2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その1) | トップページ | MacBook Air、kernel_task暴走でGENIUS BARのち修理入院 »

2009年10月 6日 (火)

MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その2)

MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その1)からの続きです(´∀`)

さて、ちょっとココでPsystarのOpen Computerについて・・・さらっと紹介をしておきます・・PsystarのOpen Computerは、Mac OSをプリインストールした、BIOS搭載のDOS/Vパソコンのことで、販売の際には開封されたMac OS Xが付属してくるようです。

発表当初は、当然Mac OS X 10.5 Leopardのみでしたが、Mac OS X 10.6 Snow Leopardが発売後、すぐにMac OS X 10.6 Snow LeopardプリインストールのOpen Computerが登場しています。

PsystarのOpen Computerは、不要なインストール作業がなく、購入し開封して電源を入れた直後からすぐにMac OS Xが利用でき、ハードウェアが多数の自作パーツを手軽に揃えることができるDOS/VなPCで価格がとても安いと言うのが最大の売りですが、実際にはちょっと違うようです。

PsystarのOpen Computerにはいくつか問題があるようで、PsystarのOpen Computerを実際に購入またはレビューしたGIZMODOEngadgetの記事の中で挙げている問題点等から、特に気になる点を以下に並べてみます。

・ソフトウェアアップデートできない
・Mac OS Xの再インストールが自分でできない
・ハードの構成はよろしくない、ファンもうるさい
・もっと良いものは自力で簡単に作れる

ソフトウェアアップデートできないのは致命的・・・今時、Hackintosh、OSx86、EFiXでもできるよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。PsystarのOpen Computerは、出荷時にソフトウェアアップデートが不可能にされているようですが、現時点のモデルではどうなっているのか不明です。

それから、PsystarのOpen Computerを購入するとシュリンクラップが切られたMac OS X 10.5 Leopardが一緒に送られてくるようですが、自分で再インストールができず、Psystarに送り返して50ドルを支払うことで再インストールされるとのこと・・・買った意味ねぇ・・・(;´Д`)

ハードウェアはGigabyteの安いG33やG31チップセット系のLGA775プラットフォームマザーボードを利用しているようです。あと、ファンコントロールができないことから、常時ファンが全開回るようで、かつ、ハードウェアパーツの内容の割には金額が高いとのこと・・・そりゃ、Hackintosh、OSx86、また、EFiXならもっとマシなマシンが組めるよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

また、Mac OS X 10.6 Snow LeopardやMac OS X 10.5 Leopardにおけるソフトウェアの動作については一切保証はなく、また、せっかくDOS/V自作パーツで組まれているハードウェアなのにパーツの増設やWindows XPやWindows Vista、Linuxをインストールしたマルチブート環境などを自分で作ることができず、全て購入時にカスタマイズして予め選んでおくかプリインストールしておかないとダメと言った、非常に有り難くない制限があります。

個人的には、間違っても手を出すことはないだろうPsystarのOpen Computerですが、とりあえず、余計な揉め事の火だねをそこら中にまき散らさないで欲しいなーと思いました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そう言や、余談になるけどEFiXを搭載し、かつ、Mac OS X 10.5 Leopardをプリインストールして販売しようとして、ASEMからディストリビュータ契約を打ち切られたEFiX USA LLCですが、以前、EFiX USA LLCでキャンセルした取引内容をPayPalアカウントで見ていたときに、取引先名称が本来、EFiX USA LLCのところ、一時期、Quoになっていたことがありました・・・

Quoなんて名称のところとPayPalを使って取引をしたことがなかったので、なんかやられちまった?と、焦ってよく見てみたら、EFiX USA LLCからEFiXを注文しキャンセルしたときの履歴であることがわかりました・・・って、アレ('A`)?

現時点では、再び、EFiX USA LLCに戻っていますが、QuoってMacクローンを販売しているメーカと同じ名称です・・・もしかしてASEMからディストリビュータ契約を打ち切られたEFiX USA LLCが、名前を変え手を変え品を変え、Macクローンを売り出す計画を諦めていなかったのでしょーかね・・・






アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
戻れない道。 だが、Appleよ! いつでも引き返す気持ちはあるよ
インテル
おすすめ平均:
大満足です
日本ギガバイト
おすすめ平均:
自作初心者でも安心
Seagate
おすすめ平均:
1.5Tで一万円強
powerd by Amazon360

« MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その1) | トップページ | MacBook Air、kernel_task暴走でGENIUS BARのち修理入院 »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その1) | トップページ | MacBook Air、kernel_task暴走でGENIUS BARのち修理入院 »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン