のネタは、タイムリーな感じで@ITで連載中の「がんばれアドミンくん」の186話とかも見ると"どうしてこうなった"と言う経緯が分かります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
がんばれアドミンくん:186話「ハードディスクの一生」


それから、以下はディスク消去ソフトのフリーのものです。CD-ROMブートでディスク消去ソフトが起動するタイプなので、OS領域を丸ごと消したい場合や、最近のパソコンでFDドライブがない場合などに便利です。まだ、完全に壊れていないHDDを処分する場合や、知人等に譲る場合、オークション等に出品する際などには、こういったソフトでしっかりハードディスクのデータを消去するのが良いでしょう(´∀`)

●DESTROY
http://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se196626.html

●DBAN
http://www.dban.org/download






バッファロー
2008-12-13
おすすめ平均:
らくちん
アイ・オー・データ
2009-04-01
おすすめ平均:
9ヶ月で沈黙
日立グローバルストレージテクノロジーズ
おすすめ平均:
Googleのサーバーにも使われています。
バッファロー
2009-05-15
おすすめ平均:
安定しています。
バッファロー
2008-03-20
おすすめ平均:
良い外付けHDDですが・・・中のHDDのメーカー次第です。
WESTERNDIGITAL
おすすめ平均:
エラー続きで使えません
バッファロー
2008-06-30
おすすめ平均:
気に入っています
Seagate
おすすめ平均:
1.5Tで一万円強
powerd by Amazon360

« ハードディスクの処分に困ったので分解してみた(その1) | トップページ | ニャース(BlogPet) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ストーカーのつもりが何か親近感を感じまた書いてしまいました。この週末ここ10年で山のようにたまったハードディスクを捨てようと壊していました。友達もいっしょに地べたに座ってドライバーを回して壊しているつもりだけど、壊れない・・・時間かかりすぎ。うーん。まいおいさんのようにキレイに分解するのは苦手なようです。2.5インチはメンコのようにバシッとたたきつけると中のディスクが割れてシャリシャリになるのですけどもね。持ってるもの、やっている事が似ているので、まだまだストーカーさせていただきます。でわでわ。

うさぎさま、おいでやす(´∀`)!

うさぎさまもハードディスク分解祭りでしたか(´∀`)!

記事のほうにも書きましたが、ハードディスクには、星形のネジが使われていることがほとんどです。そもそも、この星形のネジは、通常のプラスドライバやマイナスドライバでは、開けられないようにすることを目的としているため、専用のヘクスローブドライバまたはトルクスドライバを使わないと恐らく開けることは非常に難しいハズです。

ハードディスクの分解に難儀しているようでしたら、ヘクスローブドライバのご購入を勧めてみます・・・あと、ハードディスクのシールで保護され隠れているネジとかもあるので、注意が必要です。

おおかたネジが外れたなと思ったら、一度、本体と蓋の間にマイナスドライバを突っ込んでテコの原理でちょっと力を加えて、開かないようだったら、まだネジが残っていると判断するのがよろしいかと。。。ネジが全部外れていれば、蓋の部分に若干、粘着材のようなものが塗ってあり、時々堅い場合もありますが、大抵サクっと外せます。

また、ハードディスク内部のプラッタ(円盤)を止める部品や、シークヘッドを止めているネジなども、ねじ山の大きさが違う可能性はありますが、星形ネジの場合がほとんどなので、これらもそれぞれねじ山の大きさに合ったヘクスローブドライバでハズしてやると、全部綺麗に外れますヨ(´∀`)

ひとまず、ネジを全部外した後でも、シークヘッドの部分は、強力な磁石で挟まれているだけなので、こちらは、ドライバを突っ込みテコの原理で引きはがすしかないですね。また、メーカによっては、シークヘッドを止めるネジは、シークヘッドの回転軸に沿って、ハードディスクの基板側、つまり裏側にネジ止めされている場合もあるので、うまく外れない場合は、裏側もチェックする必要があります。・゚・(ノ∀`)・゚・。

シークヘッドを挟んでいる上下の板のどちらかを外せば、残りの部品も簡単に外せるので・・・と言うか、この板を綺麗に外さないと、シークヘッドをプラッタの外に待避させられないので、プラッタをうまく外すことができないかと思います・・・

それから、最近の比較的新しいハードディスクは、プラッタがガラス製なので、叩きつけると綺麗にバラバラになるようですが、古いハードディスクのプラッタは、アルミ製なので、叩きつけても壊れないため、ハードディスクを開けてプラッタ表面の磁性体に傷を付ける、ペンチで切ってしまうのがいいかと思いますヨ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクの処分に困ったので分解してみた(その2):

« ハードディスクの処分に困ったので分解してみた(その1) | トップページ | ニャース(BlogPet) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン