2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ダメ人間友の会

無料ブログはココログ

« EFiX V1.1向けファームウェア7.11.17はMac OS X 10.6 Snow Leopard対応予定 | トップページ | MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その2) »

2009年10月 5日 (月)

MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その1)

面白いと言うか、ある意味でやっかいな情報が入ってきました。MacクローンメーカーでAppleとの法廷闘争を繰り広げているPsystarから、EFiXのような、接続するだけでBIOS搭載のDOS/VパソコンにMac OSをインストールできるようになるUSBドングルの販売を計画しているようです。

ただし、これは、Appleとの法廷闘争において、現時点で劣勢であるPsystarが、Appleの目を一時的に逸らすための餌の可能性もあり、実際に、本当に製造され販売されるかどうかは不明だとしていて、今後の展開が気になるところです。

Psystarは、現時点でも、Mac OS X 10.5 LeopardやMac OS X 10.6 Snow LeopardをプリインストールしたOpen Computerと呼ばれるPsystar謹製のPCの販売を続けており、法廷闘争中でも、Appleを逆提訴したりと強気な対応が続いています。

んで、何が気になるかというと、PCにMac OS X 10.6 Snow LeopardやMac OS X 10.5 LeopardをインストールできるようになるUSBドングルでAppleとモメる・・・それは、問題がEFiXやASEMへ飛び火しかねないことです・・・(;´Д`)

正直に言えば、もしもPsystar製のUSBドングルに絡んでAppleと法廷闘争が勃発すようなことがあれば、どこかよその宇宙でやってくれと言いいたいところで、PsystarのUSBドングルが問題になった場合、ASEMのEFiXが問題にならずに済む可能性は、低いのではないかなーと思われます。

ASEMは、公式にはEFiXについて、単なるハードウェアブートローダとの謳い文句でEFiXの販売を行っていますが、実質的に、EFiXの利用用途はMac OSのインストールのみに利用されている・・・と言っても、たぶん過言ではないと思われ、建前としては問題ないように見せていますけど・・・微妙ですよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

確かにASEMの言うとおり、Windows VistaやUbuntu、Fedoraと言った複数のOSを共存させたマルチブート環境を作ることはできるんだけど、いまどき、ソフトウェアブートローダで、いくらでもマルチブート環境を作れるので、それでも高いお金を支払ってハードウェアブートローダを手に入れる理由は?と言われると、やはり目的は別のものにあると見られざるを得ないでしょーね。

現時点では、Psystarの公式ウェブサイト上で、接続するだけでBIOS搭載のDOS/VパソコンにMac OSをインストールできるようになるPsystar製のUSBドングルに関するニュースや予告は一切ありませんが、今回紹介した記事ウェブサイトの他、すでに海外のMacクローンやAppleに関心を持っているブロガーの間では、多少話題になっているようです(勿論メインは法廷闘争の行く末なのですが)。

Psystarに関する情報収集不足なのもありますが、PsystarのMacクローンの製法がイマイチ分かってなくて、OSx86とその方法論に近いEFiX等と一緒なのか、それともまったく別なのか・・・そこで気になるのが、Psystar製のUSBドングルが、実際どのようなものになるのか・・・PsystarのOpen Computerにはさっぱり魅力を感じませんが、こちらのUSBドングルには興味は沸くところです。

と言うのも、PsystarのOpen ComputerにプリインストールされるMac OS X 10.5 LeopardやMac OS X 10.6 Snow Leopardは、どうもPsystarによって改変されている可能性が高く、過去、PsystarのOpen Computerでは、Mac OS Xのソフトウェアアップデートも、Psystarから提供されると言った経緯がありました。

つまり、PsystarのOpen Computerは、後でも紹介しますが、通常のMac OS X 10.5 Leopard等から行うことのできるソフトウェアアップデートが使えず、それに相当するものがPsystarから提供される状態になります。

EFiXもMac OS Xのソフトウェアアップデートを行う際に、EFiXのファームウェアをアップデートをしておく必要がある場合があり、結局は、EFiXファームウェアアップデート+Appleの正規ソフトウェアアップデートで、部分的に紛い物になっている可能性も低くはありませんが、Psystar程ではないハズです。

これらEFiXとPsystarのOpen Computerの違いを考えると、このPsystar製USBドングルもEFiXとはだいぶ違うものなのかなーと思えるのですが・・・まぁ、ホントにさっぱり分からないんですけどね┐(゚~゚)┌

長くなってきたので続く~






アップルコンピュータ
2007-10-26
おすすめ平均:
戻れない道。 だが、Appleよ! いつでも引き返す気持ちはあるよ
インテル
おすすめ平均:
大満足です
日本ギガバイト
おすすめ平均:
自作初心者でも安心
Seagate
おすすめ平均:
1.5Tで一万円強
powerd by Amazon360

« EFiX V1.1向けファームウェア7.11.17はMac OS X 10.6 Snow Leopard対応予定 | トップページ | MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その2) »

EFiX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« EFiX V1.1向けファームウェア7.11.17はMac OS X 10.6 Snow Leopard対応予定 | トップページ | MacクローンメーカーPsystarがEFiXのようなUSBドングルの販売を計画中!?(その2) »

Advertisement


  • カスタム検索

Analyze

  • blogram投票ボタン