2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiXファームウェア6.10.16(EFiX V1.1用)及び5.7.16(EFiX V1.0用)提供開始(BlogPet) | トップページ | たぶんA2DP/AVRCPプロファイル標準搭載の第3世代iPod touchが出たみたい(その1) »

2009年9月10日 (木)

Mac Fan 10月号に「The ま゛!! (仮)」が載ってたよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Macfan10_01sMac Fan 10月号にココが掲載されていました((((;゚Д゚)))Mac Fan 10月号の巻頭特集は、丁度、Mac Fanの発売日と重なったMac OS X 10.6 Snow Leopardで、その他に特集として"禁じ手[自作Mac]にチャレンジ"と言う表題の記事中でして・・・微妙に嬉しくないような気がしないでもないことも、そこはかとなくない感じがないでもない表題の記事に、ちょこっとココのサイトのことが載っていたんです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

8月28日前後で、見慣れてないリファラからのアクセスがあり、そのときはそれほど気にしてなかったんですが、8月28日から数日、アクセス数がいつもより多く、何かあったんかなと思いつつ特に気にせず置いときました。

見慣れないリファラと言うのは、Mac Fanのウェブサイトでは人気連載と言うことで、誌面で紹介した記事に関連するURL等のポインタをリンクしているページがあり、そちらからのアクセスでした。

8月28日前あたりとその後で見られた見慣れないリファラは"よく似た"ものが2つあり、どうやらMac Fanのウェブ作成を担当している部署が持っていると思われる試験環境(xxx.ddo.jp)の公開前のウェブサイトからのアクセス、そして、誌面発売後に正式公開された、本番環境(macfan.jp)である公式ウェブサイトからのアクセスだったのだと思われます。

Macfan10_02s結局、1週間ほどしてから、見慣れないリファラとよく似たアドレスからのアクセスもあり、それを追うことと、今まで買ったことがなかったMac Fanの10月号を購入してみて、んでもって、さらにEFiXのコミュの方からもご報告を頂き、ココに至って自分のサイトが掲載されていることがわかりました。

結局、今に至ってもなおリンクと誌面への掲載について連絡はMac Fanからは一切無いのですが、明確に意思表示をしない状態であってもインターネットという環境は、おおよそパブリックな場所であると解釈されているようで、今更あまりどうこう言えた話でもないと言えばないのですが、Mac Fanの利用規約ページには以下のような文言があります。

「掲載記事および画像(写真、イラスト、動画等)の転載は、著作権法上認められている「私的利用」の範囲を超えて、当社に無断で行うことはできません。非営利目的であっても、インターネット上の個人WEBサイト/ブログなどでの転載は上記の「私的利用」には該当しません。当社の許諾無しに転載することはできませんのでご注意ください。企業のイントラネット上での転載も、同様に当社の許諾無しに転載することはできませんのでご注意ください。」

画像の転載は無断でできない、個人のウェブサイト、ブログ等での転載が不味い、と言うのなら、営利目的で行われる転載を連絡なしに行うのは、もっと不味いのではないのかなー?とちょっと子供じみた返し(この記事での絵の掲載を含め)ですが、そんなことをちょっと感じてしまいました・・・(;´∀`)

mixi等でも、同サイト内で利用しているコンテンツについて著作者人格権の行使をしない、mixiを運営している企業がmixi上のユーザコンテンツを「日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾する」と言う規約改訂をしようとした際に、ユーザからの猛反発で凄い勢いで炎上したことは記憶に新しい事件ですネ。

そんな話を思い出しつつ、今まで何気なく行ってきたリンクとネットにおける調べ物、それらをネタにしてBlogを書くことについて、ちょっとほんの触りくらいですが、ネット上の著作物なんかについての解釈等をホントに軽く表面をなめてみることにしました。

と・・・ホントは、ココのサイトがMac Fan 10月号に載ったよ\(^o^)/だけの話のつもりが、なんか、どんどんずれつつありちょい長くなりそうなので、続きは次回に(´∀`)






毎日コミュニケーションズ
powerd by Amazon360

« EFiXファームウェア6.10.16(EFiX V1.1用)及び5.7.16(EFiX V1.0用)提供開始(BlogPet) | トップページ | たぶんA2DP/AVRCPプロファイル標準搭載の第3世代iPod touchが出たみたい(その1) »

徒然なコト」カテゴリの記事

コメント

まいおい様

 それは「おめでとう御座います!」と、まいおい様のポスト内容を見ていると素直に言えませんね。特に「お断りもなしに掲載」は一寸昔風に言うと「仁義」を欠いていますよね。もしも「良い宣伝になったから、良いだろう」的発想でやられてた日には「頭」に来ますよね。「一言」有れば気分も違うし受け取り方も変わるのに・・・。

Jim,

まいおい様

 本来であれば、リンクの許可を運営者にとることがマナーとされています。個人のブログであっても同様だと思います。そのようなマナーも守れない輩が作成している本の内容なぞ、推して知るべしです。
 気分はよくないですね。お気持ち、お察しします。

Jimさま、ミスター様、おいでやす(´∀`)

私個人としては、そんなに憤りを感じてるとか、そー言う訳ではないんで、お気になさらずに(´∀`)

誌面に記載されたっても、ホントに隅っこのほうにちょこっと載ってるだけで、悪い書かれ方をしてるわけでもなく、むしろ悪意か好意と言われれば、好意的な記載であると思いますので。

ただ、リンクはともかく、誌面への掲載についてだけは一報あってくれたらよかったのになーって感じただけなんです(´∀`)

実際、私もBlog書いてる時には、海外を含めて、他人様のBlogやニュースなどの情報をひっぱってくることもありますし、その際にリンク等について全て断りを入れているかと言われれば、入れてないんですね・・・

だから、直接的な記事の引用等についてトラックバック等可能であれば、なるべく入れるようにしてはいますが、メーカのページや大手の情報系サイト等には結構直接リンクしてます。

個人のBlogへの直接リンクは、可能な限り避けていますが、ページビューの多い情報系サイトも、個人Blogと言えば個人Blogでもあり、全く無いかと言われるとそうでもなく、そういう意味では人のことをあまりどうこう言える立場でもないんでですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

個人の著作物であるBlog等の引用、転載、著作権等については、この話の続きを少し書いてますが、どこまで許されるかと言う線引きがとても難しいと感じました。

まいおい様

 私は、MacPeople と Mac Fanの読者で、日本から郵送して貰っています。まいおい様の記事が掲載されたページは想像が付きます。もうかれこれ数年購読していますが、掲載された方のブログを訪れますと必ずと言っていい程「掲載されて嬉しい、感想も聞かれた・・・」みたいなコメントが掲載されています。多分、本当に多分ですが、コンタクトを忘れたのではないではないでしょうか?

 ご本人が、そんなに深刻でもないのに、周りが囃し立てる事も有りませんので、これはこれで、置いておきます。

 難しいですね、個人と公の境・・・。

Jim,

Jimさま、おいでやす(´∀`)!

そうですねー、Mac Fanに載ったことについては、素直に喜んでいいとは思っています。。。ちょっとEFiXはモノがモノだけに微妙なところもありますがw

ただ商業誌なんだから(これも半ば脳内ルールですが)コメント欄にでもいいので、一報くらいあったほうがいいじゃなかったのかなって程度なんで、あんまし気にしてないですし(´∀`)

単に、このことがキッカケで、そいあBlogの内容やネタ、調べ物とかで見た内容を加味、考慮して、Blogなんかを書くときに著作権ってどんな風に考えればいいのかなーと、自問自答のループ、考えが深みにハマってしまっただけなんです・・・

なので、ご覧になる方々もあまりお気になさらずに。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« EFiXファームウェア6.10.16(EFiX V1.1用)及び5.7.16(EFiX V1.0用)提供開始(BlogPet) | トップページ | たぶんA2DP/AVRCPプロファイル標準搭載の第3世代iPod touchが出たみたい(その1) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン